テーマ:ジャンル不明の食事
Fri, October 28, 2005

鉄分むしパン

また、ほうれん草を買ってしまった。

…ほうれん草って、あまり好きじゃないのだけど、なぜかよく買ってしまうのだ。

ちょびちょびとしか食べないから、いつも、腐らせそうになってあせる。


ほうれん草を一気に食べられるような、心の躍るレシピはないか?

と、COOKPADを検索してみたら、あった。


「鉄分むしパン」レシピはリンクしました☆


ネーミングが、なんか、妊婦むけっぽいから惹かれたのかな?

できあがりは、あまり甘くなくて良かった。主人は、ほうれん草がちょっと青臭いとか言っていたけど、私としては全くそう思わず。

mushipan

できあがりの様子。型がなくてアルミホイルで作ったので、なんだかすごくガサツなかんじになっている。


作り方見てもらうとわかるけど、むしパンて、とても簡単でしかもぱっぱとできる。

今回はほうれん草で作ったけど、応用して、さつまいもの角切りやレーズンを入れてもおいしそう。

日本のコンビニで売っていた100円むしパンみたいに、できるかな・・・。


蒸し器について☆

うちには蒸し器なんかないので、普通の鍋に割り箸を交差させて突っ込んで土台にしたところに、平たいざるを乗っけて代用した。割り箸じゃなくても、ひっくり返らないものを土台にして、その上に普通のお皿に割り箸をしいたものを置いてもいけると思う。ていうか蒸し器買っちゃおうかな…。

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
テーマ:ジャンル不明の食事
Fri, October 21, 2005

いも肉まん

マドリッドのとある中華レストランで、メニューにはのっていないけど頼むとでてくる「いも肉まん」がある。

その名のとおり、(ていうかそのお店では名前が不明だから、私が勝手にそう呼んでいるだけなのだけど)肉まんの具をじゃがいもの生地で包んで蒸したもの。これがウマイ


先日、家にある料理本をぺらぺらめくっていたら、これに似た料理のレシピを発見。

それを参考に、あのレストランの「いも肉まん」を再現してみた。

imonikuman こんな感じ。写真うつり悪いけど…。

_____________

材料(8個分、4人分位)

*じゃが芋 800g

*片栗粉 100g

*塩 ほんのひとつまみ

具の材料

*牛ひき肉 150g

*玉葱 150g

*人参 1/3本

*椎茸 3枚

*塩 小匙1弱

*しょうゆ 小匙1/2

*小麦粉 大匙3位

____________

作り方。

1.具を作る。野菜は全部短めのせん切りにする。フライパンにサラダ油を熱してひき肉を炒め、野菜を加えて調味してから小麦粉を加えて炒める。

2.じゃが芋を茹でてつぶす。少しさめてきたところで片栗粉と塩を加えて手早く混ぜ合わせる。

3.②のマッシュポテトをそれぞれ等分して丸め、①の具を包み、楕円に形作る。

4.鍋に油を熱して③をいれ、フタをして弱火でゆっくり両面を焼く。


レストラン風に蒸すとしたら、型崩れを防ぐために何か葉っぱに包んだ方が良いみたいだが、やっていないのでよく分からない。でも、焼くと、じゃが芋特有の香ばしさがでて、これがまたウマイ。

ちなみに、どちらかといえば薄味つけなので、物足りない人はあんかけなどのソースを作ると良いみたい。

しょうゆ・椎茸・片栗粉以外はスペインにあるもので作れるのが嬉しい。

本当はたけのことか入れると、より中華レストラン風になるんだけど…。今回はそこまで頑張れず。


多めに作って冷蔵や冷凍しておいたものを夫のお弁当に持たせたら、好評だった☆

AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
テーマ:ジャンル不明の食事
Thu, October 06, 2005

またぎょうざ

今晩のおかずは、久々の餃子だった。


だーいぶ前に、「てづくりぎょうざ 皮から作るのだ!」の記事 でも書いたけど、皮から作ると時間がかかって面倒な餃子。

でも、醤油やごま油、酢、ラー油といったもの以外はこちらにあるもので作れるから、以外と海外で重宝するメニューだと思う。


うちの場合、白菜やニラは、近所で売っていなかったり、あっても高かったりするのであまり使わず、豚肉、キャベツ、ネギで作っている。にんにくと生姜もちょっと入れて、かくし味(?)にスープを入れるとジューシーでおいしくなる(と思っている)。


ちなみに今回は、先日買った「強力粉」があったので、初めて餃子を、ちゃんと強力粉と普通の小麦粉のミックスで作ってみた。


感想としては、皮が、少し作りやすいかな…という位。伸ばしやすさや皮の味には、特に差はなかった。

皮を作る時点で、強力粉はモチモチしているから、こちらの普通の小麦粉だけで作った時よりも、まとまりやすかった。手に吸い付くかんじも気持ちよいし。


あわせて、トマトと卵の簡単なスープを作って、何気なくワカメを入れてみたら、だんなに、トマトにワカメはヘン、と言われた。やっぱり?

でも、トマトは甘くて美味しかった…。身体を冷やさずトマトが食べられるトマトスープ、トマト好きにはオススメ☆

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
テーマ:ジャンル不明の食事
Mon, August 29, 2005

「じゃがいものかりかり」

patatas


以前紹介した「フライパンで楽々フレンチ」 に、「じゃがいものガレット」という料理がのっていて、びっくりした記憶がある。


この料理、私の実家では「じゃがいものかりかり」と呼んでいるものなのだ。ガレットなんて名前のついた、フレンチの一種だったのね…。


「じゃがいものかりかり」は、私の母が、手軽なお昼として昔よく作ってくれた、一応「母の味」。

「フライパンで~」には玉葱や生ハムを入れて作るレシピがのっているが、母が作るのはじゃが芋オンリーのシンプルなもの。


じゃが芋を細いせん切りにして、焼いて丸く固めて塩コショウするだけ。それだけなのに、

中はふっくら、外側は焼き目がついてカリカリするのがとってもおいしい!


うまくまとめるためにはせん切りを均等にするのが良いらしく、私はおろし金なんて呼ぶのか知らないがチーズなどを細かくするのにも使えるせん切りスライサーのようなもの を利用している。


それにしても、おいもってなんでこんなにおいしいんだろう。

もともとイモ好きだったけど、妊娠してから、更にイモが好きになってきた。

どんな良いレストランに行っても、フライドポテトが添えられていたらそれが一番好きだったりする。

安上がりな嗜好でいいんだけどね…。

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
テーマ:ジャンル不明の食事
Thu, August 11, 2005

朝食のシリアル

cereal

最近お気に入りのシリアル。ほのかに甘くておいしい。


私は人から影響を受けやすいタイプみたいで、しかも一度気に入ったものはリピートし、長続きする傾向にある。だから口コミやCMにとっても弱くて、情報に好きなように踊らされるタイプ。


朝食に、夏はシリアルを食べる習慣は、アメリカの高校の寮で影響を受けて以来の習慣。

ちなみにアメリカでは、何種類ものシリアルをミックスして食べていた。普通のコーンフレークに、繊維たっぷり系のものと、甘いお子様用のものなど混ぜて食べると、これがおいしいのだ。


しかし、日本でもスペインでも、なかなかおいしいシリアルに出会わず(特にお子様用が難しい)、シリアル習慣も途絶え気味だった。

でも、たまたまこの「Fitness」というシリアルを買ってみたら、結構おいしくてはまっている。


小麦だけでなく、お米も混ぜて作られているところが好き。

お米で作られたシリアル、探していたのだ。


というのも実は、ipo0312さんのブログで紹介されていた本 "The Sisterhood of the Traveling Pants” の中で、Lenaという子がrice crispiesを食べる場面が出てくるので…。Rice crispies好きな私は、無性に食べたくなったわけで…。全然、ストーリーには関係なく、ただの描写のひとつなのだけど、本の中でさえ、誰かが何か食べていると、自分まで食べたくなる。


我ながら、単純というか、阿呆…。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。