相手にメールアドレスを聞き出すのは、けっこう勇気がいりますよね。
それが異性だとなおさらです。これを自然に聞き出すにはどうすればいいのでしょうか?

1ついい方法を提案したいと思います。

写メールをみんなで撮って、「写真送ってあげるから」って、言えば、たいてい教えてくれるでしょう。これで教えてくれなかったら、警戒されているのでしょう。しばらくは聞かないか、あきらめましょう。



AD

フィッシャー博士によると、メル友等のパートナーに浮気されないためにはメル友が自分に恋している状態、ドーパミンの活動を活発にすることを心がけてみてください。新しいことを2人で一緒にする、楽しいこと、いつもとは違うことに挑戦してみることもいいでしょう。定期的にセックスするということも大事です。

メル友の関係によっては、できることはかなり限られますが、話題をかえるとかたまには会うとか、方法はあります。

そして、自分の置かれている状況を当たり前だと思わないことです。

美しく、前向きで、興味深い存在でいて、パートナーにも関心を持ち、しっかりと幸せな関係を築いていれば浮気など面倒なことをする気もなくなるでしょう。

AD

中田プロ1号をメールで報告

テーマ:

6点差から1点差まで迫られた直後の五回2死。141キロ直球を完ぺきにとらえた。弾丸ライナーは一瞬で左翼席中段まで到達。インパクト十分の130メートル弾。「いや、もうホントうれしいの一言。鳥肌が立った。人生で一番うれしい?もちろん」と興奮は収まらなかった。

 高校通算最多の87本塁打(現在は2位)を放ち、ドラフト1位で入団してからは苦難の連続だった。1軍でのチャンスは少なく、あっても打てない。勝負の3年目。開幕スタメンはつかんだが、打撃不振で21歳の誕生日4日前だった4月18日に2軍落ち。その3日後には左ひざ半月板を損傷。そして手術。「悔しかったし、腹が立った」という、野球人生の中で一番大きな挫折だった。

 そんな時、支えてくれたのは母・香織さんだった。2軍落ち直後も、故障直後も電話やメールで連絡をくれた。親子でメル友とはすばらしい仲です。手術後の入院中には仕事を休み、退院までずっと身の回りの世話をしてくれた。お立ち台で中田は「第一に、親にありがとうと言いたい」と感謝の気持ちを伝えた。記念ボールも香織さんに送る。

沸き上がる喜びを表情には出さず、一塁を踏んだ。八回2死、日本ハム・中田が藪田の144キロ直球に無駄のないスイングでバットを合わせた。快音と共に打球は中前へ抜けていった。92日ぶりの1軍復帰戦で復活の一打を放った。

 4月21日に左ひざ半月板を損傷してから約3カ月。「7番・DH」で札幌ドームに戻ってきた。三ゴロ、空振り三振、遊飛。そして中前打。だが笑顔はない。「すごい投手から打ってうれしい。でもここで満足したら去年と一緒」。2軍との往復を繰り返した昨季の二の舞いだけは避けたいという強い思いがある。

 リハビリ中も、夜はほとんどの時間をDVDでのフォームチェックに割いた。上体が突っ込まず重心の低い打撃フォームに修正し、結果も出た。チームは敗れ、貯金が消えたが、フォームも野球に取り組む考え方も変わった中田が、起爆剤になる予感は十分だ。

AD

大阪とスイスの遠距離恋愛

テーマ:

大阪と東京で遠距離恋愛している人も多いでしょう。

大阪と沖縄など極端に遠距離の人もいるでしょう。

私の知っている一番の遠距離は、スイスと大阪の遠距離恋愛です。

彼が優秀な研究者でしたので、スイスの研究所からスカウトされたためです。

それでも2年間という期限があったので彼女も安心していれたのでしょう。

日本に帰ってきてからは、彼らはすぐに結婚して今でもうまくいっているようです。

みなさんは、遠距離恋愛は続かないと思っている人もいるでしょう。

しかし、それは誤解です。遠距離になることによりデメリットも、もちろんありますが、メリットもあるんです。

遠距離により結ばれる愛は本物です。1年くらい遠距離で続くということは本物の愛なのです。本物の愛があるかどうかを見極めるチャンスと思えばいいのです。

下手に本物の愛かどうかわからないうちに結婚してしまうとあとで後悔しますが、こうして遠距離恋愛で本物かどうか見極められるのは、ある意味ラッキーかもしれません。

好きな人とは、できるだけたくさん一緒にいたいし、彼がしていること、考えていることをもっとよく知りたいですよね。

でも、遠距離恋愛になると、普通の恋人同士なら、簡単にできる些細な願いすら、叶えることできなくなってしまいます。

特に 「いつ会えるかわからない」、「会いたいときに会えない」というのが、遠距離恋愛において、いちばん嫌ですよね。不安で仕方がないし、寂しくてつらくなります。

そんな”2人の距離”を少しだけ縮めてくれるのは、携帯電話やチャットやメールなどのツールです。

スイスと大阪の遠距離で付き合っていた事例でも、ブログやチャットはよくつかわれていたそうです。

マメにメールや電話をして、互いに情報を共有することは、とても大切だし、信頼感がいっそう高まります。

はっきりいって、遠距離恋愛がうまくいくかどうかは、このようなツールでのコミュニケーションにかかっています。

■大阪人は件名にうるさい

大阪人はメル友への件名にこだわる傾向にあります。
携帯メールで多いことですが、本文はすごくいい内容を書いているのに、件名を適当に書く人が多すぎます。大阪人は、この件名というものを大切にします。たとえば、普通は、「おやすみ」で済ませる件名でも、「今日の月はきれいだった」という件名だったら、ちょっと本文の内容が楽しみになりませんか? メル友がたくさんいる人だったら、おやすみメールというのは10通くらいきたりします。つまり件名に、「おやすみ」が連発するわけです。なんかうんざりしますよね。これよりもっと最悪な件名があります。それは「Re:Re:Re:」といっぱい「Re:」が連発するメールです。これは、別名「れれれのメール」と呼びますが、件名を手抜きしている典型です。返事する時もしっかり件名を打ち変えましょう。

■大阪人は言葉遣いを大切にする

メル友相手にタメ口とか、呼び捨てとかするのは、ある程度仲良くなってからがいいでしょう。最初のファーストコンタクトや、初期の1週間程度は、敬語や丁寧語で、メールするのがベターです。 相手の様子をうかがって、タメ口でもよさそうなタイミングを見計らってください。ほとんどの人が、いきなりタメ口では印象悪くなります。顔が見えないだけに、余計印象が悪くなるのです。メル友をたくさん作っている人の多くは、丁寧語でメールを書いています。

■大阪人は顔文字を多用しない

メル友に顔文字をやたら多用する人がいます。ひとによっては好印象な場合もありますが、相手によっては悪印象をもたらす場合があります。特に、大人の女性になると、顔文字の多用だけで、キモイと思われます。相手が使う顔文字の量を良く見て、それに準じる形で、顔文字を使っていくのが無難です。メールの内容がどれだけよくても、顔文字の使い方一つで、メールの印象、さらにメル友への印象が変わるから不思議ですよね。大阪人が顔文字を多用しないわけは、メールの文章が面白いからです。つまり顔文字なんかに頼らないのです。