1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2005-10-16 12:21:57

秋華賞予想

テーマ:予想

ラインクラフトとエアメサイアの一騎打ちといわれる今回の秋華賞。前哨戦であるローズSのレース振りとこれといった上がり馬がいない事からこのような評価になっているのだと思います。しかしこの二頭、力が一枚上なのは明らかなものの、このようなオッズで信頼できるほどの強さを感じる事はできません。ラインクラフトは阪神JFでの3着がありますし、桜花賞も一番強い競馬をしたのはシーザリオでした(この馬は三歳牝馬の中で抜けて強いとは思いますが・・・)。NHKマイルCは牡馬相手に完封勝ちでしたが、完全な前残りの展開でしたし、牡馬のレベルもかなり低かった為、それほど評価できるものではないと思います。エアメサイアにいたっては500万下でも取りこぼしていますし、フィィーズレビュー、桜花賞とデアリングハートに先着を許すなど決して抜けた存在といえるような馬ではないと思います。

少し前までは荒れる秋華賞といわれたように京都の内回りで、若い牝馬が争うこの舞台。少し波乱の可能性を探ってみたいと思います。


今回はエイシンテンダー、ジェダイト、スルーレート、モンローブロンドと先行馬が揃い、掛かり癖のある馬も居ることから、スローは考えられず、澱みのない平均ペースになる可能性が濃厚。実質展開の鍵を握るであろうラインクラフトの福永騎手は馬の能力に自信を持っている時小細工するタイプでもないのでエアメサイアを気にしつつも4角で外を回しながら先頭を伺ういつも通りのの競馬をしてくると思います。そしてそれをマークするエアメサイアがさらにその外を回してくる・・・

こうなると狙い目になるのは内をつける先行馬。


というわけで本命ははデアリングハート。この馬の実績は決して前二頭に劣るものではありません。フィリーズレビュー、桜花賞とラインクラフトとの差はアタマ、クビと決して大きくは負けていません。前走のクィーンSも叩き台の上に不利があったもので度外視可能。また軽いスピードを生かすこの馬には札幌の洋芝が合わなかったのかもしれません。距離が長すぎると不安視されていますが、サンデー×ダンチヒなら京都2000mはこなせると思いますし、少なくともラインクラフトよりは適正は高いでしょう。また人気の落ちた実力馬に乗せたときの後藤騎手はかなり期待できるものがあると思います。


◎デアリングハート

○ラインクラフト

▲エアメサイア

×ジェダイト

×ニシノナースコール



◎の単勝

◎から馬連

◎から○と▲を複軸に三連複


あくまで二強のうちどっちかが崩れたらと言うものなので小額買うだけにします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-04 20:48:12

高松宮記念回顧

テーマ:回顧

サイレントウィットネスが強さを見せ付けたレースとなりました。自ら動いて、そのまま押し切ったのですから能力がやはり違うのでしょう。日本勢がもう少しきついマークをするのではないかと思っていましたのですが、もともとそういう気がなかったのか、今の層の薄い日本馬ではそうする事さえできないのか、サイレントウィットネスにとっては非常に楽な理想通りの展開だったように思います。


負けたデュランダルはもサイレントウィットネスにあのレースをされれば仕方なしといった所。今までは相手関係に恵まれていましたが、今回のように強い相手になると後ろからしかいけないというのが致命的な弱点になってしまいます。ただ中山でラスト3F32.7というのはすごいですね。日本馬の中では最先着していますし、そこそこの体面は保ったといえるのではないでしょうか。


アドマイヤマックス以下の馬に関しては大体想像通り。

印をつけたシルキーラグーンは現状では力不足ということでしょう。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-02 00:16:18

スプリンターズS

テーマ:予想

現時点での一番人気はサイレントウィットネス。数々のG1を制覇し、1200m以下では未だ負け知らず。前走の安田記念では先行馬が軒並み崩れていく中、3着に踏ん張りました。展開などを考えると一番強い競馬をしたのはこの馬だと思います。安田記念を見る限り、日本の高速馬場を苦手にするようには見えませんし、今度は得意の1200m。輸送も前回よりうまくいっている様なので、まず崩れないのではないでしょうか。中山の急坂を問題視する方もいますが、体型を見る限り問題はなさそう。先行激化を心配する声もありますがカルストンライトオあたりでは直線の入り口でもう勝負がついてしまうように思います。あとはこの人気をどう見るかだけ。


迎え撃つ日本勢の大将格がデュランダル。あの豪快な差し脚は誰もが認めるところですが中山1200mは基本的に追い込むには苦しいコース。一昨年優勝したときは1.08.0というタイムであったためにぎりぎり差す事ができたものの、もっと速いタイムが要求されそうな今回は不発に終わる可能性も高いかと思います。

あと休み明けが心配ですし、マイルCSが最大の目標のような気もします。


正直言ってこの2頭が抜けていて後はどんぐりの背比べです。


アドマイヤマックスは高松宮記念を勝ったものの、レース自体は凡戦でそれほど評価できるものではありません。右回りに変わるのもマイナスでしょう。ただ他の馬よりは時計勝負にも対応できそうですし、なんといっても鞍上武豊。抑える必要はあるかもしれません。


春にはスプリント界最強なのではと思わせたプレシャスカフェですが、本調子ではないのかここ数戦凡走が続いています。まだ立ち直っているようには思えず、そこそこ人気している今回は見送りが妥当かと思います。基本的に極限の時計勝負は不向きだと思います。


ちょっと面白いと思っているのがシルキーラグーン。中山に実績があり、持ち時計も立派。現在2連勝中にもかかわらず、あまり人気していません。上位二頭とは力の差がありそうですが、他とは決して見劣りしないと思います。重賞にも中山1200mにも実績のない鞍上のことは今回に限り目をつぶろうと思います。


掲示板なら十分あるだろうってのがシーイズトウショウ、カルストンライトオ、キーンランドスワン、マルカキセキ、ギャラントアローです。ただどの馬も平坦のほうがよいタイプなので思い切って全部きることにしました。


というわけで結論。


◎サイレントウィットネス

★シルキーラグーン

×デュランダル

×アドマイヤマックス



あんまり大金をかけるレースではないかもしれません。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-01 14:45:09

スプリンターズSにむけて

テーマ:ブログ

記事を書かなくなって数ヶ月が過ぎました。

何の内容もないにもかかわらず、このブログを訪れてくださる方がごく少数ではありますが、未だにいることに大変驚いていますし、また感謝しています。


今週は私の得意なスプリント戦のG1があることから久しぶりに記事を書いてみようかと思います。

当たり外れは別にしても、皆様のお役に立てるようなものにしたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-12 14:56:26

ファルコンC

テーマ:予想

非常に難解なレースで未だに自信がもてません。

昨日のレースを見た感じでは内もそこそこ伸びていましたが、それは降雨により芝の痛みに関わらず走りにくい状態であった為だと思います。良にまで回復した今日はやはり外を通る差し馬が中心になると思います。その考えから内枠は黙って消し。


 本命は一番安定度があるとおもうコパノフウジンにします。中山でも好走しているようにスピードには問題ありませんし、今回必要とされるパワーもダートでの走りから問題なし。勝ちきるまではどうかと思いますが、そうは簡単に潰れないんじゃないかと思います。

 押さえは外枠の差し馬を中心に。

 大穴として中京の芝1200mに抜群の適性を見せるヤマニンゼファー産駆のウィンサウザーを指名します。


◎コパノフウジン

★ウィンサウザー

▲サイボーグ

▲シンボリグラン

▲カズサライン



◎の単複、★複勝

◎ー★、▲の馬連、ワイド

★ー▲のワイド



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-06-12 13:34:33

エプソムC

テーマ:予想

 ファルコンSはぎりぎりまで迷いそうなのでとりあえずエプソムCから。


 一番人気のサイレントディールはいくらなんでも人気しすぎでしょう。前走オーストラリアTでの勝利も所詮はオープンクラスで相手関係に恵まれてのものでした。他に実績といえばダートでのものがほとんどで芝ではここで抜けた人気になるほどのものはないと思います。ヌレイエフの血が入ってることからも東京1800mに適性はありそうですが、もともとムラ馬でもあることから、ここでは押さえ評価にとどめたいと思います。


 本命はカンファーベストです。芝で最も実績をあげているのはこの馬ではないでしょうか。重賞でも常に好走していますし、天皇賞でシンボリクリスエス相手に掲示板に乗った事もあります。新潟1800mで好走していることから東京1800mにも適性は高いと思います。前走は長期休み明けを見せ場たっぷりの2着。今回は斤量も減りますし、柴山騎手も2度目の騎乗という事でさらに上積みを見込めるのではないでしょうか。


 対抗はシャイニングルビーです。距離はもう少し短いほうがいいのでしょうが、脚をじっくり溜めれる東京コースはあっていると思います。先週からAコースに移行した事、また東京コースは内の方が水はけがいい事から内をつけるデザーモ騎手が鞍上というのは本当に心強いです。



◎カンファーベスト

○シャイニングルビー

×サイレントディール


◎の単勝

◎ー○の馬連、ワイドを厚めに

◎ー×の馬連、ワイドを薄めに

あと三頭の三連複

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-09 00:47:43

安田記念回顧

テーマ:回顧

 残念ながらまた外してしまいました。

 久しぶりにかなりの気合を入れて予想したのですが、本当に恥ずかしいばかりです。

一介のスピード馬に過ぎないと思っていたアサクサデンエンの勝利には本当に驚かされました。1000m通過が57.4の澱みのない流れの中、勝ちきったのですから、その能力の高さを認めないわけにはいかないでしょう。

 また3着に残ったサイレントウィットネスにも本当に驚かされました。香港の巨漢馬という事で絶対に日本では好走できないだろうと決め付けてしまっていました。逃げたローエングリンがブービーに沈んだように逃げ、先行馬には厳しい流れの中での好走ですから、かなり価値は高いと思います。能力的にも今回のメンバーでは一番高いといえるのではないでしょうか。遠征による馬体の激減がなければと思わせる内容でした。

 僕の本命馬ダンスインザムードに関しては敗因がよく分かりません。いくらなんでもここまで負ける馬ではないと思うのですが・・・京王杯のときより気配はよく見えたものの、まだまだ本調子ではないのかもしれません。今でも適性は1600m辺りにあると思っているので、G1を除く重賞レベルでなら今後も狙ってみたいと思います。



今週は中京で得意のスプリント戦があります。だれもこんなブログに期待しているとは思えませんが、これ以上恥を曝すのもあれなんで、ここで外したら記事を書くのを止めようと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-05 14:18:51

安田記念

テーマ:予想

ずいぶん久々の予想となってしまいました。

今回の安田記念はどの馬にも一長一短があり予想がとても難しいです。

 まず海外馬の取捨ですが、香港はパワー型が活躍する印象があり、日本の速い馬場での時計勝負、斬れ味勝負では分が悪いように思います。今回の東京開催は特に時計が出ていることからも海外馬は全部軽視したいと思います。

 展開としてはサイレントウィットネスがはなを切り、ローエングリンが二番手を進むような流れでしょうか。よどみの無い平均ペースを仮定して予想を進めたいと思います。


 本命はダンスインザムードです。安田記念は単調なスピード馬では活躍しにくく、今回スローを予想しない以上ある程度スタミナの裏づけがある馬でないと厳しいと思います。その点この馬は天皇賞で2着と言う実績もあります。先行できる点、グリーンベルトを通れそうな点、そして騎手がデザーモ。今回軸として最も信頼できる馬ではないでしょうか。


 対抗は同じ4歳牝馬のスィープトウショウ。ダンスインザムードに高い評価をする以上、毎回上がりで凌いでいるこの馬に低い評価をすることは出来ません。前走は休み明け、トップハンデ、スローペースと敗因がはっきりしているので巻き返してくる可能性は高いと思います。


 あとひもとして東京得意のテレグノシス、ハットトリック、そして今回に照準を絞ってきたバランスオブゲームを押さえたいと思います。


◎ダンスインザムード

○スィープトウショウ

△テレグノシス、ハットトリック、バランスオブゲーム


◎の単勝

◎ー○、△の馬連、ワイド

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-01 21:59:02

ダービー回顧

テーマ:回顧

 ダービーは仕事の関係で東京に行ってた事もあり、生まれてはじめての府中観戦となりました。田舎者の私は東京競馬場って都心にあるもんだと思い込んでおりましたので、電車で長い事揺られていくのはちょっと意外な気がしました。

 東京競馬場は最近改築された事もあって、清潔感のある近未来的な場所なのではないかと思っていたのですが、雰囲気自体は阪神や京都とまるで変わらないように感じました。


 実際の観戦ですが、予想されたこととはいえ余りの人の多さにかなりてこずりました。パドックですら人が集まりすぎて馬の姿をちらちらとしか拝めないほど。馬体のチェックとかはとても無理でした。オッズも予想通りディープインパクトに集中していましたので検討も余りせずに、馬券の購入は見送りました。

 

 レースに関しては余り感想らしきものをもてなかったというのが正直なところです。強い馬が強い競馬をしたというだけで、あまりにも淡々と流れてしまったように思いました。他の馬に騎乗した騎手にしてもあそこまで注目されている馬を潰しには行きにくいのでしょう。コーナーでディープインパクトが簡単に外に出したときには思わず笑ってしまいました。ディープインパクトが強い馬なのは間違いありませんが、他の馬のだらしなさがこの馬のドラマ性をかなりつまらないものにしているように感じます。強力なライバルがあってはじめて記憶に残るような名馬となるのかもしれません。やはりただもらいも同然な菊花賞など回避して、古馬との対戦や海外への遠征に行ってほしいと強く思いました。



最後に最近記事を全くアップしておらず、わざわざ見に来てくださった方々には本当に申し訳なく思っております。余り記事を書かない分、せめて当たる予想をと心がけてはいるのですが、最近はかすりすらしておらず、本当に情けない気持ちでいっぱいです。こんな状態のブログになってしまっても訪問してきてくれる僅かな人たちのためにも安田記念は気合を入れて行きたいと思っています。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-06-01 21:59:02

ダービー回顧

テーマ:回顧

 ダービーは仕事の関係で東京に行ってた事もあり、生まれてはじめての府中観戦となりました。田舎者の私は東京競馬場って都心にあるもんだと思い込んでおりましたので、電車で長い事揺られていくのはちょっと意外な気がしました。

 東京競馬場は最近改築された事もあって、清潔感のある近未来的な場所なのではないかと思っていたのですが、雰囲気自体は阪神や京都とまるで変わらないように感じました。


 実際の観戦ですが、予想されたこととはいえ余りの人の多さにかなりてこずりました。パドックですら人が集まりすぎて馬の姿をちらちらとしか拝めないほど。馬体のチェックとかはとても無理でした。オッズも予想通りディープインパクトに集中していましたので検討も余りせずに、馬券の購入は見送りました。

 

 レースに関しては余り感想らしきものをもてなかったというのが正直なところです。強い馬が強い競馬をしたというだけで、あまりにも淡々と流れてしまったように思いました。他の馬に騎乗した騎手にしてもあそこまで注目されている馬を潰しには行きにくいのでしょう。コーナーでディープインパクトが簡単に外に出したときには思わず笑ってしまいました。ディープインパクトが強い馬なのは間違いありませんが、他の馬のだらしなさがこの馬のドラマ性をかなりつまらないものにしているように感じます。強力なライバルがあってはじめて記憶に残るような名馬となるのかもしれません。やはりただもらいも同然な菊花賞など回避して、古馬との対戦や海外への遠征に行ってほしいと強く思いました。



最後に最近記事を全くアップしておらず、わざわざ見に来てくださった方々には本当に申し訳なく思っております。余り記事を書かない分、せめて当たる予想をと心がけてはいるのですが、最近はかすりすらしておらず、本当に情けない気持ちでいっぱいです。こんな状態のブログになってしまっても訪問してきてくれる僅かな人たちのためにも安田記念は気合を入れて行きたいと思っています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。