プロマネ営業『メリー山羊さん』のブログ ~風を感じて~

プロマネ資格(PMP)を持ちセールス・エンジニアであるメリー山羊さんが湘南の風を感じるように、身の回りのプロジェクトや世の中の出来事から感じ、学んだことを書いていきます。


テーマ:
大変ご無沙汰しております。

メリーです。

みなさんお元気ですか?

私はというと、広島で次世代の自動車開発をしたあと、昨年からは東海地区方面で自動車開発に関わるお仕事をすることに。

東京→広島→愛知とあっちいったり、こっちいったりでせっせと技術の仕事をしておるでございます。

ここ数年はこのアメブロから遠ざかっておったのですが、文章を書く事から離れていたわけではありませんよ。

この4年間は技術の仕事のかたわら、休みの日には小説書きにいそしんでおりました。

実は1年半ほど前に原稿用紙380枚程度の小説を書き切り、とある小説大賞に応募なんかもしてみたり。結果は・・・なんで、聞かないでくださいね。

そんな私の近況は置いときまして、今日は熊本大地震について思うことということでお話したいと思います。

熊本大地震。本当に被災地の皆様にはお悔やみを申し上げるしかないのですが、この大震災、本当に他人事じゃないんですよね。

私も広島にいたときには、家から2Kmぐらいのところで悪夢のような大規模土砂災害に見舞われ、被災したお宅の土砂を掻き出すボランティアをしたりしていました。

今回の熊本大地震の南阿蘇の大規模な土砂崩れは広島での大規模土砂災害のときのことをどうしても思い出してしまいます。

今、私の自宅は神奈川県の湘南地区にあるのですが、そこも地震が怖いところ。

皆さんはあまりご存知無いかもしれませんが、小田原近辺では70年周期くらいでマグニチュード7クラスの地震が何回も起きてるんですよね。

1923年(大正12年)に発生した関東大震災は元々の震源地は小田原周辺。

町の博物館などで、当時の震災の様子を見ていると、先日熊本で発生した状況と何ら変わらない状況が自分の住む街で起きていたんだと思うと、熊本大震災は他人事ではありません。

明日は、我が身かな。

地震の報道を見て常々思うのは、日本の自衛隊、消防、警察の連携が本当に素晴らしくなったなということ。

災害救助のときに何をしなければいけないかが、各セクションでしっかりと決められていて、必要なときに、必要な人が、必要な救助が行われ、多くの命が救われた報道を聞き、涙が溢れてきます。

我々、市民はとにかくまず自分の身を守り、3日間は何としてでも自分の命を繋ぐ。
そのことが最も大事なんだと思い知らされます。

明日からGW。 災害地の復旧にボランティアに出かける方もいると思います。

1日も早く、被災地の皆様の生活が普段通りに戻ることを祈っております。

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは、

メリーです。

秋の3連休。皆さんはいかがお過ごしですか?

私の住む町広島はこの連休は清々しい秋の陽気。

昨日は、そんな陽気に誘われるまま、子供たちの運動会に行ってきました。

ところで、日本で初めて運動会が開かれたのはいつなのでしょう?

江戸時代や戦国時代に運動会はあったのでしょうか?

戦国の武将たちが兜を被って運動会で走っている姿って想像できませんよね。

調べてみると日本で初めて運動会が開かれたのは1874年3月21日、海軍兵学校で英語教師をしていたイギリス人がはじめたのが最初なのだとか。

運動会は、明治維新の開国とともに、日本にやってきたものなんですね。

この運動会、日本が近代国家を形づくる過程において、大きな役割を果たしたようです。

地方自治制度の整備や産業化の進展による伝統的地域社会の再編成がすすむなか、運動会を開催することで地域社会の結びつきを強めていったのです。

在学生だけではなく、こどもを学校に通わせていない大人たちも含めて運動会に積極的に参加することで学校を中心とする地域社会の連帯がはかられるようになったのです。

運動会は従来のムラにおける「ハレ」の場に代わる役割を果たしたのですね。

今年は、東日本大震災や台風などの影響で、これまでにもまして地域の人々の繋がりの大切さを感じるそんな時代。

運動会をきっかけに、地域の絆をいっそう強め、復興の力強いエネルギーに変えていってほしい。

そんな願いを持ちます。

最後に、岩手日報が伝える被災地の運動会の様子。

私はこの記事を読んで涙が止まりませんでした。

ガンバレ、日本。

AD
いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。

メリーです。

最近は随分と暑さも和らぎ、すっかり秋らしくなってきましたね。

私のブログでは、本の話やビジネス、技術、プロジェクトマネジメントなどをテーマに主に書いてますが、今日の話は、ビジネスの話ではなく親としての悩みのお話。

今年は、結婚して10年。子供も随分大きくなりました。

上の子は小学校3年生。

私は去年の夏から単身赴任で広島で仕事をしていますが、この春から家内や子供たちも広島で生活することに。

この夏休みまでは、とにかく広島の生活に慣れること、そして学校のお友達を作ること。

このことが我が家の一番の関心事。

家内や子供は、新しい環境に順応することに一生懸命でした。

娘は、どうしたら新しいお友達を作れるか、いろんな作戦を試していました。

手紙を書いたり、プロフィールを交換したり、休日に旅行に出かけたときにはお土産を買って行ってあげたり。

わが娘よ。そのマメさ、親である私が見習わなくてはいけないかも知れません。

そんな努力の甲斐もあってか、昨日も我が家にはお友達が遊びに来ていました。

お友達が帰った後、夕食を家族みんなで取っているとき、私の何気ない一言で娘を傷つけてしまうことに。

「もし、パパが次、広島を離れて名古屋で仕事しなければなくなったらどうしよう?」

そのときでした。娘が大粒の涙を流して、

「パパをいろんなところに連れてってしまう会社の偉い人のバカ、バカ、バカ。自分が行けばいいのに。」

そう言いながら、わんわん大粒の涙を流しながら泣きじゃくるのです。

そして、自分の部屋に走って駆けていき、バタンと大きな音を立て、更に大きな声で泣きじゃくる。

私と家内が心配になり、部屋に入ろうとしても、「出てって。」と言って、部屋には入れません。

どうでしょう。小1時間泣きじゃくっていたでしょうか。

私は、このとき改めて思い知らされました。

広島に来て、新しい環境で戦っているのは自分だけじゃない。子供たちも必死なんだ。

そう思い知らされたのです。

そして今朝、ふと子供の顔を見ると昨日までの子供の顔から、どこか娘の顔になっている気がする。

あー、これが思春期というものなのかも知れない。

秋風を感じながらそんなことを思ったのであります。




AD
いいね!(0)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。