まいにちしあわせ、まいにちあみもの

あみものキホン。うつくしいもの・こと・ひとについて徒然。


テーマ:
宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫
宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫
 
久しぶりにお気に入りのOPALを手元に持ってきて
さて、編みましょうと思った、ところで
先日買い込んだこの本を開いている。

 

 

ハラマキ帽子。

 

いちども編んだことがないんだけど

興味だけはある。

 

帽子はトモダチが編んでくれたのが

すっごくお気に入りで

毎年かぶってるから

しばらく自分用には必要ない。

 

でも、

興味だけはある。

このページを見て

ひとつは編んでみようかと思う。

 

 

ヘアバンドもひとひねりするのが掲載されていて

ミニスヌードっぽくて

OPALのカラフルな糸だと

さぞかしプリティだろうとおもう、

興味だけはある。

 

手袋やセーターも掲載されてるのは

とってもかわいいし

ナチュラルなファッションならぴったりだろうな。

興味だけはある。

 

あたしはぶかぶかの毛糸のくつしたが苦手で

できるだけ足回りにはぴったりしていてほしいから

52目にして編むことが多い。

頼まれくつしたもたいていこの目数で、

ご高齢の方が履くと聞けば

60目にしたりで

手の加減はあんまり変わらないから

サンダルに履くのか

パンプスに履くのか

ブーツに履くのかで

作り目の数や使う針の号数を変えたりする。

 

いちばんしっくり手になじむのは

OPAL毛糸を2.4mmで52目で編むとき。

 

一般的な足のサイズのくつしたなら

だいたい19センチくらい編んだところで

かかとを編み始めると

編み上りは23.5cmくらいになってる。

段数はあんまり数えたことがない。
くつ下を編む毛糸の太さはほぼ一定だから
それであまり困らない。
 
一時期はゴム編みの簡単なくつしたを
頼まれて量産したりしたけど
いまは滅多に編まなくなった。
ふつうのくつ下のほうが希望が多いから。
 
OPAL毛糸の1玉を二つに分けて
色合わせをしたあと
つまさきをターキッシュキャストオンで編み出して
ぐるぐる編んでいくとき、
周りの音が聞こえなくなって
静かな境地に達することがある。
瞑想に近いのかもしれない。
 
この冬、いったい何足のくつしたが編めるだろうか。
バックオーダーは相変わらず二桁だけど
丁寧に編みたいと思ってる。
 
明るい陽射しで撮影された写真が多いこの本。
気持ちがふっと和らぐのを感じる。
 
 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
いつもご訪問 ご笑覧 ぽち
ありがとうございます
ぽっ♪ルンルン♪音譜
 
 
ここはマルティナさんの関連ページ。
ぎゅっとつまった「しあわせ」が
温かい気持ちにさせてくれる。
 
 
 
 

 

AD

テーマ:
フェリシモさんのサイトをぐるぐる見るのが好きだ。
 
このあいだから気になっていたのが
こちら。
 
 
 
これ、ほんとに便利そう。
 
首回りがあたたかいだけで
体感気温がずいぶん違うから
買っておこうとおもった。
 
 
びろーんと広げたすがたの
なんとかわいいことよ(笑)
 
前後で長さが違うのもよく考えられてるねー。
 
 
いつもご訪問 ご笑覧
ありがとうございます
ぽっ♪ルンルン♪音譜
AD

テーマ:
宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫
この本の29ページのジャケットを編んでるとこ。
   宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 
 
この寒さは骨身に染みる。
 
寒いのは朝だけだろうとなめていたら
午後になってますます寒さが厳しくなって
外に出たらもういっぽも歩きたくないほど。
いえ、歩きましたけどね
 
ニットきゅっきゅー、のあのブランドでは
なんてこった!セーターがこの値段かいっ!
ってくらい、お安いです。
手編みの良さを知ってはいても
リアリストの自分は
(どのくらい現実的にお役立ちだったか)
の価値を問う性格。
かないっこありませんわ。
 
なのに編むのは
「編みたいから。
編むことが好きだから」
 
 
 
先日はすごくほしかった真っ赤なカシミヤのハイネックを
伊勢丹であっさり購入。
ちょうどセールだったこともあって
ハイゲージで上質なカシミヤのハイネックは
いちまいでも充分暖かいので
手放せなくなってます。
毎回のお手入れはたいへんだけど。
 
真っ赤なアラン、
前身頃も完成して
つぎは袖。
これも両袖を同時編みする予定でいるけど
やる気の神様がお出かけ中で
作り目もまだ。
 
来年着られたらいいとしよう。
そうしよう。
 
 
 
 
 
 
 
 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
いつもご訪問 ご笑覧 ぽち
ありがとうございます
ぽっ♪ルンルン♪音譜
 
しゅしゅしゅー。
 
AD

テーマ:
宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫
宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫
 
いまになって悩みが深くなってきた。
すでに後見頃は編みあがり、
前身頃も8割がた編みあがっている。
だけど、だけどだ。
 
いや、悩むのはやめよう。
ここで思い悩んだところで
すべてを烏有に帰すなんてできっこない。
さんざん貴重な時間を注ぎ込んできたのだから
このまま意地でも完成させよう、
そうしよう、そうするしかない。
 
・・・・・・・・・・・・
 
 
せめて12月の頭くらいまでは着られる猶予があるかと
高を括っていたんだけど
今年の冬はボルトボルト並みの速さでやってきそうで
あたしの編むスピードはもうこれ以上どこをどうやっても
上がるわけもない。
潔く、
来年のために
編むことにする
 
 
 
 
ちょうどいい季節感のニットを編むって
編む速さや編み始める時期を
相当見極めてないと
難しい
落ち込み記憶
 
 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
いつもご訪問 ご笑覧 ぽち
ありがとうございます
ぽっ♪ルンルン♪音譜
 
 
ざっくり編んだ帽子にこのお花ポンポンをつけたら
どんなにかわいいだろか
うい~ぷ。ラブラブ
 
 
 

テーマ:
宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫
 

ロフトネットストア

宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫 宝石赤 宝石紫
屋根裏ってのは魅力がある。
特に、秘密の、なんてついた日には
どうしたって覗かずにはいられないし
はいれるものなら入りたい。
そして今回あたしは潜り込むことに成功したのだ。
うひひ。
 
ロフトネットストアさん、おまねきいただき、
ほんとうにありがとうございます。
 
今回の「秘密の屋根裏」には
ほんとにお宝がたくさん眠っている。
すでに
のページができていて
お宝を垣間見ることができる。
 
我が家で話題沸騰のオーガニックコスメ
「TVandMOVIE」を始め
あの!ライカが満を持して発売するインスタントカメラがこちら
インスタントなのにいろんな設定がある上に自撮りモード用の鏡がついてる。
しかもネックストラップが太くて長い。便利。
 
今回あたしがいちばん魂を撃ち抜かれたのはこれだった。
こんなカッコいいキャリーなんて見たことない。
(いや、実はある。国際線ターミナルでダンディな紳士がひっぱっていた)
そしてこの高く麗しい女子力。
これは限定数4つ。
激戦が予想される。
 
まっくろで金具もまっくろのシブいやつ。
まっくろで金具がシルバーのオーソドックスにかっこいいやつ。
濃いブラウンで金具がゴールドのちょっと気取ったやつ。
まっかで金具がゴールドで皮ベルトのヤバいほどかわいいやつ。
(画像のやつね)
安くはない。
でも。
 
旅の情景にこのキャリーが映り込んだら
それだけでリリカルになること請け合いだ。
まるで映画のワンシーンのようだ。
これは兵庫の豊岡という鞄で有名な町で
すべてハンドメイドされた逸品。
素材のカッティングから表面ボディの磨き、
塗装、鋲打ち、仕上げまで
職人さんが精魂込めて丹念に作りこんだキャリー。
 
これはまさに芸術品だ。
遠くからいつまでもいつまでも
いつまでも眺めていたかった。
 
ってことで11日は争奪戦に参戦する。
(ここで宣戦布告してどうするんだ自分)
 
このキャリーバッグなら国内を旅してみたいと思わせてくれる。
ちょうど紅葉のシーズン。
 
どこかに旅したくなってきた。
 
 
 
いつもご訪問 ご笑覧
ありがとうございます
ぽっ♪ルンルン♪音譜

 

 

ロフトネットストア

 

 

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。