2013年01月22日(火) 19時02分26秒

メルモでのセッションの進め方について

テーマ:ピラティス
 ピラティスのセッションはたった60分と短く、エクササイズを一つでも多くこなしていただきたいため、なかなか皆様に「行っていることの意味」についてお話する時間がありません。

 そこで、ピラティスのセッションを「どう受けたらいいのか」というお話をさせていただきたく存じます。長くなりますが、お時間のある時に読んでみてください。

 ピラティスの目標は、インストラクターがいなくても動けるようになることです。ピラティスは「教えてもらう/受けに行く」習い事というよりも「自分で考える力を身につける」ための勉学であり、数年かけて「修める」心づもりが必要です。インストラクターがいない時に普段の癖に戻ってしまっては、セッションで行った身体の使い方を日常生活を含む他のアクティビティに活かせません。
 つまり、インストラクターがいながらもエクササイズを「自分でやる」ことが必要になってきます。

 「自分でやる」、これは必ずしも家でピラティスをしなければならないということではありません。私達インストラクターは、ティーチャー・トレーニング・コースの中でクライアントに出すホームワークも含めてエクササイズを組んでいきます。従って本来はホームワークありきで習得していくものなのですが、忙しい方も多いと思いますので、短い60分間ですがセッションの間にできるだけスキルの向上を試みてください。
 ホームワークできる余裕のある方は、ご存知のマット・エクササイズを毎日やってみてください。

 まだ慣れていらっしゃらない方は「ピラティスとは何か」よく分からない段階だと思いますが、これはセッションのたびに一時的なリフレッシュを得られるとは限らないものです。
 経験を積み上げることによってはじめて視界が開けてきます。学問と似たような過程をたどりますので、学生に戻ったつもりでお越しください。勉強は、はじめは「理解できない」というストレスがあります。ですが分かることが増えるにつれ楽しさが増し、続けることによって問題を解決する力が身についていきます。学問に親しんでいる方や、何か学ぶことをずっと続けている方はお分かりの感覚かと思います。

 はじめはインストラクターのキュー(指示)に頼りきることになりますが、どなたも「キューを徐々に減らす」ことを目標になさってください。そして「言われなくても自分でできる」という境地を目指します。

 最大のキューイングは、あなた自身の呼吸です。

 ここで具体的なお話をさせていただきます。
 呼吸がキューになるとはどういうことか?

 セッションでは、まずフォーム・ローラーに乗って波の呼吸を感じていきます。アナログの波形のような、繋がった止まることのない呼吸です。その呼吸に合わせて動作を行います。その動作は呼吸より早すぎても遅すぎてもいけません。呼吸と動きを合わせていくのです。

 たとえば Dead Bug で脚を持ち上げる時に、3回も4回も呼吸する必要はありません。一息で持ち上げ、一息で降ろしていきます。他のエクササイズでも同じです。「一息ごとに動く」、そう訓練していくことによって、呼吸と動きを同時に行う「調和/coordination」をつくっていきます。

 さらにもう少し細かく言うと、呼吸はほんの一瞬だけ動作よりも先行します。いつも呼吸が少し先にあり、動作が後からついてきます。呼吸が動きを導いているのです。(ただし、アティキュレーション(背骨の分節的な動き)の伴うエクササイズは一息ごとの動作ではなく、何度も呼吸を繰り返しながらゆっくりと行います。)

 従って、クライアントさんの動きを導いているのはインストラクターの言葉ではありません。インストラクターの言葉が止まった時に動きも止まり指示を待ってしまう、それはご自身の呼吸を聴いていない証拠です。
 あなた自身が吸って吐くその呼吸が、キューイングそのものなのです。

 呼吸の波形に乗って60分間エクササイズを続けてください。波を止めず、引いて寄せ続ける波、呼吸、あなた自身の身体のキューイングを聞いてください。他人の言葉ではなく自分の呼吸、それに合わせて動いていくのです。

 フォーム・ローラーの上で最初に行う揺らぎ、呼吸、そこからのベーシックな動作は、全てのエクササイズに通じるものです。ローラーの上でやっていることとその後のエクササイズを切り離さず、層のようにどんどん積み上がっていくものだとお考えください。

 フォーム・ローラーの上で行う動作は、毎回の訓練です。毎回同じであるため導入のリラックス・タイムと捉えている方もいますが、違います。

 はじめの揺らぎの部分では、止まって寝てしまうのではなくしっかり左右に揺れて波を感じ、身体の中に波を起こして普段意識していない呼吸に集中します。なお、この揺らぎのパートでは首を振らないでください。首は軸の一部であり、軸ごと揺れていきます。身体に焼き鳥の串が刺さっているような状態でローラーの上に乗っているとお考えください。
 そしてエクササイズに入ったら刮目して視線を一点に定め、バランスを取ります。そして呼吸に合わせて動いていきます。

 ローラー上での全パートはトレーニングの一環ですので、上達を目指してください。Dead Bug, Femur Arc, Chest Lift などとても難しいエクササイズが目白押しです。

 先ほども申し上げた通り目標は「インストラクターのキューを減らしていくこと」で、まずご自身の呼吸がキューイングになればイントラの言葉を減らすことができます。さらに一息ごとの動作ができるようになると、エクササイズそのもののスピードがアップします。各エクササイズが速くできるようになると、行えるエクササイズの数が増えます。その他に手を置く位置、手の形、足を置く位置、脚の形、器械への乗り方など、どんどん覚えて少しでも時間を短縮していきましょう。

 漸進の過程としては下記のような感じです。

1. はじめは呼吸と動作を繋げることは難しいため、まず動作のみを覚える。

2. 次に、覚えた動作をゆっくりと正確に行う。一つの動作につき呼吸は複数回してもOKなので、動きのクオリティを高める。

3. 次に、一息ごとに動作を行えるようにする。この段階で呼吸と動作がシンクロナイズする。

4. 徐々にスピードをアップする。動きが速くなっても動作の質や安定性を保てるようにする。

 現在、ほとんどの方が2の段階ですので、今後はぜひ先の課題を意識してエクササイズの質の向上を目指してください。3,4の段階まで、動きの質とスピードを引き上げていきましょう!

 コアを意識できるようになるため、下記のエクササイズをセッションの前半で行っていきます。

M: Roll Down/Roll Up, C: HamstringsⅠ(Oblique, Kneeling)
M: Spine Stretch, Twist, T: Seated Push Through, Circumduction
C: Prone Scapula
M: Angry & Happy Cat, Serratus Push Up, Quadruped, Leg Pull Front, Push Up
T: Kneeling Cat Oblique

 ほとんどの方はここで60分経過してしまうのですが、上記を30分~40分間で終わらせ、残りの時間で個別の問題にフォーカスしたエクササイズを行っていくのが理想のセッションです。

 そのためには、エクササイズのスピード・アップが必要になります。スピード・アップするためには、ご自身の呼吸の速さで動作を行えるようになることが必要になります。今まで複数回の呼吸を使いゆっくりと行っていた動作を、ひと呼吸でできるようにならなくてはいけません。

 その他にも、時間通りにエクササイズを始められるようスタジオにお越しいただくことも重要です。スタートが10分遅れれば、セッションは60分ではありません。行えるエクササイズは5,6個ほども減ってしまいます。45分のセッションになってしまうと、もう本当に短いです。

 なかなか上達を感じない、ピラティスが分からない。。。という方は、お越しになる時間からセッション中の集中まで、取り組み方を変えてみてください。上記に加えてさらに10種類ほどのエクササイズが60分間でこなせるようになれば、かなりの達成感と本当の実力がついてきます。ここまできたら、分からない、効果がないという悩みは解消されるでしょう。数年かかるかもしれませんが、そこを目指してがんばりましょう!

 私達は日々老いています。ピラティスに10年間真剣に取り組むことができれば、それを行わなかった10年間とでは大きな差が生まれます。私達インストラクターもお互いに「本当にこれ知ってて良かったね」と話すほど、知っていると価値のあるお得な身体制御法です。技術の習得ですので、ピラティスは「誰でもできるもの」とは申しません。勉強が好きな人に向いているエクササイズです。とっても楽しい学びなので、ぜひ食らいついてくださいね。

 皆様も、セッションへのリクエスト(デモを見せてほしい、エクササイズの前段階であるストレッチを重点的に行いたい)などあれば、毎回お気軽にお知らせください!できるだけ皆様にとってやりやすいように進めていきたいと考えております。

 長文を最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m 今後の参考にしていただけると幸いです。わからないことがあれば、デモンストレーションも含めて解説したいと思いますので、ぜひお尋ねください。



  横浜 ピラティス メタモルフォーゼ
     ピラティス専用マシン完備・マンツーマンキラキラ☆
   横浜のちいさなピラティススタジオ、メタモルフォーゼ。

        代官山 ピラティス 奈津
      Pilates Lab 代官山でもセッション受付中!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

奈津さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。