西洋美術の楽しみ方_ルーブルの魔女からの伝言

絵画の見方・味わい方、西洋美術史の魅力を知りたいあなたへ
メルシーパリ.ネット運営者ブログ


テーマ:


先日の記事からご案内している、


新春感謝企画「7枚の絵画」プレゼント

(無料メルマガ)には、

 


私の予想を上回る大勢の方々から


ご登録いただいています!


どうも有難うございます!


とても嬉しいですおねがいおねがいおねがい


▶︎この「新春プレゼント企画」の詳細記事はこちら
 

 


「メールは毎回きちんと読んでますよ」などの


メッセージも、有難うございます。
 

 


なぜか不思議と、ぜんぜん別の方から


よく似ている感じのコメントを続けて頂いたり、

 


想像もしなかった有難いコメントも


頂戴しました。
 

 


活動を続けていて、


そして、今回の告知をしてよかったな〜と


思う瞬間です。
 

 

 


******



こういう業務形態で生きていますと、

自分の仕事に対して、

 



会社員時代にいただいた、他者からの評価・査定や、

客観的な数字として現れる昇給・昇進などの

機会がなくなります。

 

 



集客や売上げという、実体の数字はありますが・・、

それは、結果の話であって。

 

 


結果が見えるまでの「方針」を固めたり、

自分への「期待」といった部分は、


自分で作り上げるより他ありません。
 

 


もしかしたら、幻想かもしれない場所に

向かって進んでいると、
 

 


崖を渡るような恐怖や、

虚しく響く木霊のようなものを、いつもそばに感じます。
 

 




トマス・コール作 「捕らわれたプロメテウス」作品部分
(ここまで怖い、とは思っていないけれども・・)

 

 


仕事に限らず、ですが・・・
 

 


何ごとにおいても、

他者からの制限を受けない形態は、


良い言葉を使って表現するなら

「自由」ということになるのでしょうが、



自由とは、不安や心細さと同じ実体の、

もうひとつの顔にすぎない・・と思います。





例えるなら、

海外ひとり旅は、自由で楽しいけれど、


同時にもれなく、不安や危険もついてくる・・

みたいな感じでしょうか。




それでも、ひとり旅を偏愛する人がいるように、


私は自ら、好き好んで

西洋美術史(の仕事)をしています。




ですので、

自由とセットになっている諸々も

受け入れてはいるつもりですが、

 



そうであるからこそ、

こういう機会にご登録いただけると

それだけで嬉しく、



さらにその際に、いただくコメントは、

まるで、天から降ってくる

 


メッセージのように感じます。

 

 

 

 


(うちのベランダから見たある日の空)





・・というわけで、

 


ご登録がまだの方、

限定バージョンの、メルマガ「7枚の絵画」を、

ぜひ受け取ってくださいねニコニコ

 

 


私からお送りできる、渾身のプレゼントです。


**************

 

「7枚の絵画」無料メルマガ

ご登録はこちらから

お申込み締切り

2017年1月6日(金)深夜23:59まで

毎朝7時過ぎ、7日間連続で、

 

絵画作品をご紹介するメルマガをお送りします

 

作品画像と、内田ユミによる完結な解説で
構成したメルマガです。



******************************************
◎絵画巡礼メンバーの皆さまは、

近日中に別途ご連絡しますので
ここから登録しないでくださいね!
*****************************************

 

 




なんだか、今日のこの記事の流れですと


コメント欄・入力必須のようになってしまった感じですが、

何もご連絡等なければ、


基本、コメント欄は空欄でOKです!


▶︎この「新春プレゼント企画」の詳細記事はこちら

 



ご登録が、深夜0時過ぎの場合、

 

その翌日の朝からの配信になります。

 

 


=================
 配信エラーになってしまった方が
 数名いらっしゃいます
=================

すでにご登録の方で、

 

いただいたアドレスにお送りしたメールが

戻ってきてしまう方が、何人かおられます。

(ここにお名前は、載せられませんけれども・・)


迷惑メール対策で、受信可否指定をされている方は、

再度お手数ですが、

mail(あっとまーく)merci-art.net 

 

からのメールを受信可能にしてから

再登録をお願いします。
 

 


◎PCで受信できるアドレスがオススメです。

とくに、docomoやezwebのアドレスは、
エラーになることが多いです。

それ以外の方でも、入力間違いと思われる方も
いらっしゃいます。

 


=================

 

 

 


そろそろ、お正月のお休みも終わり、

という方が多い頃でしょうか。



日常が、戻ってきますね。

 


今年も皆さまの一年が喜びに満ちたものに

なりますようお祈り申し上げます。



では、「7枚の絵画」にご登録いただいた方は、

明日、朝のメールでお会いしましょう!

 


いつも長文をお読みいただき、


どうも有難うございます。


それでは、また!




内田ユミ



 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





~新春特別企画:プレゼント~
================
「7枚の絵画」(無料メルマガ)
 ご希望の方にお送りします

================
 

 


いつもこのページに来てくださる皆さま、

昨年中は、大変お世話になり、

どうもありがとうございました。



今年も、絵画を楽しんでいただくための

サービスをご提供していきたいと思っています。

 


どうぞよろしくお願いいたします。


********
 

 


昨年末に、私は、西洋美術史の
ネット配信講座「 絵 画 巡 礼 」をスタートさせました。

 


(ネット経由で、動画やメルマガを定期的に
 お届けする美術史講座です)


サービス開始から、ひと月あまり経った現在、

会員の皆さまから、もっとも熱く、
ご好評をいただいているのが、

配信スタート後に、追加で始めた
メルマガ「今日の絵画」です。


メインとなる「パーフェクトプログラム」と
同じくらい(・・か、もしかしたらそれ以上?)に

「今日の絵画」を楽しみに

してくださっている方が多い印象です。
 

 



・・それで、ですね。


新年ですので、


これまでの感謝企画としまして、

 

 


このページをご覧の皆さまに、

「今日の絵画」7日間分を、


プレゼント(無料メルマガ)としてお送りします。




「今日の絵画」は、ある一枚の絵画作品を、

作品の画像とともに、内田ユミによる完結な解説で
ご紹介していくメルマガです。


「絵画巡礼」では、平日限定で、
毎朝7時ちょうどに配信していますが、


このプレゼント企画では、

曜日に関わらず、ご登録の翌日から7日間連続で
毎朝7時7分に、メール配信します。



もともと「絵が好きです!」という方から、

「西洋美術史」と言われても、
あまりよく分からない・・という方まで、


気軽にお楽しみ頂ける内容にしていますので、
ご興味がある方は、

 

ぜひ受け取ってくださいねニコニコ

 



ほんのちょっとしたメールなのですが、

 

1日の中で、絵画の世界に触れる
ひとときを持って、

楽しむきっかけにしていただければ、



(絵画の魔女の)わたくしと しましては、

大変嬉しく思います!

 
どんな7枚が届くは、朝になって、
着信してからのお楽しみ・・です!

 

***********************************************​


「今日の絵画」の無料メルマガ(7日間)バージョン

▶︎「7枚の絵画」登録フォームはこちら

 

 


この『新春プレゼント企画』のご登録締切りは

1月6日(金)23:59

とさせていただきます。
 

 


***********************************************​
 

※なお、すでに巡礼メンバーの方は、

 登録しなくて大丈夫です!

 
 どこかのタイミングでお送りしますので・・

 


==================

<ご登録上の注意>

メルマガ配信システムからお送りするメールは
auや、docomoなど、携帯メールへお送りしますと、
エラーになる確率が高いです。

必ず、エラーというわけではないのですが・・

できれば、PCで受信できるアドレスで
ご登録いただくことをおすすめします。

==================



それでは、
この一年も、皆さまにとって

一層有意義で、楽しい日々になりますことを
心よりお祈り申し上げます。


本年も、
どうぞよろしくお願い致します!


西洋美術史ネット配信講座「絵画巡礼」





制作:Office Merci 内田ユミ




 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


〜 Kindleアマゾンキャンペーン実施中〜



パリ・ルーヴル美術館 Photo:yumi uchida
(冒頭シーンでmasausaが迷っていた展示室...の実写です)




 

電子書籍「プシュケとアモル」のご購入と

 

「2017masausaカレンダー」への

 

お申し込み、どうもありがとうございます!


▼Kindle(Amazon)
ルーヴル美術館の思い出:プシュケとアモル

 


============================

▼昨日投稿の記事もお読みください。

 

>現代版「プシュケとアモル」とは?


 

>masausaカレンダープレゼント企画とは?


============================



昨日(15日)の夕方は、アマゾン:Kindle本 海外旅行部門

 

871位  だったのですが、


 

15位 まで、浮上できました。




ご購入くださった皆さま、

どうも有難うございます!!
おねがいおねがいおねがい


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ーーーーーーーーーーーーーーーー





***************

 

「masausaカレンダー」のプレゼントは

 

日曜日(12月18日)の 23:59まで


 

受け付けています。
 

 


>KIndle「プシュケとアモル」の購入はこちら


 

>masausaカレンダープレゼントフォーム


 

 

引き続き、お引き立てのほど

 

どうぞよろしくお願いします。


 

 

内田ユミ  &  masausa

 





〜ルーヴル ラビリンス〜

ルーヴル美術館の思い出「プシュケとアモル」

 



Kindle本 480円
出版:ワイズワンパブリッシング


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



==============
ルーヴル美術館の思い出
「プシュケとアモル」とは?
==============




 


ルーヴル美術館にかかったある一枚の絵画から、


主人公のお気楽うさぎ「masausa」が、
古代ギリシア世界に迷い込み、

 

ギリシアの神様や動物たちと関わりながら、
数々の冒険を超えて、

 

再びルーヴルに戻ってくるまでを綴った
ストーリーです。

 

美術史ファンタジーという、

新しい(?)ジャンルです。







パリ・ルーヴル美術館 photo:yumi uchida

(漫画のなかに、こんな展示室も、出てきますよ!)





**********

 



読みにくくて、分かりにくい・・
 

でも、なんだか気になるギリシア神話。




絵画にも、映画にも、小説にも、
 

いろいろなところに紛れ込んでいるギリシア神話。




美術好きな方だったら、

親しんでいただきたいギリシア神話。




 

どうしたら、ギリシア神話を

すんなりと楽しんでもらえるか?





・・ということを念頭に、
 

masausaさんの美しい漫画・イラストと

内田ユミによる現代的解釈で

 


ギリシア神話をよみがえられせているのが、
 

ルーヴル・ラビリンスシリーズです。




 




ローマ時代の文学者アプレウィスが書いた

原作「黄金の驢馬(愛とこころ)」を読み切るのは、
 

ちょっと大変かもしれませんが、




masausaさんの

美しいイラスト・漫画つきで


 

内田ユミが、現代版にアレンジした

「プシュケとアモル」は、



気軽に、最後まで

読んでいただけることと思います。



 


アプレウィス版には存在しないシーンや、

絵画を楽しむための概念も、

随所に盛り込んでいます。

 


 


付録として、フランス語、ラテン語版コミック

第2作目の予告編(第1章)も掲載しています。




 

masausaさんの絵のタッチは、
 

アルファベットの並びと

たいへん相性が良いので、


ふろくの漫画も楽しみに

ご覧いただきたいと思います。

 


 

 

ちなみに・・・、

 

アプレウイスが、古代ギリシア時代のストーリーをベースに、

 

当時のローマ人向けに書いたのが、「黄金のロバ」です。

 

 

 

私とmasausaさんが、やろうとしていることも、

 

アプレウィスや、オウイディウス(変身物語の作者)が

 

やっていることと変わりません!(たぶん・・)






===============

宝石赤2017masausaカレンダー
 プレゼントします

===============


12月18日(日曜)
深夜23:59まで

おひとりさま一点かぎり



電子書籍(ルーヴル美術館の思い出:プシュケとアモル)

ご購入後、専用フォームからご登録ください。


もれなく、masausaカレンダーをプレゼントします!!

 

>くわしくはこちらの記事で






***************


電子書籍はこちらから購入できます

▼ ▼ ▼



ルーヴル美術館にかかった一枚の絵画から
古代ギリシア世界へ迷い込む... ... ....
 

ルーヴル美術館の思い出「プシュケとアモル」絵画の向こう側
 
masausa(漫画) 内田ユミ(原作)

ワイズワンパブリッシング ¥480






Amazon Kindle本
美術館・博物館部門 第1位 継続中
海外旅行部門 第1位 獲得


 

電子書籍は、専用のリーダーがなくても読むことができます

 

Kindleアプリ(無料)をダウンロードしてください


KindleアプリはWindows PC、Macをはじめ、各種スマートフォン、タブレットでご利用いただけます

Kindleアプリがインストールされていれば、一度買った本をどの端末からでも読むことができます

 




>>masausaカレンダーお申込みフォーム




ハガキサイズで、

6ヶ月分を一度に把握できるタイプです

 

<サンプル>



 


>>masausaさんのブログでの告知記事






電子書籍(ルーヴル美術館の思い出:プシュケとアモル)のご購入と、

 

masausaカレンダーへのお申し込み、お待ちしています!!




お申し込みステップは、

 

こちらの記事も参考にしてください



内田ユミ

 


 


ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 

こんばんは、内田ユミです。
 

12月半ばを迎えました。

 

 

皆さま、カレンダーのご入り用はございませんか?


 

 


この春に、共著という形で、

電子書籍「プシュケとアモル」を出版した際の、

わたくしのパートナーである

 

漫画家のmasausa(まさうさ)さんからのお知らせです。





 


 

=================
2017masausaカレンダープレゼント
=================
 

 

masausaさん本人曰く、



>あまりに簡単すぎるので
>カレンダーとして販売するのは
>いかがなもんかと思い
 
>本(プシュケとアモル)をご購入くださった方に
>もれなくプレゼントすることにしました



 

とのことですが。。。

 

実際のところは、


使い勝手がよく、美しいカレンダーです。
 

 

デスクの片すみに収まりやすい
ハガキサイズで


半年分、一気に見ることができます。


 

 

※以前は、masausaさんは、この時期
オリジナルイラストによる、12枚プラス表紙のカレンダーを
販売していましたので、
彼女にとっては簡略的な感じがあるのかも・・ですね。

 

 


***********
 

 

今回、プレゼント用としてご用意したカレンダーでは
 

 

1〜6月に「プシュケとアモル」の登場人物たちが、

7〜12月に「根性の卓球部」の登場人物たちが、
 

 

勢ぞろいしたイラストになっています。


 

 


プシュケたちは、劇場の舞台。
 

卓球部のみんなは、

中学校の体育館のステージにいますね。




<サンプル>

 



 


ぜひ、この機会に、
電子書籍「プシュケとアモル」をお求めくださいませ。



電子書籍を購入してくだった皆さまに

2017masausaカレンダーを
もれなくプレゼントさせていただきます。


>>masausaさんのブログの告知記事





*************


カレンダープレゼントの手順について

ここでまとめます。


 

<まとめ>

 

【Step1】Amazonで電子書籍を購入する

  ▼

【Step2】注文番号を控える

  ▼

【Step3】カレンダー申請フォームで申請する




 


==============
【Step1】
Amazonで電子書籍を購入する

==============

 


電子書籍はこちらから購入できます

▼ ▼ ▼



ルーヴル美術館にかかった一枚の絵画から
古代ギリシア世界へ迷い込む... ... ....
 

ルーヴル美術館の思い出「プシュケとアモル」絵画の向こう側
 
masausa(漫画) 内田ユミ(原作)

ワイズワンパブリッシング ¥480






Amazon Kindle本
美術館・博物館部門 第1位 継続中
海外旅行部門 第1位 獲得


 

電子書籍は、専用のリーダーがなくても読むことができます

 

Kindleアプリ(無料)をダウンロードしてください


KindleアプリはWindows PC、Macをはじめ、各種スマートフォン、タブレットでご利用いただけます

Kindleアプリがインストールされていれば、一度買った本をどの端末からでも読むことができます




電子書籍の読み方が、分からない・・・という方も

 

ぜひこの機会にトライしてみてください。


 

難しくありませんし、

 

慣れると、本を買っても場所をとらず、便利です!




 

==============
【Step2】
Amazon注文番号を控える

==============


注文番号とは、▼ここにある番号です。
 

 

 



 

 

==============
【Step3】
フォームで申請登録する

==============

 

 

電子書籍「ルーヴル美術館の思い出〜プシュケとアモル」

 

を購入されましたら、


下記のフォームから、カレンダーの申請の

 

ご登録をお願いします。

 

 

 

>>2017masausaカレンダー申請フォーム

 



締め切り:12月18日(日)23:59まで

お一人さま1点かぎり

 





*****


何か、ご質問・ご不明点などあれば、
こちらまでお願いします。

 

>>内田ユミ宛て連絡フォーム




電子書籍のご購入、ならびに

masausaカレンダーへのお申し込みを
 

心よりお待ちしています!


 


ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「ダリ展」京都市美術館は、9月4日(日)まで

移動を挟んで、東京では14日からです。

 


 




〜以下、プレスリリースよりご案内します〜


◎展覧会名:ダリ展 Salvador Dali《東京展》
 

 

◎会期:2016年9月14日(水)〜12月12日(月)

 

 

◎休館日:毎週 火曜日

 

 

◎会場:国立新美術館 企画展示室 1E


◎アクセス:

・東京メトロ千代田線 乃木坂駅

 青山霊園方面改札6出口(美術館直通)

 

・東京メトロ日比谷線 六本木駅

 4a出口から徒歩約5分

 

・都営地下鉄大江戸線 六本木駅

 7出口から徒歩約4分





 

 

◎開館時間

10:00〜18:00

毎週金曜日は20:00まで

ただし、10月21日(金)22日(土)は、22:00まで
(入場は30分前まで)


 

◎主催

国立新美術館
ガラ=ダルバドール・ダリ財団
サルバドール・ダリ美術館

 


◎観覧料(税込)
 

<当日>
一般:1,600円
大学生:1,200円
高校生:800円

<前売り・団体>

一般:1,400円
大学生:1,200円
高校生:600円


※団体は20名以上
※中学生以下は無料
※障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
※高校生無料観覧日<要・学生証>
 9月17日(土)18日(日)19日(月・祝)


◎前売り券は、9月13日(火)まで

(国立新美術館では12日・月 まで)


◎販売場所
 国立新美術館(火曜は休館につき購入不可)
 チケットぴあ、ローソンチケット、
 セブンチケット、イープラス(ファミマ)
 ほか、主要プレイガイド

「ダリ展」展覧会ホームページ


◎展覧会に関する問い合わせ
 ハローダイヤル:03-5777-8600






チケットもこの絵ですね。






 


***************
内田ユミ主催のセミナーのご案内
***************

 


◎9月24日(土)18:45〜

◎渋谷ヒカリエ カンファレンスにて


西洋美術史セミナー「ダリとシュルレアリスム」を実施します。

講師:内田ユミ

>>くわしいご案内はこちらから




※注意

このセミナーは、国立新美術館による企画ではありません。

また、いわゆる展覧会の同行ガイドや、

作品解説セミナーのようなものではありません。
 



けれども、お聞きいただいたら、

今回の「ダリ展」をはじめとして、

シュルレアリスム絵画を

一段階深いところまで楽しんでいただけるような内容です。



ダリは、多くの巨匠と向き合った画家です。

ダリの画業を通して、

絵画との向き合い方まで、お伝えしたいと思っています!


>>セミナー「ダリとシュルレアリスム」
詳細とお申し込みページ




皆さまからのお申し込みをお待ちしています♡

講師 内田ユミ





 


 絵画の見方、西洋美術の楽しみ方をお伝えしています。


 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。