西洋美術の楽しみ方_ルーブルの魔女からの伝言

絵画の見方・味わい方、西洋美術史の魅力を知りたいあなたへ
メルシーパリ.ネット運営者ブログ


テーマ:
エンジェルとキューピッド・・・
 
とても身近でありながらも、
 
あまり区別されることのないモチーフです。
 






皆さんは、エンジェルとキューピッドの違いを、
 
気にしたことはありますか?



商品としてデザインされたものを 
 
見分けることは難しく、
 
また、その必要もないのかもしれませんが、
 
 
本来、エンジェルとキューピッドは、全く別の存在です。

 
 
 
「エンジェル」と「キューピッド」は、
 
西洋美術史の2大テーマである「キリスト教」と
 
「ギリシア・ローマ神話」の世界を 
 
それぞれ象徴する存在とも言えます。




誰もが日常的に接することの多いモチーフである
 
「エンジェル」と「キューピッド」を通して、
 
西洋美術史の入り口まで、あなたをご案内します。
 
 
 
 
**********
 
 
ご自宅等で視聴していただく
 
セミナー収録映像の動画配信版です。
 
 
 
 
 

ただいま、SALE価格にてご提供しています。

この機会に、ご覧になってみてください(^-^)



***************

セミナー「エンジェル&キューピッド」
収録映像ダウンロード版

映像:約1時間50分(MP4)
添付資料:40ページ(PDFファイル)
価格:3,800円 → 1,800円 (2月19日まで)


***************
 
 
 
講師 内田ユミ
 
 
絵画の見方 西洋美術史の楽しみ方を
お伝えしています
 
 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
バレンタインデーですね!
 
西洋の絵画の中には、翼のある人物がよく登場します。
 
 
 
恋の成就をお願いするなら、、、
 
(天使さまも助けてくれるかもしれませんが・・)
 
その役目を司る神様は、本来は
 
 
「キューピッド」です。
 
 
『プシュケとアモル』ブーグロー 1890
◎アモルは、キューピッドのローマ名
 
 
 
 
わたしたち日本人の多くは、
 
それが、「エンジェル」なのか、
「キューピッド」なのか
 
ほとんど、意識することはないかもしれません。
 
 
 
けれど、エンジェルとキューピッドは、
 
本来、まったく別の存在です。
 
 
 
 
 
 
 
エンジェルとキューピッドの違いを通して、
 
キリスト教とギリシア神話の
概略的要素を
 
お伝えするセミナーの収録映像を
ご用意しています。
 
 
 
 
入門セミナーですが、
 
インスタントな雑学や、
小手先のテクニック的な話ではなく、
 
 
本質的な領域まで降りていきます。
 
 
 
 
 
「エンジェルとキューピッドって違うの?」とか、
 
「そこ、区別必要あるの?」と、
 
今の段階で思っている方も、
 
 
このセミナーを見終わるころには、
 
 
「エンジェル」と「キューピッド」を、
すんなりと見分けられるようになってしまうと同時に、
 
 
キリスト教とギリシア神話の概略と
絵画の関係性を、整理し理解できます。
 
 
西洋文明の根幹として、
世の中のいろいろな仕組みも理解しやすくなる部分です。
 
 
 
この機会に、
動画で視聴する西洋美術史セミナーを
楽しみたい方も、
 
ご覧になってみてください(^-^)
 
 
 
 
 
サンプル映像、短めに編集しなおしました!(1分半です)
 
 
 
 
 
バレンタインデーということで
(よくわからない理由ですが・・)
 
 
今日から1週間は、SALE価格 です。
 
この機会に、ご覧になってみてください(^-^)
 
 
 
 
***************
 
セミナー「エンジェル&キューピッド」
収録映像ダウンロード版
 
映像:約1時間50分(MP4)
添付資料:40ページ(PDFファイル)
価格:3,800円 1,800円 (2月19日まで)
 
 
***************
 
 
私のセミナー映像を
 
初めてご覧になる方には、かなりボリュームありと
 
感じられるかもしれません!



空いた時間に少しづつ視聴できますので、
 
ご自身のペースでお楽しみください。




バレンタインデーだからという、

キューピッドからの謎のお告げにより、


今日から週末までは、SALE価格 です。

(普段は、3,800円でご購入いただいている映像です)




いずれにしても、
 
リアルのセミナーでは、実施できない価格(受講料)と
 
なっております(^-^)
 
 
 
 
 
 
 
ダウンロードして視聴していただく動画配信版です。
ご案内ページは▼こちらから
 
 
 
 
 
講師:内田ユミ
 
 
 
 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
 
 
・画廊などにお勤めの方
 
・絵画教室(実際に描く方)の先生
 
・関連ジャンル(音楽、演劇など)のお仕事の方
 
 
・・・や、
 
 
 
 
お仕事とは関係なく、
 
・関心はあるけど、今まで学ぶ機会がなかったという方
 
・アカデミックな時間を持ちたい方
 
・ヨーロッパの都市に、今後滞在する予定のある方
 
 
 
などから お申し込みをいただきます。
 
 
 
 
 
また、
 
 
なんとなく心惹かれる(←大事な感覚です!)
 
 
・・・とか、
 
 
自分も教えられるようになりたい、という方も
 
 
歓迎 です♡
 
 
 
 

 
 
ただ今 お受けできる残席は、1名様です。

(MAXで2名かな。。)




何かご相談のある方は、12日までにご一報くださいね。


▶︎お問い合わせフォームはこちらから





13日以降は、価格改定とさせていただきます。
(値上げです・・)
 
 
 
 
次の募集時期は未定です。
 
 
 
この機会に・・、と思われる ご縁のある方からの
 
お申し込みをお待ちしています!
 
 
 
 
 
 
 
 

 

****************

 

絵画の見方・西洋美術史の楽しみ方を

お伝えしています

 

 

内田 ユミ

 

 

 

 

 

気軽に楽しみたい方には、こちらがオススメです

ご自宅で、お好きなときにご覧ください^^

 

▶︎ネット配信講座「絵画巡礼」

 

大量のコンテンツをお送りしますウインク

 

 

 

 

 

 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

映画「レオナルド・ダ・ヴィンチ_美と知の迷宮

▶︎公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

目ヂカラを強調するかのように描かれた

 

人物画の前に立ったとき、

 

 

絵の中のその人と、目を合わせようとしてしまうことは

 

ないですか?

 

 

わたしは、よくあるのですが・・。

 

 

 

 

例えば、この女性。

 

 

 

 

La belle Ferroniere
ラ ベル フェロニエール 1490〜1495年

 

 

 

 

 

 

彼女と目を合わせようとすると

 

合いそうなんだけど、どうしても合わない。。。

 

 

 

その秘密も、映画の中で触れられていました。

 

 

 

 

斜めに構えた身体と、微妙にずらした視線。

 

 

 

観ていると、まるで誘導されるかのように

 

無意識に、自分の体を横に動かしてしまう。

 

 

 

絵ではなく、彫刻を眺めるときのように。

 

 

 

けれど、どこから見ても・・・、

 

ほんの少しづつ動いて確かめても、

 

 

 

やっぱり、

 

彼女の目線の先に立つことはできないのです。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

この映画では、「ベル・フェロニエール」が、

 

夜のルーヴル美術館から

 

ミラノ万博会場へ運ばれる場面からスタートします。

 

 

 

 

 

オープニングは、再現ドラマ仕立て ですが、

 

全体としては、ドキュメンタリー映画です。

 

 

 

 

各分野の研究者が登場して解説する部分と、

 

俳優が演じる部分が交互に展開します。

 

 

 

 

 

 

複数のテーマが次々に提示されますが、

 

ひとつひとつの流れとしては、

 

 

テレビ東京系の「美の巨人たち」を

 

連続で見ているかのようです。

 

 

(あんなにコミカルではないですけれど・・)

 

 

 

 

ラファエロや、イザベラ・デステ、

 

チェチリア・ガッレラーニ、サライなど関係者が登場します。

 

 

 

レオナルドは、声だけしか出てきません。

 

 

 

 

 

 

 

ルーヴル美術館 グランドギャラリー

 


 

 

 

 

レオナルド・ダ・ヴィンチは、完遂させない人でした。

 

 

 

 

 

アイディアは、いつも泉のように湧き出ていたけれど、

 

実現した例は少なく、

 

 

 

絵画作品も完成したものは、10数点とされます。

 

 

 

 

「モナリザ」だって、未完成です。

 

 

 

 

 

 

レオナルドは、実現化させることに執着がなく、

 

発想を書き起こして、考察するところがメインだと

 

思っていたフシがありますが、

 

 

 

 

 

 

「実体」として残ったものはわずかでも、

 

レオナルドが後世に残した「想念」の影響は多大。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レオナルド作品と向き合う時、

 

 

幻の余地と、未完成性に完成を見出すという

 

矛盾に満ちた迷路に投げ込まれます。

 

 

 

 

 

 

実体にではなく、概念や発想を残すことの意味と、

 

完成させないことの完全性について、

 

 

 

 

永遠に解決することのない命題が

 

提示されるのです。

 

 

 

 

 

 

****************

 

絵画の見方・西洋美術史の楽しみ方を

お伝えしています

 

 

内田ユミ

 

 

 

 

 

 

▶︎内田ユミの美術メルマガ「7枚の絵画」

(購読無料)

 

 

 

 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
 
 
西洋美術史【プライベート】プログラムの
 
特別価格でのお申し込み受付は、
 
 
 
2月12日(日)中のご登録までと
 
させていただきます。
 
 
 
 
 
 
13日以降は、通常価格にて承りますので、
 
よろしくお願いします。
 
 
只今 承りますと、第一回目レッスンの実施は、
 
2月後半〜3月の予定です。
 
(ご相談のうえ、決定します)
 
 
 
 
 
 
プライベートレッスン詳細については、
 
 
 
お申し込みご案内ページをご確認くださいませ。
 
 
 
 
 
お申し込みお待ちしております。
 
 
 
 
 
講師:内田ユミ(西洋美術史家)
 
 
 
*****************
 
 
 
 
絵画の見方、西洋美術史の楽しみ方を
お伝えしています!
 
 
 

 

ベル時間と場所の制限なしに受講したい方へ

 

セミナー収録映像の動画配信版「絵画巡礼」

PC等にダウンロードしてご覧ください

 

▶︎ネット配信講座『絵画巡礼』

 

 

 

 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:



こんにちは、内田ユミです。






絵画の見方・西洋美術の楽しみ方をお伝えしています。



この投稿は、

内田ユミの西洋美術史セミナーや映像商品などの

ご案内や、購入ページリンク先のまとめです。

(随時更新します:最新更新日2017年2月7日)




===============

 西洋美術史に関する
 講座・サービスのまとめ

===============

 

 

 

ネット配信講座「絵 画 巡 礼」

 

西洋美術史に関するコンテンツを

インターネット経由で配信する講座です。


<主な内容>

・美術史セミナー映像配信(週一回配信)
・今日の絵画(メルマガ:平日毎朝配信)
・yumingの絵画のヒミツ(美術解説メルマガ)
・ルーヴル マニア(ルーヴル美術館内の映像)
・yumingの福音書メルマガ
・小説:美術史ファンタジー(メルマガ)

 「月の泉のディアナ」

 

・特典「ルーヴル美術館のまわり方」


 

>詳細はこちらから「絵画巡礼」

 


 

◎一括払い:38,000円

カードまたは、銀行振込の場合


◎カード分割の場合

最初の30日はお試し1,700円

2〜11回目は3,400円の自動決済

(合計:39,100円)



>詳細ご案内はこちらから「絵画巡礼」


 

 

 

 

===============

完全個人レッスン(対面)

お好きな日程で受講できます

===============
 

宝石赤西洋美術史[プライベート]パーフェクトプログラム
>>全6回シリーズ講座の完全個人レッスン

西洋美術史で扱われるテーマをカバーして、

ご自身で世界を深めていけるようなステップを提示します。

レッスン1回あたりの所要時間 約2時間〜2時間半
受講料:108,000円(全6回)

<2017年2月12日お申し込み受付分までの価格です>


会場:都内ホテルラウンジ または 小セミナールーム
日程:ご希望の日程で実施します



 


>>レッスン会場についての参考記事




今からお申し込みをいただきますと、

初回実施は、2月下旬以降になります。

(2017年2月7日現在)

 

 

西洋美術史|プライベート|プログラム内容

宝石赤1st-stage「何を描くか」(基礎講座)

(1)ギリシア神話と絵画のヒミツ

(2)キリスト教と絵画のヒミツ

(3)美術史2400年の絵画の変遷

   その1:古代〜ルネサンス
(4)美術史2400年の絵画の変遷

   その2:バロック・ロココ・近代への幕開け
(5)絵画の謎を解くアトリビュート
(6)宗教と建築
 

 






================
 西洋美術史セミナー
 (リアルの定例講座)

================


宝石赤西洋美術史パーフェクトプログラム


1st−stage 全6回のシリーズ基礎講座

 

<次の募集は2017年の春〜夏以降の予定です>

・月一回ペース(日曜日)

・会場 都内

◎ 参考:過去の募集ページ
>>2015年秋期の募集

>>2016年春期の募集

 

西洋美術史パーフェクトプログラム:各回テーマ

宝石赤1st-stage「何を描くか」(基礎講座)

(1)ギリシア神話と絵画のヒミツ

(2)キリスト教と絵画のヒミツ

(3)美術史2400年の絵画の変遷

   その1:古代〜ルネサンス
(4)美術史2400年の絵画の変遷

   その2:バロック・ロココ・近代への幕開け
(5)絵画の謎を解くアトリビュート
(6)宗教と建築

宝石ブルー2nd-stage「どう描くか」(上位講座)
(1)光と闇 色彩と影

(2)線で描く 面で描く

(3)角度で語る世界

(4)見えるものを描く 見えないものを描く


 

 



================
 1day 個人レッスン
 (リアルの対面講座)

================
 

過去に実施した1dayセミナーにつきましても

 

対面個人レッスンを受け付けております。



 

宝石ブルー「エンジェル&キューピッド」の対面個人レッスン
約2時間:12,000円


>>参考ページ(過去実施時のご案内ページ)




宝石ブルー「ルーヴル美術館のまわり方」の対面個人レッスン

約2時間:12,000円

 

>>参考ページ(過去実施時のご案内ページ)


 


 

宝石ブルー「ギリシア神話とキリスト教セット」の対面個人レッスン
約3時間:20,000円
>>参考ページ(過去実施時のご案内ページ)




上記の単品(企画セミナー)のプライベートレッスンを

 

受講ご希望の方は、ご都合の良い日程を

いくつかお知らせください。

>>お問い合わせフォーム



会場は都内ホテルラウンジまたは、小セミナールームです。

>>レッスン会場についての記事






 

================

 セミナーの収録映像

(ダウンロード)商品

================

 

セミナーの収録映像のダウンロード版です。
 

過去に実施した、内田ユミの西洋美術に関するセミナー映像を
 

PCなどの機器にダウンロードして

 

ご自宅で、ご視聴いただけます。




 

宝石赤ルーヴル美術館のまわり方

>>詳細とお申し込みページ
「迷宮」と称されるルーヴルの入り口やチケットのこと

魔女だけが知っている見どころポイントについて解説する

観光ガイドと美術史入門を兼ねたセミナー

価格 1,200円 (約90分)PDF資料つき



 

宝石赤ルーヴル美術館の作品解説(その1)


>>詳細とお申し込みページ

ルーヴル美術館に行くなら必ず見てほしい

超有名作品10点を内田ユミが選定し、分かりやすく解説

価格 1,300円(約72分)PDF資料つき



 

宝石赤エンジェル&キューピッド(オススメ)


>>詳細とお申し込みページ

身近なモチーフを通してギリシア神話とキリスト教の

基礎をカバーする西洋美術史入門セミナー

価格 1,800円





 

================

 現地(パリ)

 美術館ガイド

================




ルーヴル美術館内ご案内のご用命を承ります。

(ルーヴル以外のパリの美術館もご相談を承ります)

 

 

 

午前または、午後の約3時間で

 

お一人様:1万円(美術館入場料を、別途ご用意ください)

 

お子様についてはご相談ください。

 


*********

 実 施 要 項
*********

 

 

◎ ただし、内田ユミがパリ滞在中の期間に限ります。

 

内田ユミ渡仏の際には、事前にメルマガや、

 

当ブログなどで募集告知いたします。

 

 

 

◎ 内田ユミ自身の計画として滞在中の期間・以外に、

 

ガイドをご希望される場合には、

 

 

内田ユミの渡航費(内訳・空港から市内までの移動)

 

(※目安:エコノミー・直航便の平均的価格帯 プラス ロワシーバス運賃往復)

 

および、2泊分の宿泊費

 

(※目安:ルーヴルエリアの3つ星ホテルの平均的価格)を

 

ご負担いただくことで、実施を調整いたします。

 

 

**********

 

 

他の業務との関係で、スケジュールの都合がつかない場合、

 

お断りさせていただくケースもございます。

 

ご了承ください。

 

 

詳細については、お問い合わせください。


>>お問い合わせフォーム






****************

 Kindle:電子書籍 出版

****************


宝石ブルー電子書籍 Kindle版 480円


 

ルーヴル美術館の思い出「プシュケとアモル」第2版

現在に生きるお気楽うさぎが、
ルーヴル美術館にかかった一枚の絵画から

古代ギリシア世界へ旅をします。


 

ギリシア神話や、西洋美術に親しんでもらうための

創作美術史ファンタジー

 

Kindle 美術館部門第1位(今も継続中です)
ふろく:フランス語版コミック&ラテン語版コミック




***************

 

無料メルマガ「7枚の絵画」(登録・解除自由)

 

 

「絵画を楽しむって、具体的にどういうこと?」

と感じる方へ向けてお送りする「美術メルマガ」です。

 

 

毎朝7時に、7日間連続で

絵画を紹介するメールを画像つきでお送りします。

 

 

7日間で美術史の枠組みを

ちらりと垣間見てください。

 

このブログや、サイト(メルシーパリ.ネット)でも

絵画解説記事は投稿しているのですが、

 

メルマガでは、選択も含め、

違った切り口で、美術の楽しさをお伝えします。

 

 

▶︎ご登録フォームはここから

 

 

 

 

 

 

***************

 

内田ユミのメイン・メルマガ(登録・解除自由)


▼ご登録はここから
>>【秘密のパリ】あなたのパリ旅行に必要な18の秘密



パリに旅行へ行く方向けのアドバイスメールが

5日に1度のペースでご登録のアドレスへ届きます。

 

ほか、内田ユミが主催するセミナーのお知らせや

新・映像商品リリースなどのご案内を

優先的にお知らせするメルマガです。



***************
(以上)

どうぞよろしくお願いします。

 


西洋美術史家:講師 内田 ユミ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
ルーヴル美術館のチケットは、

「パリ・ミュージアム・パス」を事前に購入して行くのが、
王道のように言われておりますが、


実は、現地(ナポレオンホールや、売店)で買うことも
それほど難しくはありません。

・・ていうか、簡単です。
 
 
(時間を1分でも無駄にしたくない人は
 パスを事前に準備しましょう〜ウインク




「ナポレオンホール」には、
日本語で利用できる券売機が、たくさんありますし、
 
 
 
 
 
 
有人の窓口でも、
 
人数分のチケットを購入するだけですので、

簡単な会話で(なんだったら...身振りだけでも...)
 
乗り切れると思います。




<券売機の使い方:画面説明はこちら>
▶︎メルシーパリ.ネット(現地でのチケット購入) 

 
日本語だから、この画面実写、
要らないですけどね。
・・・よかったら、一応見てくださいねおねがい
 
 
 
 
で。
 
それでも不安な人は、こちらの映像商品をご覧ください。
 
ルーヴルが初めてでも、ひとりでも、
ちゃんと、効率よく回れるように、熱血解説しています!
 
 
 
 

 

 

****************

 

絵画の見方・西洋美術史の楽しみ方を

お伝えしています

 

 

内田ユミ

 

 

 

 

▶︎内田ユミの美術メルマガ「7枚の絵画」

 

 

 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
ルーヴル美術館、リシュリュー翼・2階。
 
 
 
1980年代後半に実施された
 
「ルーヴル大改造計画」(グラン・ルーヴル・プロジェ)まで、
 
大蔵省として使われていた一画です。
 
 
*ちなみに「ガラスのピラミッド」が出来たのも同プロジェクトです。
 
 
ナポレオン3世(ボナパルトの甥)の好みでもあり、
 
時代の主流でもあった、
 
 
「ネオ・バロック」と呼ばれる様式は、
 
いわば、ヴェルサイユ宮殿的な建築の進化系と
 
いったところでしょうか。。。
 
 
 
 
しばらくはうっとりラブ
 
少し経つと、あまりにも豪華すぎて、放心状態になります。
 
 
 
見学のメインのエリアからは、少し離れていますが
 
時間に余裕があれば、行ってみてくださいね。
 
 
 
 
▼もっと詳しい記事(メルシーパリ.ネット)
「ナポレオン3世のアパルトマン」について
 
 
 
▼その他の作品についての記事
『ルーヴル美術館のおすすめ作品28』(メルシーパリ.ネット)


 

 

****************

 

絵画の見方・西洋美術史の楽しみ方を

お伝えしています

 

 

内田ユミ

 

 

 

 

▶︎内田ユミの美術メルマガ「7枚の絵画」

(購読無料)

 

 

 

 

▶︎ネット配信講座『絵画巡礼』

 

 

 

 

 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
きらびやかな衣装に身を包んだ男女が
 
トランプゲームをしています。
 
 
 
「ダイヤのエースを持ついかさま師」
ジョルジュ・ド・ラ・トゥール作 1635年
 
 
 
 
 
召使いの女性を含めた、向かって左側の3人が
 
意味ありげな視線を交わしています。
 
 
 
左の男は、後ろ手にダイヤのエースを
 
隠し持っています。
 
 
 
一番右側の、あどけなさの残る青年は、
 
いかさまゲームで騙されていることに
 
少しも気づいていないようです。
 
 
 
*****
 
 
 
「いかさま師」というタイトルのインパクト、
 
 
美しく、技巧に満ちた描写、
 
容易に想像が及ぶ場面設定など、
 
 
現代の私たちにとっても、楽しめる作品です。
 
 
 
 
作者(ジョルジュ・ド・ラ・トゥール)は、
 
主に、宗教画を中心に描いていた画家ですが、
 
 
 
なぜか、この絵だけが突出して
 
日本でも人気が高いようで、
 
 
私が知っているだけでも、2度、東京に来ています。
 
 
 
 
 
絵画のテーマとして、暗示的に、
 
享楽、散財、現世的な楽しみを戒める意味があります。
 
 
 
新約聖書における「放蕩息子」的なストーリーを
 
連想する人もいたはずです。
 
 
 
*****
 
 
 
ルーヴル美術館の、シュリー翼3階、
 
少々見つけにくいところに展示されていますが、
 
 
見学時間に余裕があれば、
 
ぜひ探しに行ってみてくださいね。
 
 
 
▼その他の作品についての記事
 
 
 
 

 

****************

 

絵画の見方・西洋美術史の楽しみ方を

お伝えしています

 

 

内田ユミ

 

 

 

 

▶︎内田ユミの美術メルマガ「7枚の絵画」

(購読無料)

 

 

 

 

▶︎ネット配信講座『絵画巡礼』

 

 

 

 

 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
ルーヴル美術館の多彩な床について
 
お話するはずだったのですが、
 
なんだか、違う話になってしまいました。
 
 
漫画家masausaさんとの対談音声です。
 
 
(YouTube:スニーカーで行こう)
 
 
 
masausaさんとの共著です。
 
ルーヴルラビリンス・シリーズ1
 〜絵画の向こう側〜
「プシュケとアモル」
 
漫画:masausa 原作:内田ユミ
 
 
ルーヴル美術館の一枚の絵画から
古代ギリシアへ迷い込む美術史ファンタジー
 
 
 
 
****************
 
 
 
 
こんな記事も書いています(メルシーパリ.ネット)
 
 
パリに旅行に行く人向けのメルマガ(購読無料)
 
 
 
内田ユミ
 
 
 
 

 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。