西洋美術の楽しみ方_ルーブルの魔女からの伝言

絵画の見方・味わい方、西洋美術史の魅力を知りたいあなたへ
メルシーパリ.ネット運営者ブログ

NEW !
テーマ:

 

 

「絵画巡礼」は、インターネット経由で

 

西洋美術史に関するあらゆるコンテンツをご提供する

 

サービスです。

 

こんな あなたに おすすめしますニコニコ

 

 

 

 

 趣味や 教養として、自分自身を高めたい方


・西洋美術史を基礎から学んでみたかった


・美術館巡りは好きだが、絵の見方は分からない

 

・絵画鑑賞をもっと楽しみたい


・神話や聖書の解説本で挫折したことがある

 

・ヨーロッパへの旅行や、長期滞在を控えている

(⇒西洋の文化的背景を知りたい)



 

 

 お仕事に関連している方
 

・現在のお仕事の質をより高めたい


・バッググラウンドを強化したい

 

 


《 ご職業例 》

 

画廊(ギャラリー)や、画材店などにお勤めの方 

絵画教室や美術(実際に描く方)の先生
デザイナーさん

イラストレーターさん

画家さん 画家の卵さん

シナリオライターさん

音楽や演劇など他の芸術ジャンルに関するお仕事の方・・・ 

 

などなど



**********

 


 

西洋美術史を全く知らない方、 

 

絵を見るのは好きだけど勉強したことはないという方・・、

 


どなたでも、受講いただけます。 




また、
 

 

海外や東京近郊以外にお住まいで、

なかなかリアルのセミナーに参加できない方


 

 

職場と家庭という場所以外での 

自分自身の在り方を充実させたい方


 

 

自らも教えたり、

作品解説ができるようになりたい方にも

おすすめします。
 

 

詳細は下記ページより・・


▶︎「絵画巡礼」ネット配信型の西洋美術史講座






制作:内田 ユミ(講師)




 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

ルーヴル美術館の中庭から見た、チュイルリー公園方面

 

 

真夏の空と、白い移動観覧車が眩しいおねがい

 

 

 

 

ルーヴル美術館とコンコルド広場の間にある、

 

典型的なフランス式庭園。

 

 

 


天才造園家「ル・ノートル」によって、

 

整備されました。

 

 

 

ル・ノートルは

 

ヴェルサイユ宮殿の庭園を造ったことでも有名です。

 

 

 

 

 

もっと詳しい記事は・・

メルシーパリ.ネット_パリの美術館と観光ガイド

 

▶︎チュイルリー公園(パリの見どころ)

 

 

 

 

 

内田 ユミ


 

 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

西洋美術史入門セミナー

「エンジェル&キューピッド」


 

明日(19日)正午まで

 

お試しSALE価格 で販売中です。

 

 

 

<サンプル>

 

 

・本商品には、BGMは入りません

・YouTubeでは視聴できません

(ダウンロードしていただく形式です)

 

 

 趣味や 教養として、自分自身を高めたい方


・美術館巡りは好きだが、絵の見方は分からない

 

・絵画鑑賞をもっと楽しみたい
 

・キリスト教やギリシア神話の成り立ちから学んでみたい
 

・神話や聖書の解説本で挫折したことがある

 

・エンジェル好き キューピッド好き
 

・ヨーロッパへの旅行や、長期滞在を控えている

(⇒西洋の文化的背景を知りたい)
 

 


 

 お仕事と関連している方
 

・バッググラウンドを強化したい
 

・現在のお仕事を より深めたい 

 

 

 

****************

 このようなジャンルのお仕事の方へ・・

****************

 

 

画廊や画材店などにお勤めの方

 

絵画教室や美術(実際に描く方)の先生


デザイナーさん イラストレーターさん

 

画家さん・画家の卵さん


エンジェル関連グッズのショップの方

 

アロマセラピストさん

 

カードリーディングなどのヒーラーさん

 

音楽や演劇など 

絵画にも関連が深い、芸術に関するお仕事の方・・・ 

 

 

などなど





 内田ユミの西洋美術史コンテンツを

 見るのが初めての方

 

・「絵画の見方」「西洋美術史の楽しみ方」とは、

具体的にどういうことか知りたい
 

年間プログラム「絵画巡礼」のお申込みを検討中で、

まずは単一商品を見てみたい方


 

遠方、海外などにお住まいだったり、


お仕事や、ご家族とのご都合で、実際のセミナーに

 

参加できない方にも、

 

 

お好きなときにご覧いただける

 

動画ダウンロード形式はおすすめです。

 

 

▶︎動画ダウンロードと無料テスト動画のご案内記事
 

 

 

 

 

 

 

 

西洋美術史を全く知らない方、 

 

ある程度は好きだけど、勉強したことはないという方、
 

 

 

それぞれの段階に応じて楽しんでいただけるよう、

 

多層的にお話ししていますので、

 

どなたでも受講いただけます。 

 

 

 

▶︎西洋美術史セミナー「エンジェル&キューピッド」

 

 


===============
収録映像ダウンロード版

映像:約 1時間50分 (MP4)

添付資料:40ページ(PDFファイル)

価格:1,800円(2月20日 正午まで)
===============
(普段は、3,800円でご購入いただいている映像です)
 

 

 

 

 

 

講師 内田ユミ



絵画の見方 西洋美術史の楽しみ方を
お伝えしています
 

 

 

 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
もしも絵を観ることが、
 
「生まれ持った感性で楽しむもの」であるとしたなら 、
 
 

その楽しみは、
 
ごく一部の、センスに恵まれた人のためだけのもの、
 
ということになってしまいます。 
 
 


「感性」や「センス」という言葉は、

 

本来的には、生まれながらに授かった天分を

 

指すのかもしれませんが、 
 

 
 

「絵画鑑賞を楽しむ感性」に限って言えば、

 

自ら磨き、育むことができると、

 

私は確信しています。 
 



それは、決して難しいことではなく、

 

望む気持ちがありさえすれば、誰にでも可能です。 
 

 

 

 
「感性」は、下支えになる「知識」を
 
少しづつ増やしていくことで、研ぎ澄まされていきます。
 
 
 
 
「知識」は、「感性」と対極にあるものと
 
捉えられがちですが、
 
 
 
実際はそうではなく、感性を支える母体です。
 
 
 
 
 
       



極端にいえば、
 
「知識ゼロ」でも、絵は楽しめますし、
 
 
美術館に入るだけでも、
 
アカデミックな雰囲気は、味わえます。
 
 
 
 
けれど 本来、
 
西洋の絵画(おおまかに言って印象派以前)は、
 
 
描くものにとっては、メッセージを伝達する手段であり、
 
観るものにとっては、メッセージを受け取る媒体です。
 
 
 
 
そのメッセージを読む術を 知らずに見ているなら、
 
意味が分からないのは、むしろ当然・・・
 
 
 
 
 
 
「絵なんて、見てもつまらない」
 
 
「絵は好きだけど、美術館に行っても、何かもの足りない」
 
 
のように感じている方に必要なのは、
 
 
 
感性ではなく、知識です。
 
 
 
アルチンボルト「四季」ルーヴル美術館 パリ
 
 
 
 
 
 
「感性(センス)がない」という台詞には、
 
 
全人格を否定されるに等しいような 絶望感が伴います。
 
 
 
 
でも、「センス」がないのではなく、
 
単に今まで、知識を得る機会がなかっただけ・・
 
だとしたら、
 
 
 
望めばすぐに手に入る現実に、
 
気付くことができるのではないでしょうか。
 
 
 
 
 
『知識は、感性を育てます』
 
・・・と、ここまで強調して書いてきましたが、
 
 
私は、決して、
 
知識偏重主義ではありません。
 
 
 
 
最終的に、その人自身の感性で
 
絵を楽しめるようになるために、
 
 
必要と思われる知識の枠組みをお伝えしています。
 
 
 
 
 
 
絵を観ることは面白い、ということ
 
 
それは、今まで培ってきた さまざまな経験とつながること
 
 
新しい世界を見つけられること
 
 
自分を好きになれること
 
 
・・・・などなど
 
 
 
 
必要な方に届くことを願って、
 
あらゆる切り口から、情報、商品を発信しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
望めば、すぐここに。。。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
絵画の見方、西洋美術史の楽しみ方を
お伝えしています。
 
 
制作・運営:内田ユミ
 
 
 
 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

いつも押してくださっている皆さま・・

ありがとうございます!

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

大天使ラファエル、ガブリエル・・と、


ご紹介してきたので、今日は「大天使ミカエル」です。


ミカエルといえば、この構図・・・






クラウディオ・コエーリョ「大天使ミカエル」1660







半身をひねるようにして、剣を振りかざし、

悪魔を踏みつける、力強く動きのある図です。


甲冑や、剣は、ミカエルの印です。





純潔を象徴するユリを持って現れるガブリエルや、


若いトビアスに、
 
アドバイスしながら旅をするラファエルとは、



絵で描かれるときのイメージに
 
かなり違いがあります。




**********



このサンプル映像では、ミカエルのことは

モン サン ミッシェルの話で、ちらりと出て来ます。




<エンジェル&キューピッド:サンプル映像>






・・・こんな感じで、天使やキューピッドを通して、

キリスト教や、ギリシア神話を解説する

西洋美術史の入門セミナーです。





セミナー「エンジェル&キューピッド」
===============
収録映像ダウンロード版

映像:約 1時間50分 (MP4)

添付資料:40ページ(PDFファイル)

価格:1,800円(2月19日まで)
===============
(普段は、3,800円でご購入いただいている映像です)

▶︎セミナー収録映像版「エンジェルとキューピッド」




海外や遠方にお住まいだったり、

お仕事や、ご家族の関係などで、

実際のセミナーに参加するのが難しい方にも、
 
 


ご自宅で、空いた時間に、繰り返し視聴していただける

セミナー収録映像のダウンロード版です。





絵を見ることの楽しさを感じていただける人が

おひとりでも増えればいいな〜 と思いますウインク







▶︎こちらからダウンロードテスト用の動画を入手できます




エンジェル・キューピッドセミナーは、

動画で見る、西洋美術史セミナーというものが

いまひとつ分かりにくいという方にも


絵画巡礼 のまえに・・)おすすめします。





講師:内田ユミ



 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
ガブリエルは、三大天使のなかで、
 
場面の設定として、もっとも限定的な状態で、
 
絵画に登場します。
 
 
 
マリアに、「おめでとう、恵まれた人よ」と
 
神の子を身ごもったことを伝えにくる大天使です。
 
 
 
ガロファロ「 受胎告知」1528年 
 
 
 
 
 
天使には、本来性別はないのですが、
 
若いマリアに、懐妊を告げにくるという役割からか、
 
 
 
ガブリエルは、どちらかというと、
 
女性的なイメージで表現されていることが多いように、
 
(わたしは)思います。
 
 
 
 
 
もちろん、そうでないものも、
 
ときどきは見かけます。
 
 
こちらの、ガルファロのガブリエルなどは、
 
一見、勇敢な姿に見えるのではないでしょうか。
 
 
 
 
ガロファロ「 受胎告知」1528年 (部分拡大)
 
 
 
 
でもよく見ると、顔立ちや衣装に、優雅さもあり・・・
 
 
やはりどちらとも、
 
断定しがたい姿になっていますね。
 
 
 
色彩の美しさ、特に深い赤が印象的な作品です。
 
 
 
(全体)
ガロファロ「 受胎告知」1528年 
 
 
 
 
鳩、カーネーション、ユリなどの、
 
象徴的アイテムもたくさん盛り込まれ、
 
 
テーマと絵画の関係を知るという面で
 
分かりやすい絵画です。
 
 
 
 
**********
 
 
・・・こんな感じで、天使やキューピッドを通して、
 
キリスト教や、ギリシア神話を解説する
 
西洋美術史の入門セミナーのご案内です。
 
 


<エンジェル&キューピッド:サンプル映像>






===============
収録映像ダウンロード版

映像:約1時間50分(MP4)

添付資料:40ページ(PDFファイル)

価格:1,800円(2月19日まで)
===============
(普段は、3,800円でご購入いただいている映像です)




あまり深め過ぎず・・・、


でも、キリスト教とギリシア神話の概要について、

ひととおり押さえた 入門編です。



動画で見る、西洋美術史セミナーというものが
いまひとつ分かりにくいという方にも

(絵画巡礼のまえに・・)こちらをおすすめします。





▶︎セミナー収録映像版「エンジェルとキューピッド」




講師:内田ユミ



 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
販売中の、各種セミナーの収録映像や、
 
年間配信プログラム「絵画巡礼」の動画データは、
 
 
 
「firestorage」経由で、「mp4」ファイルを
 
ダウンロードしてご視聴いただきます。
 
 
 
サンプル映像を除いて、
 
インターネット上の動画閲覧サイト(YouTubeなど)での
 
公開はしていません。
 
 

==============
 ダウンロードリンク先
「firestorage」とは?

==============


「firestorage」は、インターネット上で、

ファイルサイズの大きいデータを
 
共有・保管するサービスです。



firestorageの会員登録はなしで、無料で利用できます。


以下の公式サイト内の利用方法のページを
 
ご参考にしてください。


▼firestorage公式HP(はじめての方へ)
http://firestorage.jp/jpdoc/guide.html


▼firestorage公式HP(ダウンロードマニュアル)
http://firestorage.jp/jpdoc/guide_download.html
 
 
 
***************
 
 
 
firestoraは、一般向けのサービスですので、
 
ご利用にあたって、特別な知識などは必要なく、
 
どなたでもご利用いただけるかと思います。
 
 
 
 
今まで映像商品をお求めの皆様から頂いた
 
アンケートなどを拝見していますと、
 
 
 
ほとんどの方が「ダウンロードは簡単だった」と
 
回答なさっていますウインク
 
 
 
 
普段のPCのご使用に、とくに支障がなければ
 
問題なくご覧いただけると思います。
 
 
 
 
ですが・・、ダウンロード 〜 視聴までが
 
難航する方も(ときどきですが)いらっしゃいます。
 
 
 
 
そんな場合、大変恐れ入りますが、滝汗
 
こちらでの解決、対応はできかねます。 
 
(したいのはヤマヤマなのですが。。)
 
 
 
 
firestorageご利用が初めての方や
 
動画の再生がご心配な方は、
 
 
 
映像商品をお求めになられる前に、
 
ダウンロードのテストをお試しになってみてくださいおねがい
 
 
 
テスト用ダウンロードの映像をご用意しております。
 
 
 
テスト用動画の登録は無料です。
 
 
 
お支払いのステップをナシにして、
 
ご登録からダウンロード案内のメール配信までを
 
同じ流れでお送りします。
 
 
 
 
 
・PCで受信するメールアドレスを強くおすすめします
 
・「mail(あっとまーく)merci-art.net」から
 メールをお送りします
 
・テスト用の動画の中身は、エンジェルセミナーのサンプルです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テスト動画は、
 
このサンプルの、長めのバージョン(約7分)です
(こちら▼は「YouTube公開用」として90秒)



 
 
 
 
 
内田ユミのセミナー映像の感じを
 
あらかじめ見てから、商品を購入したい方 も、
 
 
 
ダウンロードのご確認のついでに、ご登録くださいニコニコ
 
 
 
 
 
 
 
どうぞよろしくお願いします♡
 
 
 
以上、ご案内でした!
 
 
内田ユミ
 
 
 
*****************
 
 
絵画の見方、西洋美術史の楽しみ方を
お伝えしています
 
 
▼講座・映像商品一覧
 
 
▼ネット配信講座「絵画巡礼」
 
 

 

 

 

 

 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
西洋絵画の中に登場する大天使は、
 
ミカエル、ラファエル、ガブリエルの 三大天使です。
 
 
 
絵画の場合は、キリスト教の教義を伝えるという
 
役割のもとに描かれていますので、
 
 
聖書に名前が見出されるこの3人に
 
限定されるのです。
 
 
 
 
それぞれの大天使が、
 
絵画に描かれる場合、場面もほぼ決まっています。
 
 
 
例えば、ラファエルなら、
 
旧約聖書の外典「トビト書」をテーマにした絵画で
 
登場します。
 
 
 
・・・というか、
 
この逸話のなかの いずれかの場面でしか、
 
ラファエルは、絵画に出てこないです。
 
 
 
 
「トビトとトビアスに別れを告げる天使ラファエル」
ピーテル・ラストマン作 (1618)

 
 
 
トビトとトビアスというのは親子です。
 
 
 
セミナー映像のサンプル動画の中でも
 
ちらっと、お話ししていますが・・
 
 
 
父のトビトが貸したお金を、
 
返してもらいに行く息子のトビアスと、
 
旅の途中でトビアスと出会う、
 
大天使ラファエルのストーリーです。
 
 
 
 
 
<サンプル映像>

 
 
 
 
「エンジェル」と「キューピッド」を通して、
 
西洋美術史の入門的知識をお伝えしているセミナーです。
 
 
 

===============
西洋美術史入門セミナー
「エンジェルとキューピッド」
収録映像ダウンロード版

映像:約1時間50分(MP4)
添付資料:40ページ(PDFファイル)

価格:1,800円(2月19日まで)
===============
(普段は、3,800円でご購入いただいている映像です)




あまり深め過ぎず・・・、
 
でも、キリスト教とギリシア神話の概要について、
 
ひととおり押さえた 入門編です。




最後には、エンジェルとキューピッドがどう違うか、

分かっていただけると思いますウインク




動画で見る、西洋美術史セミナーというものが

いまひとつ分かりにくいという方にも

こちらをおすすめします。
 
 
 
 
 
 
 
 
講師:内田ユミ
 
 
 
 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
エンジェルとキューピッド・・・
 
とても身近でありながらも、
 
あまり区別されることのないモチーフです。
 






皆さんは、エンジェルとキューピッドの違いを、
 
気にしたことはありますか?



商品としてデザインされたものを 
 
見分けることは難しく、
 
また、その必要もないのかもしれませんが、
 
 
本来、エンジェルとキューピッドは、全く別の存在です。

 
 
 
「エンジェル」と「キューピッド」は、
 
西洋美術史の2大テーマである「キリスト教」と
 
「ギリシア・ローマ神話」の世界を 
 
それぞれ象徴する存在とも言えます。




誰もが日常的に接することの多いモチーフである
 
「エンジェル」と「キューピッド」を通して、
 
西洋美術史の入り口まで、あなたをご案内します。
 
 
 
 
**********
 
 
ご自宅等で視聴していただく
 
セミナー収録映像の動画配信版です。
 
 
 
 
 

ただいま、SALE価格にてご提供しています。

この機会に、ご覧になってみてください(^-^)



***************

セミナー「エンジェル&キューピッド」
収録映像ダウンロード版

映像:約1時間50分(MP4)
添付資料:40ページ(PDFファイル)
価格:3,800円 → 1,800円 (2月19日まで)


***************
 
 
 
講師 内田ユミ
 
 
絵画の見方 西洋美術史の楽しみ方を
お伝えしています
 
 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
バレンタインデーですね!
 
西洋の絵画の中には、翼のある人物がよく登場します。
 
 
 
恋の成就をお願いするなら、、、
 
(天使さまも助けてくれるかもしれませんが・・)
 
その役目を司る神様は、本来は
 
 
「キューピッド」です。
 
 
『プシュケとアモル』ブーグロー 1890
◎アモルは、キューピッドのローマ名
 
 
 
 
わたしたち日本人の多くは、
 
それが、「エンジェル」なのか、
「キューピッド」なのか
 
ほとんど、意識することはないかもしれません。
 
 
 
けれど、エンジェルとキューピッドは、
 
本来、まったく別の存在です。
 
 
 
 
 
 
 
エンジェルとキューピッドの違いを通して、
 
キリスト教とギリシア神話の
概略的要素を
 
お伝えするセミナーの収録映像を
ご用意しています。
 
 
 
 
入門セミナーですが、
 
インスタントな雑学や、
小手先のテクニック的な話ではなく、
 
 
本質的な領域まで降りていきます。
 
 
 
 
 
「エンジェルとキューピッドって違うの?」とか、
 
「そこ、区別必要あるの?」と、
 
今の段階で思っている方も、
 
 
このセミナーを見終わるころには、
 
 
「エンジェル」と「キューピッド」を、
すんなりと見分けられるようになってしまうと同時に、
 
 
キリスト教とギリシア神話の概略と
絵画の関係性を、整理し理解できます。
 
 
西洋文明の根幹として、
世の中のいろいろな仕組みも理解しやすくなる部分です。
 
 
 
この機会に、
動画で視聴する西洋美術史セミナーを
楽しみたい方も、
 
ご覧になってみてください(^-^)
 
 
 
 
 
サンプル映像、短めに編集しなおしました!(1分半です)
 
 
 
 
 
バレンタインデーということで
(よくわからない理由ですが・・)
 
 
今日から1週間は、SALE価格 です。
 
この機会に、ご覧になってみてください(^-^)
 
 
 
 
***************
 
セミナー「エンジェル&キューピッド」
収録映像ダウンロード版
 
映像:約1時間50分(MP4)
添付資料:40ページ(PDFファイル)
価格:3,800円 1,800円 (2月19日まで)
 
 
***************
 
 
私のセミナー映像を
 
初めてご覧になる方には、かなりボリュームありと
 
感じられるかもしれません!



空いた時間に少しづつ視聴できますので、
 
ご自身のペースでお楽しみください。




バレンタインデーだからという、

キューピッドからの謎のお告げにより、


今日から週末までは、SALE価格 です。

(普段は、3,800円でご購入いただいている映像です)




いずれにしても、
 
リアルのセミナーでは、実施できない価格(受講料)と
 
なっております(^-^)
 
 
 
 
 
 
 
ダウンロードして視聴していただく動画配信版です。
ご案内ページは▼こちらから
 
 
 
 
 
講師:内田ユミ
 
 
 
 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。