西洋美術の楽しみ方_ルーブルの魔女からの伝言

絵画の見方・味わい方、西洋美術史の魅力を知りたいあなたへ
メルシーパリ.ネット運営者ブログ

NEW !
テーマ:





先日、渋谷にて実施した
西洋美術史講座(2nd-stage)に

 

参加してくだった

ゆうこさんのブログ記事を、

 

リブログさせていただきます。


ゆうこの徒然なるままに〜社交ダンス奮闘記〜


 

ゆうこさんは、社交ダンスには、
もともとは興味を持っていなかったそうですが、


今では、心から楽しいんでいらっしゃる様子が

伝わってきます。


 





 



先日の講座のテーマは

「角度で語る世界」でした。

 

「角度」(どんな視点を持つか)は、

一般に注目されにくい部分ですが、


実はたいへん奥が深く、

「技法」という純粋な意味でも、

精神的・比喩的にも、

探求の余地がたくさんあります。



この講座の内容は、「絵画巡礼」会員さまには、

 

のちほど、お送りすることになりますで

 

楽しみにお待ちいただけたら嬉しいです。


 

 

ゆうこさん、ご紹介有難うございました!!




▶︎ネット配信プログラム「絵画巡礼」




「 絵 画 巡 礼 」とは?

ネット配信の西洋美術史講座です。

 

セミナー会場へは、なかなか行けない、という方にも

 

美術史の世界を楽しんでいただけます。



 

 

===================
 「絵画巡礼」お申し込み受付中です
 >>こちらのページからお願いします

  30日間:お試し半額:1,700円
===================

 


お支払い方法については、以下の記事も
ご参照ください。

 

>>関連記事(価格と支払い方法について)


 

会員登録のお申込みお待ちしています!

内田ユミ

 



ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「ルーヴルマニア」は、

ネット配信型西洋美術史講座「絵画巡礼」

コンテンツの一部です。

 




 

===================
 「絵画巡礼」お申し込み受付中です
 >>こちらのページからお願いします

  30日間:お試し半額:1,700円
===================


 




「絵画巡礼」のメインコンテンツ

 

(西洋美術史パーフェクトプログラム・全編の収録映像)のほかに、
 



ルーヴル美術館(パリ)で

撮影した映像「ルーヴル マニア」を、


月1回のペースで送ります。
  




セミナー中のように、真面目に作品解説したり、


秘密スポットをご紹介している部分もあれば、
  

 


ただひたすら、人のいないエリアを歩いて、


この辺は、ああでこうで、
 


これは何で、あの窓から外を見るとどうなっていて・・・
 
みたいな雑談的な話をしている部分もあります。
 
 
 


「パーフェクトプログラム」で話している本質的な内容を
 
実際に、美術館で絵を観るときは、


こんな感じで応用する・・・というような、
  


実践編として位置付けていただけたらいいな、

と思っています。
 
 


そして、ルーヴルに行ったことある人も、ない人も、
 
「実際にルーヴル行ったら、こんな感じ!」



という臨場感を、それぞれの感覚で味わってください!

  
 

 

ちなみに、上記の「サンプル用」の動画では、

話のメインの部分に入る前に、

次のカットに移ってしまっていますけれど、
 
 
毎月「絵画巡礼」会員様にお送りするコンテンツは、

きちんと意味のわかる形で編集します。

 

 

***************

 

 

こちらの記事も参考にしてください

>> 絵画巡礼スタート予告


西洋美術史ネット配信プログラム

「絵 画 巡 礼 」
360日間にわたってコンテンツを配信するサービス

 内田ユミ主催:西洋美術史講座の

 全収録映像を
 51週にわたって全編お届けします。

 

 ほか、作品解説セミナー、メルマガ、

 特典など多数。




<価格>
=================================
一括払い(銀行振込、もしくは、カード払い)
 38,000円
=================================


=================================
12回(カード払いのみ:30日おきに自動決済)
 39,100円
=================================

です。


カード払いの12回に関しては、

初回をお試し半額「1,700円」に設定しています。

その後、2~12回目は「3400円」が、

初回にご利用になったカードで、30日おきに自動決済されます。



退会は自由です。

不要だなと思ったら、即ご連絡ください。

指定日までのご連絡で、次の月から自動決済が止まります。



*********

 

 

一方、「一括払い」の方は、

合計価格がお安くなるメリットがあります。

 

 

ネット上で、なるべく

 

クレジットカードを使いたくない人

にもオススメです(銀行振込 か カードで選べます)。

 

 

 

詳しくは、以下の記事をご参照ください。

 

>>関連記事(価格と支払い方法について)

 

 

 


会員ご登録お待ちしています!!

>>絵画巡礼:西洋美術史ネット配信プログラム:詳しくはこちら



内田ユミ

 



ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


西洋美術史パーフェクトプログラム

「2nd-stage〜第3回:角度で語る世界」を実施しました!



「角度」って、気にする人少ないかもしれませんが、


近代絵画の発展において、


重要な鍵になるのが「角度」をどう扱うか?

ということなのです(・・という内容でした)。







 

さらに、本日は、

 

セミナー開場前の時間を使って、


「インテル"Unite"ソリューションシステム」について

担当の方からレクチャーを受けました。





◎インテルソリューションとは?

・ワイヤレスですぐに会議に参加可能な会議室ソリューション

・最大20名が一度に接続でき、4画面を同時に表示可能

・接続したメンバーで、瞬時にファイル共有可能







 

大手企業などでは、

主に会議などに使われることが多いシステム、

ということですが、使い方は無限。





 

一度に、20人までが接続でき、

 

4台分の画面をモニターに同時表示できる・・・


ということは、



私の場合でしたら、



例えば、ですが、

大学のゼミのような講義・・・



私が話すだけではなくて、

受講者の方々が、発表する機会のあるスタイルの講座に

 

利用できるかなー?


と思って、

 

 

今回、Uniteさまのレクチャーを受けました。


 

とても、いい感じでした。

 


今すぐ実現、というわけではないですけれど

そんなこともやっていきたいな・・、と。

 


 

 




複数講師による

「ジョイントセミナー」などを企画する方にも、

 

いいかもしれないですウインク

 



*************



今日は、比較的暖かかったですよね。


 

クリスマス前の渋谷は・・・



ステキなツリーの前で、

みんなが写真を撮っていたりして。




(会場に入る前)




セミナー終了後は、ご参加の方々と休憩・・




バニラアイスとコーヒー。





皆さまとしばらくお喋りして、

同じツリーの前に戻ると、



すっかり日は落ちて、

イルミネーションが、カナヘイきらきらきらきらカナヘイきらきらしていました。








今日、行ったセミナー「角度で語る世界」も、

 

「 絵 画 巡 礼 」会員さまには、

のちに配信されます。



楽しみにお待ちくださいね!



***************

会員 ご登録受付中です!!



西洋美術史ネット配信プログラム「絵画巡礼」




内田ユミ


 
ランキング

ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



<パリ・ルーヴル美術館 Photo:yumi uchida>


 

福音書、はじめました。


巡礼メンバーになってくださった

あなたにだけ、

良いこと、ヒミツで、お話しします。




「絵画巡礼」

西洋美術史ネット配信コンテンツ





 

早期お申し込みのプロモーション期間は

 

一段落したところですが、




ひきつづき、

 

美術史講座のネット配信「 絵 画 巡 礼 」

 

会員様を 絶賛大募集 しております。

 



 

配信されるコンテンツは、

 

毎月の、どのタイミングでお申し込み

 

いただいても同じです。

 

 

 

 


*************
◎サービス利用料について

*************

絵画巡礼は、360日のプログラムです。

 

 

総額で少しお安くなる「一括払い」と、

 

毎月ごとのお支払いで、いつでも途中解除できる

 

「12回分割払い」がございます。

 

 

 

お申し込み登録から30日おきに次の決済が自動で

 

行われますので、

いつお申し込みいただいても、日割りで損得などの

 

違いはございません。

 


>>お支払いに関する詳細はこちらの記事で

 

 




 

*************

 『 yuming の 福音書 』
*************

 

あらかじめ間隔を設定して自動配信される

 

美術史講座や、ルーヴル美術館映像などとは別に、


 

リアルタイムで執筆する

メルマガを配信しています。

 



パリ旅行のメルマガや、このブログなどには、

 

書かない(書きにくい)内容を

巡礼会員様に向けて配信します。



たとえば、先日の射手座新月の記事 には

 

私としては、まだ書き足りない部分があったのですが、


 

 

パリのメルマガの読者さまにとっては、

 

ややマニアックに偏りすぎ・・? な内容である

 

感じがしてきたので

 

適切と思われるところでまとめました。



 

 

「絵画巡礼」にご登録いただいている方には、

こんなテーマもいいのでは・・、ということで

 


 

月の運行や、季節に合わせた神話テーマ、ほか、


 

美術史と他ジャンルの結合体のようなメールも、

 

随時、お送りしていく予定です。


 

 

このような記事(過去の投稿)がお好きな方も、

 

お試し登録してみてくださいニコニコ


 

最初の30日は「1,700円」でご利用いただけます。

 




なお、リアルタイム配信の「yumingの福音書」は、

ご登録以前の配信分を、遡って

 

ご覧いただくことはできません。



*********


タイトルにある「福音書」とは、


狭い意味では、


聖書を構成する書物の一部をさしますが、



そもそも「福音」とは、


「良きことを知らせる」という語源を持ちます。




定例でお出しするコンテンツ以外にも、
 

随時、良きテーマを楽しんで

 

いただけますようお送りしていきます。


*********



ご提供できるコンテンツは、

際限なく、増え続けます。



それは、私の力量がどう・・とか、

 

ということではなく、

それ以前に「西洋美術史」そのものが、



本質的に「人間」をテーマに持つ、

「叡智の宝庫」であるからです。




私は、絵画の世界から

「神託」を降ろす巫女のごとく、


その時々において、

最適なテーマを引き出してお届けします。



 

・・ということで、


ここまで迷っていた(かもしれない)

あなたが、


「 絵 画 巡 礼 」にご登録してくださることを、

楽しみに、お待ちしていますね!!


=========================

>>絵画巡礼:ご案内ページはここから




<会員申し込み方法>

上記ページ内のピンク色の
「お申し込みはこちらから」ボタンをクリックすると
フォームに進み、お支払い方法を選択できます。

カード払いを選択されますと、その後、決済画面に進みます。

そのタイミングで、仮に決済せずに、
画面を閉じてしまっても、

その後にお送りする確認メールから、
改めて決済フォームにアクセスすることもできます。

一括で銀行振込ご希望の場合は、確認メールの指示に沿って、
お支払いのお手続きをお願いします。


=========================

 

皆さまのご登録を、心よりお待ちしております。
絵画巡礼:ご案内ページはここから
 


 

内田 ユミ

 



ランキング

ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



オーベルジュ・ドゥ・ラ・ボンヌ・フランケット
Auberge de la Bonne Franquette(カフェ)


パリの北部・モンマルトル。

 

19世紀、このあたりは、多くの芸術家が集まるエリアでした。

(今もそうですね)



当時からあるこの写真左側のカフェには、

ルノワール、モネ、ピサロ、シスレー、

セザンヌ、ロートレックなど、

私たちにもなじみ深い画家たちがよく集ったそうです。




ここでお茶しながら、当時に思いを馳せてみるのも、

モンマルトルならではの楽しみ方です。



 





坂の多いエリア。

 

よく、東京・神楽坂に例えられます。



 

 



ミサンガ売り(押し売りです)の兄さんたちには

 

注意しましょうね。

 


彼らのミサンガを編む技術は、実際のところ

 

素晴らしい というウワサですが、

あまりにも高額する料金を請求されます。

 


 

目を合わせずに、足早にスルーしましょう。

 

 

 




▼もっとくわしくは

パリの美術館と観光ガイド:メルシーパリ.ネット(モンマルトル)



▼パリ旅行メルマガ・登録ページ

【秘密のパリ】あなたのパリ旅行に必要な18の秘密

(購読無料・解除自由)

執筆:内田ユミ


**************

ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ


 

**************

 

〜お申し込み受付中〜
 


>>「絵画巡礼」詳しいご案内とお申し込みはこちらから


西洋美術史ネット配信プログラム
《知性を深め 感性を磨く》

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


昨日、ケンタウロス族の「ケイローン」の話や、
 

その他もろもろを書きながら
 

 

連想していた別の神様がいるのですが、

 

(話がややこしくなるので割愛しましたけど)


>>昨日の記事(射手座新月:ケイローン)



それは・・・

 

 

「 時の神 」
 


ルーヴル美術館 シュリー翼 展示室の天井画  photo : yumi uchida




通常、翼を持った老人の姿で表現されます。



おじいちゃんなので、

「時の翁」とも言いますね。



 

時の翁は、「死」を暗示する存在でもあります。



で、大きな鎌を持っています。


 

「農耕の神」と同一と見なされたから、、ですが、



 

大鎌で、時間を切り裂く、

 

つまり、命を刈るんですね。



 

現世は、虚しい・・という象徴としても登場します。





命を刈られるまでに、
 

どれだけの多くのことを体験し、

味わうことができるか。


 

それが、生を受けた者の務めです。




=============

 

漫画や、イラストなどで
「死神」が描かれる際、
 
ガイコツが鎌を持ってる姿を見かけますが、
元ネタは「時の翁」ですね。

 

=============

 




***************





「絵 画 巡 礼」西洋美術史ネット配信プログラム


見ているようで、見えていない事象を
 

お伝えしていくプログラムです。

 



同じ絵画を見るとき、

脳内で違った体験をすることになります。




同じ時間を過ごしながら、

感知できることが増えるとしたら、



 

それは、2倍、3倍の命を生きていることに

 

なるのではないでしょうか。


 

 

世界は、認識の数だけ存在しているのです。



 

**********


 

ネット配信の「 絵 画 巡 礼 」は、


月々、そう重いご負担にならないくらいの金額で
 

ご利用いただけます。


 

(実際のセミナーに一回ご参加いただくよりも、

 かなりお安く設定しています)


 


分割払いがお好きでない方は、

カードまたは銀行振り込みの一括払いを

ご利用ください。

(総額で、少しお安くなります)




最初の30日でお送りする内容
 

***************
 
・「ダリとシュルレアリスム」セミナー(非売品)
 
・「ルーヴル美術館のまわり方」セミナー(1500円で販売中)
 
・「西洋美術史パーフェクトプログラム」
  ギリシア神話と絵画のヒミツ(第4回目まで)
 
・ルーヴルマニア(サロンカレ~グランドギャラリー)
  
・魔女yumingの絵画のヒミツ(メルマガ複数)
  
***************



 

 

特典の「ダリとシュルレアリスム」セミナーを
 

お付けできるのは、

11月30日のお申し込みの方まで・・・

 

 


ですが、



午前の時間帯に申し込まれる方が多いので、


 

12月1日の午前中に、

 

お申し込みいただいた方には、

「ダリセミナー特典」をおつけしますね。



 

 

20世紀美術でさえ、

 

西洋美術史の基礎的素養が必要だということに

 

今更ながら、私も改めて実感したセミナーです。
 

(このセミナーについては、再実施の予定も、
 映像販売の予定もありません)

 



 

この「ダリセミナー」をひとつの指針に、

 

来年の今ごろまで、巡礼の旅をご一緒しましょう。




 

巡礼の途中、どこかのタイミングで、

 

会員になってくださった皆さまと私、

 

それから、会員さま同士が、
 

リアルでお会いできるような機会も設けたいと思っています。




お申し込みをお待ちしております。


 

西洋美術史ネット配信プログラム
>>絵画巡礼《知識を深め感性を磨く》



内田 ユミ

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

本日は、漫画家 masausaさんの記事を

 

リブログします。


 

ぜひ、リンク先の

 

masausaさんと私の対談音声

「愛らしい牛が、しばしば絵画に描かれる件 について」


 

お聞きになってみてくださいね。


 




ご紹介ありがとうございます♡




***************



「masausaさん」は、
 

共著「ルーヴルラビリンス:プシュケとアモル」を

 

出版した、わたくしのビジネスパートナーです。



ギリシア神様の神様コンテンツを

ただいま、一緒に製作中です。





***************

そんなわたくし達の
▼Kindle本はこちらです▼

ルーヴル美術館にかかった一枚の絵画から
古代ギリシア世界へ迷い込む... ... ....
 

ルーヴル美術館の思い出「プシュケとアモル」絵画の向こう側
 
著者 masausa(漫画) 内田ユミ(原作)


ワイズワンパブリッシング ¥480






Amazon Kindle本
美術館・博物館部門 第1位 継続中
海外旅行部門 第1位 獲得


 

 

電子書籍は、専用のリーダーがなくても読むことができます

 

Kindleアプリ(無料)をダウンロードしてください。


KindleアプリはWindows PC、Macをはじめ、各種スマートフォンおよびタブレットでご利用いただけます。

Kindleアプリがインストールされていれば、一度買った本をどの端末からでも読むことができます。

 

 

 


masausaさんの漫画は
会員制コミュニティでご覧になれます。

4コマまんが「根性の卓球部」
「天使がおうちにやってくる」ほか、

 

ダウンロードして使える素敵すぎるイラストなど、

 

多彩なコンテンツが楽しめます。


>>masausaまんが王国『マルグリット』



私との対談音声も、マルグリット会員さまには
いち早く公開されます。



 


ランキング
ぽちっとお願いします♡

 

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



前の記事▼からの続きです
>>射手座「ケイローン」からのメッセージ



西洋美術史ネット配信プログラム
「絵画巡礼」
>>くわしくはこちらから

 

 



先日よりご案内しております

「 絵 画 巡 礼 」ですが、



お申し込みが一件入るごとに、

マッチ売りの少女のように

(・・いや、少女ってことはないですけどね、、)



内田ユミは、全身全霊で喜び、

身を引き締めております。



***************



来年の今頃、再び、

射手座の新月の日が巡ってきましたら、


絵画巡礼の会員様には、

今日と同じく、

射手座の新月メルマガをお送りします。



そして、

絵画巡礼で最初にお送りしているメルマガ

(ダリセミナーをお送りする時のメール)や


yumingの絵画のヒミツの第一回を

もう一度送ります。




何度か申し上げていますが、

同じものを、全く違う視点から認識し、



一年という「時」だけがもたらす恩寵を

感じていただくことが


「 絵 画 巡 礼 」の目的のひとつです。




漠然と過ごすなら、

「時」が、そこに残す変化は「老化」です。



人生とは、「時」そのもの。




けれど、

「時」と対峙するなら、


そこに与えられる変化は「進化」です。




申し込んでくださった皆さまの一年が、

漠然と流れ去っていく「時」ではなく、



善き流れと変化を創り出し、

豊穣の循環が巡るような、



稀有な会員制サービスに

育てていきたいと思っています。




「 絵 画 巡 礼 」は、始まったばかりです。


皆さまの愛を、まだまだ必要としています。



あなたからのお申し込みを

心より、お待ち申し上げております。





>>西洋美術史ネット配信プログラム
「 絵 画 巡 礼 」


内田 ユミ





 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


=================

先ほどメルマガで配信した内容の

部分抜粋です

メルマガ登録はこちらから(購読無料)

=================



こんばんは、内田ユミです。
11月も残すところ、あと1日。


今日は、射手座の新月ですね。
(29日 21:19)


***************


「新月を迎えた時刻から

48時間以内に願いごとを書き出す」という、


アメリカの占星術師ジャン・スピラー氏の

メソッド(新月のソウルメイキング)も、

今では、すっかり一般的になりましたね。




今夜は、新しいことを始めるのに、

とても良いタイミングです。



射手座のストーリーを、軽くお話しますね。



わたくしは、占星術師ではありませんので、

美術史的な観点から・・・




パリ・ルーヴル美術館(photo:yumi uchida)





半人半獣のケンタウロス族のなかの「ケイローン」が

射手座の物語の主人公です。



「ケンタウロス」というのは種族名で、


下半身が獣であることから、

 


一般に、粗野で 横暴で 野蛮、


しかも好色、

ということになっていますが、



その中で、例外的に、

賢明で思慮深い存在とされるのが、

「ケイローン」(個体名)です。




ケイローンは、

大地の神クロノスの血をひき、

人間や動物を保護し、導く存在でした。




芸術の神「アポロン」からは

音楽や予言を、


狩りの女神「アルテミス」からは

狩猟の術を学びます。



アポロンも、アルテミスも弓の名手。



ケイローンも当然のごとく、

矢を射るのが得意です。


(ケイローンは、ヘラクレスの毒矢によって亡くなります)


*****



「弓を引いて、的を射る」という

一連の動作と



「願いを放つ」という行為は、

イメージ的に、よく重なると思います。



真実、直感、率直さなどがテーマである

射手座の新月には、


明確に的を絞って

矢を射るように願いを放つと良い


と、しばしば言われるのも、

感覚的に頷ける、と思うのですが、

いかがでしょうか・・・


==============
 的を明確にすることが
 願いを叶えるコツ

==============



仮に、

弓の名手「ケイローン」であっても、

的を絞ることができなければ、

的確な矢を放つことはできません。



アポロンや、アルテミスでも、同様です。


射手座の新月の今夜、

的をはっきりと定めたうえで、

宙に向かって弓を引き、



あなたもイメージの矢を

 

放ってみてください。



ご自身に起こしたい「変化」の的を、

その矢が、確実に貫きますように・・・!



次の記事に続きます>>「時が残す変化」
 


******************
 


>>「絵画巡礼」詳しいご案内とお申し込みはこちらから


西洋美術史ネット配信プログラム
《 知性を深め 感性を磨く 》
 

******************




▼パリ旅行メルマガ・登録ページ

【秘密のパリ】あなたのパリ旅行に必要な18の秘密

(購読無料・解除自由)


執筆:内田ユミ




ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 





「絵画鑑賞」は、

「絵の具が塗られたキャンバス」を視界におさめ、

絵画という「物質」を視覚上で

認識することではありません。




画家が、絵画として表現しようと試みた

「精神」に触れようとする行為です。 




 

「西洋美術史」を知ることは、

画家の名前や、作品名、〜〜主義といった用語を

暗記することではありません。



現代まで残された作品を通して、

その作品が創られた時代の社会的背景や通念、

人々の価値観を知り、

作品が発するメッセージを受け取ることです。



 

美術史上に残された膨大な作品と接することで、

私たちは相対的に、

今、自分が生きているこの時代と自分自身の在り方を、

まったく新しい眼で、捉え直すことができます。




表面的に作品を眺めるのではなく、

絵画の向こう側の世界に入っていくこと。




それは、数々の絵画作品を通して、

己を知り、世界の認識を深め、

新たな自分を構築するための、いわば「巡 礼」です。


 

わたしは、絵画の巡礼者となったあなたが進む、

向こう側の道を照らす案内人です。



あなたの日常のすぐ隣りには、

眼には見えないけれど、

深い奥行きを持った世界が広がっています。




そのどこかで眠っている真の自己と、

豊かさの源になろうと待ち受ける、

枯れることのないインスピレーションと愛の泉まで、

あなたをご案内いたします。



 

絵画巡礼:内田ユミ


>>絵画巡礼【西洋美術史ネット配信プログラム】




***************

西洋美術史ネット配信プログラム

「 絵 画 巡 礼 」

30日間「1,700円」でお試しできます

***************


月々、重いご負担にならないくらいの価格で、

 

360日にわたって、
 

西洋美術史に関する複数のコンテンツを

 

インターネットを介して配信します。
 

 

メインとなる西洋美術史講座を、週1回のペースで

 

合計51本、

 

それ以外にも「知る喜び」を提供する

 

複数のコンテンツをお送りします。



================



12回分割払い(3,400円:初月はお試し半額)と

 

一括払い(38,000円)で

 

お選びいただけます。
 


>>詳しいご案内とお申し込みはこちらから



====================


 

また、11月中にお申し込みの方には、

 

「ダリとシュルレアリスム」セミナー映像(非売品)を

 

特典としてプレゼントします。

>>早期特典につきまして:詳細
 



絵画巡礼:内田ユミ

 




 

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。