西洋美術の楽しみ方_ルーブルの魔女からの伝言

絵画の見方・味わい方、西洋美術史の魅力を知りたいあなたへ
メルシーパリ.ネット運営者ブログ

NEW !
テーマ:

(ルーヴル美術館:フラゴナールの部屋 Photo yumi uchida)

 

 

 

 

この新春に、プレゼント企画として実施した

 

メルマガ「7枚の絵画」(7日間の無料メルマガ)

 

につきまして、

 

 

ご好評をいただき、有難うございましたおねがい

 

 

 

 

お正月には、「期間限定」「人数限定」で

 

ご登録を募集しましたが、

 

 

 

その後、システム上の改善点などを整え、

 

定例の無料サービスのひとつとして、

 

お申し込みいただける状態にいたしました。

 

 

 

**************

 

 

 

 

わたしは、西洋美術の楽しみ方、絵の見方を

 

お伝えすることを仕事にしています。

 

 

 

 

このメルマガ「7枚の絵画」は、

 

真顔『絵画を楽しむって具体的にどういうこと?』

 

と感じている方に向けて、

 

 

 

絵画鑑賞に親しむきっかけになるものとして

 

お送りするメルマガです。

 

 

 

 

 

このブログや、HPなどでも、

 

絵画の紹介記事などは投稿しているのですが、

 

 

 

メルマガで、7日間お送りする形式は、

 

ブログで見るのとは、また違った感触で

 

楽しんでいただけるようです。

 

 

 

====================

 

宝石赤7日間をワンセットとして、各ジャンルから

 作品を選定しています

 

 

宝石紫解説は、するりと読んでいただける、完結なものです

 

====================

   

 

 

ご登録後の翌日から、

 

毎朝7時に絵画紹介のメールを

 

連続7日でお届けします。

 

 

 

 

ベル 朝の通勤時間中に・・

 

ベル 午後のほっとしたひと時に・・

 

 

毎日 ほんの少しだけ、

 

絵画に触れる時間を持ってみてください!

 

 

 

どんな絵画が届くは、

 

翌朝になってからのお楽しみです。

 

 

 

▶︎無料メルマガ「7枚の絵画」登録フォーム

 

 

▶︎ご案内用のページを作りました

 

 

 

<登録無料:解除自由>

 

 

 

◎なお、お正月にお送りしたものと、

いま受付け中の「7枚の絵画」は同じ内容です。

 

 

 

 

 

***************

 

 ご登録にあたりまして・・・

 

***************

 

 

◎「docomo」「ezweb」などの、

携帯のメールは、エラーになり届かない確率が高いです。

 

 

◎携帯以外でも、iCloudのメールは

届かないケースが頻発しています。

 

 

 

<補足>

 

◎普段、ご家族やお友達と、

問題なくメールのやり取りができていたとしても、

 

メルマガ配信システムからのメールは、別物です。

 

 

一斉配信のメールは、受信サーバーが、

迷惑メールかどうかを自動的に判定するため、

 

メール内に、リンクURLの記載があったり、

画像が掲載されていると、

 

それだけで、迷惑メールフォルダにさえ入らずに

削除されることがあります。

 

 

このメルマガには、作品画像や、拡大表示用のリンクが

含まれます。

 

 

できるだけ、上記以外のアドレスでご登録なさること

おすすめします。

 


******

 

 

 

皆さまのご登録をお待ちしています。

 

 

執筆:内田ユミ

 

 

絵画の見方、西洋美術の楽しみ方を

お伝えしています。

 

 

 

 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

パリのガイドブックなどにも、

 

高い確率で載っている

 

チェーン展開のお店です。

 

 

 

「Chez Clément シェ クレマン」

 

 

 

 

日本語で書かれたメニューが置いてあることで

 

 

観光客にも行きやすいお店として

 

知られています。

 

 

 

 

「チェーンのお店なんて・・・」という方も

 

いらっしゃるかもしれませんが、

 

 

1人でも、言葉が不自由でも気兼ねなく(比較的)

 

入れますから、

 

場面に応じて、活用したら良いと思います。

 

 

 

 

 

価格的には、一般的なカフェと変わらない感じ。

 

店内もステキです。

 

 

 

シャンゼリゼ大通り店は、

 

エトワール凱旋門からすぐ近く。

 

 

 

通りに近い席からでしたら、お食事しながら

 

凱旋門が視界に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

宝石赤サーモンのステーキ(ハーブと白ワインのソース仕立て)

18ユーロ

 

 

 

 

 

お店の内外にかざられた、お鍋のオブジェが目印です。

 

 

ぜひ一度、行ってみてください。

 

 

 

▶︎詳細記事はこちらから「シェ クレマン」

(メルシーパリ.ネット内の記事です)

 

 

 

 

 

*******************

 

 

ベル 絵画をもっと気軽に!

 

 

▶︎無料メルマガ「7枚の絵画」ご案内ページはここから

 

 

「絵画を楽しむ」って、具体的にどういうこと?

と思っている皆さまへ、

 

絵画鑑賞のきっかけしていただくものとして

ご提供するメルマガです。

 

どんな7枚が届くは、毎朝のお楽しみです。

(登録無料・解除自由)

 

 

執筆:内田ユミ

 

 

絵画の見方、西洋美術の楽しみ方を

お伝えしています。

 

 

 

 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ルーヴル美術館(Photo yumi uchida)

 

 

 

 

ムリーリョ作の『聖家族』です。

 


「聖家族」といったとき、

もっとも定番の形としては、

 

 

・聖母子(マリア様と幼子キリスト)
・聖ヨセフ(マリア様の夫)

 

 

この3人、

 

 

またはそこにプラスして


・聖アンナ(マリア様の母)が

 

描かれることが多いです。

 


ここでは、

 

・マリア様と幼子キリスト
・葦の十字架を持つ幼い洗礼者ヨハネ
・聖ヨハネの母で、マリアの従姉妹のエリザベツ

 

が描かれています。

 

 

この作品では他に、

 

「神」がとても

具体的な姿で描かれています。

 

 

キリスト教絵画でよく描かれる、

精霊のシンボルである「白い鳩」と

キリストが受ける受難の象徴「子羊」も見えますね。

 

 


画面上に、大勢で描かれているのは、

「天使」です。


(キューピッドではないですよ~!)

 

 

ムリーリョ独特の
やわらかいタッチに癒されます。

 

 

 

***************

 

 

 

 

 

無料メルマガ「7枚の絵画」ご登録はここから

 

 

毎朝7時、7日間連続で、

絵画紹介メールが届きます。

 

絵画に触れるきっかけにしてください。

 

(登録無料・解除自由)

 

どんな7枚が届くは毎朝のお楽しみです。

 

 

執筆:内田ユミ

 

 

絵画の見方、西洋美術の楽しみ方を

お伝えしています。

 

 

 

 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

ルーヴル美術館の建築物としての魅力を語ろうとしたのですが、

 

なんだか、違う話になってしまいました。

 

 

「プシュケとアモル」対談

 

〜ルーヴル美術館へ行こう!〜

 

美術史ファンタジー「プシュケとアモル」を

制作したmasausaさんとの対談音声です。

 

 

 

 

 

 

***************

 


〜ルーヴル ラビリンス〜

ルーヴル美術館の思い出「プシュケとアモル」

 

漫画:masausa 原作:内田ユミ

 



Kindle本 480円
出版:ワイズワンパブリッシング

 


>KIndle「プシュケとアモル」ご紹介ページはこちら

 

 

 

電子書籍は、Kindle無料アプリを

ダウンロードすれば、購読できます。

 

専用端末などは不要です。

 

アプリについてはこちらからご覧ください。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



こんにちは、内田ユミです。






絵画の見方・西洋美術の楽しみ方をお伝えしています。



この投稿は、

内田ユミの西洋美術史セミナーや映像商品などの

ご案内や、購入ページリンク先のまとめです。

(随時更新します:最新更新日2017年1月15日)




===============

 西洋美術史に関する
 講座・サービスのまとめ

===============

 

 

 

ネット配信講座「絵 画 巡 礼」

 

西洋美術史に関するコンテンツを

インターネット経由で配信する講座です。


<主な内容>

・美術史セミナー映像配信(週一回配信)
・今日の絵画(メルマガ:平日毎朝配信)
・yumingの絵画のヒミツ(美術解説メルマガ)
・ルーヴル マニア(ルーヴル美術館内の映像)
・yumingの福音書メルマガ
・小説:美術史ファンタジー(メルマガ)

 「月の泉のディアナ」

 

・特典「ルーヴル美術館のまわり方」


 

>詳細はこちらから「絵画巡礼」

 


 


◎カード分割の場合

最初の30日はお試し1,700円

2〜11回目は3,400円の自動決済

(合計:39,100円)


 

◎カードまたは、銀行振込の場合

一括払い:38,000円

2回払い:19,300円の2回払い(合計38,600円)



>詳細ご案内はこちらから「絵画巡礼」


 

 

 

 

 

===============

完全個人レッスン(対面)

お好きな日程で受講できます

===============
 

宝石赤西洋美術史[プライベート]パーフェクトプログラム
>>全6回シリーズ講座の完全個人レッスン

西洋美術史で扱われるテーマをカバーして、

ご自身で世界を深めていけるようなステップを提示します。

レッスン1回あたりの所要時間 約2時間〜2時間半
受講料:108,000円(全6回)

会場:都内ホテルラウンジ または 小セミナールーム
日程:ご希望の日程で実施します



 


>>レッスン会場についての参考記事




今からお申し込みをいただきますと、

初回実施は、2月以降になります。

(2017年1月15日現在)

 

 

西洋美術史|プライベート|プログラム内容

宝石赤1st-stage「何を描くか」(基礎講座)

(1)ギリシア神話と絵画のヒミツ

(2)キリスト教と絵画のヒミツ

(3)美術史2400年の絵画の変遷

   その1:古代〜ルネサンス
(4)美術史2400年の絵画の変遷

   その2:バロック・ロココ・近代への幕開け
(5)絵画の謎を解くアトリビュート
(6)宗教と建築
 

 






================
 西洋美術史セミナー
 (リアルの定例講座)

================


宝石赤西洋美術史パーフェクトプログラム


1st−stage 全6回のシリーズ基礎講座

 

<次の募集は2017年の春以降の予定です>

・月一回ペース(日曜日)

・会場 都内

◎ 参考:過去の募集ページ
>>2015年秋期の募集

>>2016年春期の募集

 

西洋美術史パーフェクトプログラム:各回テーマ

宝石赤1st-stage「何を描くか」(基礎講座)

(1)ギリシア神話と絵画のヒミツ

(2)キリスト教と絵画のヒミツ

(3)美術史2400年の絵画の変遷

   その1:古代〜ルネサンス
(4)美術史2400年の絵画の変遷

   その2:バロック・ロココ・近代への幕開け
(5)絵画の謎を解くアトリビュート
(6)宗教と建築

宝石ブルー2nd-stage「どう描くか」(上位講座)
(1)光と闇 色彩と影

(2)線で描く 面で描く

(3)角度で語る世界

(4)見えるものを描く 見えないものを描く


 

 



================
 1day 個人レッスン
 (リアルの対面講座)

================
 

過去に実施した1dayセミナーにつきましても

 

個人レッスンを受け付けております。



宝石ブルー「エンジェル&キューピッド」
約2時間:12,000円
>>参考ページ(過去実施時のご案内ページ)




宝石ブルー「ルーヴル美術館のまわり方」

約2時間:12,000円

>>参考ページ(過去実施時のご案内ページ)


 


 

宝石ブルー「ギリシア神話とキリスト教セット」
約3時間:20,000円
>>参考ページ(過去実施時のご案内ページ)




上記の単品(企画セミナー)のプライベートレッスンを

 

受講ご希望の方は、ご都合の良い日程を

いくつかお知らせください。

>>お問い合わせフォーム



会場は都内ホテルラウンジまたは、小セミナールームです。

>>レッスン会場についての記事






 

================

 セミナーの収録映像

(ダウンロード)商品

================

 

セミナーの収録映像のダウンロード版です。
 

過去に実施した、内田ユミの西洋美術に関するセミナー映像を
 

PCなどの機器にダウンロードして

 

ご自宅で、ご視聴いただけます。




 

宝石赤ルーヴル美術館のまわり方

>>詳細とお申し込みページ
「迷宮」と称されるルーヴルの入り口やチケットのこと

魔女だけが知っている見どころポイントについて解説する

観光ガイドと美術史入門を兼ねたセミナー

価格 1,500円 (約90分)PDF資料つき



 

宝石赤ルーヴル美術館の作品解説(その1)


>>詳細とお申し込みページ

ルーヴル美術館に行くなら必ず見てほしい

超有名作品10点を内田ユミが選定し、分かりやすく解説

価格 1,600円(約72分)PDF資料つき



 

宝石赤エンジェル&キューピッド(オススメ)


>>詳細とお申し込みページ

身近なモチーフを通してギリシア神話とキリスト教の

基礎をカバーする西洋美術史入門セミナー

価格 3,800円





 

================

 現地(パリ)

 美術館ガイド

================




ルーヴル美術館内ご案内のご用命を承ります。

(ルーヴル以外のパリの美術館もご相談を承ります)

 

 

 

午前または、午後の約3時間で

 

お一人様:1万円(美術館入場料を、別途ご用意ください)

 

お子様についてはご相談ください。

 


*********

 実 施 要 項
*********

 

 

◎ ただし、内田ユミがパリ滞在中の期間に限ります。

 

内田ユミ渡仏の際には、事前にメルマガや、

 

当ブログなどで募集告知いたします。

 

 

 

◎ 内田ユミ自身の計画として滞在中の期間・以外に、

 

ガイドをご希望される場合には、

 

 

内田ユミの渡航費(内訳・空港から市内までの移動)

 

(※目安:エコノミー・直航便の平均的価格帯 プラス ロワシーバス運賃往復)

 

および、2泊分の宿泊費

 

(※目安:ルーヴルエリアの3つ星ホテルの平均的価格)を

 

ご負担いただくことで、実施を調整いたします。

 

 

**********

 

 

他の業務との関係で、スケジュールの都合がつかない場合、

 

お断りさせていただくケースもございます。

 

ご了承ください。

 

 

詳細については、お問い合わせください。


>>お問い合わせフォーム






****************

 Kindle:電子書籍 出版

****************


宝石ブルー電子書籍 Kindle版 480円


 

ルーヴル美術館の思い出「プシュケとアモル」第2版

現在に生きるお気楽うさぎが、
ルーヴル美術館にかかった一枚の絵画から

古代ギリシア世界へ旅をします。


 

ギリシア神話や、西洋美術に親しんでもらうための

創作美術史ファンタジー

 

Kindle 美術館部門第1位(今も継続中です)
ふろく:フランス語版コミック&ラテン語版コミック


***************

 

内田ユミのメイン・メルマガ(登録・解除自由)
▼ご登録ください▼
>>【秘密のパリ】あなたのパリ旅行に必要な18の秘密



パリに旅行へ行く方向けのアドバイスメールが

5日に1度のペースでご登録のアドレスへ届きます。

 

ほか、内田ユミが主催するセミナーのお知らせや

新・映像商品リリースなどのご案内を

優先的にお知らせするメルマガです。



どうぞよろしくお願いします。



西洋美術史家:講師 内田 ユミ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


昨日は、西洋美術史パーフェクトプログラムの個人レッスン

 

(全6回講座の第一回:ギリシア神話と絵画のヒミツ)を

行っていました。

 



 



西洋美術史というからには、美術の歴史なのですが、

 

扱うのは、それだけにとどまりません。


 

 

絵画は、長らく社会の中で果たすべき役割を担っていたため、

 

政治や経済、宗教、思想、人々の価値観など多方面とつながっています。

 

 

 

第一回(ギリシア神話)は、

その広い世界に旅立つための第一歩。


 



 

ギリシア神話を知らなければ、

西洋の絵画を楽しむことはできない・・




という主旨のことは、しばしば耳にしますが、

 

 

それは、単に

神話のストーリーが絵の主題になることが多い、

という事実以上に



 

人々の考え方の根底に、

ギリシア文明期から培われた大きな概念が

 

今も、流れているからなのだと感じます。


 




 

 

個人レッスンで扱う内容は、

セミナースタイルで行っている講座の内容に準じますが、


 

私からの一方向性になりがちな、教室での講義形式と違い、
 


 

ひとり対ひとりの対話形式ですすめる個人レッスンは、

 

濃くしたい部分はより濃く、

 

あっさりで良い部分は、さくっとした形で、

 


 

受講してくださる方とともに、

臨機応変にアレンジしていく楽しさがあります。




 

その方が既に持っていらっしゃる興味の対象、

 

それまでの人生におけるご経験によって、

 

同じレジュメであっても、広がり方は無限。



 

私自身も興味深く、個人レッスンは、

毎回とても楽しい時間です。






 

 

 

ご興味を持ってくださった方は、下記ページから詳細をご覧ください



▶︎あなたの『眼』を入れ替えます!
「西洋美術史パーフェクトプログラム:プライベート」




見つけようとしても、見つからない講座と思います。


 

半年が過ぎる頃までに、

あなたの眼に映る絵画は、別次元のものになります。










同じ絵の前に立っても、

そこから広げていける世界は、人それぞれ違います。



絵画は、ときには沈黙し、ときには饒舌に語ります。



そんなパラレルワールドを体験をしたいあなたの

お申し込みをお待ちしています。




***************

宝石赤完全個人レッスンですので、
お好きな曜日・時間帯に
受講していただけます。

宝石赤現在、あらたにお申し込みを
お受けできるのは2枠です。

宝石赤主に土日実施ご希望の方が1名様
おもに平日実施ご希望の方が1名様となります

 

お申し込み可能枠は随時変わりますので、
詳しくはお問い合わせください


▶︎お問い合わせフォーム



講師 内田 ユミ


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


西洋美術史のプライベートレッスン会場は、


都内のホテルラウンジ、または、

小スペースのセミナールームを利用します。

 

▶︎プライベートレッスンの様子



**************

 〜完全個人レッスン〜

 

お申込み:現在2名様を

お受けできます(1月14日現在)

 

詳細はこちらから

(初回2月〜実施 会場:都内)

(新春割引・対応中)


**************

 

 

 


 

 

初めてお目にかかる、

 

第一回目のレッスン(とガイダンス)では、

基本的に、ホテルラウンジを利用しています。



**********



ラウンジではなく、

 

セミナールームを利用することもあります。

 

 



セミナールームの場合は、


◎静かで落ち着く

◎テーブルとイスが、ノートを取るのに適している

◎モニターを使って講義できる


・・などの利点があるのですが、




(セミナー用:レンタルスペースにて)


 

 

決して広くはない密室で

初対面の方と一対一で

2時間以上をご一緒することになるため、


お互いに、多少、緊張感が漂うように思います。



 

 

そして、机とモニターに向かうので、

どうしても、

「さぁ、しっかりお勉強しましょう!」的な

雰囲気になりがち。。。




そういう講座とも、ちょっと違うかな〜、

と思っているのですよ、


私としては・・・。








美術史そのもののうち、知識的な部分は、

「学べる」ジャンルに類するかもしれない、
 

 


けれども、

その「学べる部分」(=私が提供できる部分)というのは、


一定の分量とはあるものの、

本質としては、全体のなかのパーツでしかありません。


 

プライベートレッスンでは、


講座の中核である「絵の見方・知識」にプラスして

 



今まで観てきたもののことや


これから、どんな風に観ていきたいかに対して、


枠組みを作り、道筋をつけていきますので、

リラックスして、ご自分に還って欲しいと思います。










ラウンジの場合は、

私のノートパソコンの画面と、

印刷したレジュメを補足的に使いながら、レッスンを行います。




PC画面は、決して大きくはないですが、

 

1st-stageの場合、

 

内容的に「絵画」そのものに注目する・・というより

 

 

 

私のトークがレッスンの中心ですので、

 

画面の小ささについては、ご容赦ください。

 

 





また、人の行き来による、多少のざわつきはありますが、

 

話に入り込んで、周囲の音は気にならなかった

というご感想をいただきます。





 

何より、美味しいコーヒーや紅茶をいただきながら、

 

ゆったりとしたソファで

古代の神話や、絵画の話をお伝えする時間は、至福♡






 




セミナールームは、テレビをモニターとして使えますし、

 

静かで話も聞きやすいかと思うのですが、



ラウンジには、

セミナールームで行う講義とは違った趣があります。




どちらにも、それぞれオススメポイントはあるので、

2回目以降は、お選びいただきます。




ただし、

ラウンジは、お席だけの予約ができないため、


混雑が予想される、週末午後のレッスンや

 

ラウンジの演出で、照明が暗くなる夜間は、

セミナールームを手配します。






 

 

 

 

 

また、受講者様が男性の場合 は、

 

 

密室(セミナールーム)より、

 

パブリック・スペースである ラウンジなどの方が、

 

 

何かと、お互いによろしいか・・と思います。

 

 





 

同様に、女性の受講者様の場合に限って、

 

ご自宅への訪問も行っております。

 


参考:こちらの記事もご覧ください

▶︎対話の中から無限に広がる世界


 



>西洋美術史プライベートレッスンのご案内


 

講師:内田ユミ

 

 

絵画の見方、西洋美術の楽しみ方を

お伝えしています。

 

 

 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ルーヴル美術館の中・・


白い石で囲まれたひんやりとした空間



《ルフュエルの階段》
 

1854~1857年 建設




メディチの間(かつての、皇帝の図書室)に通じています。

 

踊り場には、芸術や科学を司る寓意像や、

それらを象徴する持ち物(アトリビュート)を

表現した彫刻作品が展示されています。
 

 

 

「ルフュエル」は、宮廷建築家の名前です。

 

 

 


メルシーパリ.ネット「ルーヴル美術館のまわり方」
 



**************

西洋美術史の楽しみ方を

お伝えしています

 

「絵画巡礼」西洋美術史ネット配信講座




 

内田ユミ



 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:






ある一人の人物が

手を組もうとしているのではない


なぜなら、両方とも右手だから

 

 


よく見ると、大きさや厚み

 

手首の細さも違う

 

 


おそらくは、男女の


誰かと誰かの手が重なる瞬間

 

 


もしかしたら

離れる瞬間かもしれないけれど

 


重ねようとする瞬間だと思いたい
 

 

 


「カテドラル」(大聖堂)という

印象的なタイトルがついた

 

オーギュスト・ロダンのこの作品は

 

 

 

「手」にしては

 

とてつもなく大きい

 

 

(背後の窓枠や椅子と比較してみて)
 

 



▼もっと詳しい記事はここから
メルシーパリ.ネット「ロダン美術館」
 



**************

西洋美術史の楽しみ方を

お伝えしています

 

「絵画巡礼」西洋美術史ネット配信講座




 

内田ユミ



 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


先日の記事からご案内している、


新春感謝企画「7枚の絵画」プレゼント

(無料メルマガ)には、

 


私の予想を上回る大勢の方々から


ご登録いただいています!


どうも有難うございます!


とても嬉しいですおねがいおねがいおねがい


▶︎この「新春プレゼント企画」の詳細記事はこちら
 

 


「メールは毎回きちんと読んでますよ」などの


メッセージも、有難うございます。
 

 


なぜか不思議と、ぜんぜん別の方から


よく似ている感じのコメントを続けて頂いたり、

 


想像もしなかった有難いコメントも


頂戴しました。
 

 


活動を続けていて、


そして、今回の告知をしてよかったな〜と


思う瞬間です。
 

 

 


******



こういう業務形態で生きていますと、

自分の仕事に対して、

 



会社員時代にいただいた、他者からの評価・査定や、

客観的な数字として現れる昇給・昇進などの

機会がなくなります。

 

 



集客や売上げという、実体の数字はありますが・・、

それは、結果の話であって。

 

 


結果が見えるまでの「方針」を固めたり、

自分への「期待」といった部分は、


自分で作り上げるより他ありません。
 

 


もしかしたら、幻想かもしれない場所に

向かって進んでいると、
 

 


崖を渡るような恐怖や、

虚しく響く木霊のようなものを、いつもそばに感じます。
 

 




トマス・コール作 「捕らわれたプロメテウス」作品部分
(ここまで怖い、とは思っていないけれども・・)

 

 


仕事に限らず、ですが・・・
 

 


何ごとにおいても、

他者からの制限を受けない形態は、


良い言葉を使って表現するなら

「自由」ということになるのでしょうが、



自由とは、不安や心細さと同じ実体の、

もうひとつの顔にすぎない・・と思います。





例えるなら、

海外ひとり旅は、自由で楽しいけれど、


同時にもれなく、不安や危険もついてくる・・

みたいな感じでしょうか。




それでも、ひとり旅を偏愛する人がいるように、


私は自ら、好き好んで

西洋美術史(の仕事)をしています。




ですので、

自由とセットになっている諸々も

受け入れてはいるつもりですが、

 



そうであるからこそ、

こういう機会にご登録いただけると

それだけで嬉しく、



さらにその際に、いただくコメントは、

まるで、天から降ってくる

 


メッセージのように感じます。

 

 

 

 


(うちのベランダから見たある日の空)





・・というわけで、

 


ご登録がまだの方、

限定バージョンの、メルマガ「7枚の絵画」を、

ぜひ受け取ってくださいねニコニコ

 

 


私からお送りできる、渾身のプレゼントです。


**************

 

「7枚の絵画」無料メルマガ

ご登録はこちらから

お申込み締切り

2017年1月6日(金)深夜23:59まで

毎朝7時過ぎ、7日間連続で、

 

絵画作品をご紹介するメルマガをお送りします

 

作品画像と、内田ユミによる完結な解説で
構成したメルマガです。



******************************************
◎絵画巡礼メンバーの皆さまは、

近日中に別途ご連絡しますので
ここから登録しないでくださいね!
*****************************************

 

 




なんだか、今日のこの記事の流れですと


コメント欄・入力必須のようになってしまった感じですが、

何もご連絡等なければ、


基本、コメント欄は空欄でOKです!


▶︎この「新春プレゼント企画」の詳細記事はこちら

 



ご登録が、深夜0時過ぎの場合、

 

その翌日の朝からの配信になります。

 

 


=================
 配信エラーになってしまった方が
 数名いらっしゃいます
=================

すでにご登録の方で、

 

いただいたアドレスにお送りしたメールが

戻ってきてしまう方が、何人かおられます。

(ここにお名前は、載せられませんけれども・・)


迷惑メール対策で、受信可否指定をされている方は、

再度お手数ですが、

mail(あっとまーく)merci-art.net 

 

からのメールを受信可能にしてから

再登録をお願いします。
 

 


◎PCで受信できるアドレスがオススメです。

とくに、docomoやezwebのアドレスは、
エラーになることが多いです。

それ以外の方でも、入力間違いと思われる方も
いらっしゃいます。

 


=================

 

 

 


そろそろ、お正月のお休みも終わり、

という方が多い頃でしょうか。



日常が、戻ってきますね。

 


今年も皆さまの一年が喜びに満ちたものに

なりますようお祈り申し上げます。



では、「7枚の絵画」にご登録いただいた方は、

明日、朝のメールでお会いしましょう!

 


いつも長文をお読みいただき、


どうも有難うございます。


それでは、また!




内田ユミ



 

ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします♡

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。