妖怪に会う。

2008-07-25 Theme: ニッキ

ふと思い付きで水木しげるロードのある境港に行ってきた。

2泊3日で。


いいところだった。

正直永住したいと思った。


珍しく写真とか撮ったので載せてみようと思う。




米子から境港までを結ぶ「目玉のおやじ電車」。
鬼太郎電車。
他にも「鬼太郎電車」と「猫娘電車」と「ねずみ男電車」がある。

ねずみ男電車に乗りたかったけれど結局乗れなかった。




米子駅は別名「ねずみ男駅」。
ねずみ男駅。
他の駅も妖怪のあだ名が付いている。ボクは「そで引き小僧駅」がなんか好きだった。




警察も鬼太郎。ちなみに婦警さんが猫娘の気ぐるみを着てパトロールしていた。
鬼太郎警察。
別に警察にお世話になったりはしてないよ。




水木しげるロードには133体の妖怪ブロンズ像がある。
すぐ名前忘れる「やまびこ」。
これは「やまびこ」。名前をすぐに忘れてしまうので何回も名前を確認してしまった。




アニメの萌えキャラ風な猫娘は猫娘ではない。

凶悪な猫娘。
これが猫娘だ。素晴らしく凶悪。

妖怪像にはそれぞれご利益があるそうなので、とりあえず頭を撫でといた。




妖怪じゃないブロンズもある。
サラリーマン山田。
端役でよく出る「サラリーマン山田」。

これを作ろうと決めた人はもっと評価されていいと思う。




上と同様、水木作品なら妖怪以外もOKらしく、「悪魔君」がいた。
紛れ込んでる悪魔君。
これだけ台座に魔法陣が掘り込んであって芸が細かい。

撮り忘れたけど、隣には「家獣」がいる。




そんで一通り見た後、「水木しげる記念館」へ。
水木さん。
中で水木さんの漫画が読み放題でなあ。
近所に住んで毎日通い、全部読破したいと思った。



というわけで、たまには普通のブログっぽい事もしてみただけの話だ。

妖怪好きは行くといい。

ボクは近いうちにまた行こうと思う。



その前に仕事しなきゃなんだけどね。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

夢がモリモリ。

2008-07-16 Theme: ニッキ

今朝、唐突に同居人が、「あのさー、ライトノベルって英語のタイトルを略して4文字にしてるタイトル多いやん。『らきすた』とか」と言った。


「らきすた」はライトノベルではないよ、と言いたかったがとりあえず黙って聞いていたら、彼女の言う事にゃ、


「だから私が先生の次回作のタイトルを考えてあげてん! 聞きたい? 聞きたい?」


と仰る。


まあ、その時点で嫌な予感はしてたのだが、それでもボクは心優しいので、「何?」と尋ねたら、


「モリモリマンデー」


シモいから省略形は書かん。


「で、それはどんな話やの」

「月曜日だけ超元気になるねん。モリモリに」

「……使えんなあ」

「じゃあ、『メコン河で――』」

「もういい」

「なんで?」


その後、メコン河で牛スジを食べるラブロマンス的な話のあらすじを一通り聞かされた。


今は他の作品をやってるから、次の次の作品くらいにはメコン河が出るかもしれないし出ないかもしれない。



まあ、何が言いたいかって一応、仕事してるよって事よ。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

まったくもう。

2008-07-13 Theme: ニッキ

先日、大阪北区のコンビニで強盗殺人未遂事件が起こったが、かなり利用した事がある店だったので正直たまげた。最近、梅田方面に出ていないのでご無沙汰だったが、うっかりすると現場に居合わせたりしたかもしれない。


そうでなくとも同じマンションの住民が拉致しに来たり、通り魔が突然現れたりする世の中で、もうこの世に完全に安全な場所なんてねえな! と思う。


実際この間も、突然うちのマンションの階下の部屋から「うヴぇあ」「おヴぇあ」などという奇声と共にガラガラガッシャンという騒音が響いてきて、時刻は夜九時頃だ。

なんちゅうハタ迷惑なやっちゃ、と思い、部屋を出て、それとなく様子を伺ってみると、見た事ないオッサンが叫びながら家具やら何やらを部屋の外に放り投げていた。


マンションの踊り場は木片やガラス片だらけ。

正直関わり合いになりたくなかった。


しかし階下の住人は自分の記憶では水商売風の女性であり、オッサンがその同居人ないし家族という可能性もないではないものの、何らかの事件の可能性も否定できず、結局、通報した。


駆け付けた警官により事態はすぐさま収束し、後の警官からの報告により、オッサンは「イライラする事があった。酒に酔って勢いでやった。ほんますんません」と主張した、と。


オッサンには妻がおり、ボクが見た事のある水商売風の女性がそうであった。


「反省しとるようやし、片付けもちゃんとやると言うてるんで」


警官はそう言って去って行ったが、本音を言うとボクは、「通報した事で恨みを買い、オッサンが殴り込んできたらどうしよう」と怯えていた。失礼な話ではあるが、酒の勢いで家具を投げ出す人間が、酒の勢いで包丁持って怒鳴り込まないなどとはどうしても言い切れない。


しかしかと言ってそんな想像だけで警官に、「不安なのでオッサンをしばらくブチ込んで下さい」などとは主張できず、結局何となく不安なまま夜を過ごした。


翌日出かけると、乱雑にちらかっていた踊り場は綺麗に掃除されており、ゴミの日でもないのにマンションの前には木片やガラス片を詰め込んだゴミ袋が5個ぐらい並んでいた。


どんだけ暴れたんだ、オッサン。と思った。


まあ、そんなマンションに住んでいるというだけの話だ。

危険な目に遭ったわけではなく。


しかし、こんな事が続くなら引っ越そうかな、と思う。



治安のいい場所に住みたい。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。