1 | 2 Next >> ▼ /

チャンバラ

2004-10-31 Theme: ニッキ
土曜の昼に起きて、大河ドラマ「新選組!」の再放送を見るのが最近の楽しみ。
しかし何度見ても香取慎吾の近藤勇に慣れません。

あんまり強そうじゃないんだなあ。

しかも佐々木只三郎役の伊原剛志の方が断然近藤勇顔なので、見ていて混乱してしまいます。

伊原剛志と言えば、学生の頃にチャンバラもののテレビドラマのエキストラをやった事があって、その時伊原剛志と一緒にチラッと映ったんですよ(自慢)! 
しかもその時の伊原剛志は土方歳三役だったので、どうもボクの中では「伊原剛志=新選組の人」というイメージがあり、現在の混乱の一因となっています。

しかしあの頃は楽しかったな、などと感傷的になる最近。
大学では勉強なんかせずにチャンバラの練習ばっかりしてた。どんな学生時代だ。

今日は母校の学園祭で後輩達がチャンバラのお芝居をしているはずなのですが、仕事が忙しいのでボクは見に行けません。頑張れーと思いつつ仕事する。


機会があればもう1回くらいチャンバラしたいなあ。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

オツム

2004-10-29 Theme: ニッキ
会社の仕事でちょっとした計算が必要になる機会があり、携帯電話の電卓を利用してコチョコチョと数値を導き出していたのですが、あまりの分量のためバッテリーの野郎がついてこれず、作業途中にして携帯電話がお眠りになりました。

この根性なし!

しかしまあ計算といったって大した事はない、2桁の引き算とか掛け算とかそんなもんですから、「もういいよ暗算でやるよ!」などと思いつつ作業を進めたところどうもはかどらない。

「えー、64-37だから、28? 違う、27か。で、27×4は128?」

といった感じで全然暗算ができてない自分に正直ショックを受けた。
しかも、「Y÷2×8」という計算を律儀にこなしており、作業途中で「これってY×4でいいじゃん!」と気付いた時のショックと言ったら!


昔から算数とか数学とか苦手でしたけども、いくらなんでも……。

そう言えばここ数年自分の頭で計算なんてしてなかったなあ、なんて思い出しつつ四苦八苦作業を進めています。


やっぱりオツムはちゃんと使わないと駄目だなあ、と思った。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

小説

2004-10-28 Theme: ニッキ
12月に出る本の直しをしつつ、次に何を書こうかとぼんやり考えています。

どうもボクは書く時の狙いがあまり当たらないらしくて、「三月、七日。」を書く時も、「今回は世間一般で言われる『萌え』とかを意識して書いちゃうぞ」などと思っていたものですが、出版後の評価を聞いてみる限りでは全然違ったらしいです。

編集さんにも、「これはアレだね、最近の『萌え』とかの対極にある感じだね」と言われて愕然としてしまった1年前。

作家さんの集まりでその話をした時も、「全然萌えないよ! むしろ鬱だよ!」といった事を言われたのでボクは大変悲しかった。

何がいけないのだ。
ボクが未熟なのか、それとも感性がズレてるのか。

それでも自分の小説に「青春」だけはあるのだと信じて疑わないボクです。


だから次のお話も青春のお話なんだ。きっと。


日本刀とか吸血鬼とかが出るお話だとしても。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

スヰートホーム

2004-10-27 Theme: ニッキ
最近、あまり家に帰らなくなりました。

夜になって会社で仮眠取ってモゾモゾ起き出してからまた働き出すという事が多くなったためです。
家が近いんだから仮眠取るにしても本当は帰ればいいんでしょうけれど、一度でも家に帰ってしまうと、「もう会社行きたくないの」という気分に満たされてしまうので、帰らない。

今日も夜から会社で仮眠。
起きてまたちょぼちょぼ仕事する。

お風呂と着替えのために、さすがに一度は家に帰るのですが、正直会社にはシャワールームもあるし、着替えなんて自分の机の下にでも詰め込んでおけばよいわけで、いよいよ家なんていらないんじゃないかというような気がしてなりません。

しかしながら家には猫がいます。
会社で猫を飼うわけにもいかないから、毎月8万円近い家賃を出す。

割に合わないような気がしないでもないけれど、疲れた帰った時に「うなーん」などと鳴いてくれる奴がいるのは、それはそれで悪いもんではないのです。


そして今日も猫に頬擦りする。
いいね!した人  |  リブログ(0)

迷子になる

2004-10-26 Theme: ニッキ
夕方。会社の定時後にふとケーキが食べたくなったのです。

この時期だとイチジクのタルトが美味しい店があるので、よっしゃそこまで行くぞーと思って自転車漕いでえっちらおっちら。

気が付いたら自分がいる場所がどこか分からない。

どういうわけかいつも南に行こうとすると道に迷います。
北に行く時は迷いません。不思議なもんです。

「ここどこ!?」「ここどこ!?」とキョロキョロ見回して周囲から見たらかなり挙動不審な感じになる。
こんな時、ちゃんと地名を調べたり、コンビニで地図を見たりすればきっともうちょっとは迷わずにすむのでしょうが、どうもじっとしていられない性分というか単にモノグサなせいなのか、「とりあえず走っとけばどっか着くわ」などと考えて自転車でウロウロウロウロ。

ふと道路標識を見上げたら、「大阪港」って書いてあるわけで。

よりによって海方面か。
うちの会社からどれくらいの場所だここは。

といった紆余曲折の後、結局目当てのケーキ屋には行けず、通りがかった大きな本屋で坂口安吾と三島由紀夫と谷崎潤一郎の本を買って帰った。

ボクはケーキが好きだけれど文学はもっと好きなので、これで良いと思う事にします。

イチジクのタルトなんて堕落論に比べたら!


などと負け惜しみを言っている間に、お腹が何度か鳴りました。
いいね!した人  |  リブログ(0)

バーリトゥード

2004-10-23 Theme: ニッキ
昨今、ライトノベルがブームだそうですよ。

今になって急にあちこちから関連本が出版されて話題になっています。

今ひとつ実感がないのはボク自身が別段取り上げられてるわけではないという事と、ボクが他の作家さんとほとんど交流がないせいなのでしょう。
一応ライトノベル作家なんですが、外からぼんやり眺めている感じです。

しかしどうして急にライトノベルが取り上げられ始めたのか。
難しい事はボクにはよく分かりませんけれど、最近の芥川賞と直木賞の作品を見たり、書店に並ぶベストセラーを見るにつけ、かつてあった文学作品と娯楽作品の間の垣根は崩れてしまったのだなあ、などと思います。

芥川賞作品が少女漫画化される時代ですよ!

きっと、何でもありの時代が来たんです。
高尚だとか低俗だとか、そんな言葉はもう意味がなくなって、「面白い」という事だけが評価される時代。「面白い=文学」の時代。

「文学バーリトゥード」時代の到来なンだ!

というような事を、「グラップラー刃牙」を読みながら思いました。


しかしそんな厳しい世界で自分が生き抜ける自信は、あまりない。
いいね!した人  |  リブログ(0)

オトナになれない

2004-10-22 Theme: ニッキ
子供の頃思い描いていた25歳はとてもオトナで、ピシッとスーツとか着て高い腕時計とかで時間を気にしつつ仕事してブイーンと車を乗りこなしてマンションに帰って、みたいな生活をするものだと思っていました。

まあそれは高望みのある種夢物語だとしても、実際に自分が25歳になってみるとそのあまりの落差に愕然としてしまいます。

スーツとか着ない会社に入って毎日毎日ジーンズで出社して、腕時計なんかしてないしはっきり言って時間にルーズでこの年になっても寝坊とかしまくるし、車どころか免許も持ってないし。

高校生くらいの時からステータス的にほとんど進歩してません。
年齢だけかさみます。
あと金遣いが荒くなった。

正直ろくでなしの域です。
ボクが神様なら間違いなくこの世からリストラする第一候補に挙げてやる!
と、それくらい駄目なオトナ。

そんな事思うなら自省しなさいよ! という話なのですが、それさえもできないのがボクの駄目なところで、最近ではもう、「この際どこまでろくでなしのまま人生を送れるか勝負だ!」などと自分でも誰に対してか分からない宣戦布告をして開き直ってみたりする。

野垂れ死ぬのは1年後かな、10年後かな。


そんな風に考えるようにしたら、少し楽になった。
いいね!した人  |  リブログ(0)

お知らせ

2004-10-21 Theme: ニッキ
エンターブレイン ファミ通文庫
http://www.enterbrain.co.jp/fb/

今後の刊行予定のとこに、「三月、七日。その後(仮)」の情報が!
続編ですよ続編ですよ。

タイトルを決めてから書き出すボクにしては珍しく仮題です。
なかなかいいタイトルを思い付かない。このまま思い付かなかったら、今のタイトルが決定になりますたぶん。

前作が出た折とある作家さんに、「もし続編が出たらやっぱり『四月、七日。』だったりするわけ?」などと聞かれて、内心、「それはねーよ! 意味分かンねーじゃんよ!」などと思いつつも、「あ、いいですねそれ。えへへ」などとにこやかに答えた記憶がまざまざと蘇ってきて少し落ち込む。

「三月、七日。」は内容とかタイトルとか込みで結構他の作家さん達には突っ込みどころ満載な感じらしく、他の作家さんにも、「続編は八日だよね? ね?」と言われたり、「君が純愛かよ! あり得ないよ! 本人が不純すぎるのに!」などと言われたりして大変思い入れの深い作品です。

最近知り合いのオンナノコに「三月、七日。」を読ませたら、「まずこのあとがきがあり得ない」とお叱りを受けました。

ごめんなさい。


そんな「三月、七日。」の続編ですが、買って下さると、とても嬉しいのです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

トカゲ

2004-10-20 Theme: ニッキ
今、大阪には台風が近付いています。

新聞読んだら、アジアではこの台風を「トカゲ」って呼ぶ事が決まっているらしいですね。
ニュースサイトなどでも「台風23号トカゲ発生」などと書かれているのですが、トカゲと台風があんまり結びつかないから、どうも今ひとつしっくり来ない。

「各地で猛威を振るっている台風、トカゲが接近中です」

とか言われてもすごい小さいものしか想像できないのはボクの想像力が貧困だからなのかどうなのか。

アメリカでは台風をジェーンとかメアリーとか女の人の名前で呼ぶけれど、こっちは結構はまってるというか、女の人のヒステリーってある種台風的なところがあるから、「畜生ジェーンめ! やりたい放題だぜ!」ってな感じでこっちも台風に感情移入できる感じがしませんか。

だから日本でも人の名前とか付けたら良いのに、と思った。

「又三郎が接近中です!」

どっどど どどうど どどうど どどう


明日が本格的な到来だそうなので、今日のうちにビデオを返しに行ってきます。
いいね!した人  |  リブログ(0)

健康

2004-10-19 Theme: ニッキ
会社で受けた健康診断の結果が帰ってきました。

概ね問題はなかったのですが、毎年毎年肥満に対する判定があまり良くないのがどうも気に食わない。

痩せ過ぎってそんなに大問題なんですかね。
雪山で遭難したら生き延びられないとか、そういうのはあるかもしれないですけども。

ちなみにこの3年間の体重の推移は、「57kg→53kg→54kg」ぐらいの感じ、1年目から2年目にかけて妙に痩せているのはその1ヶ月前に体調を崩したせいなのですが、その体重が1年で1kgしか戻っていないのはどういう事だ。

おまけに備考欄には「不規則な食事によるダイエットは体に悪いので止めましょう」などと書かれており、定期的に食べてるよ! むしろ1日4食だしそもそもむしろ太ろうとしてンだよこっちはよ! と1人憤った。

このまま体調を崩す度に体重が落ちて元に戻らなくなったりしたら、ボクは消えてなくなってしまうんじゃないかなんて、そんなありもしない心配をしてみたりする。

恐怖心に煽られたせいか、その後ミーティングをしながら、ボリボリボリボリと飴を齧っていました。


体を鍛えたら体重増えるかなァ。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 Next >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。