いわき市のカウンセラー めんたるコーチ 荒川心理相談室

福島県いわき市在住の、メンタルコーチ NLP心理セラピスト カウンセラー、ヒプノセラピスト。コーチングにより夢・目標達成で充実感を提供しております!日頃の生活で悩みを感じていらっしゃる方には、根本解決を目指した心理カウンセリングを提供しております。


テーマ:

子どもであったり、家族であったり

親しい人であればあるほど

相手が求める前に先回りをして

何かを提供してあげたいという気持ちが

働くことがあります。

気持ちはとてもよくわかりますが

それが相手の成長を妨げること

もあることにはあまり着目されていません。

 

 

 

いつも荒川心理相談室のブログを読んでくださり

ありがとうございます

福島県いわき市在住

NLP心理カウンセリング・コーチングを提供する

荒川心理相談室テディ荒川ですクマ

 

 

子どもが何かをしようとしたとき

親はどうしても愛情が大きいあまり

先回りして色々手を貸してしまいます。

確かに子どもが幼い時には

手を貸さなければ生活ができない

事が多々あるでしょう。

しかし、子どもが成長するにしたがって

先回りがその成長を妨げてしまう事があります。

 

これは、なにも子育てに限ったことではありません。

相手が親しい人であればあるほど

面倒がかからないように先にやってあげよう

という気持ちになってしまいます。

 

先回りして物事を提供することは

一見とても親切なことのように見えますが、

その人が経験するであろう事柄を

経験できなくしてしまうという側面があります。

ところが実際に先回りしている本人は

先回りしていることには気づいていないことが多く

自分が先に準備し提供したことに

満足感を感じていることがあります。

 

 

「ありがた迷惑」

という言葉も存在するように

先回りして手を貸すことで

相手の心の成長を大きく妨げてしまいます。

 

もし自分が先回りしなければ相手が困るであろう・・・・・

だからやってあげよう!!

という親切な気持ちが先回りにつながるようですが

困るという経験も実は大切な経験であり

「失敗は成功のもと」でもあるのです。

 

例えば

子どもを信じ子どもに任せることが

子どもの成長を促すことになります。

子どもの成長過程で

子どもが自分の口で自分のしてほしいことを言えた時に

それを提供したり、手を貸すことが

最も子どものためになるのではないでしょうか?

 

先回りは相手のためではなく

自分の心を満たすため行動しているかもしれない

ということに気付くことで

人間関係がスムーズに進む場合が多くあります。

親子関係で言えば

毒親にならない大切な一歩かもしれませんね♪

 

 

 

 

 

 

6月特別企画


6月は上半期最後の月です。

半年は早いものですよね。

下半期に向けて上半期の締めくくり目標実現化コーチングはいかがですか?

はっきりした目標がない・・・・という方には一緒に生きる目標を見つけるコーチングもできますので 是非この機会に本格的なコーチングを受けてみませんか?

*詳しい内容は記事内にあります。

 

 

  「下半期に向けて

   ぴったり目標実現化コーチング」
                     1回  2時間 9,800円(税込)

 

 

 

 

ご予約は↓

メンタルコーチ荒川心理相談室

 

 

 

★ いわき市情報は人気ブログランキングへ

 

★ 様々な心理カウンセリングブログはこちら

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)