メンタルトレーニング指導士 笠原彰ブログ

メンタルトレーニングやスポーツ・健康に関する情報を日本スポーツ心理学会認定スポーツメンタルトレーニング指導士 笠原 彰 が配信します!


テーマ:
みなさん、こんにちは。Facebookで、いいねの押し過ぎにも規制がかかったみたいで、いいねを押すことができません。大変申し訳ありません。本日はプロゴルフ、プロサッカー、ダンサー、モデル、格闘家の方々に対するメンタルトレーニング指導でした。

2. 最適な感情を探し出す方法 その2
① 最悪の試合をした日を思い出してください。最悪の試合前、最悪の試合中の感情をできるだけたくさん書き出します。試合前と試合中に分けるのは、感情の種類 や強さが違うことが多いからです。試合中でも普通の局面と特別な局面では、違ってくることが多いので、さらに分けても良いです。例えば心配・不安・パニッ ク・怒っている・腹が立つ・悩んでいる・イライラした・不満・意気消沈・落胆した・落ち込んだ・疑った・まよった・だるい・神経質・落ち着かない・後悔し た・悲しい・緊張した・硬かった・疲れた などです。
② 書き出した感情表現の中から、重要なものを2、3個選び、それぞれについて、どのくらいの強さだったか、10点満点で点数をつけます。例えば心配、イライラ、緊張を選んだとしたら、心配9点、イライラ10点、緊張8点といった感じです。

なお最高の試合をした時に、必ずしもポジティブな感情を示すとは限りません。心配とか不安のようなネガティブな感情を示すこともあります。逆に最悪の試合 をした時に、自信とかやる気のようなポジティブな感情を示すこともあります。選手に、このことを事前に伝える必要があります。


メンタルトレーニング・ラボ
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード