もうひと気配り

テーマ:
みなさん、こんにちは。
メンタルアシスト北海道の小林です。

今日は、朝から冷たい雨の降る札幌です。
寒さという環境への適応。
毎年のことではあっても、これが身体にはこたえます。
一年の体調管理の中でも、この時期がもっとも留意すべき時といってもよいのではないでしょうか。

さて、今日は「もうひと気配り」という話をします。
日々みなさんと面談をさせていただいていますと、
さまざまなことについての気付き、驚き、感動をえることができます。
先日は、ある職場で働く人と、「どうしたら、みながもっと元気に働くことができるだろうか」、
といった話題について話をしていました。
その方はおっしゃいます。
「ひとりひとりが、もうひと気配りができれば、変わるだろう」と。

「もうひと気配り」
確かにそうですね。
多くの職場では、人員削減、一方で労働密度がアップするなど、仕事上のストレス状況が悪化。
こころに余裕がなくなる人が増えれば、殺伐とした雰囲気となりましょう。
そうした環境は、離職、労災発生、健康問題への発展などのリスク増加のほか、業績悪化という悪循環にも・・・。

ここで、それぞれが出来る範囲で「もうひと気配り」ができると、
働きやすい、働きがいを感じる、快適な職場環境に近づくことでしょう。

例えば人の手当てがついたり、労働密度が改善したとしても、
必ずしも職場の雰囲気がよくなるとは限りません。
多忙な人、困っている人、具合が悪そうな人を放っておく、声をかけない職場。
よい仕事をした人、頑張った人を労わない、褒めない職場。
これでは、いくら仕事自体の負担が減ったとしても、よい職場環境とはいえないでしょう。

やはり、「もうひと気配り」が重要だと痛感できます。

さて、「もうひと気配り」を一人一人ができる職場にするには、
どういった要素が関係するのでしょうか。
もちろん、各要素は相互に関連することが多いですが。

①それぞれが心身ともに余裕がある
・各種悩みが無いか、あってもほどほど、折り合える、深刻すぎない
・その人なりの健康状態を保つことができている
・安心感がある(働くこと自体、上司、同僚、部下への信頼感がある。家族や友人の理解、支えがある。周囲にいざという時に相談できる)

②仲間意識(帰属意識)がある
・労ってもらえる(労いあえる)
・褒められる(褒めあえる)
・認められる(認めあえる)

③やりがいや達成感がある
・社会とのつながりや役割意識を実感できる
・向上心をもてる
・適度に、仕事や職場における変化、刺激がある
・目標設定をすること、つど適切な評価をすることができる
・労われる、褒められる、認められる経験をしている

④仕事、職場、家庭等における満足度が高い
・楽しく感じる。何かに没頭できる。喜びを感じる
・感謝する。感謝される

それぞれ、つどつど、関係する要素は違いましょうし、複合した要因が関与するのでしょう。
100%の正解は無く、人によって、時期によってこれらは違うということもいえるでしょう。

ではどうすればよいか。
折に触れ、身を置く環境について、当事者同士が、
「話し合う」ことが重要。
「話し合う」ことが、改善(つまり「もうひと気配り」)への明確な答えの一つ。
明確な答えは、
意識改革、気付きと行動変容にもつながり、
また他の人たち、他のコミュニティーにもあたたかい影響を与えるのだと思います。

「もうひと気配り」
みなさんは、いかがですか?



AD

自信が持てずに悩んでいる人へ

テーマ:
みなさん、こんにちは。
メンタルアシスト北海道の小林です。

今回は、なかなかとらえどころの無い「自信」について。
例によって長めの文章となってしまいましたが、お付き合いください。

そもそも、自信とはどんなものなのでしょうか。
生きていくのに必要なことなのでしょうか。
必要だとしたらどの程度持っていればよいのでしょうか。

自分の行動、考えが正しいと信じる。
自分の能力や価値を信じる。
これが自信。
他でもない。自分が自分を信じることができるか。

そしてこの定義によれば、 「何かとの比較」があってはじめて、 正しいとか能力や価値があると信じることができるわけです。
何かとの比較。
比較するにはそのための評価基準も必要です。
どの時代、どの民族、どの人が評価しても、 普遍的に正しいということはどれ程あるのでしょうか?
自己の価値といった類のものを、 客観的に評価する基準などあるでしょうか?
私たちは、何かよくわからないものと比較し、 勝手な杓子定規で自己を測り、評価し、 それで自信があるとか無いとかの判断をしていることが多いのでしょう。

ある学習のテストの点数、 スポーツなどでの点数、速さ、距離、高さなど。
これらは客観的に分かりやすい指標となりますね。
とはいえ、人類最良を目指しているのか、 その時代の日本人トップを目指しているのか、 地域やクラブチームで10番以内を目指しているのか、 過去の自分の記録を超えることを目指しているのか、 そのつど可能なパフォーマンスを発揮することを目指しているのか、 など、自身の結果への判断は、無限にあると言えます。

行動や考えが正しい。
能力や価値がある。
どの場合でも、評価はあやふやであったり、 結局は自己判断に帰するところなのかもしれません。

自信をもてない理由。
①究極の人間の理想像と比較している
②自分への期待がとてつもなく大きい
③何らかの原因で自己評価が不当に低い
以上が考えられます。

求めること。これを手放す。
あるがままの自分を受け入れること。
自信を持つことそのものを求めない。
そもそも自信を持つ必要自体が無い。
そこに気づけた場合には、こころが開放されることになりましょう。

それは難しい、といった場合。
自信をもてないでいる、 まさに今着眼しているものから一旦離れること。
そして、別のことで自分を肯定できることに目を向けたいです。
とても小さなこと。
反対に大きなことでもよいでしょう。

例えば小さいことであれば、 ちょっとした特技、過去に人に褒められたこと、努力したことなどを想起したり。
周りに自分を見てくれている存在がいる(いた)ことに気づくこと、その方々の かかわりに感謝する。
出来ないことに着目しすぎずに、出来ることに気づき、それを喜ぶことも大切で しょう。
大きなことであれば、 生きているということへの感謝、今まで生きてきたという誇り、 理屈抜きに自分はこの世に存在していいんだ、といったことを自分に教え込むこ となどが挙げられます。

多くのことに自信が持てずに苦悩している方、 不当に自己評価が低い方々には、 過去にトラウマ的な体験をしてきた人、 優秀かどうかに限らず大切な存在に繰り返し否定的な言葉をかけられ続けた人、 自分に厳しい人、 素敵だと思うことを純粋に追い求める人、 などに多いと思われます。
自信をもたないといけない、ということではありません。
しかし、極端に自信が無いことで、毎日が暗く寂しい状態になってしまう、 自分らしくあれないような状態になってしまうのであれば、 そこは何とかしたい。そう思います。

こうして自信について、 自己分析をすること、それを誰かに伝えること。
これらの中に、特にトラウマ的要素がある人や不当な自己評価減退がある人が、 苦悩から開放されるヒントが隠されているかもしれません。
自信が無い、苦しい、、、 そう一人でお悩みにならず、 誰かに話してみませんか? 
こころが明るくなるきっかけが見つかるかもしれません。

AD

ココロの中の爆弾

テーマ:
みなさん、こんにちは。
メンタルアシスト北海道の小林です。

今回は、「心に抱えた爆弾」について記します。

人は皆、殺傷能力のある「爆弾」を抱えて生れてくるのではないか、と思います。
自分を攻撃したり死をもたらすもの。
他人を攻撃することになるもの。

時々で大きくなったり、増加し、
時々で自己へ向けて爆発し、
時々で他者に向けて爆発する。
小さくなることもり、
分散し、小爆弾として自分や他人に向けて投げつけてしまうことも。

特に思春期以降、その爆弾は大きくなることが多いように思います。
自分で扱えない爆弾。
見つめるだけでも恐怖で包まれてしまうような大きな大きな爆弾。

自分自身で爆弾処理ができる人。
爆弾処理を落ち着いて可能な時期。
これらは限られます。
処理できなければ、その大きく、とても恐ろしく感じてしまう爆弾をどうするか。

見て見ぬふりをすることで時間稼ぎをして、
結果、さらに巨大化してしまうこともありましょう。
自らを傷つける行動で小さくしようとする人もおりましょう。
爆弾を自分以外の外に向けて投げる場合もありましょう。
特定のひとり、どこかのコミュニティー全員、社会全体、、、。
対象はそれぞれ。

導火線に火がついてしまう要因はたくさん。
自己の大切なものが傷ついた。そう感じる場合が多いと考えられます。

爆弾は生涯消えることはないのだと思います。
しかし、出来るだけ大きくはしたくはない。
出来るだけ増やしたくはない。
大きくなってしまったら、小さくしておきたい。
導火線に火がつく状態にはしたくない。
火がついたならば落ち着いて消したい。

そのためには、自分自身をみつめることを怠らないこと。
自分に対しても、他人に対しても、その存在を容認すること。
大切な存在と共に、大切な何かを共有すること。
誰かと共に歩む、そうした試みを続けること。
隣にいる誰かや大切な人を、思い遣ること。

深く苦悩する人たちと接するたびに、
こうしたことが重要なのではないかと、
考えています。
とても難しいように思えることばかりなのですが・・・・・・。

AD