たのしあわせ ~これからの生き方

愉しく+幸せに+みんな=たのしあわせ。わくわくして+ごきげんでいる=わくごん。地球+自給+愉しむ=ぢきゅう人。

NEW !
テーマ:

経験は何でも芸のこやしと言われる。

 

「自分の好きなことを何でもすればよい。

肩書きは周りが決める。」

ある多芸な講談師の弁。

 

「好きなことをするのが大事。

不思議と必要な時にお金は入ってくる。」

ある自由人の弁。

 

「食べる物にはこだわりません。

ノグソに集中するのが大事だから。」

ある糞土師の便、もとい弁。

 

 

ところで知ってますか?

神社の本殿には鏡が祀ってあるそうです。

「か・が・み」に映る自分を拝む。

「か・我・み」という言葉には、真ん中に自分。

だから「我」は大事。

この場合、我とは、分け御魂、

自分の中にある神を意味します。

 

「我が強い」と僕は昔よく言われました。

当時は何とも批判されたような心持ちになりました。

振り返ると

「しょうがねぇやつだな。でも見守るか。」

みたいなニュアンスだったような気がします。

 

今は、僕自身言われることもなく、

そういう感覚で言う人も稀な気がします。

少なくとも僕の周りにはいない。

 

「神ってる」が流行語大賞だとか。

(すいません。世情に疎く、どんな意味かよく分かりませんが、推測で引用します。)

 

そう、神掛るのが良いんだと、基本だと、思います。

 

何かしらの状況で

「この身をサムシンググレートに委ねます」と

腹をくくった人たちは奇跡的なことを起こしている。

 

あるいは、

「亡くなったおばあちゃんが守ってくれたんだよ」

というような、なぜだか救われている人は、

自分の中にある神が自然と発露している。

 

つまり、

自分の内にある「神」が出せるように、

素直にやりたいことをして、

「果報は寝て待て」の感覚で、

受け入れて、委ねる。

 

これが、生き方のコツではないのかな?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たのしあわせ大学院 第二期生募集

9月開講。中途入学可能です。

詳しくはこちら

 

マザーアースニューズ日本版

アメリカンなたのしい自給自足雑誌

詳しくはこちら

 

サティシュ・クマールさんのリサージェンス日本版

ホリスティックな生き方をあなたに

詳しくはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ぢきゅう人=地球+自給+幸せ

僕はぢきゅう人。
5、6年後には、巷の人々が、
「僕は、私は、ぢきゅう人」
「えっ?あなたもぢきゅう人?そうだったの?」
と会話する世の中になってたら面白い。

これから、僕の出会った「ぢきゅう人」の話をしたい。

$たのしあわせ ~これからの生き方-藤村靖之
<写真bayfm.co.jpより>

氏名|藤村靖之
略歴|那須の非電化工房を主催する発明家。工学博士。
大手企業でコジェネ等の研究をしていたが、息子の喘息をきっかけに、子供を守る環境製品の開発に目覚める。同企業内では実現できないと分かり、発明家として独立。ベンチャー企業を創業し、空気清浄機を世に送り出し、多くの人々を救う。現在は、那須から愉しい非電化や月3万円ビジネスなどの文化を発信。

僕が、藤村さんを初めて知ったのは、6年ほど前、月間ザ・フナイという雑誌から。「籾摺り倶楽部」を提唱する藤村さんのことが紹介されていた。僕は、この「籾摺り倶楽部」の発想がとても好きで、関わりたいと思った。

そこで、「愉しい非電化」という著書を読んだ。電気に依存一辺倒でなく、工夫して愉しく暮らすヒントが満載の素晴らしい本。僕のバイブルとなった。

この本から発想して、ノートに、我が家用にカスタマイズしたいろんな手作り品の図を描いた。ベランダサンルーム、太陽熱温水器、などなど。

その後、今から5年ほど前、藤村さん主催の「
地方で仕事を創る塾」に通って、ご縁が生まれた。

藤村さんは、計画を作らない。
アフリカの人みたく1日にやることは1つ。
約束をしない。そんな生き方がお気に入り。

でも、ケッコー忙しくしているように見える。
3.11震災後から、放射能を正しく怖がる啓蒙活動や放射能対策などを
市民活動として指揮していて、放射については270回講演をしたそうだ。

通常の非電化工房のビジネスは続けて、且つ放射能対応で多忙を極めていたが、「この一年が、人生の中で、一番充実していた。役割を生きられたから。」と言っていたのが印象的。

藤村さんは、阪神淡路大震災の頃、空気清浄機を無償で何百台も配布したそうだ。南米の水問題、アフリカの途上国の問題、モンゴルの食料保存の問題、さまざまなことに発明家として貢献している。

使命感に美意識、そんな人ではないだろうか。


藤村さんは、試すのが好き。発明家なのでいろんな実験はするわけだけど、
それ以外にも、自家製ビール、ご近所の主婦向けの圧力鍋講習会、いろんなことを試してる。

藤村さんがオススメしている本で、「仕事は楽しいかね?」/デイル ドーテン 著があるが、「本来、人は試したいんだ。」という一節が出てくる。

藤村さんは、幸せそうだ。
ご家族を大切にしている。
いつも、穏やかに、嬉しそうに話す。

藤村靖之さんはぢきゅう人。僕はそう思う。

ぢきゅう人=何でもやってみる幸せそうな人

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たのしあわせ大学院 第二期生募集。

9月開講。中途入学可能です。

詳しくはこちら

 

マザーアースニューズ日本版

アメリカンなたのしい自給自足雑誌

詳しくはこちら

 

サティシュ・クマールさんのリサージェンス日本版

ホリスティックな生き方をあなたに

詳しくはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

はい、舞台を応援する側ね。

 

「ぶどう缶」ってダジャレ

けっこうネットでヒットした。

とりあえず、ぶどうの写真を。

 

Act Against AIDS、毎年12.1のエイズデーに開催。

岸谷五朗さんら俳優、ミュージシャンが共演。

 

収益は寄付され命を救うのに役立っている。

これまでの24回で1億3千万円を寄付したそうだ。

 

歌の力はスゴイな。と思った。

岸谷さんが去年も来た人はと質問、

3割ぐらいの人が手を挙げてた。

支える人がいるんだね。

 

僕も出来るだけ誰かに「おかげで助かったよ」と

言ってもらえる人でありたいな。

 

武道館はなんだか和むね。

八角形だから?

 

昭和世代の僕が入りやすい曲ばかり。

大トリは復活した大黒摩季さん。

 

友達3人に伝えてね。

と彼女にお願いされたので

報告です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たのしあわせ大学院 第二期生募集

9月開講。中途入学可能です。

詳しくはこちら

 

マザーアースニューズ日本版

アメリカンなたのしい自給自足雑誌

詳しくはこちら

 

サティシュ・クマールさんのリサージェンス日本版

ホリスティックな生き方をあなたに

詳しくはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。