「背の眼」

テーマ:
背の眼 下 (3) (幻冬舎文庫 み 11-2)/道尾 秀介
¥680
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆


福島のとある片田舎で発生した児童猟奇殺人
とその後続発した児童連続行方不明事件。


そんな事実をまったく知らないホラー作家の
道尾氏が、わずかな休暇を楽しむために滞留
したこの地で、この世のものでない恐怖を感じる。


心霊研究で著名な大学時代の友人に協力を依頼し、

事件の真相を探っていくが・・・。


これはミステリーとしては全くの禁じ手。
なので正確にいうと猟奇ホラー作品。


殺人が死者の怨霊の憑依によって行われたことや
被害者が心霊写真に写ることで助けを求めるなど
この種の作品としてはありえない荒唐無稽な設定。


さらに、郷土史や風俗、心霊に関する無駄な説明
が長すぎるせいで、全体にスピード感が欠け、冗
長な印象が拭えない。


また、こんな大事件にあって、状況から見て有力
参考人であるべき犯人に対して、警察が全くのノー
マークであることもあり得ない設定のひとつ。


今では秀作を送り続ける道尾氏の初期作品として、
その成長度合いを見極めたい方には一読の価値あり!?

AD

片目の猿

テーマ:
片眼の猿 One‐eyed monkeys/道尾 秀介
¥1,680
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆☆


耳に特徴を持つ探偵の主人公が、企業スパイ事件
の調査を引受け巻き込まれる事件。


道尾作品特有の設定がひっくり返るだましうちは
押さえ気味。


スピーディーな展開に引き込まれるものの、全体
としては意外性に乏しく、あっけなく開放されて
しまうあたりは物足りない。


いくら昔馴染みとはいえ、敵役に冷酷さが足りず、
殺人事件の真相もかなり粗雑で説得力に欠ける。


それでもまた読んで見たいという独特な魅力は顕在
なので次回作に期待。

AD