勝手に採点 ☆☆☆


武士や町人などの生き様を丁寧な筆致と地道な
描写で描く時代人情短編集。


印象に残ったのは「討九郎馳走」と「主計は忙しい」。


どちらも武士が主人公だが、対象的な二人。


前者では江戸初期で戦国時代の荒々しさ、生き様を
強く残した勇ましい部下が、殿様の企図した通りの
活躍を見せる物語。


一方、後者はユーモア溢れる一編。


忙しさに翻弄され、妹の婚礼や自身の結婚話までも
忘れてしまう主人公が、最後はしっかり仕事をやり
遂げる。


こうした輩は仕事が出来ないものだが、彼は別、。


粗忽を装っているものの、やることはしっかりやり、
いざというときは流血も辞さない男らしい心意気。


本当の武家社会に思いを馳せて、いろいろ想像した
くなる一編。

AD