片目の猿

テーマ:
片眼の猿 One‐eyed monkeys/道尾 秀介
¥1,680
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆☆


耳に特徴を持つ探偵の主人公が、企業スパイ事件
の調査を引受け巻き込まれる事件。


道尾作品特有の設定がひっくり返るだましうちは
押さえ気味。


スピーディーな展開に引き込まれるものの、全体
としては意外性に乏しく、あっけなく開放されて
しまうあたりは物足りない。


いくら昔馴染みとはいえ、敵役に冷酷さが足りず、
殺人事件の真相もかなり粗雑で説得力に欠ける。


それでもまた読んで見たいという独特な魅力は顕在
なので次回作に期待。

AD
ベーコン/井上 荒野
¥1,470
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆


若手女流作家による短編集。


だから何なのよ?と突っ込みたくなる話ばかり。


女性的な視点で食べ物にまつわる話をまとめた、
いかにも芥川賞候補に上りそうな作品。


でもどうやら直木賞候補だったらしい。


こんな作品ばかり作っているようでは、いつまでたって
も女性作家の地位向上、実力の認識にはつながらない。


ごく平凡な日常の風景をただダラダラと描くだけの若手
女性作家には最近落胆されられるケースが多い。

AD
空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)/北村 薫
¥714
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆


文学好きの女子大生と人気落語家がコンビを
組んで、彼らの近辺で巻き起こる日常の些細
な謎や疑問を明快な論理で解決に導く軽妙なミステリ。


文章自体が難解なうえに女子大生が主人公と
読む意欲を削ぐのに十分な条件。


それほど難しくない内容なはずなのに、書い
てあることがあっちこっちと飛んでいって、
比喩も多いことで読解力を試される。


さらに全く興味のでない落語までもが謎解きの
重要な要となるので、男性にとっては逃げ出し
たくなること請け合い。


かといって、事件自体は全くたいしたことのない
もので、刑事事件でもない。


若い女性達が喫茶店で大量の角砂糖を飲み物に入
れている事件や夜の公園に赤頭巾を被った少女が
現れるといった類。


それをここまで引っ張られること自体が苦痛。
このシリーズは二度と手に取ることはない。

AD