夜明けの街で/東野 圭吾
¥1,680
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆☆☆


中年に差し掛かるサラリーマン渡部が陥る社内不倫。


派遣社員・仲西秋葉との危険な恋愛に、彼はやがて妻と幼い
娘を捨てる覚悟を決めていく・・・。


しかし、秋葉の過去には隠された秘密が・・・。


渡辺淳一ばりのドロドロ不倫小説かと思いきや、そこは
さすが東野。不倫はあくまで刺身のつま。


それでも前半部分は、恋愛小説さながらのリアリティで、
仕事と生活に追われていた渡部が急速に恋愛に目覚めて
いく過程をスピーディーに描く。


男性社員と打ち解ける秋葉に嫉妬する場面や、劇的なスキー
場での再会など男心をくすぐるつくり。


一方、ネタのキモとなる過去の事件だが、ここはどうも不
自然さが鼻をつく。自殺を他殺と見誤る捜査もいかがなものか。


また、強い意思を心に秘めた行動とは言え、あまりに身勝手な
行動ゆえ、心情的に秋葉に同情できるところが少ないことも
納得感が乏しくなっている要因。


東野作品は、「ホントにそんなことまでするのか!?」という
疑問が生まれない作品ほど秀逸。


そういう意味で残念ながら完成度に難点が残る。


とはいってもそれは東野作品のなかの位置付け。
娯楽作品としては十二分に楽しめるデキ。

AD
鬼平犯科帳〈5〉 (文春文庫)/池波 正太郎
¥540
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆☆☆


このシリーズでは、宿敵・網切の甚五郎を追い詰め成敗する
平蔵の活躍が主。


自身も何度も暗殺されかけ、身内にまで危害を及ぼそうとし、
さらには部下の佐々木を失わせしめた悪党に対する平蔵の
報復はまさに鬼の名に相応しい。


手足を切って嬲り殺しにするという壮絶なやり口は、いつも
の温厚の彼とは全くの別人。


また、誤認逮捕という失態を演じた部下と監督責任を感じた
自身に対する対応は厳しい。自らその尻拭いを行い、堂々と
過ちを認める姿は上司の鏡。


そんな彼にはこの回でも盗人や剣客仲間といった味方・助っ人
が集まる。


こうして構築された人間関係に助け助けられ、平蔵の活躍は
続いていく・・・。

AD
使命と魂のリミット/東野 圭吾
¥1,680
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆☆☆☆


心臓の動脈瘤で死去した父親の影響で心臓外科医
を目指す研修医氷室夕紀。


彼女の指導医は父親のオペの執刀医だった西園教授。
しかも彼は近々彼女の新しい父親となることが決まった。


父親の死の原因に疑問を抱く彼女は、彼の真意を探
ろうと思い悩むが・・・。


一方で彼らが勤務する帝都大学病院には、医療ミスを
原因に病院を破壊するという脅迫状が発見され、警察
も乗り出し事態は緊迫の度を増していく。


さすがは「東野圭吾」と唸らせるできばえ。


コンスタントにこのレベルの作品を作れるのは彼しか
いないだろう。人気、実力ともさすが。


トリックに頼らないヒューマニズム溢れる人間ドラマ
は読み手を強く引き付け、読後の満足感も申し分ない。


今回はストーリーとしてはドンデン返しのない、到って
規定路線を走り続けたものであるが、ラスト数ページの
教授の告白は涙なくしては読めない。


いつもながらではあるが、犯人の犯行動機がイマイチ希薄
である感は否めないものの、終盤での心変わりもあって
よりリアリティーが増す結果となっている。


東野氏の描く心のなかに強い意思を持ってひたむきに生きる
人たち。彼らが主人公である限り彼の作品は輝きを失わないはず。

AD
一瞬の風になれ(全3巻セット)/佐藤 多佳子
¥4,515
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆☆☆☆


陸上100M競技に高校生活を賭ける元サッカー部の主人公
と天性のランナーの資質を持つ親友。


彼らの活躍と友情、そして恋を所属する陸上部を舞台
に描くスポ根系爽快青春ドラマ。


入学からの三年間をおおよそ時系列に描写しいるため、
少々飽きてくるものの、試合を重ねるごとに彼らの成長
の痕がうかがえて感動もひとしお。


プロのサッカー選手となった兄に対するコンプレックス
から好きだったサッカーを辞め、新たな挑戦を始める主人公。


並外れた身体能力と熱心な努力を武器に、短距離ランナー
としての才能を開花していく。


運動部に所属していたものなら誰でも理解できる先輩や後輩
、顧問の先生との関係、ハッピーエンドの分かりやすい展開
に好感が持てる。


三部作となっていて読む前は長さも気になるが、読み始めれば
あっという間にラストまでいけること請け合い。


ドラマ化や映画化もされるようなのでそちらも期待したい