タルドンネ 月の町/岩井 志麻子
¥1,680
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆☆☆


韓国で実際に起った凶悪猟奇連続殺人をモチーフに

犯人の心情、犯行状況、行動を克明に綴った衝撃作。


圧倒的暴力と殺戮。


導入部分の被害者の人間性を全く無視したあまりの残酷さ、

衝撃にしばし呆然。


この事件が気になって調べてみると、マスクを被った本人が

容易に検索される。


彼の真っ黒い瞳にふただび衝撃を受ける。


これほどの深い闇を持つ眼が存在するとは・・・。


十人以上の被害者を出してようやく解決を見た事件。

日本に限らず韓国でも、都会での人間関係の希薄化、

無関心さはかなり進行しているらしい。


これまでの怪奇物語の範疇から完全に脱した岩井氏の筆力

に関心するとともに次回作が待たれる。

AD

「憑神」

テーマ:
憑神/浅田 次郎
¥1,575
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆


時は幕末。


学問は昌平坂に学び神童と呼ばれ、剣を取れば

免許皆伝の腕前を持つ出来物・別所彦四郎。


しかし、やっと掴んだ名家の婿入り先からは離縁

され、愛する妻と子とは離れ離れ。


さらに戻った実家では居候扱いで肩身の狭い毎日。


そんな折、うち捨てられた祠に手を合わせたところ、

なんと貧乏神、疫病神、死神と三段階で祟られる始末。


一体彼はどうなってしまうのか!?


喜劇なのか悲劇なのか、時代物なのか、すべてを取り

こんだせいで焦点がボヤケタ印象に。


コメディータッチを基本に共感しやすいペーソスを織

交ぜてくれれば良かったものの。


ラストにかかる武士道だと、男の死に場所だのの

薀蓄、理屈は全く理解できず。


時代の流れも異様に速く、あっという間に大政奉還、

鳥羽伏見の戦いへ。


客観的事実を町民の方が知っているあたりも、現実

的にはあり得ず、違和感ばかり。


稀代のストーリーテラーもたまには失敗してしまうと

いうことか。

AD
男たちの長い旅/北方 謙三 他
¥880
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆


北方謙三や石田衣良、奥田英朗など人気作家が綴るハード

ボイルド系作品集。


短編集だけあって、物足りない感が強い。


それでも、ブラックユーモアたっぷりで楽しめたのは、奥田英朗。


古いアメリカのコメディ映画にあるような設定で、狭い自動車に

次々と乗り込む乗客たち。


それも、普通は乗せないような様々な人たち。


彼らが車内で繰り広げるドタバタ喜劇はほほえましい。


その他の作品は好みがかなり分かれるところ。

基本的には探偵が主人公であることが多い。


日本でハードボイルドを普及させるのはかなり至難の技といえる。

AD
鳥肌口碑/平山 夢明
¥1,260
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆☆☆


読むと鳥肌が立つような世にもおぞましい話70編を

集めたショートショート。


前半は怪奇現象、後半は人間の狂気がテーマ。


すべて「・・・こんな譚を聞いた。」が枕詞で始まる。

終盤はこれを見ただけで鳥肌が・・・。


実話なのかフィクションなのか良く分からないところが

不安感を増幅させる。


前半は怪談話が多いので新鮮味は欠けるし、なにせ

一編が長くても2ページ程度と短いので、描写不足は

否めない。


しかしながら、それが作者の意図でもあるように、恐怖

体験の突然感と殺伐とした余韻を生むことに成功。


後半の話は、泥棒やストーカーが主体だが、かなりリアル。

しかも、そんな体験絶対したくないものばかり。


瞬間接着剤で目を塞がれ、高所へ連れて行かれたり、棺

おけに入れられて産廃処理場へ放置されたり・・・。


う~、思い出しただけでも寒気が。

くれぐれも心臓やショックに弱い方はお控えください。

ガイアの復讐/秋元 勇巳
¥1,680
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆☆


地球を自己調節機能を持った一種のシステムと考える地球観

「ガイア」理論。


その提唱者であるジェームズ・ラブロックはガイアの危機的

状況を伝え、一刻も早く温暖化を食い止めなければならない

と説く。


20年~30年前、このガイア理論が提唱されたころは、地球が

調節機能を持っているなんてと大変な反発にあった模様。


しかし、今では環境省がチーム6%に取り組むなど、二酸化炭

素の排出は悪とみなされ、それを減らす取り組みが企業や家

庭で世界的に行われている。


この書での主張のポイントは、原子力発電の強力な推進。

普通、この手の環境保護系の運動家は、原子力=悪とみなす

のが当たり前。


なんでも二酸化炭素を撒き散らす化石燃料よりも環境に優

しく人体への影響もほとんどないらしい。


広瀬隆が聞いたら卒倒しそうなご意見。


チェルノブイリ原発事故で亡くなった人が100名以下なんて・・・。


それでも、エネルギーのベストリミックスを目指そうとする姿

勢は共感できるし、何でも原発反対と言うのも疑問。


今の生活の質を落とさずに温暖化を食い止めるのは至難の

技ということが痛感できる一冊。

まずは身近なところからはじめてみようっと。

うたかた (下)/渡辺 淳一
¥550
Amazon.co.jp

勝手に採点 ☆☆


中年作家と着物デザイナーの人妻の不倫劇。

果たしてその結末は。

どうもこの人の文章はお爺ちゃん臭さが抜けない。


いまどき着物を着るのが好きな50代っているかいな。


どんな文章を書く作家か知らないが、暇も金もあって

不倫相手と旅行&食事三昧とは羨ましい限り。


その上、家族はそんな父親には関心なさげ。


一方、人妻の方は小さな子供がいながら、母親に

預けて仕事&不倫三昧。


旦那からは暴力や嫌がらせを受けているようだが、

どうも生活感に乏しい。


二人で熱海、京都、北海道と旅行して夜はハッスル。

なんと我がままジジイの気まぐれで剃毛プレイまでも。


お爺ちゃんの「こんな不倫してみたいな~」的妄想小説

をなんでマスコミはこぞって取りあげるのだろう。


どこに文学的価値があるの?と首を傾げざるを得ない。


よっぽどフランス書院の作品群の方がいろいろなシチュ

エーションがあるはず。