樋口 有介
魔女

勝手に採点 ☆☆


なんと元カノが放火で殺害されたらしい。


テレビ局に勤める姉から事件の詳細を知らされ、真相を調べ、

スクープを獲得するよう協力を依頼される。


就職浪人中の主人公・広也は、暇なこともあり、バイト代ももら

えるとあって関係者を訪ねていくが・・・。


いわゆる推理小説のタブーを侵している気が。


というのも犯人は冒頭にチラッと登場するものの、その犯行

動機や犯人につながるヒントは何もなく、終盤唐突に「犯人は

おまえだ!」的ラストを迎える。


女ったらしで無気力・フリーターの主人公が、京極屋や明智探偵、

果てはコロンボ張りの名推理と張り込み、証拠物件の押収、警察、

マスコミへの通報と突然活躍をみせる。


これでは、十分プロットが練られていない安っぽい三文小説を読ま

された感、騙された感が強くなる。


途中、黒魔術を絡めたり、被害者の妹との微妙な関係や実父との

対面など、なかなか興味深く引き込まれる場面もあっただけに惜し

いところ。


もうひとつの難点はスピード感と臨場感。

どこかまったりとした進行でのめり込めない。


特に大学教授への訪問場面などはまったく不必要。

そういった無駄な描写が読者の感動を妨害することを覚えて欲しい。

AD
天童 荒太
あふれた愛

勝手に採点 ☆☆☆


心に病を負った人たちをめぐる短編集。


天童氏の文章は何か圧迫感、閉塞感のようなものを

感じるが本書も同様。


育児ノイローゼに陥った妻をフォローできず、突然に別れを

切り出される夫。


本書では幼児虐待、自殺未遂といった深刻なケースだが、

同じようなシチュエーションに遭遇した経験をお持ちの方は

数多くいるはず。


それでも最悪の事態を免れ、ラストにはかすかな光が差し込む。


もっと複雑なのは、架空のボーイフレンドとのデートに生きる

若い女性の話。


ここまで深刻かつ異常な精神状況に陥った原因は不明だが、

無理やり心を開かせるのは無謀なこと。


それも自らの欲望を満たすために・・・。


本編のラストは物悲しく絶望感が漂う。

彼女の心の平穏は一体いつ訪れるのだろうか。

AD
藤沢 周平
孤剣―用心棒日月抄

勝手に採点 ☆☆☆


シリーズ第二弾!


東北のとある小藩の下級武士青江又三郎は剣の使い手。


彼が藩のお家騒動に巻き込まれ、江戸へ脱藩し、用心棒

稼業で生計を立てながら、藩の窮地を救うべく活躍する姿

を描く時代小説。


今回は、藩の実権を掌握しつつある間宮中老からの密命で

前藩主の毒殺にかかわったものたちの血判状を取り戻すこと。


それも、反間宮派からだけでなく、公儀隠密までもが入り乱れ

死闘を繰り広げる。冴え渡る又三郎の剣。


お家騒動とお取り潰しの危機にありながら、藩から十分な支援

がないことから糊口をしのぐため引き受ける用心棒の仕事。


裕福な商家や高利貸しが盗賊から身を守るために彼らを雇う。


必ずと言って良いほど賊が押し入るのはお約束と言えども、

迎え撃つ又三郎や相棒細谷の豪剣の前に倒れる賊たち。


それも見ず知らずの賊が単に押し込みに来るのではない、

複雑な人間模様が絡んだ人間ドラマ、駆け引きの描き方は

宮部作品に通じるところもありお見事。


多少残念なのは、宿敵が案外あっさり倒されてしまうこと。

もう少し二人の粘っこい戦いを楽しみたい。

AD

「ララピポ」

テーマ:
奥田 英朗
ララピポ

勝手に採点 ☆☆☆☆


表紙絵から伺えるように大胆な性描写で若者の風俗をリアルに、

ブラックユーモアたっぷりに描いた軽いタッチの連作短編集。


オタクのフリーライターやキャバクラのスカウトマン、図書館

で相手を物色するデブ&ブスの元OL、中年オヤジのの官能

小説家など超個性的な面々が主人公。


オムニバス形式、ドタバタ風なのでまったく肩がこらずに楽

しめる。こんなのを読むと久しく出かけていない渋谷は、性

産業のメッカでなんだか恐ろしい街に思えてしまう。


援助交際に罪悪感を持たない女子高生や水商売のスカウト

に引っかかる若い女性、AV出演してしまう中年女性など、

歪んだ人間関係に生きる女性たち。


一方で、それに自ら身を投じてしまう、オタク、公務員、若者

といった情けない男性たち。


性を通してつながる退廃的、享楽的な交流と最悪の状況には

陥らないものの、なんとも物悲しい結末のコントラストが鮮やか。


もてないながらもブ男に興味を持ち、ドラマチックな本番行為を

自ら隠し撮りして売り込む女性。これを見るとやっぱり女は強く

てたくましいと実感。ほんとにいたら怖いけど。

小沢 一郎
日本改造計画

勝手に採点 ☆☆☆


民主党党首である小沢氏が10年以上前に著した日本のある

べき姿。政策に対する造詣の深さがうかがえ、強いリーダシッ

プを求める氏ならではの政策論。


第一印象は、実態は別として、小泉政権が目指した姿に酷似。


政府はコンパクトで強い指導力をもって国家の舵取りに専念

すべきで地方への大幅な権限委譲をうたっている。


結局、あるべき国家論は似通ってくるものの、官僚やいわゆ

る抵抗勢力、移り気な国民感情などで真の実行に移せない

ということか。


氏の唱える国家論はもっともなところが多いが、なぜ彼は政権

を取れないのか。


あの悪人顔と強引な政治手法が原因になっていることは想像に

難くない。せっかく築き上げた信頼関係をぶち壊す、身内びいき

が目に余るなど、和を持って尊しとなすことを実行すべき。


小泉さんが退場して、新しい自民党のリーダーが登場してくる今

こそチャンス。総選挙に勝って、ぜひ理想を現実化して欲しいもの。

誉田 哲也
アクセス

勝手に採点 ☆☆


極道マニアの高校生が突如として凶暴な連続殺人犯へと変貌する。

その裏に、無料の携帯電話の契約と正体不明のインターネットサー

バの存在が。


契約に加入してしまった可奈子と幼馴染の雪乃、そして翔矢に襲い

掛かる魔の手。事件の真相はどこに。


荒唐無稽な設定過ぎて、なんじゃこれ?という感じ。

まだ、正体不明の未知の生物である「アナザヘヴン」の方が楽

しめる。


それと早々に血祭りに上げられる雪乃と翔矢の関係にスポット

ライトを当て過ぎ。


おかげで主役であるはずの可奈子と友人の友情関係の強い絆

に説得性、現実味がない。


また、彼女らが恋する彼氏もいつの間にかいなくなる。


彼ら3人の三角関係をもっと掘り下げ、かつ悪者との対抗軸を

鮮明にした方がより引き込まれるはず。


最終的に戻ってくる肉体さえ確保できてれば。

志村 有弘
安倍晴明・陰陽師 伝奇文学集成

勝手に採点 ☆☆


ご存じ伝説の陰陽師・安倍晴明をテーマに夢枕獏や三島由紀夫、

小松左京といった面々が、それぞれの安倍晴明を描くオムニバス。


夢枕版「安倍晴明」に慣れ親しんだ読者にとっては、老人の晴明に

はちょっと幻滅。さらに官能小説も混じっているとあって、三流エロ

並みのストーリー展開にはかなりあきれ果てる。


それでも、母である葛の葉が狐であった伝説や陰陽博士として成功

していく過程など、今まで知らなかった一面も知って新鮮。


大正、昭和の作品や戯曲のような作品もあるため、旧かな使いに面

食らったり、台本を読んでいるようなものなど、統一性はなく、読みに

くいこと請け合い。


やはり夢枕の描く、晴明&博雅の友情をベースに、神がかり的な活躍

を遂げるストーリに戻りたくなる。

刺客―用心棒日月抄/藤沢 周平
勝手に採点 ☆☆☆☆ ニコニコ
¥1,575
Amazon.co.jp

シリーズ第三弾!


とある北国の小藩の藩士青江又八郎が主人公の時代小説。

剣の達人又八郎へ藩の重鎮から隠居している寿庵の企み

を聞かされる。


忍の女佐知とその配下の者の命を助け、寿庵の野望を挫く

ため、又八郎は江戸へ出発する・・・。


久しぶりの時代小説。しかもかなり面白い。


どうやらシリーズ物でこの前にも作品があるようだが、それを

知らなくても十分楽しめる。


ポイントは、剣の腕を見込まれ、藩のお家騒動に巻き込まれ

ながら、江戸で生活するため用心棒稼業で生計を立てている

ところ。


用心棒として雇われた先で繰り広げられる事件の数々がこれ

また一ひねりも二ひねりもあって引き付けられる。


ケチな元金貸しの婆さんへの押し込みや旦那持ちの女が計

画、実行した誘拐事件など、その結末と併せてよく出来た物

語に仕上がっている。


そのうえ、国許の刺客との壮絶な死闘に手に汗を握る。

5人もの相手を一人一人確実に倒していく様は佐知ならず

とも惚れてしまうカッコ良さ。


どうしてもシリーズを読破したい、そんな気持ちにさせる一品。

「姫椿」

テーマ:
浅田 次郎
姫椿

勝手に採点 ☆☆


ちょっと不思議な感じのする短編集。


内容的には、ぽっくり死んでしまったゲイバーのママがホントは

ただのお爺さんだった話や事業に失敗して自殺も考えてたところ、


昔通った銭湯をたまたま見つけ希望を見出す話など、これといっ

て印象深いものや感動的な話はない。


浅田作品の真骨頂は、泣きのベースを丁寧にインプットすることな

ので、そういった説明が一切省かれ、かつラストも尻切れトンボとな

ると魅力は半減。


鉄道員のような秀作は別として、場面がはっきり目に浮かび、登場

人物が生きているような錯覚を与えることは甚だ難儀らしい。


やはり彼の作品は長編に限る。