「東京奇譚集」

テーマ:
村上 春樹
東京奇譚集

勝手に採点 ☆☆☆☆


身の回りの不思議な話を集めた中編集。


とはいっても村上氏の話はもともと不思議で幻想的世界が

多いので違和感なく入り込めるはず。


サーファーの息子を無くした母、ある女性を待ち続ける小説家、

名前を盗む猿、行方不明者を探す探偵など。


特に猿のお話は、羊の話にどこか似ていて、微笑ましくも

深く考えさせる作品。


彼女が名前を託した理由は一体なんだろう。


とはいえ、一番不思議で引き付けられるは、冒頭で語られる

ご本人の体験談。


ジャズといい、ゲイの調律士といい、奇跡的な偶然の一致と

はあるんだなぁと感心することしきり。


さらにすごいのは、ここまで読ませ、余韻に浸らしてくれる氏

の表現力と文章力。この続きがもっと読みたい。

AD

「孤宿の人」

テーマ:
宮部 みゆき
孤宿の人 下

勝手に採点 ☆☆


待望の時代物最新刊。


江戸中期、讃岐国丸海藩へ幕府で勘定奉行を務めた大物

加賀がある罪を負って流されてくる。


その罪とは、妻子と部下を切り捨てたというもの。


理由を語らぬ悪魔の所業に影響されたのか、藩内でも流行病

や殺人、暴動が次々と発生する異常事態に。


藩のお家騒動と加賀の真意を巡って混迷の度を深めていくが・・・。


あまりに暗く、いつもの清清しさと全く無縁。


登場人物のほとんどがあっさり死んでいってしまい、

感情移入をする間もない。


それも死に至る理由が不可解で強引。

女子供たちまでも殺すことはなかろう。


親分や石野が殺されなければならない理由も乏しい。

ほうや宇佐が置かれている境遇も悲惨で陰鬱。


さらに不可解なのは加賀の存在と庶民の暴動に至る不安感

の増長。背景は分からないでもないが、あまりに難解。


これでは一般読者のハートはがっしりつかめない。

AD
シドニィ シェルダン, Sidney Sheldon, 天馬 龍行
逃げる男

勝手に採点 


マフィアのドンの殺害犯行現場を目撃し、FBIの要請で法廷で証言

することになった主人公。


しかし、マフィアの強引な圧力で評決が無罪となり、一点命を狙わ

れる羽目に。


証人保護プログラムの適用で防備されるも、次々とマフィアの魔の

手が迫る!


近年まれに見る駄作!


十数年前、「ゲームの達人」で見せた筆力が全く衰えたとしか言い

ようがない。


大胆なストーリー展開や奇抜なアイデアとは無縁のただ逃走先で

恋をして逃げ出す繰り返し。


それも決まって美女と恋に落ち、偶然の幸運で難を逃れる。

こんな人生だったら誰も苦労はしない。

AD
貫井 徳郎
殺人症候群

勝手に採点 ☆☆


世にはびこる少年たちの凶悪犯罪。

彼らに身内を殺された、ある犯罪被害者の会に不穏な動きが。


偶発する事件・事故に偽装されて、引き起こされる復讐劇。

警察はそれを阻止できるのか?


自己中心的な理由で天誅を下す人たちのオムニバスストーリー。


一見、つながっているようだが、

ストーリー全体に統一感、広がりなくバラバラ。


子供のために殺人を重ねる看護婦や恋人のために実行犯

になる警察官など、彼らの動機が現実性・説得性に欠ける。


さらに不可解なのが、情報の機密性、指揮命令系統にまったく

無頓着な謎の警察機関の存在。


一般警察官や自分の家族にその存在をペラペラ喋ってしま

ってはいかがなものか。


上司と部下の関係は一体どうなっている!?


怪盗ルパンのごとく神出鬼没で現場から華麗な逃走を図る

元警察官のメンバーもスーパーマン的活躍で非現実的。


とにかく、いたるところ腑に落ちない点が多すぎる共感できない物語。