東野 圭吾
容疑者Xの献身

勝手に採点 ☆☆☆☆


弁当屋で働く女性に好意を寄せる中年独身の高校教師石神。

隣に住む彼女が気になり毎日のように弁当を買いに行く毎日。


そんな平穏な日々を揺るがす驚愕の事件が発生。

なんと復縁を迫るストーカーまがいの元夫を彼女と娘が殺害。


愛する人を守るため、石神は自分を犠牲にして完璧なストーリー

を組み立てるが・・・。


どこかで読んだことのある設定と思いきや、どうやら物理学者

湯川シリーズの続編。


親友の警視庁の刑事から難事件を持ちかけられ、独創的発想

で次々と事件を解決に導くストーリー。


本編も基本的にはその設定を踏襲。


ただ、石神の一途な愛の強さが、読み手の心を強くひきつける。


事件に関する謎解きに関しては、いわいる本格推理小説的要素

を取り入れている。


DNA鑑定というゆるぎない証拠を逆手に取ったカムフラージュは

お見事。


しかし、理系的発想から繰り出される東野氏の仕掛けは、、「そこ

までやるかな~」的印象が強くて若干リアリティーに欠ける傾向。

それよりも「白夜行」や「秘密」といった名作に代表される自己犠牲、

献身的な愛情をベースに描かれたドラマは読み応えあり。


残念なのはラスト。あまりに寂しい結末に石神に同情せざるを得ない。

AD
飯田 譲治, 梓 河人
アナザヘヴン〈上〉

勝手に採点 ☆☆☆☆


次々と人間に取り付き、残虐非道の限りを尽くす未知の生物。

家族思いの熱血刑事飛高と若手二枚目刑事早瀬のコンビが

謎の化け物の後を追う!


奇しくも前回読了の「殺人鬼」とかなり類似の設定。

なんと綾辻氏があとがきを書いている!?


要は得体の知れない何かが身体を支配し、世にもおぞましい

方法で連続殺人をやってのける。


前半はレクター博士、後半はE.T.に似た行動形態。

全体的にはカルト的漫画「寄生獣」。


「殺人鬼」と大きく違う部分は化け物に感情が芽生え、

刑事と精神的交流が生まれる点。


そのため、読者自身も感情移入しやすく、物語に引き込まれ

ていく印象。


刑事の家族や恋人が襲われ、事件当事者に陥りながら、全面

的に捜査にかかわっている点など首を傾げたくなる点も多い。


だが、正体不明の怪物と刑事たちの死闘は一見の価値あり。

AD
綾辻行人
殺人鬼〈2〉―逆襲篇

勝手に採点 ☆☆☆


前編に輪をかけた残虐非道、阿鼻叫喚の地獄絵図。

和製ジェイソンが再び蘇り、鉈を振りかざして暴れまわる。


前作のミステリータッチを最小限に抑えたシンプルさが○。

より「13日の金曜日」に近づいた感。


殺人鬼の殺しの波動に感化され、周りの人たちまでも

殺人鬼に変貌するあたりはまるでゾンビ。


なんとこっちは噛まれなくてもうつっちゃうほど強力。

一種のサイコパワーか。


さらに首を刎ねられても簡単にやられないほど不死身。


依然流行ったスプラッタームービーもそうだが、ここまで

来ると限りなくコメディ。


2作目後半になると、強烈な描写にも段々麻痺してくる

とは人間の感覚はかくもおそろしい。


良質なミステリーで知られる著者だが、ぜひパート3の

執筆にも取り掛かって欲しいところ。

AD
綾辻 行人
殺人鬼

勝手に採点 ☆☆


まさに血みどろの殺戮劇を描いたスプラッターホラー。

とある山荘に集まった男女に襲い掛かる正体不明の恐怖。


ひとりまた一人と見るも無残な方法で血祭りにあげられ、

殺人鬼の餌食に・・・。


そして、終盤に明かされる驚愕の事実とは!?


伝説的ホラー映画「13日の金曜日」の日本版。

ジェイソンばりの怪力俊敏大男が大活躍?


スピード感、躍動感にあふれているものの、ミステリー的味

付けがなされているのがいただけない。


スピリチュアルな描写もせっかくのリアル感を妨害してる。


殺してくれと言わんばかりの人里はなれた山麓という安易な

設定や荒唐無稽な双子の集まりというのも×。


こういう作品には理屈は不要。

スパッと爽快にさせる納得感あるラストを用意して欲しいもの。

桂 望実
県庁の星

勝手に採点 ☆☆☆☆☆!


民間企業との人事交流の一環で地元スーパーへ1年間

の研修を命じられた若手の県庁職員・野村。


くたびれたスーパーでの慣れない仕事に嫌気が差しながら

も、配属された惣菜売り場で繰り広げるお弁当の販売競争。


お役所仕事が得意な彼が、安価で庶民に愛されるお惣菜を

使ったお弁当で、主婦たちの嗜好を凝らしたメニューに勝て

るのか!?


主語が省略され、これ誰がしゃべってるの?と戸惑ったり、

会話中心でページ数も少ない軽いタッチの作品ながら、

ラストにかけて爽やかな感動に包まれた。


誰もが主役である県庁さんに感情移入せずにいられないはず。


自意識過剰、お役所意識丸出しで鼻持ちならない登場から、現

場の視点に立たない教科書的発想、物言いで周囲からまったく

浮いた存在になっていく。


しかし、結婚詐欺や自身で考案お弁当の販売不振、県庁同僚の

裏切りなど、ネガティブな経験に晒されながら人間的な成長を遂

げ、高慢なエリートからひたむきな努力家へと変貌する。


消費者やスーパーで働く同僚たちの視点に立った仕事ぶりに絆

され、周囲が徐々に心を開き、一体となって行く様は、ある種

スポ根ドラマに通じる爽快感。


彼に的確なアドバイスを与えるパート主婦泰子の存在もピリッと

した緊張感を与え全体を引き締める。


こんなおばちゃんいるいる!と思わせる親しみを覚える設定が妙。


研修後の彼のような思考を持って行政に携わっている人間は

一体どれほどいるのだろう。


お役所で働く方たちにぜひ読んで欲しいもの。

山崎 豊子
女系家族

勝手に採点 ☆☆


代々婿を取ることで繁栄を続けてきた大阪の老舗繊維問屋。

そこの主人が亡くなったことから引き起こる遺産争い。


法定相続人の美人三姉妹と遺産を管理する大番頭の間で

繰り広げられる微妙な駆け引きと、財産目当てに群がる輩。


そこへ一石を投じる主人の愛人の存在。

エゴ剥き出しの泥沼の争いに終止符を打つ遺言の中味とは?


うーん。今読むと時代錯誤的印象がぬぐいきれない。


題名にもなっている女系が支配する家族構造。

ずさんな経理処理にも拘らず誰も実態を掴んでいない商家。


弁護士や会計士が幅を利かせる現代ではほとんど空想の域

に達する設定に疑問を感じざるを得ない。


また、山崎氏の描くモノクロ的な人物描写は、「沈まぬ太陽」や

「二つの祖国」などの大河小説には有効で分かりやすいが、

女性の複雑な心理背景、人間関係には向いてるとは思えない。


女性ながら女性を描くことが上手でない珍しい例。


さらに女たちは終始貰う遺産の内容と金額評価に没頭し、

番頭はその遺産をいくばくでもくすねようと躍起になるという

至極低俗・単純な内容に終わっている。


この程度のネタであれば、フジテレビ「こたちょー」の家庭問題

再現ドラマの方がよっぽど面白い。


人間が持つ二面性、複雑な怪奇な感情、心理をいま少し考え

てもらいたい。