ポーセラーツ&シュールデコール【Atelier Memory】の教室ブログ 栃木県宇都宮市

ポーセラーツ &シュールデコール・ プリザーブドフラワー・グルーデコ・フレンチデコ・カルトナージュ教室 宇都宮  アトリエメモリー



          アトリエメモリーAtelier Memory


宇都宮ポーセラーツ&シュールデコール・プリザーブドフラワー・グルーデコ・フレンチデコ サロン







                



少人数で、皆様に癒しのひと時のご提供を目指した会員制サロンをオープンして、12年目

毎日の生活に、素敵!可愛い!Happy!に増々なれる作品をご一緒に作ってみませんか?



2014年キルンアートコンクール転写紙部門佳作受賞。
ポーセラーツ、キルンアートカタログにて、作品を数多く掲載させていただいておりますので、オリジナル作品のご提案もできます。





      

①当サロンは、ポーセラーツインストラクターコースとお楽しみのフリーコース、スキルアップレッスンも、受講可能です。


②人気のシュールデコールコースは、栃木県で唯一受講でき、資格もとれます。

③プリザーブドフラワーはFEJ(フラワーエジュケーションジャパン) の認定校ですので、資格取得コースも受講可能。単発のレッスン、人気の花笑みコースもございます。


フレンチデコ(日本ヴォーグ社認定)、グルーデコレッスンも受講可能。ディプロマもとれます。



サロンでは、様々なクラフトが体験できますので、色々なことに挑戦なさりたいかたにも少人数で、対応させていただきます。



なお、小さいお子様をお持ちで、習い事をなさりたい方の為に、専門のベビーシッターさんがいます。







    

どうぞ、ご遠慮なく御問合せ下さい。






           





テーマ:

毎日が目まぐるしく、行事ごとに作っていただいている作品をなかなかアップ出来ない現状ですが、昨日に続いて「母の日」用のポーセラーツをご紹介します。

 

こちらは、春の限定カタログでカタログに載っている私の作品です。

今年の母の日に登場したNEW転写紙は、「カーネーションチンツ」「市松ストライプ」「フラワーストライプ」でした!

 

市松模様を、斜めに使ったりと試行錯誤ではありましたが、限定の転写紙を盛りだくさんに使っております。

 

 

 素敵な転写紙が新たにでてきますので、どうぞ皆さんもポーセラーツの作品をどんどん作ってくださいね。

 

 

さて、私は母の日に必ず毎年開く絵本があります。

サトウハチロー詩、いわさきちひろ絵、「おかあさん」です。

第1版は1989年に発行されましたが、私の絵本も、かれこれもう20年以上は経っていますが、いまだに綺麗な絵と素敵な詩で、めくっているだけで幸せになれます。

 

 

 

そういえば、この絵本をお年寄りのお母さんに娘さんがプレゼントされていたのを、テレビ番組でみましたが、そのお母さんが嬉しそうに読んでいらしたのも、この詩です。

 

 

そのお母さんにも、きっと素敵なお母さんがいらしたことでしょうね。

 

この世の中で一番

 

この世の中で一番

美しい名前 それはおかあさん

この世の中で一番

やさしい心 それはおかあさん

 

おかあさん おかあさん

悲しく愉しく また悲しく

なんども くりかえす

ああ おかあさん

 

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

 

 

 


携帯電話でのお問合せはこちら

記事を読んだら、クリックお願いします。

にほんブログ村

こちらも、クリックお願いします。

ポーセラーツ ブログランキングへ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明日は母の日ですが、ポーセラーツで母の日のプレゼントを考えられました!

今回は、足利からお越しいただいた小学生のお子様お二人。

二人のおばあちゃんに、プレゼントということで、ママと体験なさいました。

 

数年前から、ポーセラーツでも母の日に因んだ可愛い転写紙が出ているので、母の日に本物のカーネーションではなくても、可愛いカーネーションのプレートをお作り頂きました。

 

こちらは、お兄ちゃんの作品。

 

 

 

こちらは、可愛いお嬢様の作品。

ハートの転写紙を四葉のクローバーに見立てて、可愛くお作りいただきました。

 

 

貼り難いマグカップの中にも、素敵なレースの転写紙が貼られ、とってもキュート!!

 

 

プレゼントする側も、される側もきっと幸せな気持ちになれそうですね。

ご参加ありがとうございました。

 

私も、最近は1~2ヶ月に一度は、両親のもとへ帰郷しています。

老いの現実に直面しながら、頭を悩まし、自分の至らなさを痛感することもたびたび。

 

ただ、最近読んだ本に、ああそうか・・と気付かされました。

 

「幸福は徳に反するものでなく、むしろ幸福そのものが徳である。」

 

誰しも親には幸せな晩年を送って欲しいと思うものです。しかし、自分の幸せを犠牲にしてでも親を介護し、親に尽くすことが「徳」なのではありません。

 

 

「我々は我々の愛する者に対して、自分が幸福であることよりなお以上の善いことを為しうるであろうか。」

 

親にとって、子供の不幸ほど辛いことはありません。それが自分を介護するためであるとしたら、なおさらです。親のためにと思ってしていることが、かえって親を不幸にしていることもあるのです。

 

 

 

「日常の小さな仕事から、喜んで自分を犠牲にするというに至るまで

、あらゆる事柄において、幸福は力である。」

 

自分を犠牲にして親を看取ることが徳であり、それを全うしたから幸福なのではなく、自分が幸福であればこそ献身的な介護が出来る。自分が幸せでなければ、人には優しくなれません。介護される親は、実は私たちが想像している以上に介護者の心のありようを敏感に感じているのです。

 

『人生論ノート 三木清 解説 岸見一郎』

 

 

 

 

それでは、素敵な週末をお過ごしくださいね。

 

 

 

 


携帯電話でのお問合せはこちら

記事を読んだら、クリックお願いします。

にほんブログ村

こちらも、クリックお願いします。

ポーセラーツ ブログランキングへ



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日一足早い桜が、ポーセラーツで咲きました!

 

 

 

名古屋から転勤でおみえになったかたが、ポーセラーツの体験という事でプレートをお作りいただきました。沢山の転写紙の中から、やはり桜を選ばれ、とてもステキに仕上がりました。

宇都宮の生活も数か月が過ぎ、慣れられたところで一先ず安心。そんなお話を伺っていると、どうしても遠く離れたご両親様の心配も、自分と重なってくるような・・・。

今年は宇都宮の桜をたくさん愛でてくださいね。

体験ありがとうございました。

 

 

桜と言えば、生徒さんのお子さん達の合格の嬉しいお知らせなども届いています。

受験は子供本人とはいえ、そのサポートをするお母さま方の努力があってのこと。本当にお疲れ様でした。

 

私も、年明けから長女が進級するためのコンピューターを用いた試験があり、年末年始、こもって勉強する娘を見ながら、大学受験以来、ドキドキの連続。母は、ひたすら栄養のあるものを食べさせることに徹し、都内にもお弁当を運ぶという生活をし、桜が咲き、ホッとしているところです。

 

日本人にとって桜は特に、切ってもきれない存在ですね。

 

 

ふるさとの俳人種田山頭火も、おもしろいさくらの句をよんでいます。

 

さくらさくらさくさくらちるさくら

 

さくら咲いて、なるほど日本の春で

 

 

三月二十五日 日本晴。

 

日本の春だ、日本人の歓喜だ。

過去をして過去を葬らしめよ、昨日は昨日、明日は明日、今日は今日の生命を呼吸せよ。

小鳥のやうに、あゝ小鳥のやうにうたへ、そしてをどれ。

もう蟻が出て来て歩いてゐる。

ありがたい手紙、ほんたうにありがたい手紙。

街を歩く、酒がある、女がゐる。

伊藤さんがやってくる、国森君にでくわす、どろどろになって帰庵、いっしょに寝る。

 述懐  

たった一本の歯がいたみます

 

「種田山頭火 其中日記(八) 青空文庫より」

 

今日も一日穏やかにお過ごしください。

 

 

 

 


携帯電話でのお問合せはこちら

記事を読んだら、クリックお願いします。

にほんブログ村

こちらも、クリックお願いします。

ポーセラーツ ブログランキングへ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)