メメントCの世界

演劇ユニット「メメントC」の活動・公演情報をお知らせしています。


テーマ:

高代を探して

 

「彼の僧の娘―高代覚書」試演会シリーズは、正法寺で終了いたしました。沢山の観客の皆様のご来場に感謝します。賛否両論、今後に生かしていきます。まだまだ、感想FAX,メールを御待ちしております!

 

 ラストの正法寺御本堂での公演は借景に、阿弥陀如来のご本尊というすごいセッティングでした。正法寺さんは、オルガンヴィトー公演「パターチャーラー」でお世話になり、二回目の上演です。ご住職の白川さんが、高円寺の稽古場公演を観られて、開演の前の法話をしてくださいました。白川さんは「南無阿弥陀仏に生きた人、憲法や法律など俗世の法ではなく、南無阿弥陀仏に沿って生きようとした人の物語」と語られました。

 

南無阿弥陀仏、父・顕明の信条はこの六文字に込められた平等思想です。それがどれだけ難しいことなのか、現代でも明らかです。迫害され苦界に生きた娘にとって、それは父を奪ったものの言葉でもありました。僧侶、と教団、国家と個人、その利害というのは必ずしも同じではないし、集団というものは弱い個を圧して強くなるものです。

 

私が劇団ではなく三人組のメメントをやり、ほぼ客演の俳優の皆さんと芝居をやっているのは、このひたすら集団としての劇団を作りたくないからです。集団になった瞬間に芝居の目的が変わっていくように思えるのです。様々な劇団があるのだから一概に、全体主義だのなんだのは言えませんが、芸人、芸術家として立っている為に私は絶対的な孤独が欲しいのです。何故かわかりませんが、もともと独りが好きなピアノ科だからか、高座で一人勝負する講談、語りと三味線の義太夫、浪花節、のようなものが羨ましくてたまりません。今回の試演会は、照明なし、音響は三味線一本、俳優も最小限と最初から決めていました。それは現実的にお金を掛けられないこと、どこでもできること、個でやること、などの総合的な理由です。様々なことを学び、悔しい瞬間もありましたが方向として間違っていなかったと思うのです。

 

 まず、最初にアクティングエリアの広い高円寺の阿波踊りホールでやりましたが、演者のリレーションや言葉をまっすぐに伝えるのに、かなりフォーカスを絞っていくことが必要でした。その上で空間を生かすダイナミックな動きを明樹さんが作りだしてくれました。かなり激しい感情表現にはその広さが楽でもあったのです。新宮に行きますと、四分の一のスペースとなり、畳二枚に収まる表現、けれども奥行きは変わらないということを目標にしました。以前、芸妓が舞う地唄舞は、四畳半のお座敷に春夏秋冬、喜怒哀楽、神羅万象の宇宙をそこに作りだすのだという事を聞きましたが、芸を極めればそうなるんでしょうね。

 新宮に移動して細かい場当たりをし、開演ぎりぎりまで稽古してようやく新宮の一回目をあけました。やってみるとそれはとても楽しく面白く、掘ればほるほど表現が深くなるという具合でした。また、土地の力が大きく、私は耳無し芳一になった気分でした。

 

 芳一は、壇の裏合戦の現場に近い浜辺の寺にいた。それで、琵琶を弾いて平家物語を語ってそこへ平家の亡霊が来る。滅ぼされたものの宴に呼ばれてサーガを謡う芳一は、どうなったか、皆さん知ってますね。自分たちの死ぬ様子を琵琶の調べと共に聞く平氏一門の哀れには、海底のしゃれこうべも涙したでしょう。

 新宮での上演で、明樹さんが大逆罪の大検挙が起きた時の町の描写を語る時、その指し示す方向には速玉さんがあり、浄泉寺があり、その町があるわけです。楽器を鳴らしながら、ゾクゾクした瞬間が何度もありました。私が引いていたのは細竿三味線ですが、微妙な「サワリ」という倍音が生まれます。その重なり具合は毎回違うし、温度湿度で変化します。ましてや修業が足りない私なので、なかなかそれをコントロール出来ないのですが、これ、というピッチだとベンベンではなく、ジョンジョンという音が出て、明樹由佳さんのせりふの哀愁がそれに乗るときに、ああこうやって日本人は悲しみや怒り、悔しさ、恐れを唄にしてきたのか、という実感が湧きました。義太夫、くどき、浄瑠璃、民謡などに形を変え年月を経て語られる物語、過去の事件、一節の歌詞が、プロテストを語っているのだろうなあ、とつくづく体感したのでした。足のしびれに閉口しましたが、無事に勤めることができてほっとしてます。

 

 最後の正法寺でお寺が持ってる力に便乗しました。そして至近の観客に伝える事、伝わること、どんな手法が有効なのか、もっともっと伝統芸能の先人を学ぼうと思ったのです。お経の作法というのも意味があり技術があるのにも気が付きました。 

 一つに自由にやる演劇表現であるけれど、何でも自由にやれば不自由に見えることも分かりました。何を今頃?ですが、子どものような芝居をしていられない、それでは人生を掛ける意味が無いと感じたのです。明樹さんと私の共通認識として、どこへ行っても通じるものを作ろうと言う所へいきました。明樹さんはアヴィニヨンで感じたこと、私は今回感じたこと、それらを磨き上げて行きたいのです、亀のように。

 

 そしてまた語りたくなったら老眼もひどいので女瞽女になっちまおうかとも思いましたが、何しろ五十の手習いで還暦までにもうちょっと上達したいと思います。

今回、使用した三味線を私にくれた伯父さんは86歳の農夫です。彼はダムの宗助伯父さんであり、三味線を弾き謡い、田畑を耕し、幼い私を可愛がってくれた人です。「ちったあ恩返しも出来ただかねえ」と遠州弁で思うのでした。

 「ほうい、もう秋の風だらねえ。今年の夏はえらかったで、この頃ぁだいぶゆるせくなったやあ。あんたもくたびれてえらかったらやあ。もうやらんでもええもんで、ちったあゆっくりしないね。」

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新宮お披露目会報告

9月3日、4日と三回公演で新宮で「彼の僧の娘―高代覚書」をご披露して参りました。 

小さな会場ですが、息遣いが全て聞こえるような距離での公演は、より一層、深い上演となりました。
9月9日はトライアルのラストとなる明大前正法寺公演です。

それにしても土地の力というのは本当にすごいものなのです。
「太平洋食堂」をご覧になった方、なって無い方、いろんな方が高木加代子さんの半生を見つめる1時間15分となりました。
新宮を9歳で出た加代子さん、大須の芸者置屋に売られ、豊橋などを経由して浜松で売れっ子芸者として名を馳せます。
細い細い線を辿っていって分かった事は、排除された女性が生きる修羅です。
人別改めというのを知っているでしょうか?
「別れろ切れろは芸者の時に言うことば~」
これは少女漫画「はいからさんが通る」で知った泉鏡花のセリフですが、
この芸者とか娼妓の人身売買、擁護する人が未だに居ます。
どうして現代でもその感覚が生きているのか?
こないだ、その元となった婦系図というのを観ましたが、これって結婚差別の話で、人別改めをする話です。
江戸時代の身分制度です。明治、大正は近代となってもやはりそういうものが、人を支配して見る目も扱いもそれが幅を効かせたのです。
芸者というのも、思いっきり排斥されてましたが、それに大逆事件も重なればどれだけ重い桎梏か。
それが無くなったとは思えない現代なんです。

宗教の話が入っていたので、「それで救われました」だけの話ではないんですが、加代子さんにとっては天理が行動を変える大きなきっかけでした。
無私の心で他人に尽くすことが、彼女を変え、運命を変え、地域も変えたのでしょう。 

そこに無宗教の私は「地の塩」を見る思いです。
「あなた方は地の塩だ」と言ったとかいうイエスキリストは、万民の地道な愛の行為が社会を変え得ると考えていたわけです。
ここで問題なのは、神の子イエスであり神の愛を知ってるからそれを言ったのか、社会変革のアクティビストであったからそう言ったのか?
宗教家と活動家の境目はどこにあるのでしょう?
大石誠之助が死刑を前にして沖野岩三郎に向かって書いた手紙の中で
「運命によって強制されることと、自主的に行うことの違い」についてイエスと主への疑問を書いています。

高木顕明は、宗教家として新宮の貧しい檀家を救おうとしたのですが、結局はそれが焼石に水であると感じ苦しみ、自分で経済的自立を
しようと足掻きます。行動せねばと思う心の中に南無阿弥陀仏の一線を踏み越える思いがあったのではないかとおもいます。
私にとっては南無阿弥陀仏はあまり現実世界には響かないのです。きっと宗派の違いもありますが、浄土に向かって響いているように聞こえます。
南無阿弥陀仏がこの世で響くには私にはもう少し何かが必要なのでしょう。

明樹さんが演じる高代の姿を見ながら、現代の苦界を思いました。
あちこちに広がる黒い闇のような現代的不幸。
貧困と差別はもっと日常化しているようにも思います。弱い存在であることは悪いことなのだ、と巨大な何かが言っています。
巨大な何かとは?政治でもあり人々の欲望でもあります。全世界を覆う欲望とそれが少なからず関係する戦争と気候変動。
主婦の買う激安の食料や飲料がどこからくるのか?関係ございません、とたかを括って居る事は誰にもできない筈です。

ちょっと前に知人にお孫さんが生まれました。
久々に産婦人科でその生まれたてのベビーを抱かせてもらって、持病の胃痛が一時、収まりました。
この赤ん坊が見る世界はどうなるのか?
目も明かない赤ん坊の前で「あの地域や人々や国は虐げてよいし、我々がそれによって守られ、得をするのは当然なのだ」と言える人間はいるでしょうか。
残念ながら居るんです。
だからどこからか救世主が来てほしいと思うのですよ。
でも、救世主は言うでしょう。
「あなた方は地の塩だ!おまえら一人一人がやるんだよ」
というわけです、はい。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「彼の僧の娘―高代覚書」新宮お披露目会と戻り公演


お盆です。
わが遠州地方では8月がお盆です。

「彼の僧の娘」東京試演会の後、ちょっと新宮にお邪魔して那智の浜のウォータースライダーで、子どもを遊ばせてもらいました。去年からこの、浜辺のスライダーに子どもが病み付きです。
私は胃が痛いので、新宮の知人の息子さんに子供らを託して休ませてもらいました。
ああ、他人任せの夏の思い出は楽しい思い出!
新宮の浜辺は太平洋の輝きで、勝浦の海はリアス式な奇岩がいっぱいある海。
濱が違えば人も町も違います。各浜で壮大な花火大会が繰り広げられていました。
勝浦には、駿田峠に加寿地蔵さんという熊野古道の歴史の片隅にひっそりと伝えられる加寿姫を祀ったお地蔵さんがあり、そこの例会のバーベキューに子どもとお邪魔しました。

http://www.kinokuni-sanka.jp/modules/landscape/index.php?lid=1029

ここを守っている中田さんは、私の太平洋食堂取材時からの寄宿先です。
地元力で映画を二本も撮った中田さんは、映画監督で、マグロ屋さんで、数年前まで数学の先生でした。

http://www.kasujizo.com/regendekumano.html


地方の力って実際すごいです。土地に力があるんですね。川下りのイベントや花火、全部参加するのに還暦になってしまいそうです。
山とか川とか海とか、平らじゃない地方は不便ですが力があります。
わが遠州地方は平らな土地なので、こういう迫力のある自然を見るとノックアウトされてしまう私でした。

それでもって遠州の実家に戻りまして、あれこれ母に使われております。

さて、東京試演会はまずまず好評の内に終わりました。
特に女性は長い深いメールを感想で下さいました。
パターチャーラーは関係ないけど、前にオルガンの不二稿さん、西山水木さんでお寺でやったパターチャーラーと関連付けて、感想をくださった方も居ました。




手直しをしながら、色々な空間でこの後も上演を続け、本公演(いつになるやら)を目指します。試演会で、五十手前の手習いの三味線と長唄を担当しております。堅田先生の御蔭で、試演会に間に合いました。私がこれを担当するのは正法寺までの予定ですが、目覚めた長唄の世界は新たなフィールドになりそうです。まあとにかく、本公演というのは中々すぐには出来ないんで、気長におまちください。



というわけで、9月は下記で試演会シリーズが続きます。

新宮公演日程
日時:9月3日(土曜日)
場所:しょうすけギャラリー(新宮市仲之町2−2−24)
時間:昼の部:開場15時。開演15時半〜
   夜の部:開場18時半。開演19時〜
定員:各25名。上演時間:1時間20分の予定。
お問い合わせ:080−6152−2085(太田)
チケット受付:090−7608−0785(池田)
※ 駐車場はございません。
日時:9月4日(日曜日)
住所:熊野荘(新宮市元鍛治町2−4−5)
時間:開場12時、開演12時半〜
定員:45名
お問い合わせ・チケット受付:090−7608−0785(池田)
※ 駐車場はございません。


東京戻り公演

9月9日 16時 19時 二回公演
*上演時間1時間15分
会場 京王線・明大前 徒歩七分 正法寺




作・演出 嶽本あゆ美
音楽監修 堅田喜三代
衣装協力 竹内将
振り付け協力 田所勢津子

チケット 全席自由 前売り3000円 当日3500円
*お求めは出演者へ直接メッセください。
又はtaiheiyousyokudou@moco.so-net.jp
まで、御名前 ご住所 電話番号 ご希望日時 枚数をお知らせください。

・会場はバリアフリーですが、座席は椅子席と座布団席がございます。
・ご入場順の着席となりますのでご了承ください。
・席数が50席程度と限られております。必ずご予約ください。またキャンセルの場合も、必ずお知らせください。
・お問合せ 080-5526-0109


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「千年の愉楽」と顕明

 2013年の7月に初演した「太平洋食堂」は大逆事件を和歌山市新宮から見た作品だった。始まりは中上健次原作の「千年の愉楽」から脚本を編んだ「オリュウノオバ物語」
 今ではその時の稽古台本もどこにあるのか分からない。一冊は、新宮市の佐藤春夫記念館に展示されている。
 私にとっての高木顕明というのは、どうしても中上健次の小説群の中にいるレイジョさんに近い。もっともレイジョさんは、祥月命日に生者よりも死者と会話しながら、路地の家々を回っている人で、後ろ姿ばかりが浮かびあがってくる。毛坊主と言われながらも、大逆事件の無住となった浄泉寺の檀家の家々で経を上げ続けた。元々のモデルは名前からいうと高木礼譲なのだが、この人の生涯とは何の関係もない。ただ、名前を借りたのだろう。

 演出は大橋也寸さんで、三年間の死闘?の果てに脚本を書いた。三年かかったんだじゃなくて、まず、五時間かかる歌舞伎みたいなものを書き、それから超SFなマージナルな物を書き、それから大ケンカして、さっさと「オリュウノオバ物語」を書き上げた。続編も書いたが、岸田今日子さんが他界なさったので、上演されなかった。
大橋のやっさんは、中上氏を「やさしさ」「かなしさ」と言う言葉で語った。へえ、と思うことしかできなかったのが、10年前の私。

 「太平洋食堂」初演の時に、オリュウノオバのお孫さんが高円寺まで観劇に来て下さった。新宮でも再会したが、オバというのは小説のキャラクターではなく、本当に実在したのだと新宮へ行ってとても良くわかった。そのオバからの口述が昇華されて小説になったのだ。だから、小説を読んで分からないことは、新宮へ行くようになってよくわかった。土地の記憶はそこでしか聞けなかった。

 「半蔵の鳥」の中で、半蔵は夜、山道を不安に駆られて歩く途中、幽霊を見る。そのことをオバに話すと、オバはきっと前の住職が路地の者を心配して幽霊になって出てきたんだ、と半蔵に言う。オバらにとっては、顕明は殺されたのである。実際には、秋田監獄で自死したのだが、その「殺された」という思いが土地の記憶なのだ。
 私の実家の地方は曹洞宗が多く、真宗を全く知らなかった。その宗教の中で土地の住職というのは、ある種の柱なのだ。現世的なモノサシでしか生きていない私には、祥月命日のお詣りと、日常の用事の優先順位は日常である。しかし、長い長い講という組織を中心に前近代を生きてきた土地にとっては、宗教行事を壊されその中心人物を失うことは、悲痛なことだったのだ。

 南谷の墓地の写真がチラシの写真だった。そこへ行くと、本当に死者が積み重なっていることが実感としてよくわかる。そして、オバの目の前の路地は極楽浄土に繋がっている。いや、その路地こそが極楽の蓮の池なのだ。それは、真宗というものに触れるまで、理解できなかった。
オバは、レイジョの唱える経から、感覚として「地獄は一定すみかぞかし」をひっくり返して語ったのじゃないかと。そんなことを最近思う。

「地獄極楽はあの世にあるんじゃないよ、この世にあるのだ」
と顕明の娘は語ったと言われている。

 祈り、というものに力があることを、「彼の僧の娘」の取材で思い知った。それはだんだん、私自身が若いころのように、物事を進められなくなり、体が悲鳴を上げてきたこととも関係している。どうにもならないものがあることを嫌というほど知った。病というものが、勿論、原因はあるのだが、心から出てくるものが大きいことも思い知った。


 顕明の実直な日常は、残された「復命書」という宗派の調査の下書きからも明らかだが、実際に居たオリュウのオバらの口伝えの中では、よりひっそりとしている。
 過酷な労働による若年での死を強制され、絶対的な貧しさや差別によって虐げられる弱者に静かに寄り添う南無阿弥陀仏は地の下へ下へとのびている。彼が書いた「余が社会主義」は、一見して新思想へのあこがれと仏教を結ぶようなキャッチーな部分に目が行くけれども、彼がそれを信仰告白として書いたこと、外へ向かって発信するつもりのものではなかっということを理解して読み直すと、その葛藤の強さに驚く。信仰と世の中の繋ぎ目や現状への懐疑をどれほど苦しく抱えていたのだろうか。

 新宮を追われた妻子は、苦界の中で細く細くわずかな接点で繋がりあって支えあっていたことも、今回知ることができた。
 芸者に売られた顕明の養女の一生は苦難の先に、精神の豊穣があった。それぞれの信仰は違うものだが、不朽の信仰が打ち立てた心は、どんなものでも壊すことができなかった。大逆事件は、日露戦争の非戦運動と国家帝国主義の暴虐の戦いの中から既に始まっていた。24人の死刑判決の後、日韓併合、シベリア出兵、大陸への侵略、第二次世界大戦とひた走った歴史の裏で、ひっそりと生きていた人々、私が知らないたくさんの人生があるのだろう。全てが明らかにされる必要があるわけではないけれども、そういう苦難がこの先、来ないという保障はない。



 読み返した泉鏡花の「歌行灯」、石牟礼さんの「苦界浄土」、何かが語られると必ず出て来る「売られる娘たち」

近代史の中で見捨てられてきた「売られる娘」、その一生が人の記憶に残ることは稀だが、一人一人の人生がやはりそこにあったことを稽古しながら思うのでした。
 弱者を見捨てる社会がどんどん進む中、高木加代子さんの生き方というものは、一つの光でもあるのだった。祈りは強かった。写真は、ホール稽古での明樹由佳さん演じる「高代」
「高代覚書」は来週、東京試演会を迎えます。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
彼の僧と娘とそのほか

いやはや、暑いですなあ。
ブログが滞ってすんんません。
それには理由があるんです。どうも不調の極みでした。
夏が来~~れば思いだす~~~遥かな 新宮 太平洋食堂~
と去年の7月は怒涛も怒涛、台風と共に新宮公演でした。
よくまあ、一年過ぎたもんです。

来週の8,9日に座高円寺の阿波踊りホールでやります「彼の僧の娘」は、その新宮のサポーターの皆さんに、何か恩返しできないかなあと思いつつ、明樹由佳さんと企画しました。
恩返しといっても、また新宮公演でお世話になるのですから押し掛け女房のようなもんです。
でもまあ、私にしか紡げないお話をお届けしたいとおもいました。

高木加代子さんの事を書かねばと、この前にも書きました。
大逆事件の遺家族としての苦しみは他人には分かりません。
ましてやあまり消息も知られていなかったので、いろんな想像ばかりふくらんでいました。

しかし、苛烈な運命、戦前を生き抜いた彼女は生きるパワーに満ちた人でした。
今、稽古が佳境ですが、非常に苦しい部分も描いています。
まずは、彼女の中での顕明さんはほんとに生きる支えとなった、尊父だったということ。
南無阿弥陀仏に縋っていた父が、南無阿弥陀仏の教団によって捨てられたこと。
父・顕明が色々な主義によろめいて行く中、最後には「南無阿弥陀仏でなければならない」と
その六文字にかえって行くのだけれど、運命は苛酷だったこと。
そういう意味では、加代子さんは南無阿弥陀仏をどのように思っただろうか?

細々と辿られる実母や養母とのかかわりの中、女の共同体は強かったということも、彼女の天理教入信の大きな理由でしょう。

明治期に爆発的に増えた天理教は新宮でも、流行していました。
多くの人が、病気直しが入信のきっかけとなっています。そして陽気な世直しを始めるのです。
自分も、熊野の教会で話を聞くうちに、「なぜ人間は生まれたのか?」という
問いかけが、どすんと胸に響きました。

また、あらゆる宗教で語られる、「命の尊さ」はどうやら同じようにも思いました。
「人身受け難し」とは、人の世に生まれて来るのは難しいということで、それで仏の言葉を耳に聞くのは、やはり難しいことだから、もう生きて居るだけでまる儲け、というのが仏教のぶっちゃけです。
天理には、泥海古事記というのがあり、八千八度の生まれ変わりによって人間が世に生まれる過程が語られます。このさい、数はおいといて、人間に生まれることは大変なんだということでしょう。


まあしかし、人間に生まれても苦しいことが山盛りです。
だから、ほんとにえらいこっちゃです。
今日は東京都知事選で、私は神奈川県民だから外野です。
でも、なんで都民はああいう選択なのか・・・

がっくりなってましたが、今日は「真田丸」に清田正浩氏が、ちょっと出演していたので単純な私は息子がテレビに出たお母さん状態になってしまいました。お坊さん役で、決してこの人が彼の僧ではありません。

いやはや
暑いので、ご自愛ください。

「彼の僧の娘」東京試演会公演日が迫ってまいりました。
8月8日16時は、まだ席があります。
9日15時は残席若干です。

9月9日に明大前の正法寺さまにて、19時より再演もございます。
写真は地歌舞の「黒髪」練習中の図です。

是非、お見逃しなく!


href="http://stat.ameba.jp/user_images/20160731/23/mementoc/15/93/j/o0240040013711649529.jpg">




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。