2017年07月09日(日) 20時43分09秒

用意されているパーツをフル動員する<ロッディオUT>

テーマ:ロッディオ(RODDIO)

レフトハンドのフィッティング!

 

エポンゴルフより借りた試打クラブを活用してヘッドを吟味する。

 

「自分は303よりも302の方が良い感じがしますがどうですか?」

 

と聞かれ難易度のレベルは確かに303の方が易しいとは思いますがそれは人それぞれ…。SNSで良くも悪くも噂が先行する時代だが最終決断はユーザー様本人とのマッチング。

 

掴まり方、インパクト時のヘッドの入り方など302の方がキッチリ入っていたので私も自信を持って302を勧めた。

 

「大丈夫です。AF-302でいきましょう!」

 

【エポン AF-302 #5~#Pレフトハンド】K'sツアーライトR

 

 

【ロッディオFW 3W】F-6S ※浅低重心専用設定

 

 

T-ソールを装着しながらさらに3つのスクリューを効果的に配置。チタン、タングステンの位置関係を見直しながらT-ソール装着によるストロングロフト化を可変ホーゼル2番で相殺させた。

 

【ロッディオUT 3U】ステラ8 ※浅低重心専用設定

 

 

【ロッディオUT 4U】ステラ8 ※浅低重心専用設定

 

 

アルミホーゼルをアップライト方向にセッティングしてさらに3つのソールスクリューも効果的に配置。内部にもタングステンスクリューを配置して縦に3つ並ぶような配置とした

 

”狙いはアイアン感覚に近い重心配置のロッディオUT!”

 

アルミホーゼル、チタンスクリューを使用してタングステン使用分のヘッド重量増に対応。最後は若干レングスで調整して完成。

 

用意されているパーツをフル動員してさらに究極のパフォーマンスを発揮するように仕立てた。

ミスターMPさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿