2017年03月20日(月) 22時13分51秒

純鉄+銅下+ニッケルで極限に挑む

テーマ:三浦技研(MIURA)

アッセンブルに慣れているとは言えカスタムヘッドの換えはすぐには出てこない…。

 

「作業中は一切気を抜けない」

「周りに気を配りながらの作業」

 

そんな適度な緊張感に包まれながらの作業が三浦クラフトマンワールドのアッセンブルだ。

 

【三浦技研、CB-1008 #5~#P】モーダス105S

 

 

~クラフトマンワールド詳細~

カスタムロフト製作

#5 (25度)

#6 (29度)

#7 (33度)

#8 (37度)

#9 (41度)

#P (45度)

 

ライ角:全番手0.5度アップライト

ヘッドバランス:D1出来合い

ソール形状:リーディング&トレーディングカット

 

 

トップブレード:細め

 

 

メッキ:銅下+ニッケルサテン仕上げ

刻印色変更:番手のみ黒色

ネーム刻印

 

上品に光る金色がダブルニッケルの証し!

 

【三浦技研 MG-S01 49度/53度/58度】モーダス105S

 

 

メッキ:銅下+ニッケルサテン仕上げ

ライ角:0.5度アップライト(58度のみ純正)

刻印色変更:番手のみ黒色

ネーム刻印:K

 

純鉄素材に銅下メッキ、そしてメッキの中でも硬度が“柔らかい”とされているニッケルメッキを採用することでトリプル“三軟仕様”にて究極の軟らかさを追求。

 

「これは興味深い…」

 

MG-S01のカスタムも非常に増えてきましたね。

 

明日は弊社定休日の為にブログもお休みですm(_ _ )m

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

ミスターMPさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

1 ■関心します

お疲れさまです。
社長のクラブに対する情熱に感謝しています
またお世話になりに伺います
体を大事にして下さいね

コメント投稿