2016年02月14日(日) 23時29分46秒

ロッディオUT×NS950

テーマ:ロッディオ(RODDIO)

あまり記憶がないロッディオUTのスチールシャフト装着…。


基本的にはほぼカーボンが主流だったが何もカーボン専用のヘッドではない。ウッド型のロッディオUTは、ソールが広く低重心の為にシャフト先端が動くシャフトが好ましい。


スチールシャフトで言えばまさにNS950はピッタリのシャフトだ…。


【ロッディオUT 21度】 デザインチューニングNSPRO950GH S



【ロッディオUT 24度】 デザインチューニングNSPRO950GH S



最初6g間隔のソールウェイトは間隔が開き過ぎではないかと思っていたがスチールシャフトを装着する時には無くてならない重要なパーツだ…。


21度となるとアイアンで言えば3番アイアンのロフトになるが“太陽”を使うことによりレングス的にもちょうど良いユーティリティが完成する。


弊社独自のフルブラック仕様も含めて売上NO1ユーティリティへと見事に育ったロッディオUT!


【ロッディオFW 3W】ペンタクロスウェブF-7S




【ロッディオFW 5W】ペンタクロスウェブF-7S




こちらは育つもなにも弊社史上NO1に売れ続けているご存知FW。


【エポン XL45 S ビンテージ】 デザインチューニングNSPRO950GH S




RとEのツートップ。弊社のエースはまさにそんな感じ…。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ミスターMPさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿