2013年09月30日(月) 23時59分57秒

ミズノ MP-54 試打 評価

テーマ:新製品インプレッション

「今日はこれを一丁インプレしてみようか!」


ということで10月18日発売のミズノMP-54アイアンを打ってみた!


ミズノカスタムクラブ製作提案!


練習場の閉店まで30分といういつもながらの短時間だがまずはこれを使ってウォーミングアップをしてみよう!


ミズノカスタムクラブ製作提案!


さて、まずは顔から…


【ミズノ MP-54 #5】


ミズノカスタムクラブ製作提案!


【ミズノ MP-54 #6】


ミズノカスタムクラブ製作提案!


【ミズノ MP-54 #7】


ミズノカスタムクラブ製作提案!


【ミズノ MP-54 #8】


ミズノカスタムクラブ製作提案!


【ミズノ MP-54 #9】


ミズノカスタムクラブ製作提案!


【ミズノ MP-54 #P】


ミズノカスタムクラブ製作提案!


このMP-54アイアンは最近の設計手法の#5~#7までをアンダーカットキャビティ


ミズノカスタムクラブ製作提案!


そして#8~#Pまではアンダーカットキャビティを埋めた手法だ…


ミズノカスタムクラブ製作提案!


シャフトはダイナミックゴールド新仕様S200


ミズノカスタムクラブ製作提案!


ライバルモデルはやはりこれだろうか?


ミズノカスタムクラブ製作提案!


それではスペックの詳細はMP-53とMP-52そして私の中での評価が高いキャビティモデルのMP-64を加えたものにしましょう


スマホでご覧の方はPC版に切り替えることで各数値を見ることが出来ます


【ロフト角】


ロフト角MP-54MP-52±MP-53±MP-64±
422242242242
525272272272
628313302302
732353342342
836382382382
941432421421
P46471461461


やはり立ててきましたね!飛びの恩恵は十分試打でも感じられました!1度の差は飛距離にして約3~4ヤードです。


【ライ角】


ライ角MP-54MP-52±MP-53±MP-64±
460600600600
560.560.5060.5060.50
661610610610
761.561.5061.5061.50
862620620620
962.562.5062.5062.50
P63630630630

ライ角は最近のMPアイアンの純正と同様にしています。


【FP値】


FP値MP-54MP-52±MP-53±MP-64±
43.53.2-0.33.2-0.33.5-0.2
53.53.2-0.33.2-0.33.5-0.2
63.73.3-0.43.3-0.43.7-0.2
73.73.4-0.33.4-0.43.7-0.3
83.83.4-0.43.4-0.33.90.1
93.93.7-0.23.7-0.23.90
P43.7-0.34.003.9-0.1


MP-64を持っている方はほぼ同じと見て良いでしょう…。MP-5シリーズの中では一番ストレートネックだと言えます。


【ヘッド長】


ヘッド長MP-54MP-52±MP-53±MP-64±
477.275.4-1.677.1-0.174.4-2.8
576.876.0-0.877.20.474.6-2.2
676.876.3-0.577.30.574.8-2.0
777.076.6-0.477.40.475.0-2.0
877.077.0077.70.775.3-1.7
977.477.3-0.178.10.775.5-1.9
P77.777.6-0.178.40.775.8-1.9

FP値がほぼ同等のMP-64を一回り大きくしたような印象になるかもしれません。MPアイアンらしく大きくもなく小さくもない印象です。


【トップエッジ幅】※トップブレード幅


トップエッジ幅MP-54MP-52±MP-53±MP-64±
46.15.0-1.16.105.0-1.1
56.15.0-1.16.105.0-1.1
66.15.0-1.16.105.0-1.1
76.15.0-1.16.105.0-1.1
86.15.0-1.16.105.0-1.1
96.15.0-1.16.105.0-1.1
P6.15.0-1.16.105.0-1.1


こちらはMP-53と全く同じで変化を一切感じません。ブレードにカットラインが入っているので数値ほど厚く感じることはありませんね…。


【ソール幅】


ソール幅MP-54MP-52±MP-53±MP-64±
418.819.00.218.0-0.817.3-1.5
518.718.80.117.8-0.916.9-1.8
618.418.0-0.417.8-0.616.4-2.0
718.317.5-0.817.6-0.715.9-1.4
816.816.4-0.415.6-1.215.5-1.3
916.216.2015.3-0.915.1-1.1
P16.015.9-0.115.2-0.814.9-1.1

比較的厚かったMP-52とほぼ同等です。


売りの飛距離は間違いなく満足するレベル!今回の試打評価は3系列に分かれることにしましょう…。


~MP-59をお使いの方~

飛距離性能はそのままに易しさ、拾い易さがプラスした間違いなく打ち易いクラブです。移行もよりスムーズに行うことが出来るでしょう


~MP-53をお使いの方~

設計コンセプトは近いものがありますが何かの違いを感じるかもしれません。その違いは良い方なのか?悪い方なのか?はダウンスイングの傾向によって分かれていくと想像しています。


~MPマッスルバック系の方~

ここは私の感覚により近い分野ですが私は上手く打てなかったですね…。易しさと飛距離を求めてMP-54を検討している方は、見極めるフィッターの腕次第ということになりそうです。現在マッスルバックが上手く打てている方はインパクト付近でのヘッドの回転力が足らない為に比較的右に出ていく傾向に戸惑うかもしれません。ダウンスイングでは鋭角により高速に下りてくる方は注意が必要です。


【総評】

設計コンセプトとしてはMP-59を意識しているように見えます。弊社ではあまり大したことはありませんでしたが全国的にはMP-59のセールスは良かったらしい…。そのMP-59のストロングロフトを採用しながらもより易しくさせたのがこのMP-54の“狙い”とみました…。


ミズノの“狙い”は当たると思いますね…。飛距離を求めたMPブランド第二号としてより上昇志向のユーザーをMPブランドを冠したMP-54に取り込むことで上級者イメージの強い憧れ的なブランド“MP”を所有する精神的な満足感も同時に手に入れられることが出来るのがこのMP-54です。


ゴルファーは2番手ブランドをどちらかと言えば敬遠する傾向にあります。そんなニーズを掴む上でも最近のMPブランドはどんどん敷居が低くなってきましたね…。


前にも言いましたがトップブランドの敷居を低くするとブランドの老化が一気に進むか二番手ブランドの存在意義がかなり薄れてきます。そんな意味でもMP・JPX両ブランドにとっては今後正念場だ…。


コメント

[コメントをする]

1 ■緩いダウンブローならあいますか?

53使用者です、ソールの形によるちがいでしょうか

2 ■Re:緩いダウンブローならあいますか?

>ぴさん

MP-54と53は重心距離こそほとんど変わりありませんが何かが違います。

その違いはスペック的なものからは残念ながら発見出来ません…。

試打してライ角を合わせても右に出る傾向であれば私は54をお勧めしません。

コメント投稿