らうめん侍の侍 甘えび香味らうめん

テーマ:

らうめん侍の侍 20170124-1

【甘えび香味らうめん 750円】



仮面ライダー大足は。
地球制服をもくろむ悪の組織「ショッカー」から人間たちを守る。
正義のヒーローだ!

おっと、今日もおねーちゃんが襲われている。
助けなければ!
トウッ!!

さあ、お嬢さん。
後はわたしに任せて、今すぐ逃げなさい。
あ、ちょっと待って。
その前に電話番号を。
大丈夫、個人情報は遵守します。
だから安心して、あ、行っちゃった・・・・。

ん?ショッカー、まだいるの?
もうどうでもいいから、適当にどっか行って。

※注1
仮面ライダー大足は助けたおねーちゃんから必ず電話番号を聞く
その後のショッカー退治はどうでもいい


おや、あそこでもショッカーが暴れているぞ。
襲われているのはどうやら男性二人。
このままでは危ない!

しかし。

どうでもいい。

※注2
仮面ライダー大足はおねーちゃん以外に興味がない


むむ!あそこにボス系ショッカーが!
ガーターベルトに網タイツ。
武器はムチ。
間違いなく女王様タイプ!
あれは手強いぞ。
よし、変身だ。

変身!

※注3
仮面ライダー大足は時々エゲツないコスチュームに変身する


うわ~!
やられた~!
縛られて、一方的にしばかれて。

嬉しい♪

※注4
仮面ライダー大足はM


こうして仮面ライダー大足は、今日も命をかけて人々をショッカーの魔の手から守った。
明日もきっと激しい戦いが待っていることだろう。

負けるな!仮面ライダー大足!
戦え!仮面ライダー大足!

 

らうめん侍の侍 20170124-2


らうめん侍の侍へ。
ターゲットは既に決定済み。
期間限定の”甘えび香味らうめん”。

店内に入ると、あ。



おねーちゃん・・・♪♪


久し振りに遭遇するラーメン屋での素敵おねーちゃんに、一気にテンションアップ!
やっぱラーメン屋ってヤツぁ、素敵おねーちゃんがいてナンボです!!!!

オーダーを告げて、しばし着丼待機。
横目でじーーっと素敵おねーちゃんを観察しつつ、テレパシーを送る。

『電話番号ぉーーー教えてぇーーー』
『電話番号ぉーーー教えてぇーーー』
『電話番号ぉーーー教えてぇーーー』

程なくしてラーメン登場。
配膳は素敵おねーちゃん。
目が何かを語りかけている。

『電話番号、探してみ・て・ネ♪』

キタァーーーーー!!!
今日はラーメン遊歩初のおねーちゃん電話番号ゲットの日だぁーーー!!!

それでは隠されたおねーちゃんの電話番号を探しつつ。
侍の甘えび香味らうめん、いただきんす。

 

らうめん侍の侍 20170124-3


スープは薄いオレンジ。
ちょっと画像分かり辛いですが、下は豚骨のホワイト、その上にこのオレンジの海老油が層状に浮いている、というような構造になっています。

アタックからバーン!とキますね、海老。
磯臭いラフな海老香がガリガリと鼻を上ってくる。

その後から顔を出してくる豚骨。
ミルキー&マイルドなうま味が、柔らかくゆる~んと味のボリュームを持ち上げる。

後味に再び海老の香り。
そして殻から来てるのかな?ほんのりビター感も。

イイっすね。
ガキガキとした海老ちゃんの粗い味のニュアンスが、リアルに表現されてます♪


ところで。
おねーちゃんの電話番号はドコだろうか?
ひょっとしたらスープの中に沈んでいるのかと思いましたが。
残念ながら見当たらない。

どこだ?

 

らうめん侍の侍 20170124-4


麺は極細麺。
茹で加減は「カタメ」を指定。

ぷつぷつと小気味よく噛み潰れていく感触が実に軽快で。
生き生きと麺が踊る。

小麦の香味もふんわり軽く。
優しい味わいがゆっくりと膨らんでいく。


ところで。
おねーちゃんの電話番号はドコだろうか?
ひょっとしたら麺の下に隠してあるのかと思いましたが。
残念ながら見当たらない。

どこだ?

 

らうめん侍の侍 20170124-5


チャーシュー。
サイズ・厚み共に普通。

脂身のほとんどないお肉は、弾力豊か。
舌触りつるりと滑らかで。
噛み込む時に感じるむっちりとした歯応えも素晴らしい。

味わい大振りで柔らか。
赤身の力強い味わいがどっしりと腰を下ろし。
甘い肉汁が後を追う。


ところで。
おねーちゃんの電話番号はドコだろうか?
ひょっとしたらチャーシューの裏に書いてあるのかと思いましたが。
残念ながら書いてない。

はて?

 

らうめん侍の侍 20170124-6

【替え玉 100円】


一杯目、食べ終わる直前に替え玉コール。
茹で加減は「カタメ」指定。
到着と同時にスープにどぼんと放り込む。

茹でたて麺は食感ぷつぷつ。
豚骨スープときれいに馴染み。
柔らかな甘みで美味しさの充実感をぐっと高める。


ところで。
おねーちゃんの電話番号はドコだろうか?
ひょっとしたら替え玉の皿の下に挟んであるのかと思いましたが。
残念ながら見当たらない。

おかしい・・・・


終丼。


海老感がしっかりと生きてて。
まさにその名の通り「海老」のラーメンでした。
他店においては、「海老」と称して全然「海老」の風味が感じられないラーメンが多い中。
このラーメンはちゃんと真面目に味が「海老」してて。
スジの通ったいいラーメンでした。

ただまあひとつだけ注文を付けさせてもらうとすると。

電話番号ぉーーーー!!!!
どこにあるんやぁーーーー!!!!!

 

らうめん侍の侍 20170124-7

 

海老ちゃんスープが美味すぎて残せんかったわい♪

 

ごちそうさま。

 

 

[ らうめん侍の侍 店舗情報 ]

〒920-0858
石川県金沢市木ノ新保町1-1 金沢百番街くつろぎ館 3F
TEL:076-223-3661

 


← らうめん侍 前の記事へ


 

 

読者登録してね

 
[ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

 

AD

大河 黒味噌らーめん

テーマ:

大河 20170115-1

【黒味噌らーめん 750円 + 半熟煮玉子 100円】

 

 

ある日おじいさんが畑へ出かけると、見たこともないような大きな太ももが生えていました。
これはラッキー!
早速抜こうと頑張りました。

 

「よっこらしょ・・どっこいしょ!」

 

しかし太ももは抜けません。

 

そこで助けを求めて、家にいるおばあ・・・・おっと、おばあさんにバレては大変。
せっかくの太ももが取りあげられてしまうかもしれません。

 

そこで口の堅い犬、口の堅い猫、口の堅いねずみを呼んできました。

 

彼らなら安心。
秘密は命に代えても守る、熱いヤツらです。

 

心強い3人と共に力を合わせ。

 

「よっこらしょ~~どっこいしょ!!」

 

それでも太ももは抜けません。

 

すると彼らは言いました。

 

犬:「おじいさん、アレだわん!」
猫:「おじいさんならできるにゃー」
ねずみ:「だっておじいさんはゴッドなんだからちゅー」

 

おじい:「それじゃあ久し振りに・・・」

 

おじいさんは指を熊手のように大きく広げ、ゆっくり優しく太ももにタッチ。
そのまま円を描くような要領で、さらさら・・ゆるゆる・・と触るか触らないかのギリギリのラインで撫で始めました。
それはそれはいやらしく、ネチっこく、撫で始めました。

 

太ももびっくり!
お・・おじいさん・・スゴい!!
こんなテクニック初めて!
まさか、これが噂に名高い「ゴッドハンド」なの??

 

老獪なおじいさんの指使いは絶妙。
実はおじいさん、若い頃は結構遊んでいたのです。

 

次第に汗ばんでいく太もも。
肌は赤味を帯び。
自然と熱い吐息が漏れ始め。
もはや陥落寸前・・・ああ・・もうこれ以上無理ぃぃぃ!!!

 

「ずぼっ!!」

 

ついに太ももは抜けました。

 

こうしておじいさんは大好物の太ももを無事ゲットし。
死ぬまで太もも三昧の幸せな毎日を送ったのでした。

 


めでたし。めでたし。

 

 

 


いかがでしたか?
夢いっぱいの日本の童話。
やっぱり持つべきものは口の堅い友達ですね(笑)。

 

次回は「太ももコロコロ」のお話です。
どうぞお楽しみに!

 

大河 20170115-2

 

ちなみにこのお話。
正しくは日本じゃなくてロシア民話らしい。

 

どうでもいい??(笑)

 


寒空の中、大河へ。

 

この店の行列はいつもの事なので、少しでも前に並ぼうと開店15分前にお店へ。
と、先待ちたったの二人。
あり?
雪がばっさばさ降ってる日だったのでね。
皆さん出足が悪いようで。

 

そのまま凍えながら開店待ち。
時間ぴったりにお店が解放され、逃げ込むように店内へ。
すかさず”黒味噌らーめん”をオーダー。
寒い中頑張ったし、ご褒美の(←?)玉子も付ける。

 

珍しく大盛りオーダーじゃないのは、単に注文取りに来たおねーちゃんのミスです。
わたしゃ大盛りで頼んだはずなのになぜか普通盛りで出てきました。

 

大盛りで食いたかったのになー・・。

 

それでは鬼さぶブルブルの大河にて。
悪のブラック味噌らーめん。
いっただくよー!

 

大河 20170115-3

 

スープは深黒。
液温あちちのちー。

 

この黒はイカスミによるものなのですが。
あのイカスミ特有の生臭さはまるでなし。
味噌の心地良い香味がふわ~んと鼻を撫でる。

 

味わいもがっつり味噌。
甘旨い味噌の味が優しく、そして程良いボリューム感でゆるゆると伸びる。

 

味噌ラーメンにありがちな過剰な塩のニュアンスはなく。
アタックからアフターまで滑らか、そして柔らか。

 

大河 20170115-4

 

麺は太麺。
茹で加減普通。

 

跳ねるね、この麺。
すすり上げるたびに、麺が唇の間をぷるっぷる踊る。
リズミカルに跳ね回る躍動感がタマンネ!

 

その一方で押し沈むような重量感。
太麺なんでね。
小麦の味が塊になって舌に落ちてくる。
甘旨い味噌スープを吸い込みながら膨らんでいく小麦の味が。
これまたタマンネ!

 

大河 20170115-5

 

チャーシューはサイズ普通、厚みやや厚め。

 

レアに仕立てられたチャーシューは粘り豊か。
しっとり吸い付くような歯触り。

 

肉質ジューシー。
冷たく透き通った肉の味が、真水のような純度感で流れ出す。
脳天の先までぴっと研ぎ澄まされるようなみずみずしさ!

 

大河 20170115-6

 

ご褒美煮玉子。

 

黄身の具合はとろ~りゼリー状。
甘みがみっちりと濃縮され。
贅沢~に舌を舐めていく。

 

味噌スープとの融合感が実によく。
味噌+玉子のうま味の溶け合いが、味の濃密感をさらに高めていく。

 


最後はブラック味噌スープを飲む。
もーとにかく寒くてしゃーなかったので。
あっちっちーのスープを最後の一滴まで飲む。
体に中に熱を入れまくるー!!

 


終丼。

 


大河の黒味噌らーめん。
寒い中頑張った甲斐のある美味しーラーメンでした。

 

うんめぇ~余韻に浸りながら。
体も心もぽかぽかにして店を去る。

 

大河 20170115-7

 

ごちそうさま。

 

 

そして家に帰り。
光り輝くメローイエロータイム。

画像は自粛(笑)。

 

 

[ 大河 店舗情報 ]

〒920-0847
石川県金沢市堀川町6-3
TEL:076-260-7737

 


← 大河 前の記事へ


 

 

読者登録してね

 
[ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

 

AD

吟とん 特濃ベジポタ鶏とん

テーマ:

吟とん 20170116-1

【特濃ベジボタ鶏とん 850円 + 大盛り 100円】



2月14日。
何の日か知ってますか?

そう、2月14日と言えばあの日!
あの日ですよ!

「独りでラーメン食べに行く日」!!
 

 


今年も誰からもチョコレートを貰えず。
普通に普通の日として終わり。
仕事から帰宅、の途中、あ、気が付いたらラーメン屋。

まあラーメンでも食ってくか・・・。

ずる・・ずるる・・はぁ・・・(涙)


ずるる・・ずるる・・・はぁ・・・(涙)


そんな残念族が日本中にあふれる日。
それが。
2月14日。


こんな素敵な残念族に。
あなたも参加しませんか?

独り、涙をこらえながらラーメンを食べ。
人生の悲哀と。
世の無常と。
希望なき未来に。
永遠の絶望を噛みしめましょう!

さあ一緒に!
残念族の世界へ。

出口のない。
無限の暗黒へ!

共に旅立ちましょうーー!!!!




おいで・・




こっち側へ・・





おいで・・・


おいで・・・




ふふひひひひ・・

 

吟とん 20170116-2

 

吟とんへ。

この日はニコさんRA-KAMIさんと一緒に3人での麺活。
現場で待ち合わせて、店内へ。

ターゲットは決まっております。
期間限定の”特濃ベジボタ鶏とん”。
これ一択。
もちろんいつもの金沢情報100円引きクーポン券も抜かりなく用意。

それでは早速。
いただきましょー。
 

吟とん 20170116-3

 

スープは半濁のホワイト。
液温ちょい熱。

濃厚ですね、鶏。
鶏らしいハリと香味にあふれた力強い味わい。
そいつがずっしりと重量感満点で押し寄せてくる。

 

野菜のニュアンスもはっきり。

とろんとろんの液質。
ゆったり広がる甘み。
柔らかな酸味。

 

そしてこの店独特のミルクの風味。
いつもの豚骨と違い今回は鶏スープですが、それでもやっぱこの風味は出るのね。
後味にふわ~んと追いかけてくるミルク香。

 

吟とん 20170116-4

 

麺はレギュラーメニューに使ってるのと同じ麺。
フラットな形状の太麺。

相変わらずの高粘性。
粘りいっぱい、噛むごとにむっちむっちと歯を吸い込む。

小麦のうま味もダイナミック。
太い味わいがどすりと沈み込み。
高濃度の鶏スープと実によく馴染む。

 

吟とん 20170116-5

 

肉は鴨ロースト。

肉質柔らか。
しっとりジューシー感にあふれ。
上品な鴨のうま味が高密度に湧き出す。

ほんのり入れられてる炙りがまたいいアクセントになってて。
焦げのフレーバーが心地よく鼻をくすぐる。


終丼。


吟とんの限定。
今回も期待を裏切らないハイパフォーマンスな内容でした。

また次回の限定も楽しみにしてますヨ!
 

吟とん 20170116-6

 

ごちそうさま。




そして。

 

吟とん 20170116-7

【一蘭ラーメン】



RA-KAMIさんからお土産にいただきました。

あざーーーす!!

 

 

[ 吟とん 店舗情報 ]

〒920-0806
石川県金沢市神宮寺1丁目17-17
TEL:076-225-8422

 


← 大吟豚 前の記事へ


 

 

読者登録してね

 
[ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

 

AD

フジヤマ55 海老味噌らーめん

テーマ:

フジヤマ55 20160113-1

【海老味噌らーめん 900円 + 大盛 100円】

 

 

世界的に有名な大ヒット映画。

 

『猿の惑星』

 

長い宇宙飛行を終えて地球に向かう主人公。
光に近い速度で移動してきた彼らは、相対性理論の小難しい理屈により、いわゆるタイムスリップを体験することとなる。
たどり着いた地球は遥か未来の地球。

 

しかしそこは。

 

なんと。

 

女子の支配する世界だったーー!!!(じゃじゃーん!!)

 

世界中から男子の枯渇したこの地球において。
男子は彼らのみ!
オンリー男子となった彼らに群がる。

 

女子!

 

女子!!

 

女子!!!

 

図らずも「地球」という超巨大なハーレムを手に入れた彼らは。
まさに。
「猿」となって。
毎日毎日死ぬまで子孫繁栄の作業に明け暮れるのであったーー!!!!

 


以上。
『猿の惑星』でした。

 

ロマンあふれるいい映画ですね。

 

わたしもいつか宇宙飛行士になって。
猿の惑星に。
移住したいな~♪

 

フジヤマ55 20160113-2

 

フジヤマ55へ。

 

この日はどうしても食いたいラーメンがあったのです。
それが今回食べる冬季限定の”海老味噌らーめん”。

 

海老っスよ!海老!
これは食わにゃならんでしょ!!

 

券売機をぽちぽちっと押して、大盛りボタンも押して。
カウンターに座って食券を渡す。
しばし待機の後・・・海老ちゃんキターーーーー!!!

 

それでは海老ちゃんスイッチばっちんコ!と入れながら
海老えびラーメン、いっただきましょー!

 

フジヤマ55 20160113-3

 

スープは完濁の茶色。
液温激熱。

 

いきなりどすんとキますね、味噌。
ストレートど真ん中に味噌。
味噌特有の重たいうま味がずっしりと舌を押す。

 

もうちょっと豚骨と味噌が引っ張り合うような味をイメージしてたんですけど。
豚骨をぶっ飛ばして、味の主役は完全に味噌が支配。

 

当然、海老も味噌に押されまくって全然存在感がなく。
味噌、味噌、味噌、味噌ぉーーーー!!!!

 

これは”海老味噌らーめん”ではなく。
”味噌がとっても濃いパワー味噌らーめん”ですな(笑)。

 

フジヤマ55 20160113-4

 

麺は太麺。
茹で加減普通。

 

むっちり感がすごいね。
噛む度にむちむちと跳ねて。
粘りあふれる、豊潤な噛み心地。

 

小麦の味もどっしり重厚。
芯の太い、パワフル麺。

 

この麺がパワー味噌スープと合体する訳ですよ。
パワー+パワーのおしくらまんじゅう。
口の中は完全にプロレスラーの運動会状態。

 

うーん。
体育会系過ぎる(笑)。

 

フジヤマ55 20160113-5

 

チャーシュー。
サイズ大、厚みぺらぺら。

 

薄いチャーシューにありがちなんですが、味わい脂先行。
肉のうま味よりも脂のクドさの方が前に出てて。
思いっ切りオイリー。

 

やっぱ肉には厚みが欲しいよね。
脂の味って薄く切っても残るけど。
赤身のうま味は逃げちゃうんだな。
さらに食感という意味でも、薄く切っちゃうとダイナミックさが失われる。

 

肉は面積よりも。
厚みです。

 


終丼。

 


フジヤマ55の海老味噌らーめん。
海老のインパクトは正直全然でしたが。
味噌ラーメンとしての主張の強さは抜群。
これはこれで十分に楽しめるラーメンでした。

 

フジヤマ55 20160113-6

 

ごちそうさま。

 

 

[ フジヤマ55 藤江店 店舗情報 ]

〒920-0346
石川県金沢市藤江南 2-14
TEL:076-267-5559
URL:http://fujiyama55.co.jp/

 


 

 

読者登録してね

 
[ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

 

マキシマム・ザ・ラーメン 初代 極 ラーメン

テーマ:

マキシマム・ザ・ラーメン 初代 極 20170107-1

【ラーメン小 730円】

 

 

全国各地に点在するホラースポット。
もちろんこの金沢にも、恐るべきスポットが存在する。
今回はそのほんの一例を紹介しよう。

 


その1:死霊のトンネル

 

山奥に突然ぽつんと現れる小さなトンネル。
このトンネルには、かつて交通事故死した男の霊が現れると言われている。

 

[目撃談]

運転中、突然人の気配。
ふと気付くと、助手席に知らない男が座っている。
やけにラーメン臭い。
にやりと笑って、男は言う。

『電話番号・・教えて・・』

 

ちなみにこの男の霊はおねーちゃんにしか現れない。


その2:呪いの断崖

 

今なお自殺者が後を絶たない、通称「呪いの断崖」。
ここにはこの崖から身を投げた霊達がさまよい出る事があるという。

 

[目撃談]

崖のそばを歩いていると、突然人の気配。
振り向くと、後ろに見知らぬ男。
とにかくラーメン臭い。
血走った眼でこちらを見つめ、言う。

『電話番号・・交換し・・よ・』

 

ちなみにこの霊、男には全く興味を示さないと言われている。

 

その3:ラーメン屋

 

金沢のラーメン屋には時折変な男が現れる。
怪しい素振りでバイトのおねーちゃんを物色し、じろじろと見ていくらしい。

 

[目撃談]

今日もいつも通りの仕事をこなすおねーちゃん。
と、突然不気味な視線を感じる。
慌てて店内を見渡すと、カウンターにひとりの男。
ふひひと笑って、こう言う。

『電話番号・・ででで・・電話・・番号』

 

自分の箸でも持ち込んでいるのだろうか、この男が食べ終わった後の食器には不思議と箸が残されていないという。

 


以上、金沢ホラースポットの紹介でした。

 

霊の世界は摩訶不思議。
次に現れるのは。
あなたの前かもしれません。

 

どうぞ。
お気をつけて・・・。

 

マキシマム・ザ・ラーメン 初代 極 20170107-2

 

極へ。

 

この日、本当は普通に家に帰ってメシ食うつもりでしたが。
なんか知らんけど仕事中腹減って腹減ってどーもならん。

 

これはーーー!!!
ガッツリ食わな収まらんでーーー!!!

 

って事で飛んできました、極。

 

配膳はいつものポーカーフェースおばちゃん。
遭遇率ほぼ100%。
安定のポジション。

 

ホンマいつ来てもおるな、このおばちゃん。
ここに住んでんじゃねーの??(笑)

 

オーダーはいつも通りの”ラーメン小”。
小と言ってもこのボリューム。
見ただけでこみ上げるワクワク感ーーーー♪♪♪

 

さ、んでわ!
食うぞーーーー!!!

 

マキシマム・ザ・ラーメン 初代 極 20170107-3

 

スープは完濁の薄茶色。
液温ちりちり。

 

ゆる~い豚骨感。
どろどろ滴る脂の甘み。
硬くパワフルな塩。

 

相変わらずですわ、このジャンクテイスト♪

ひとすすり毎に内臓が壊れていくような。
あからさまに体高負荷な背徳の味が。
たまらなくエクスタシ~~~!!!

 

マキシマム・ザ・ラーメン 初代 極 20170107-4

 

麺は極太麺。
箸がずしりと沈むほどの重量感。

 

噛み応えが抜群ね!
つるんと滑らかな舌触り。
むっちむっちと豊かな粘り。
そして迫力満点のダイナミック食感。

 

いつ食っても美味ぇーゼこの麺!
オイリーどろどろスープに絡むヘビーな小麦の味が。
他に類を見ない。
超絶無比の極ワールドぉーー!!!

 

マキシマム・ザ・ラーメン 初代 極 20170107-5

 

チャーシュー。
デカイのがどさどさっと2枚+ちっちゃいのが1片。

 

相変わらずのこのデタラメな量。
デカくて、厚みもしっかりあって。
こんだけ盛ったら、見ただけで腹いっぱいになってまうっちゅーねん(笑)。

 

この日は肉質ややパサ気味。
でもなにしろデカいんで。
ボリューム感でそこはカバー。
デカ肉を口いっぱい頬張って。
むっちゃくっちゃ噛み締める喜び。


もぉ~~~幸せだぁ~~~♪♪

 


終丼。

 

 

極のジャンク・アンリミテッドなラーメン。
本日も心行くまで堪能させていただきました。

 

ここ数週間、結構ラーメン食うのをセーブしてたので。
かなりラーメンハングリーな精神状態でしたが。
きれいさっぱりストレス解放されました。

 

これで明日からは。

明日からは。

明日からは。

 

明日は明日でまたラーメン食べたくなるんだろうなー、きっと(笑)。

 

マキシマム・ザ・ラーメン 初代 極 20170107-6


ごちそうさま。

 

 

[ マキシマム・ザ・ラーメン 初代 極 店舗情報 ]

〒921-8812
石川県野々市市扇が丘5-3
TEL:080-3045-5031
URL:http://blogs.yahoo.co.jp/ramenikedayakanazawa

 


← マキシマム・ザ・ラーメン 初代 極 前の記事へ


 

 

読者登録してね

 
[ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

 

らーめん la.la.la. 鯛塩らーめん

テーマ:

らーめん la.la.la. 20170106-1

【鯛塩らーめん 700円 + 大盛 100円】

 

 

「大足温泉」へ。
ようこそ。

 

当館ではお越しいただいたお客様に。
最高の「お風呂」「料理」「癒し」の3つを提供しております。

 

例えば「お風呂」。
大自然のロケーションを生かした露天風呂は、解放感満点!
四季の風情を肌で感じながら、どうぞごゆるりとおくつろぎください。

 

希望者には、わたくし大足の「お背中流しサービス」もございます。
お呼びいただければ、いつでも飛んでいきますので。
お気軽にお申し付けください。

 

時々手が滑る事もありますが。
石鹸のせいです。

 

お風呂の後は当館自慢の料理をどうぞ。
極上の山海料理と美酒を、ふんだんにご用意しております。
お酌はもちろん、わたくし大足がさせていただきます。

 

万が一飲み過ぎても心配無用。
ジェントルマンなわたくしが部屋までお連れして、お布団敷いて差し上げます。
だから安心して記憶が無くなるまで泥酔してください。


安心して記憶が無くなるまで泥酔してください。

 

さらに忘れないで欲しいのがマッサージサービス。
わたくし大足が、全身ローションぬるぬる人間になってマッサージいたします。

 

どうぞこの銀のマットの上に横になって下さい。
さあ力を抜いて。
あなたはもうマグロ。
ぬるぬる・・・ぬる・・・ぬる~りぬるり・・・ぬるるるる~~~ぅぅぅ

 

これはもう。

地獄の悦び♪♪

 


さあ、憩いの宿「大足温泉」で。
今までに体験した事のない最高にラグジュアリーな時間を。
どうぞ心行くまでご堪能ください!

 

らーめん la.la.la. 20170106-2

 

らーめんla.la.la.。

 

この日は新年の挨拶も兼ねて、RA-KAMIさんをお誘いしての麺活。
夜8時に現地集合して店内へ。

 

ターゲットは期間限定の”鯛塩らーめん”
でもこのメニュー、1日20杯の狭き門。
こんな夜中にまだ残ってんのかちょっと不安でしたが、「ある?」と聞いたら「ある」とあっさり。

 

20杯って、相当サバ読んでんでしょ??(笑)

 

まああるならソレいただきましょー、と大盛りでオーダー。
お勧めのお茶漬けも付けて。

 

それでは、らららにて期間限定の鯛塩ちゃん。
いっただきますヨー!

 

らーめん la.la.la. 20170106-3

 

スープは完濁のクリーム色。
液温あちち。

 

なんとな~くありますね、魚のニュアンス。
魚のアラから出汁を取った時に出てくる、あの味。
ちょっと磯っぽいと言うか、生っぽいと言うか。

 

味のインパクトとしては、やや控えめ。
でも薄いって訳ではなく。
美味しさの丁度いい場所をきれいにつかんだみたいな。
そんな優しいタッチ。

 

らーめん la.la.la. 20170106-4

 

麺は細麺。
茹で加減やや硬。

 

この麺、結構粘りがあるのね。
細いけど、むっちりしてて。


小麦の甘みもしっとり濃厚。
なかなかに厚みのある味わい。

 

鯛ちゃんスープとの融合感は申し分なし。
ふっくらした麺に、魚出汁がぴたっと馴染んで。
麺の甘みとスープのうま味がきれいにきれ~いに溶け合う。

 

らーめん la.la.la. 20170106-5

 

チャーシュー。
サイズ大。
キラキラ光るブリリアントピンク。

 

厚みがしっかりとあるのでね。
ボリューム感満点!
むちむちと豊かに粘り。
とろけるように舌に吸い付く。

 

味わいがまた鮮烈!
レア肉特有の澄んだうま味がジュースのように湧き出し。
ざばざばと口の中を流れ。
清々しく抜ける日本酒の香気が、後味にピンと緊張感を走らせる。

 

これはもう。
スペシャル素晴らしいですわ♪♪

 

らーめん la.la.la. 20170106-6
【ミニ鯛茶漬け 70円】

 

セットで付けたミニ鯛茶漬け。
残ったラーメンのスープを全部注いでざざざっと流し込む。

 

鯛汁のうま味+ごはんの甘み。
優しい味がさらりさら~り。

 

でもちょっと味が薄い。
ので、卓上の塩を少量ぱっぱ。

 

ん、ちょっとパワーアップしたかな?
でもまだ何か物足りない。

 

なんか「お茶漬け」って言われちゃうと、無意識に永谷園のお茶漬けをイメージしちゃって。
あの濃い塩まみれな味がどーーーーしても頭から抜けず。
この手の優しい味だと、どこかパンチ不足に感じてしまう。

 

あの味を開発した永谷園って悪魔だわ(笑)。

 


終丼。

 


今回の鯛塩らーめん。
期待を大きく上回るガチな美味さでした。

 

特にチャーシュー。
新年早々、ほぼ2017年ベストチャーシューはコレで決まり!ってくらい強烈な味でした。

 

ららら店主さーん!
お土産に1個丸々おくれぇーーー!!!!(笑)

 

らーめん la.la.la. 20170106-7

 

ごちそうさま。

 

 

[ らーめん la.la.la. 店舗情報 ]

〒920-0274
石川県河北郡内灘町向粟崎5-247
TEL:080-2956-5520
URL:http://blog.goo.ne.jp/lalala1ala

 


← らーめん la.la.la. 前の記事へ


 

 

読者登録してね

 
[ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

 

らーめん la.la.la. 名古屋風パイタン

テーマ:

らーめん la.la.la. 20170102-1

【名古屋風パイタン 680円 + 大盛り 100円】

 

 

2017年。
大ヒット間違いなしの商品。

 

『おしゃべり人形大足くん』

 

内臓された高性能メモリには、実に2万語を超える言葉を収録。
状況に応じて様々な会話を可能にする。

 

「おはよう」
「こんにちは」
「いただきます」
「おねーちゃん電話番号教えて」

 

などの日常会話はもちろん。

 

「太もも大好き」
「ハイヒールで蹴って」
「男は持続力よりも回数で勝負さ」

 

などのシークレットワードもまれに口にする。

 

さらに注目なのが「学習機能」。
この人形、なんと「教育」によって後から様々な能力を身につけることも可能なのです。

 

『ゴールデンフィンガー大足くん』に育て上げるも。
『バター犬大足くん』に育て上げるも。
全てはあなたの「教育」次第。

 

さあ今年の大ヒット商品。
おしゃべり人形大足くんを誰よりも早く手に入れて。
2017年の最先端を突っ走ってください!

 


待て!!
発売!!

 

らーめん la.la.la. 20170102-2

 

2017年初ラー、らーめん la.la.la.へ。

 

実は前回記事までは、まだ2016年訪問分。
今回からようやく2017年分に入ります。

 

店を訪れたのは1月2日。
開店11時半に対して、11時35分入店。
よっしゃ、わしが2017年客第1号やーと思ったら、既に先客4人。

 

アンタら早過ぎやろ・・・(汗)。

 

オーダーは店のブログで予告してた新年限定メニュー”名古屋風パイタン”。
開店直後を狙ったのは、杯数限定だったからです。

 

それでは記念すべき2017年の1発目。
うき♪うき♪でいただきましょー!

 

らーめん la.la.la. 20170102-3

 

スープは完濁の薄茶。
液温やや低。

 

香りがいいね!
品のいいカツオの香味がバリっ!と湧き立って。
心地良く鼻をくすぐる。

 

鶏の濃度は中庸。
このお店の性格からして、もっと濃厚どっこん!でくるかと思ったけど、意外と抑え気味。
柔らか~いタッチで喉を滑る。

 

らーめん la.la.la. 20170102-4

 

麺は細麺。
茹で加減やや硬。

 

ぷつぷつとした歯応えが実に軽快。
噛むごとに、ぎゅっと締まった小麦の味が豊かにしみ出す。

 

鶏スープとの絡みもいいですね。
スープのうま味と小麦の甘みがきれいに溶け合い、深い味わいがゆっくりと厚みを増していく。

 

最後にす・・と鼻を抜ける上品なカツオの香りがまた。
悶絶にエクスタシー♪

 

らーめん la.la.la. 20170102-5

 

チャーシューは豚バラブロックのカット。

 

強いね、このチャーシュー。
重たいお肉の味がぎゅっと出てきて。
脂の甘みも濃厚で。
野趣あふれる美味しさがパワフルに舌を押す。

 

サイズこそ小さいものの。
味の濃さでそこはカバー。
1枚1枚が自分の存在をしっかりと主張。

 

らーめん la.la.la. 20170102-6

【ミニチャーシュー丼 180円】


今回正月なので(←?)、珍しくサイドメニューも頼んでみました、
ランチタイムサービスの”チャーシュー丼セット”。
+180でミニチャーシュー丼が付きます。

 

コロ切りにされたチャーシューはみっちりとした噛み応え。
タフな肉の味がどしっと湧き出す。

 

肉には炙りも入れられており。
香ばしい炭のフレーバーがまた格別!

 

そんなワイルドなお肉をごはんと一緒に口いっぱい頬張る喜び。
美味さ×旨さが掛け合わさり、幸せのボルテージがぐんぐんと上がっていく。

 


終丼。

 


らららの新春限定メニュー。
美味しく楽しませていただきました。

 

こちらのお店、味やクオリティにちょっとバラつきが激しいのが難点ですが。
今年はどうでしょう?

 

2016年を超える感動の一杯。
期待してますヨ!

 

らーめん la.la.la. 20170102-7

 

ごちそうさま。

 

 

んで、このラーメン。

何が「名古屋風」なのか後で聞いてみたところ。

スガキヤ(名古屋発祥らしい)の”特製ラーメン”のマネマネなんだとか。

あくまで「遊び」として提供してみたとの事。

 

ちょっとスガキヤの公式サイトで確認してみる。

 

ああ、確かにパクってるわ(笑)。

 


そして、この後。
津幡の倶利伽羅さんへ初詣。
2017年の吉凶を占うべく、新年恒例のおみくじを引く。

 

らーめん la.la.la. 20170102-8

【小吉】


コリャ今年もダメだ・・・・凹。

 

 

[ らーめん la.la.la. 店舗情報 ]

〒920-0274
石川県河北郡内灘町向粟崎5-247
TEL:080-2956-5520
URL:http://blog.goo.ne.jp/lalala1ala

 


← らーめん la.la.la. 前の記事へ

らーめん la.la.la. 次の記事へ →


 

 

読者登録してね

 
[ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

 

響 冬味噌中華そば

テーマ:

響 20161222-1

【冬味噌中華そば 800円 + 大盛 150円】

 

 

日本が世界に誇る、諜報技術のスペシャリスト。

 

『忍者』

 

煙と共にどろんと姿を消し。
千里の道を疾風の如く駆け抜け。
水中でも陸上のように活動する。

 

まさに!
ジャパニーズファンタスティック!!!

 

素晴らしいぞ忍者。
だってこの能力があれば。
女風呂のぞき放題じゃないか!!

 

姿を消せば侵入してもバレないし。
足が速ければ逃走成功率100%。
長時間の潜水能力は、湯船の中でじっくり観察する事を可能にする。

 

これはもう。
夢の能力。

 

に、に、に、忍者に!!
なりてーーーーーぇぇーー!!!

 


よし、決めた。
わし、忍者になる!

 

目標!!
日本全国女風呂完全制覇!!!

 

待っていろ!!
女風呂ぉ!!!

 

 

 

うぉぉおおおおぉぉおおおおおおーーーー!!!!!!

 

響 20161222-2

 

燃え上がる闘志を胸に、煮干しオマージュのラーメン屋、響へ。
移転後初訪問。

 

まずは券売機の前で賢者タイム。
用意されたボタンはレギュラーメニュー3種+限定の味噌。
どーれにすべかなー?
どーれにすべかなー?

 

散々深考の末、限定の”冬味噌中華そば”のボタンをポチリ。

 

それでは冬の寒夜。
あつあつの味噌煮干しラーメン。
はふはふっしながらズルズルっとすすりましょー。

 

響 20161222-3

 

スープは完濁のグレー。
黒いツブツブが相当量浮遊。

 

この見た目なので、いきなり煮干しガツーン!かと思いきや。
アタックに出てくるのは味噌。
あの味噌のぽわ~んとした風味がゆっくりと口の中を流れていく。

 

その後を動物系の味がゆるゆると伸び。
プラス油のボリューム感。
重みのある味わいが力強く喉を押していく。

 

煮干しはありゃーー??ドコーー??みたいな感じで。
えらく存在が希薄。

 

もっと煮干し×味噌のガンガン喧嘩味を期待してただけに。
ちょっと肩透かし。

 

響 20161222-4

 

麺はフラットな形状の太麺。
茹で加減普通。

 

質感ぷるっぷる!
噛む度に跳ねる!跳ねる!
弾力感満点の麺が生き生きと舌の上で踊る。

 

小麦の味わいもぎゅっと詰まってて。
味噌スープときれいにフィット。

 

この麺ええわ~♪
「世界太麺と太ももを心から愛する協会」会員として。
モロにド・ストライクです♪♪

 

響 20161222-5

 

チャーシューはサイズ普通、厚さやや厚め。
2枚あるのは大盛りだからです。

 

肉質ほっこり。
とろ~りとろける系じゃないですね。

 

お肉の味はドライ&ハード。
野性味あふれる肉味がどすっと沈み。
ラフな余韻を後に残す。

 


終丼。

 


味噌ラーメンとしては楽しめましたが。
煮干しラーメンとしてのインパクトはもうひとつ。
多分ベースにコストの安いすっきり煮干しを使ってるからだと思うんだけど。
どーーーにも不完全燃焼を感じる一杯でした。

 

響さん。
煮干しを看板にしてるお店なんですから。
限定にももっとパワーあふれる煮干しを。
お願いしやす。

 

ニボボボボぉーーーーーーー!!!!

 

響 20161222-6

 

ごちそうさま。

 

 

[ 響 店舗情報 ]

〒924-0803
石川県白山市乾町41-3
TEL:076-214-6800
URL:http://hibiki-niboshi.com/

 


← 響 前の記事へ


 

 

読者登録してね

 
[ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

 

神やぐら シビ辛麻婆やぐら

テーマ:

神やぐら 20161219-1

【シビ辛麻婆やぐら 880円 + 肉増し(無料)】

 

 

神様。
いるのなら返事して下さい。
わたしの春は、いつになったらやってくるのでしょうか?

 

今日も冷たいお布団で、ひとり眠る夜。
朝起きて、冷たいごはんをひとりで食べて。
夜は外で食べるか、冷たいごはんを家でひとりで食べて。
そして冷たいお布団で、ひとり寝る。

 

もうこんな人生疲れました・・・。

 

神様。
いるのなら返事して下さい。
わたしの春は、いつになったらやってくるのでしょうか?

 

神様ーーーーーぁーーー!!!

 

 

 

 

 

あ・・何か声が聞こえる

 

 


神:「知らん」

 

 

 

 


人生は。


無常。

 

神やぐら 20161219-2

 

神やぐら。
本日のターゲットは限定の”シビ辛麻婆やぐら”。

 

この店の場合、限定よりもレギュラーの方がパフォーマンス高いと思っとりますので。
ここしばらく限定はずっとスルーし続けていたのですが。
今回のこの麻婆だけはかなりビビっとキまして。
久し振りに食っちゃるぞーと。

 

店内に入り券売機のボタンをポチリ。
カスタマイズは”野菜増し、ニンニクあり、ラー油普通、肉増し”で。
カウンターでしばし待機の後、着丼。

 

こ、こ、この。
ビジュアルがぁ~~~♪♪

 

さ、では張り切って。
いっただきまっしょー!

 

神やぐら 20161219-3

 

画像は食べ始めの上澄みなので、ラー油しか写ってませんが。
ラー油の下のスープは完濁の深茶色。

 

味わいエキゾチック。
唐辛子、黒コショー、そして何か分からんけど中華系スパイスがビシビシと攻めてくる。
それと独特のコクはオイスターソースですかね?
柔らかいうま味が味の中心にどっしりと腰を下ろす。

 

背脂が少ない分、いつものレギュラーラーメンに比べてオイリー感はやや弱め。
できればもっと脂感があった方が神やぐららしい気がする。

 

神やぐら 20161219-4

 

麺は極太。
茹で加減普通。

 

低加水の麺は質感ほっくほくのわっしわし。
ひと噛みひと噛みの豊かな抱擁感がたまらない。

 

そして不思議と変化するスープの印象。
スープ単体ですするよりも、麺に絡み上がってくるスープの味の方がはるかにスパイシー。
唐辛子や中華系スパイスの香味がビッシビシと飛んでくる。

 

ああ・・・ジャンク♪

 

神やぐら 20161219-5

 

ゴールド会員特典で肉増し。
2枚あるってことは、ノーマルだと1枚ってことになるんですかね?

 

この日のお肉はへりの部分だったせいか、かなりの厚切り。
むち・・とした噛み応えが恍惚にエクスタシー。

 

味もボリューム満点。
重たい肉の味と、オイリーな脂の甘みが折り重なり合い。
あふれるようなうま味で口の中を埋め尽くす。

 

 

終丼。
シビ辛麻婆やぐら、大変美味しゅーいただきました。

 

ただまあ、正直な感想を言うと。
期待していた程のインパクトはなかったかな、と。

 

・挽肉が入っていない
・麻婆らしいトロみがない
・麻婆の味と豚骨の味がもうひとつフィットせず喧嘩してる気がする

 

この辺の違和感がなんとなーく最後まで頭に引っかかって。
ん~~・・という感じでした。

 

ジャンク感あふれるテイストは良かったんだけどね。

 

神やぐら 20161219-6

 

ごちそうさま。

 

 

[ 神やぐら 店舗情報 ]

 

〒920-0036
石川県金沢市元菊町17-13
TEL:076-221-0044

 

 


← 神やぐら 前の記事へ

神やぐら次の記事へ →


 

 

読者登録してね

 
[ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

NOODLE KITCHEN TERRA 気まぐれ鶏白湯

テーマ:

NOODLE KITCHEN TERRA -1

【気まぐれ鶏白湯 850円】

 


人生が相変わらずドン底で。
全然上昇の兆しを見せません。

 

この暗く長いトンネル。
いつになったら抜け出せるのでしょうか?

 

結構努力はしてるんですよ、いろいろと。
でも何をやっても実を結ばず。
ただ徒労だけの毎日。

 

あーーーダメだこりゃーー・・・。

 

最近は完全に諦めモードに入り。
なーにやってもダメなんだなー、と。
日々深く沈んでいます。

 


もし金沢のラーメン屋で今にも死にそうな暗ぁーーーーいヤツを見かけたら。
多分わたしです。
どうか黙って。
味玉でもおごってあげて下さい。

 

 

 

お礼に。

 

 

 

「不幸」を。

 

 

 

おすそ分けいたします。

 

 

 

・・・ひっひっひっ・・・

 

NOODLE KITCHEN TERRA -2

 

看板のないお店、テラへ来ました。

 

こちらの看板、公式アナウンスではこの前の台風で落っこちたという話ですが。
一部では、ある人が持ち去ったと噂されています。
どこのどなたか、まー心当たりがないではありませんが。
ダメですよ、お店の看板勝手に持ち去っちゃ!
ちゃんとお店に返しましょう。

 

訪問したのは日曜のお昼。
11時半をちょい回って、混んでるかなー?と少々不安を感じながら入店してみると。
先客まさかの6人。
余裕の着席。
その後帰るまで中待ちすら発生しませんでした。

 

なんかえらく寂しくね?
この時間、もっと混んでるイメージがあるんだけど。
絶対看板効果だよこれは。
勝手知ったるわたしでも、何となーく入りにくさ感じたからね。

 

こらーーー!!!
お店が困ってるぞー!!!
看板返しなさーーーい!!!!

 

と、分かる人にしか分からん内輪ネタをかましつつ(笑)。
テラの定番メニュー”きまぐれ鶏白湯”、いただきます。

 

NOODLE KITCHEN TERRA -3

 

スープは完濁のホワイト。

 

口当たり、ゆるっとクリーミー。
濃縮した鶏のうま味が柔らか~く滑り込む。

 

このスープ、味としてはきれいにまとまってると思うんだけど。
なんかね、ちょっと弱さがあるのね。
肉付きはあるけど、バックボーンがないと言うか。
どこか味に空間があると言うか。

 

ガンガンぶっ込んでくるようなジャンク大好き人間には。
少々物足りない印象。

 

NOODLE KITCHEN TERRA -4

 

麺は中細麺。
茹で加減やや柔らかめ。

 

高加水の麺は水っぽく。
びちゃびちゃ。
ただでさえ腰の弱いスープの印象をさらに弱める。
水で割ったカルピスをさらに水で倍に薄めて飲んでいるような感じ。

 

これ絶対にミスマッチでしょう。
このスープにこの麺は合わんですわ。
麺自体が持つ水分がスープの味を思いっ切り希釈しちゃってる。

 

なんでこの組み合わせにしてんのかなー??
意図が分からん。

 

NOODLE KITCHEN TERRA -5

 

チャーシューその1。
豚。

 

レアに仕立てられたお肉は純度感満点。
澄んだ肉の味が爽やかにさーっと走る。

 

むっちりした噛み心地もいいですね。
みずみずしく粘り。
柔らか~く舌に貼りついて、豊かなうま味をじっとりとにじみ出す。

 

NOODLE KITCHEN TERRA -6

 

チャーシューその2。
鶏。

 

すくっと歯が通る上品な食感。
やわか~~い♪♪

 

そのままぎゅっと噛むとピュアな肉の味がざっと湧き出し。
香ばしさあふれる鶏のうま味がゆったりと喉を潤す。

 

このお肉。
すきっと冷やした白ワインなんかと一緒に食ってみて~な~♪♪

 

NOODLE KITCHEN TERRA -7

【ニボ玉 130円】

 

はい、ニボ玉くんの登場です。
メニュー表には書かれていない裏メニュー的なものです。

 

こいつをスープにざぼっと落して、ぐちゃぐちゃ~と撹拌。
スープ+麺+煮干しペーストがよーく混ざり合った所で、ずるるっとすすり込む。

 

ガガガ!と駆け上ってくるニボちゃんの香味。
粗くハードなあの香りが、鼻の奥まで容赦なく引っ掻く。

 

麺は細麺。
こちらは最初の麺ほどのびちゃびちゃ感はなく。
スープとの絡み具合は良好。
小麦の甘みと鶏のうま味が程良くブレンドされ、充実した美味しさが溶け落ちる。

 

いいっスね、この味♪
最初のスープに足りなかった部分を、煮干しペーストが補ってくれてる感じ。
空いていた隙間に不足していたパーツがガチャッとハマった、みたいな。

 

逆に言えば、元々のスープはやっぱり味の要素に穴があったんだなと。
そんな事を実感。

 


終丼。

 


テラと言えば、一杯一杯が完成度の高いラーメンってイメージがありましたが。
正直、今回の鶏白湯はわたしの感覚としては???な一杯でした。
店主さんには店主さんの思いがあるのでしょうが。
わたしの求める方向性とは完全に違う方を向いているなーと。

 

イメージ的には、ドレッシングなしの生野菜サラダを食べたような感じ。
確かに体への負担は少なく、健康的かもしれませんが。
味に乏しく、水っぽく、そして頼りない。

 

それがいいんだ!という人にはいいんだろうけどね。

 

そもそもまー。
「無化調・無添加」=「美味い」とは必ずしも限らない訳で。
そんなことを深く考えさせられるラーメンでした。

 

NOODLE KITCHEN TERRA -8

 

ごちそうさま。

 

 

[ NOODLE KITCHEN TERRA 店舗情報 ]

 

〒921-8812
石川県野々市市扇ヶ丘9-20 扇ヶ丘ビル1F
TEL:070-5062-5037

 

 


← NOODLE KITCHEN TERRA 前の記事へ


 

 

読者登録してね

 
[ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング