ご当地ラーメン 巡 20180106-1
【丸鶏中華そば 800円】


 

12月31日からスタートした「年末年始連発記事出し」。
本当は前回のらーめん南記事で最後にするつもりでしたが。
よー考えたらその前の巡(めぐる)記事で「丸鶏中華そばも早めに食いに来ます」なんて宣言してたので。
一応ここまで書いとかなあかんやろうと言うことで。
あともう1本だけ。
巡の”丸鶏中華そば”です。

 

訪問は土曜日、お昼11時半頃。
前客2人。
ちょっち寂しいですが。
お昼過ぎるともっと増えるのかのう?

 

ご当地ラーメン 巡 20180106-2

 

ほい、丸鶏中華そば登場。

 

いいっすね、シンプルで。
もう見た感じそのまんま中華そば~~って感じ。

 

わし、こんなん大好きです♪

 

説明書きによると、鶏は能登の地鶏「ホシノブラックワン」を使用。
醤油もこれまた能登の「ヤマチ醤油」を使用。
との事ですが。

 

違いの分からんヲトコ大足にその違いは分かりません!(キリッ)

 

そんでは巡の自信作、”丸鶏中華そば”。

いただきましょー。

 

ご当地ラーメン 巡 20180106-3

 

スープは澄んだ濃茶色。
液温熱め。

 

甘いですね。
口当たりから醤油の甘みがゆた~んと伸びる。

出汁感もしっかり出てて。
魚介系の繊細なうま味が後からじわじわと厚みを増す。

そして鶏の香味。
香ばしい鶏の風味が、優しくふわ~んと膨らむ。

 

ええな~♪
ここだけ時間がゆっくり流れているような、抱擁感と落ち着きのある深い深~い味わい。

も~シアワセですわ(喜)。

 

ご当地ラーメン 巡 20180106-4

 

麺は細麺。
茹で加減ちょいカタ。

 

ぱつぱつっと歯切れのいい麺は軽快。
喉越しつるつると滑り良く。
噛み心地しとっと柔らか。

 

ここに味を重ねる丸鶏スープ。
醤油の甘みと鶏の香ばしさが麺の味にボリュームをつけ。
出汁のうま味が後味をじっとりと引っ張る。

 

麺とスープがきれいに融合した。
え~えコンビです♪

 

ご当地ラーメン 巡 20180106-5

 

チャーシューはサイズ小振り、厚み普通。
2枚。

 

レアに仕立てられたお肉はむちむちジューシー。
みっちりと粘り、しとやかに伸び。
みずみずしい肉汁がすきっと流れ出す。
香りも生々しく。
冷たく澄んだキレのある美味しさが真っすぐにぴっと走り抜ける。

 

ご当地ラーメン 巡 20180106-6
【替玉 120円】

 

替玉クンです。
硬さはかため指定。

 

茹でたての麺は歯応えしなやか。
軽やかな食感でつるつると喉に滑り込む。

 

優しく膨らむ小麦の味も充実感満点。
甘旨いスープをたっぷりとまといながら、深い味わいをじっとりと落としていく。


 

終丼。


 

巡の限定”丸鶏中華そば”。
期待を裏切らない、流石の美味しさでした。

 

予定では1月いっぱいくらいまでとの事ですので。
食べたい方はお早めに。

 

ご当地ラーメン 巡 20180106-7

 

ごちそうさま。




 

はい、以上で「年末年始連発記事出し」終了。
目標7本のところ、なんだかんだで結局10本書いたので。
ノルマ達成ー!!

 

いや~満足♪満足♪(←自己満足)

 

ではまた次回。
気が向いたらふらっと記事書きます。

 

 

2018年。
このブログを読んでくれたみなさんにとって。
素敵な1年になりますように!

 

 

[ ご当地ラーメン 巡 店舗情報 ]

〒920-0847
石川県金沢市堀川町27-1
TEL:076-224-4788
URL:https://www.facebook.com/ramen.meguru/

 


← ご当地ラーメン 巡 前の記事へ


 

 

読者登録してね

 
 [ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

 

AD

金澤流麺 らーめん南 20180105-1
【アルケミスト百式<塩味> 980円】


 

福座で1杯引っかけ
駐車場でRA-KAMIさんにデザート(※注:ラーメン)食いにterraでも行くかい?と投げてみる。
が、しかし。
この日は金曜日、terra休みやぞと悲しい返答。

 

何しろ一杯目がとろとろ濃厚だったので、もう濃厚系や豚骨系は食いたくない。
だからterraのチョイスだったんだけど、残念ながら定休日。
他にあるこのあたりのお店って、どこも濃厚系ばっか。
一瞬桜三四郎が思い浮かんだけど、何となく気分が乗らない。

 

と言うことで、2杯目は諦めて解散。
家路に向かう。

 

の、途中。

 

気が変わる。(←!)

 

そーじゃ、アソコがあるじゃん。
そんな重くねーアノお店。

 

金澤流麺 らーめん南 20180105-2

 

って事で、らーめん南です。
牛骨ラーメンのお店。

 

店の前には黒板。
気まぐれメニュー”アルケミスト百式”の告知。

 

アルケミスト?
なんじゃそりゃ?
相変わらずネーミング飛んでるわー(笑)。

 

席に座ってそのアルケミスト百式をオーダー。
既にラーメン1杯+かきめし食ってお腹いっぱいですが。
なんとかそこは根性で、張り切っていただきます。

 

金澤流麺 らーめん南 20180105-3

 

スープは半濁の濃茶色。
液温熱め。

 

口当たり優しいタッチ。
構成としては牛骨よりも醤油のニュアンス方が強めで。
発酵大豆の香ばしさとカリっとした塩のミネラルが味をぎゅっと引き締める。

 

節が結構効いてますね。
乾いた魚肉の味が後からゆっくりと顔を出してきて。
そこにさらに硬質な煮干のフレーバーがふわんと重なる。

 

金澤流麺 らーめん南 20180105-4

 

麺は細麺。
メニューの説明書きによると「エモ麺」使用。

 

は?
エモ麺って何じゃ?

 

初めて聞く名前に困惑。
しばらく考えたけど何のことかサッパリ分からんので店主さんに聞いてみる。

 

大足:「ねー、エモ麺って何?」
店主:「エモーショナル麺です」
大足:「エモーショナル?何それ?」
店主:「お客さんにエモーショナルになって欲しい麺です」
大足:「エモーショナル・・・(謎)」
店主:「原料とかそんなんじゃなく、気持ちです」
大足:「気持ちですか・・・(やっぱ謎)」

 

はい。
聞いたわたしがバカでした・・・(涙目)。

 

 

そのエモ麺。
なんか自家製麺らしいけど、結構特長的。
小麦感むんむんというよりは、ちょっと和蕎麦に似た食味。
味・触感に若干のザラつきがあり、コシは弱め。
粘り豊かで、後味のキレがすぱっとシャープ。

 

なるほど。
エモーショナルだ(笑)。

 

金澤流麺 らーめん南 20180105-5

 

チャーシューは2種。
まずは鶏。

 

質感みち~っと柔らか。
包み込むように歯を受け止め、豊かな肉汁がどっと湧き出す。
皮もぷるぷるしててジューシーで。
さっぱりとした鶏の味わいが贅沢にあふれ返る。

 

金澤流麺 らーめん南 20180105-6

 

チャーシューその2、豚×2枚。
見ての通りのレア仕立て。

 

これまたジューシー。
みずみずしい肉汁がじゃっと舌を濡らし。
レア感満点の純粋さで口の中を洗い上げる。

 

食感もいいですね。
むちむちと歯を包んで。
噛むごとにねっとり柔らかく押し返す。


 

終丼。


 

らーめん南の”アルケミスト百式”。
お値段980円と少々お高めですが。
それに十分見合うクオリティ、パフォーマンス。
そして謎。
なんか色んな意味で面白い一杯でした。

 

金澤流麺 らーめん南 20180105-7

 

ごちそうさま。

 

 

[ 金澤流麺 らーめん南 店舗情報 ]

〒921-8805
石川県野々市市稲荷4-85
TEL:070-3524-0947
URL:http://igazo.jp/category/minaminho/

 


← 金澤流麺 らーめん南 前の記事へ


 

 

読者登録してね

 
 [ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

 

AD

福座 20180105-1
【かき醤油鶏白湯 1,000円 + 大盛り 100円】


 

前回、らーめんla.la.la.でラーメン食ってる時
明日福座(ふくぞ)行くわーと何気に話すと。
じゃあ自分も休みやし一緒に行くわ、と。
日をまたいで再びRA-KAMIさんと麺活決定。

 

翌日、開店11時半チョイ前に現地で合流。
寒いし店開いてから入ればいいわーと思ってたら、他にもチョロチョロ開店待ちが現れ。
ポツポツ並びだしたので慌てて並ぶ。
そして11時半、時間丁度にオープン。

 

福座 20180105-2

 

はい、こちらが今回のお目当て”かき醤油鶏白湯”。

 

現在限定で提供してる牡蠣は2種。
塩と、そしてこちらの醤油。
わたし的には塩が食べたかったのですが、残念ながら売り切れの表示。
まあ仕方ないし醤油を。

 

が。

 

実は売り切れの表示はうっかり取り忘れてただけで、本当は食えたらしい。

 

OHーー!!

 

でも頼んじゃったもの今更変更できんし。
今回は醤油の方。
まーこれも運命だと思っていいただきます。

 

福座 20180105-3

 

スープは完濁のブラウン。
液温熱め。

 

野菜ですかね、ポタージュ感満点の液質。
とろとろとろ~りと舌を流れる。

 

味わい濃厚。
鶏の凝縮した味わいがみっちりと詰まり。
ひとすすりごとに、ずしっと喉に押し沈む。

 

いや~濃いね。
コレ、仕事後の疲れ切ったコンディションならいいけど。
さっきまで寝てた休みの日の昼に食うにはチョイ重いね。
わしみたいなじじーにはちょっと高負担。

 

福座 20180105-4

 

麺は太麺。
茹で加減チョイやわめ。

 

味のボリュームがすごいね。
濃厚ポタージュスープ+もちもち太麺。
ダイナミックなふたつの味が交わることで。
あふれるようなうま味がどばどばとあふれ返る。

 

ただ今日の麺、いつもはこんなんじゃないんだけど、若干茹でが過剰で食感の押しが弱め。
おかげでのっぺりし過ぎて濃厚ポタージュスープにちょっと押し負けてる印象。
もう少し茹でを浅くして弾力を残してもらえれば、よりスープとのバランスが取れたと思う。

 

福座 20180105-5

 

牡蠣。

粒は大きめ、3個。

 

肉質むにむにん。
歯と歯の間でつるつるぷるん!と跳ねる。

 

そしてその肉から湧き出すつゆ。
「海のミルク」そのまんまの甘みがとろんと舌を舐め。
濃厚な磯の香りをむんむんと放つ。

 

香ばしく立ち昇るフレーバーもいいですね。
ちょっと炭っぽい香味が味のニュアンスをワイルドに引っ張り。
滑らかな牡蠣の味わいにビター感を添える。

 

福座 20180105-6
【かきめし 200円】

 

オプションのかきめしです。
単品なら300円、牡蠣ラーメンとのセット注文なら200円。

 

ごはんはチョイこわめ。
牡蠣出汁がほのかに効いてて、噛み込むごとに牡蠣の磯香がほんわ~り。
具の牡蠣はやや味が抜けてて。
身も締まってて、ちょっとインパクト弱め。

 

ひと口ふた口食べたところで、残ったラーメンのスープをどばどば入れて、かきめし茶漬けにチェンジ。
じゅるるっと吸い込む。

 

おっ!美味ぇ!
濃厚スープ入れると断然味が見違える!

このかきめし、スープを入れて初めて味が完成するのね。
これは必須の味ですわ!


 

終丼。


 

福座の冬の味”かき醤油鶏白湯”。
パワー満点のうま味の塊でした。

 

塩を食べ逃したのは残念ですが。
最後の牡蠣茶漬けはどう考えても塩より醤油の方が美味いので。
結果オーライっス♪
 

福座 20180105-7

 

ごちそうさま。

 

 

[ 福座 店舗情報 ]

〒921-8161
石川県金沢市有松4丁目1-1
TEL:076-243-2930

 


← 福座 前の記事へ


 

 

読者登録してね

 
 [ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

 

AD

らーめん la.la.la. 20180104-1
【鯛塩らーめん 700円 + 大盛 100円】


 

クリスマスプレゼントにボウズにニンテンドースイッチ買ってやったんですわ。
ゲームはスーパーマリオ・オデッセイ。

 

ゲームなんて長らくやってなかったんですが。
やースゴイね今時のゲーム。
メチャメチャ進化してる。

 

と、なぜかボウズより熱中して遊んでいるワタクシ。
おおおーーーっと目を血走らせて、連日プレイ!プレイ!プレイ!
でも中にはものすごく難しコースなんかもあって。
30分くらいひたすら挑戦するも、全然クリアできない。

 

頭に来てボウズにコントローラー渡す。

 

大足:「あー面倒くせー、お前やっとけ」
ボウ:「うん、おー、これ難しい!」

 

ちょうどストーブの灯油が切れたので給油しに行く。
5分程して部屋に戻る。

 

ボウ:「おとーさん、できたよ」
大足:「はぁ???」

 

見ると見事にクリアして、マリオがゴール前に立っている。
どどど、どうやったんじゃコイツ・・・・(大汗)。

 

その後同じコースを再びプレイするも。
最後まで歯が立たず。
断念。

 

こんなん無理やって・・・。


 

いっつもあほだと思っていたボウズに。
初めて畏敬の念を抱いた。
戦慄の瞬間でした。

 

って言うか。

 

なんでその能力、勉強に使わんのじゃ・・・(悲)。


 

らーめん la.la.la. 20180104-2

 

らーめんla.la.la.へ。
この日はRA-KAMIさんと一緒に。
いつものごとく、夜8時に現地集合。
あけましておめでとうの挨拶を交わし、店内へ。

 

店内。

 

寒ぅ(笑)。

 

なんか暖房機調子悪いみたいね。

 

一度脱いだジャンパーを再び着直して、メニューをチェック。
お、やっとるわやっとるわ、新年メニュー”鯛塩らーめん”。
迷わず大盛りでオーダー。
程なく着丼。

 

さー寒いし!
早よ食うぞ!(笑)

 

らーめん la.la.la. 20180104-3

 

スープは半濁の薄茶色。
液温あつあつ。

 

香りが魚。
もー魚。
鯛の生っぽい香りがふぉ~んと立ち上る。

 

味わい淡め。
魚介系のじんわりとしたうま味がゆっくりと湧き上がり。
柔らかに柔らかに喉で膨らむ。

 

前回食べた巡と同じ鯛ですが。
魚香は巡の方がインパクト強かったですね。
味は逆にla.la.la.の方がやや濃いめ。
それぞれに個性が立ってて、面白い。

 

らーめん la.la.la. 20180104-4

 

麺は細麺。
茹で加減ややカタ。

 

ぷつぷつっとした食感は実に軽快。
テンポよくするすると舌の上を滑る。

 

小麦の味は優しく。
穀物のふくよかな風味が、ゆったりボリュームを増していく。

 

鯛スープとの絡みもいいですね。
淡い魚介の風味が麺の味を引き立てて。
互いの味をしっとり溶けあわせながら、見事な一体感を見せていく。

 

やっぱこの手の出汁系淡味スープには。
細麺ですな~♪

 

らーめん la.la.la. 20180104-5

 

チャーシューはレア仕立て。
サイズ大、厚みもしっかり。

 

歯応えがええ~んですわ。
厚みがたっぷりあるんで、むっちり感満点で♪
噛むたびにむんにりむんにり歯が沈み込む。

 

味わいがまた鮮烈。
生々しい肉の味がざばっと湧き出し。
澄んだ肉汁が贅沢~に舌を洗っていく。

 

も~。
神肉♪♪


 

終丼。


 

la.la.la.の新年メニュー”鯛塩らーめん”。
今年も満足感満点のメデタイお味でございました。

 

すでに提供終了した巡と違って、こちらの鯛は2~3週間程やるそうなので。
ちょっと遅れのお正月を楽しみたい方。
のんび~りとぜひどうぞ♪

 

らーめん la.la.la. 20180104-6

 

ごちそうさま。

 

 

[ らーめん la.la.la. 店舗情報 ]

〒920-0274
石川県河北郡内灘町向粟崎5-247
TEL:080-2956-5520
URL:http://blog.goo.ne.jp/lalala1ala

 


← らーめん la.la.la. 前の記事へ


 

 

読者登録してね

 
 [ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

 

ご当地ラーメン 巡 鯛塩そば

テーマ:

巡 20180102-1
【鯛塩そば 800円】


 

新年あけましておめでとうございます。
今回からようやく2018年記事に移ります。
今年も頑張ってラーメン食べますので、どうぞヨロシクです。

 

何本記事書くかは分からんけど。(←!)


 

新年1発目にやって来たのは巡(めぐる)。

 

前回来た時、店内に貼られてた”丸鶏中華そば”のPOP、こいつにガーン!とヤられてしまいまして。
これ食っとかなー、と間を開けずに飛んできた訳です。

 

今日は丸鶏と固く心に決めて席に座り。
ふと前を見ると、この前なかったPOPが。

 

新年限定”鯛塩そば”。

 

え?
限定?
限定っスか?
それも1/1~3までという超短期限定!?

 

巡 20180102-2

 

はい、鯛塩そばに変更。
「限定」って言葉にゃー勝てません!

 

今しか食えねぇーもなぁー。
今食わなぁーーー!!!

 

まあ丸鶏中華そばも限定なんだけどね。

 

そんなこんなで巡の新年限定”鯛塩そば”。
正月気分全開で。
じゅばじゅばじゅばっと、いただきます。

 

巡 20180102-3

 

スープは半白濁。
液温熱め。

 

すごいわ、香り。
どんぶりから魚がもおおぉ~~~っと立ち上る。
ラーメンのスープというより、魚のアラから出汁取ったお吸い物のような香り。
まあ生臭いっちゃある意味そういうニュアンスもあるんだけど、好きな人には全然アリの香り。
わたし的には200%アリ。

 

味わいソフト。
魚介系の柔らかなうま味がじんわりにじみ出し。
塩のミネラルが味の芯をキリっと引き締める。

 

派手さはないけど、不足感もない。
「味」のある、シブイ美味しさ。

 

巡 20180102-4

 

麺は細麺。
茹で加減ややカタ。

 

ぷつぷつっとコシのある麺は歯切れよく。
小麦の味わいはしっとり柔らか。

 

スープとのフィット感は抜群。
淡麗系の味わいが麺の小麦感を優しく膨らませ。
チョイ硬の麺の食感が、スープの淡さに力を加える。

 

麺+スープがきれいに噛み合った。
い~い組み合わせです♪

 

巡 20180102-5

 

チャーシュー。
サイズ小振り、厚み普通。

 

レアに仕立てられたお肉は食感やんわやわ。
しとっと吸い付くように歯を包み。
むちっと粘り。
柔らかく舌の上で伸びる。

 

肉汁の純度感もいいですね。
冷たく澄んだ肉の味が真っ直ぐにぴーんと伸び。
朝露のようなみずみずしさで喉を洗って行く。

 

巡 20180102-6
【替玉 120円】

 

替玉クン登場。
スープにぼちゃんと落としてズルズル。

 

再びぐわっと広がる鯛の魚香。
替玉入れるとスープ弱くなるはずなんだけど、不思議とそんなパワーダウンは微塵もなく。
むしろ鯛の香りの膨らみ方がよりダイナミックに。
豊かな海の香りがむんむんと鼻の奥まで埋め尽くす。

 

このスープ、美味ぇ~~♪♪


 

終丼。


 

巡の新年限定”鯛塩そば”。
鯛のうま味と香りが存分に詰まった。
幸せいっぱいの美味しさでした。

 

新年1発目からこんな美味ぇーのに当たるなんて。
こりゃー2018年、幸先いいぞーっ♪♪

 

今回スルーしちゃった丸鶏中華そば
なんやら1月一杯予定らしいので。
こっちも早めに食いに来ます。

 

巡 20180102-7

 

ごちそうさま。

 

 

[ ご当地ラーメン 巡 店舗情報 ]

〒920-0847
石川県金沢市堀川町27-1
TEL:076-224-4788
URL:https://www.facebook.com/ramen.meguru/

 


← ご当地ラーメン 巡 前の記事へ

ご当地ラーメン 巡 次の記事へ →


 

 

読者登録してね

 
 [ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

 

ちゃーしゅうや武蔵 20171229-1
【旨辛麻婆麺 950円 + 大盛 108円】


 

いよいよ2017年最後のラーメン。
今年のファイナルを飾るのは。

 

ちゃーしゅうや武蔵!!!

 

なぜこの店なのかと言うと。
地元のフリーペーパー「金沢情報」に付いてたクーポン券の使用期限が12月一杯だったからです。
クーポン使えば期間限定の旨辛麻婆麺 950円 → 500円!!
これは使っとかな損!!

 

ちゃーしゅうや武蔵 20171229-2

 

はい、こちらがその旨辛麻婆麺。

 

こちらのお店は元々新潟起源。
その新潟ではこの手の麻婆麺が結構食べられてるそうで。
ご当地ラーメンという程でもないけど、ちょっとそれに近いニュアンスのあるラーメン。

 

そんな新潟ソウルを感じつつ。
ちゃーしゅうや武蔵の旨辛麻婆麺。
ずるるずるるーーっ!!とイタダキマス。

 

ちゃーしゅうや武蔵 20171229-3

 

麻婆豆腐。

 

豆腐、結構入ってるように見えると思いますが。
実際は。
見た目以上に入ってます。
見えない所にゴロゴロ沈んでて、うおっ、こんな入っとんかい!くらい入ってます。

 

そしてスープ。
ラー油がぎっとぎとに浮かんだこのオレンジ色のスープが、豆腐を遥かに超えるサプライズで。

 

もーね。
イテーの。
イテーーーの。
イッテーーーの!!

 

まるでカミソリでスパスパ口の中を切られているような痛さ。
凄まじいまでの唐辛子アタック!!

 

いやーーー。
久々のドSラーメンだわー・・・・(痛痛痛痛イタイタイタ)。

 

ちゃーしゅうや武蔵 20171229-4

 

麺はほんのり縮れの入った太麺。
茹で加減普通。

 

通常太麺の楽しみはダイナミックな食感。
柔らかく押しのある小麦の風味。
ファットなスープとの調和。

 

なのですが。

 

まー何しろスープがドSなんで。
麺関係ない!関係ない!
むしろ麺をすする度に大量のドSスープが一緒に絡み上がってくるもんだから、麺が邪魔なくらい!
途中何度も息継ぎし、口の中にハーハー息を通して、辛みを冷ましてから次のひと口をすする。

 

痛ぇーー。
なんで最後の最後にこんなドSなラーメン食わんならんねん・・・(汗)。

 

ちゃーしゅうや武蔵 20171229-5

 

チャーシュー。
サイズやや大きめ、厚さ普通。

 

食感ほちゃっと柔らか。
中まで醤油タレがじっとりしみ込んでて。
肉の味に醤油の甘辛さが融合した濃厚なうま味が、じんわりじわ~っと重く沈み込む。

 

いつもはもうちょっとフレッシュ感のあるみずみずしいお肉なんですが。
今回のはえらい煮詰まってますな。
ここまで醤油クドいと、ラーメンよりも白いごはんの方が合うなー。


 

最後はもうバトル!バトル!
噴き出す汗を何度もぬぐいながら。
ひたすらドSスープとの格闘。

 

わたくし真正のMですが。
このプレイはちょっと守備範囲外。
わたしをいぢめていいのは。
女王様だけなのです!(キリッ)


 

終丼。


 

ちゃーしゅうや武蔵の”旨辛麻婆麺”。
想像をはるかに超えた。
ガチにドSなラーメンでした。

 

このラーメンは絶対にタオル持参必須!!!
これから食べる人。
よーく覚えといて下さい。

 

ちゃーしゅうや武蔵 20171229-6

 

ごちそうさま。

 

 

[ ちゃーしゅうや武蔵アルプラザ金沢店 店舗情報 ]

〒920-0014
石川県金沢市諸江町30-1 アルプラザ金沢店
TEL:076-256-5539
URL:http://cha-syuyamusashi.com/

 


← ちゃーしゅうや武蔵 前の記事へ


 

 

読者登録してね

 
 [ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

 

武骨屋商店 20171228-1
【ラの黒らーめん味玉 830円】


 

2017年。
色々ありました。

 

あんなコト。(←悪いこと)
あんなコト。(←悪いこと)
あんなコト。(←悪いこと)

 

リアルにブラックな1年だったので、具体的な話は書けませんが。
もーホント。
最悪最低の玉手箱のような1年でした。

 

と言うことで、2018年。
2018年こそは。
転機の年にするのです。
明るい未来をつかむのですーーーー!!!!


 

・・・なんか毎年この時期になると同じこと言ってるな(汗)。

 

武骨屋商店 20171228-2

 

真っ暗な現実に生きる気力さえ失いながら。
武骨屋商店。
前回に引き続き『黒ラーメン食べ比べ』です。
今回の「黒」は”ラの黒らーめん”。

 

黒いっスよ、今回のはちゃんと黒いっスよ。
真っ黒ブラックなマー油が液面にぷかぷか。

 

なんかこの色。
わしの人生みたい・・・。

 

そんな生きる悲哀に絶望しつつ。
夢も希望も失いながら。
目にいっぱいの涙を浮かべて。
武骨屋の黒いラーメン。
震えながらいただきます。

 

武骨屋商店 20171228-3

 

スープは完濁の茶色、所によりマー油の黒。
液温熱め。

 

マー油、香るねー。
焦がしニンニクのスモーキーなフレーバーがガッと鼻を突き刺す。
もう香ばしさ満点!!

 

豚骨の味わいは濃厚&タフ。
クリーミーにするりと滑り込んで、中盤から味のボディをぐんと膨らませる。
重く力強い、かと言ってやり過ぎ感のない、充実感あふれる味わい。

 

少量トッピングされてる豆板醤も効いてますね。
スープに溶け込むにつれて徐々にスパイス感を増してきて。
ピーンと走るエキゾチックな辛さがたまらなく刺激的。

 

武骨屋商店 20171228-4

 

麺は極細麺。
茹で加減普通。

 

いつもはもっとぷつぷつしてるんですが。
今日のはちょっと柔らかしんなり。
その分粘りがしっかり楽しめ。
小麦の味もソフト。

 

この店、麺のコンディションに結構ブレがあんのよね。
前にla.la.la.の店主さんが店長してた時にはえらいバキバキに硬かったし。
調理する人によって微妙に違いが出る。
ここは個人運営のお店じゃないからね。
その時々の店舗担当者によってどうしてもクセが出んのよね、多分。

 

人に店任せるってのは。
難しいもんじゃのー。

 

武骨屋商店 20171228-5

 

チャーシュー。
サイズ・厚み共に普通。

 

質感ほろほろ。
崩れるようにやわりとほどけて、凝縮した肉のうま味が柔らかに湧き出す。
脂の甘味も濃厚で。
肉の味をとろとろに包んで、味の質をゆったり重く沈める。

 

武骨屋商店 20171228-6

 

味玉。

 

黄身は完全に液状。
ぷちゅっと噛みつぶすと、白身の割れ目からとろんと滴り。
濃厚な甘みが舌を舐めていく。

 

一方で、味の染み具合はもうひとつ。
もう少し白身にしっかりと味を吸わせてもらえるとさらに嬉しい。

 

武骨屋商店 20171228-7【替玉(無料)】

 

替玉チャン登場。
このお店、替玉1回までは無料です。
さっきちょっと柔らかかったので、今度は麺の硬さ「硬め」を指定。

 

ぷつぷつと小気味よい歯応え。
凝縮した小麦の味はがっちり力強く。
濃厚豚骨スープがさらに味の力をぐっと持ち上げる。

 

やっぱ豚骨+極細麺は。
ちょいカタメくらいが丁度いいのー。


 

終丼。


 

武骨屋の”ラの黒らーめん”。
マー油がガチガチに香る、ハートフルな一杯でした。


 

では最後に今回の『黒ラーメン食べ比べ』。
らうめん侍”黒香味らうめん” vs ”武骨屋商店”ラの黒らーめん”の結果発表。

 

最終ジャッジは。




 

武骨屋商店の勝ち!!


 

ポイントはそのままズバリ、ベースのスープの差ですな。
ガチっと密度感のある武骨屋に比べて、やや気の抜けた感のある侍のスープ。
スタイルの違いと言ってしまえばそれまでですが。
それにしても侍のスープはちょっと腰が弱過ぎかなと。
そんな印象を強く受けました。

 

今度は何をテーマに勝負しようかなー??
また新しいネタ考えときます!


 

武骨屋商店 20171228-8

 

ごちそうさま。

 

 

[ 武骨屋商店 店舗情報 ]

〒920-8216
石川県金沢市直江ニ-15-1
TEL:076-239-1148

 


← 武骨屋商店 前の記事へ


 

 

読者登録してね

 
 [ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

 

らうめん侍 黒香味らうめん

テーマ:

らうめん侍 20171227-1
【黒香味らうめん 750円】


 

今回は久し振りのテーマネタ。
テーマはズバリ。

 

『黒ラーメン食べ比べ』。

 

黒つっても、ラーメンの場合色んな黒がある訳で。
醤油、イカスミ、マー油、店主の態度(←?)などなど。
で、今回何の黒かと申しますと。
メニュー名に「黒」が付いたものというシンプルなルールでやります。

 

調べれば色々ありますけども、1件目に選んだのはこちら。

 

らうめん侍 20171227-2

 

高柳にあるらうめん侍の”黒香味らうめん”。

 

「黒香味」なんて言う割には、こうやって見ると全然黒くないね。
んーーーー・・・・。
まーいいや(笑)。

 

取りあえず(一応)黒いラーメン。
サムライ気分でいただきますゴザル。

 

らうめん侍 20171227-3

 

スープはオレンジ寄りの赤茶色。
液温あつあつ。

 

アタックからガガっと攻めてくる香ばしいフレーバー。
多分焦がしニンニクだと思うけど、力強い香りがガツッと鼻をぶっ叩く。

 

ベースの豚骨はミルキー。
濃厚こってりとは違う、でもライトでもない、中庸濃度。
液質シャバシャバで、トロみなく。
味の厚みと言うか、ややインパクトに欠ける印象。

 

ここのラーメン食べるといつも思うんだけど。
もう少し味に重みが欲しいのよね。

 

らうめん侍 20171227-4

 

麺は極細麺。
茹で加減はハリガネを指定。

 

ぷつぷつと小気味良い歯応え。
小麦の味にもぎゅっと締まりがあり。
テンポよくするする食べられるリズム感が実に軽快。

 

ただスープが少々問題で。
シャバシャバした液質のせいか、麺からすとんと滑り落ち。
一方で粘性の高い油がべっとりと残る。
おかげで単体で味わうよりも、麺を食べている時のスープの味の方がはるかにオイリーでファット。
しかも油の方がスープよりも減っていくスピードが速いので。
後半、油の抜けたスープの味はさらに細く痩せていく。

 

やっぱこのスープ。
もうちょい濃度上げてトロみ付けた方がええんでないの?

 

らうめん侍 20171227-5

 

チャーシューはサイズ・厚み共に普通。

 

肉質ほんわり柔らか。
赤身:脂身の均整が良く取れてて。
肉のうま味と脂の甘味との調和が実に見事。

 

後味にゆらっと揺り戻す香りもいいですね。
豊かな充実感がやんわりと喉の奥に残る。

 

らうめん侍 20171227-6
【替え玉 100円】

 

替え玉チャン登場。
茹で加減はバリカタを指定。
スープにどぼんと落として混ぜ混ぜ。
ずるるっとすする。

 

替え玉前よりもガクッとインパクトダウン!
ただでさえ腰の弱いスープが替え玉の水分で希釈されることでさらにパワーを弱め。
完全にバランスを消失。

 

仕方ないので卓上のガーリックパウダーと白ゴマをどばどばと投入。
だけど立ち直れず。
結局最後まで消化不良のまま終丼。


 

らうめん侍の黒香味らうめん。
スープの弱さが妙に引っかかる。
ちょっと残念感の残る一杯となってしまいました。

 

取りあえず最後に使ったガーリックパウダー。
あれ全然風味付かないので。
すりおろしニンニクへの変更を強く希望!!


 

次回の「黒」はアノ店のあのラーメン。
いただきます!

 

らうめん侍 20171227-7

 

ごちそうさま。

 

 

[ らうめん侍 高柳店 店舗情報 ]

〒920-0005
石川県金沢市高柳町2-61
TEL:076-255-3373
URL:http://www.samurai.cool/

 


← らうめん侍の侍 前の記事へ


 

 

読者登録してね

 
 [ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

 

伝承 伝承・らーめん

テーマ:

伝承 20171225-1
【伝承・らーめん 750円 + 大盛 100円 + 追い背脂(無料)】


 

遅ればせながら行ってきました、新店「伝承」。
初訪問。

 

オープンは11月中頃。
実はオープンして1週間後くらいに1回行ってるのですが、必殺の早仕舞パンチを喰らってしまい撃沈。
今回2度目の訪問です。

 

こちら元々は百楽天のあった場所。
何でも噂では店主がお亡くなりになったとかで、急遽閉店となったそうな。

 

いいお店だったんだけどね。
店員さんの対応がすごくあったかくて。
雰囲気というか、居心地がすごく良かった。
いつ行っても厨房から社長の怒鳴り声が聞こえてくるあの店(←どの店?)とは大違い。
こういうお店がなくなっちゃうってのは本当に残念だよねー。

 

伝承 20171225-2

 

で、話戻して伝承。
オーダーはその名もズバリ”伝承・らーめん”。

 

まあそれしかないんだけどね。

 

夜限定で味噌もあるにはあったんですが初回なんでスルー。
やっぱ最初は基本メニューです。

 

それにしてもすごいね、背脂。
一面に白い脂の粒々がどっちゃんこ!
隠れちゃってて見えませんが、実はこの大量背脂の下には煮玉子(ハーフ)も乗ってます。
って言うか隠すなよ(笑)。

 

そんでは伝承の初ラーメン。
早速いただきましょー。

 

伝承 20171225-3

 

スープは完濁の薄茶色。
液温あつあつ。

 

すごいわもーオイリー感。
舌の上をどろ~んと油が垂れ落ちる。
さすがは追い背脂。
存在感ハンパない。

 

豚骨の味わいは濃くなく薄くなくまー普通。
ゆったり沈む豚の風味を塩がキリっと引き締める。

 

これちょっとアレね。
豚骨の強度とバランスさせるなら、追い背脂はせん方がいいかもしれんね。
油がぬっとり重すぎて、味がダレてしまう。
ノーマルで食べた方が多分美味しいと思う。

 

伝承 20171225-4

 

麺は縮れの入った中太麺。
茹で加減やや柔。

 

滑りがいいね。
ちゅるちゅるっと唇を走って。
舌でぴちぴちハネて。

 

ちょい茹でがやわいのですが、それが背脂ぎとぎとのスープと意外に相性が良く。
溶け出す小麦の風味が脂の重みをやんわり吸収。
豊かなうま味となってゆっくりと喉を落ちる。

 

伝承 20171225-5

 

チャーシューはサイズ・厚み共に普通。

 

赤身わっしり、脂身ぷるぷる。
肉の味がど真ん中からどん!と湧き出し。
焦げの香味がハードに鼻を引っ掻く。

 

こういうチャーシュー食うと。
ビール飲みたくなるのよね~~♪


 

終丼。


 

面倒臭いので写真撮りませんでしたが、実は煮玉子がすごく美味かったんですわ。
しっかり味のしみ込んだ白身。
甘味濃密なゼリー状の黄身。
ぶっちゃけスープよりも麺よりもチャーシューよりも煮玉子の方が全然美味かったという・・・。

 

変なクセのあるお店ね(笑)。


 

伝承 20171225-6

 

ごちそうさま。

 

 

[ 伝承 店舗情報 ]

〒920-0351
石川県金沢市普正寺町3の85-1
TEL:070-5636-7468

 


 

 

読者登録してね

 
 [ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

 

ご当地ラーメン 巡 燕三条

テーマ:

巡 20171226-1
【燕三条 780円 + 大盛 150円】

 

 

どーもお久しぶりです。

 

早いもので2017年も残すところあと1日。
既に年末年始のお休みに入られている方も多いでしょう。

 

休みつったってやるコトねー。
あーヒマだヒマだ。
ヤル事なくてしょーがねー。
なんて人、多いんじゃないでしょうか?

 

そんなヒマを持て余している人のために!
今年もやります、恒例の年末年始連発記事出し!!
年始記事も書く予定なので、総記事数はまだ未定。
合計7本くらい書ければいいかなーと思っとります。

 

まー鼻クソほじりながら。
冷やかし程度に読んだってください。

 

 

まず一発目はコチラ。
ご当地ラーメン巡(めぐる)。

 

なんやら情報によると、現在限定で燕三条をやってるとかで。
コレは食っとかなーと、やってきた訳です。

 

開店18時の、18時チョイ前に到着。
しばらく車内で時間を潰して、開店直後にイン。
一番乗り~♪

 

久し振りに来たけど、相変わらず店内きれいね。
白壁と木を基調にした落ち付いた内装。

 

取りあえず壁際のカウンターに座る。

 

巡 20171226-2

 

オーダーは予定通り”燕三条”。

 

燕三条と言えば香ばしい醤油スープにたっぷり背脂+シャキシャキ玉ネギのイメージがあるんですが。
わたくし、現地の本物食ったことないのですわ。
いつか新潟遊びに行く機会があれば、ぜひとも食べてみたいなーと常々思っとります。
って言うか、日本全国ラーメン食べ歩きしてーー!!

 

・・・とか考えてる内にラーメン着丼。
キタよキタよ~燕三条~~♪♪

 

そんでは冬の寒空冷え冷え体。
出来たてラーメンで内からぽかぽか温まるべく。
巡の限定”燕三条”いただくぜー!!

 

巡 20171226-3

 

スープは半濁の深茶色。
液温あつあつ。

 

のっけからバッと飛び出す醤油の甘味。
深みのあるうま味がゆったり厚く舌にかぶさる。

 

煮干もしっかり効いてますね。
乾いた魚の硬い香りが、味わいをハードな方向にグッと引っ張る。

 

さらに背脂のオイリーな甘味。
キリリと残る塩の味。
ひとつひとつの味付けが結構強めで。
いわゆる「飲めば飲むほど喉が渇く」タイプのスタイル。
それだけにシャキシャキ玉ネギのみずみずしさがもーオアシスで。
ツンと走る辛みが涙モノに爽快!

 

巡 20171226-4

 

麺は中太麺。
茹で加減普通。

 

ぷるんとした弾力があり。
むっちりとした粘りもあり。
それでいて芯にはぽりんとした硬さもあり。
色んな食感が複合した、噛み楽しい麺。

 

そしてこの麺、ストレート形状なのにスープの持ち上げが妙に良く。
小麦の味に醤油の味が実によく絡む。
ひと噛みひと噛みの味の充実感がたまらなく豪快。

 

巡 20171226-5

 

チャーシュー。
サイズやや小ぶり、厚みしっかり、2枚。

 

質感ほっちゃほちゃ。
ゼリー状の脂が崩れるように溶け。
重い脂の甘味の上に肉のうま味がずしりと乗っかる。

 

え~え充実感や♪
ここんチのチャーシュー。
ほんま美味ぇ~ですわ~。

 

 

終丼。

 

 

巡の提供する燕三条。
わたしゃ前述の通り本場モンを食ったことがないので、ソッチとの比較はできませんが。
少なくともこれ単体は十分満足できる美味しさでした。

 

ただひとつだけリクエストすると。
もーちーと玉ネギ多いとさらに嬉しかったっス。

 

巡 20171226-6

 

ごちそうさま。

 

 

[ ご当地ラーメン 巡 店舗情報 ]

〒920-0847
石川県金沢市堀川町27-1
TEL:076-224-4788
URL:https://www.facebook.com/ramen.meguru/

 


← ご当地ラーメン 巡 前の記事へ

ご当地ラーメン 巡 次の記事へ →


 

 

読者登録してね

 
 [ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング