らーめん la.la.la. 名古屋風パイタン

テーマ:

らーめん la.la.la. 20170102-1

【名古屋風パイタン 680円 + 大盛り 100円】

 

 

2017年。
大ヒット間違いなしの商品。

 

『おしゃべり人形大足くん』

 

内臓された高性能メモリには、実に2万語を超える言葉を収録。
状況に応じて様々な会話を可能にする。

 

「おはよう」
「こんにちは」
「いただきます」
「おねーちゃん電話番号教えて」

 

などの日常会話はもちろん。

 

「太もも大好き」
「ハイヒールで蹴って」
「男は持続力よりも回数で勝負さ」

 

などのシークレットワードもまれに口にする。

 

さらに注目なのが「学習機能」。
この人形、なんと「教育」によって後から様々な能力を身につけることも可能なのです。

 

『ゴールデンフィンガー大足くん』に育て上げるも。
『バター犬大足くん』に育て上げるも。
全てはあなたの「教育」次第。

 

さあ今年の大ヒット商品。
おしゃべり人形大足くんを誰よりも早く手に入れて。
2017年の最先端を突っ走ってください!

 


待て!!
発売!!

 

らーめん la.la.la. 20170102-2

 

2017年初ラー、らーめん la.la.la.へ。

 

実は前回記事までは、まだ2016年訪問分。
今回からようやく2017年分に入ります。

 

店を訪れたのは1月2日。
開店11時半に対して、11時35分入店。
よっしゃ、わしが2017年客第1号やーと思ったら、既に先客4人。

 

アンタら早過ぎやろ・・・(汗)。

 

オーダーは店のブログで予告してた新年限定メニュー”名古屋風パイタン”。
開店直後を狙ったのは、杯数限定だったからです。

 

それでは記念すべき2017年の1発目。
うき♪うき♪でいただきましょー!

 

らーめん la.la.la. 20170102-3

 

スープは完濁の薄茶。
液温やや低。

 

香りがいいね!
品のいいカツオの香味がバリっ!と湧き立って。
心地良く鼻をくすぐる。

 

鶏の濃度は中庸。
このお店の性格からして、もっと濃厚どっこん!でくるかと思ったけど、意外と抑え気味。
柔らか~いタッチで喉を滑る。

 

らーめん la.la.la. 20170102-4

 

麺は細麺。
茹で加減やや硬。

 

ぷつぷつとした歯応えが実に軽快。
噛むごとに、ぎゅっと締まった小麦の味が豊かにしみ出す。

 

鶏スープとの絡みもいいですね。
スープのうま味と小麦の甘みがきれいに溶け合い、深い味わいがゆっくりと厚みを増していく。

 

最後にす・・と鼻を抜ける上品なカツオの香りがまた。
悶絶にエクスタシー♪

 

らーめん la.la.la. 20170102-5

 

チャーシューは豚バラブロックのカット。

 

強いね、このチャーシュー。
重たいお肉の味がぎゅっと出てきて。
脂の甘みも濃厚で。
野趣あふれる美味しさがパワフルに舌を押す。

 

サイズこそ小さいものの。
味の濃さでそこはカバー。
1枚1枚が自分の存在をしっかりと主張。

 

らーめん la.la.la. 20170102-6

【ミニチャーシュー丼 180円】


今回正月なので(←?)、珍しくサイドメニューも頼んでみました、
ランチタイムサービスの”チャーシュー丼セット”。
+180でミニチャーシュー丼が付きます。

 

コロ切りにされたチャーシューはみっちりとした噛み応え。
タフな肉の味がどしっと湧き出す。

 

肉には炙りも入れられており。
香ばしい炭のフレーバーがまた格別!

 

そんなワイルドなお肉をごはんと一緒に口いっぱい頬張る喜び。
美味さ×旨さが掛け合わさり、幸せのボルテージがぐんぐんと上がっていく。

 


終丼。

 


らららの新春限定メニュー。
美味しく楽しませていただきました。

 

こちらのお店、味やクオリティにちょっとバラつきが激しいのが難点ですが。
今年はどうでしょう?

 

2016年を超える感動の一杯。
期待してますヨ!

 

らーめん la.la.la. 20170102-7

 

ごちそうさま。

 

 

んで、このラーメン。

何が「名古屋風」なのか後で聞いてみたところ。

スガキヤ(名古屋発祥らしい)の”特製ラーメン”のマネマネなんだとか。

あくまで「遊び」として提供してみたとの事。

 

ちょっとスガキヤの公式サイトで確認してみる。

 

ああ、確かにパクってるわ(笑)。

 


そして、この後。
津幡の倶利伽羅さんへ初詣。
2017年の吉凶を占うべく、新年恒例のおみくじを引く。

 

らーめん la.la.la. 20170102-8

【小吉】


コリャ今年もダメだ・・・・凹。

 

 

[ らーめん la.la.la. 店舗情報 ]

〒920-0274
石川県河北郡内灘町向粟崎5-247
TEL:080-2956-5520
URL:http://blog.goo.ne.jp/lalala1ala

 


← らーめん la.la.la. 前の記事へ


 

 

読者登録してね

 
[ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

 

AD

響 冬味噌中華そば

テーマ:

響 20161222-1

【冬味噌中華そば 800円 + 大盛 150円】

 

 

日本が世界に誇る、諜報技術のスペシャリスト。

 

『忍者』

 

煙と共にどろんと姿を消し。
千里の道を疾風の如く駆け抜け。
水中でも陸上のように活動する。

 

まさに!
ジャパニーズファンタスティック!!!

 

素晴らしいぞ忍者。
だってこの能力があれば。
女風呂のぞき放題じゃないか!!

 

姿を消せば侵入してもバレないし。
足が速ければ逃走成功率100%。
長時間の潜水能力は、湯船の中でじっくり観察する事を可能にする。

 

これはもう。
夢の能力。

 

に、に、に、忍者に!!
なりてーーーーーぇぇーー!!!

 


よし、決めた。
わし、忍者になる!

 

目標!!
日本全国女風呂完全制覇!!!

 

待っていろ!!
女風呂ぉ!!!

 

 

 

うぉぉおおおおぉぉおおおおおおーーーー!!!!!!

 

響 20161222-2

 

燃え上がる闘志を胸に、煮干しオマージュのラーメン屋、響へ。
移転後初訪問。

 

まずは券売機の前で賢者タイム。
用意されたボタンはレギュラーメニュー3種+限定の味噌。
どーれにすべかなー?
どーれにすべかなー?

 

散々深考の末、限定の”冬味噌中華そば”のボタンをポチリ。

 

それでは冬の寒夜。
あつあつの味噌煮干しラーメン。
はふはふっしながらズルズルっとすすりましょー。

 

響 20161222-3

 

スープは完濁のグレー。
黒いツブツブが相当量浮遊。

 

この見た目なので、いきなり煮干しガツーン!かと思いきや。
アタックに出てくるのは味噌。
あの味噌のぽわ~んとした風味がゆっくりと口の中を流れていく。

 

その後を動物系の味がゆるゆると伸び。
プラス油のボリューム感。
重みのある味わいが力強く喉を押していく。

 

煮干しはありゃーー??ドコーー??みたいな感じで。
えらく存在が希薄。

 

もっと煮干し×味噌のガンガン喧嘩味を期待してただけに。
ちょっと肩透かし。

 

響 20161222-4

 

麺はフラットな形状の太麺。
茹で加減普通。

 

質感ぷるっぷる!
噛む度に跳ねる!跳ねる!
弾力感満点の麺が生き生きと舌の上で踊る。

 

小麦の味わいもぎゅっと詰まってて。
味噌スープときれいにフィット。

 

この麺ええわ~♪
「世界太麺と太ももを心から愛する協会」会員として。
モロにド・ストライクです♪♪

 

響 20161222-5

 

チャーシューはサイズ普通、厚さやや厚め。
2枚あるのは大盛りだからです。

 

肉質ほっこり。
とろ~りとろける系じゃないですね。

 

お肉の味はドライ&ハード。
野性味あふれる肉味がどすっと沈み。
ラフな余韻を後に残す。

 


終丼。

 


味噌ラーメンとしては楽しめましたが。
煮干しラーメンとしてのインパクトはもうひとつ。
多分ベースにコストの安いすっきり煮干しを使ってるからだと思うんだけど。
どーーーにも不完全燃焼を感じる一杯でした。

 

響さん。
煮干しを看板にしてるお店なんですから。
限定にももっとパワーあふれる煮干しを。
お願いしやす。

 

ニボボボボぉーーーーーーー!!!!

 

響 20161222-6

 

ごちそうさま。

 

 

[ 響 店舗情報 ]

 

〒921-8805
石川県石川郡 野々市町稲荷4丁目85番地
TEL:076-248-2055
URL:http://hibiki-niboshi.com/

 

 


← 響 前の記事へ


 

 

読者登録してね

 
[ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング
AD

神やぐら シビ辛麻婆やぐら

テーマ:

神やぐら 20161219-1

【シビ辛麻婆やぐら 880円 + 肉増し(無料)】

 

 

神様。
いるのなら返事して下さい。
わたしの春は、いつになったらやってくるのでしょうか?

 

今日も冷たいお布団で、ひとり眠る夜。
朝起きて、冷たいごはんをひとりで食べて。
夜は外で食べるか、冷たいごはんを家でひとりで食べて。
そして冷たいお布団で、ひとり寝る。

 

もうこんな人生疲れました・・・。

 

神様。
いるのなら返事して下さい。
わたしの春は、いつになったらやってくるのでしょうか?

 

神様ーーーーーぁーーー!!!

 

 

 

 

 

あ・・何か声が聞こえる

 

 


神:「知らん」

 

 

 

 


人生は。


無常。

 

神やぐら 20161219-2

 

神やぐら。
本日のターゲットは限定の”シビ辛麻婆やぐら”。

 

この店の場合、限定よりもレギュラーの方がパフォーマンス高いと思っとりますので。
ここしばらく限定はずっとスルーし続けていたのですが。
今回のこの麻婆だけはかなりビビっとキまして。
久し振りに食っちゃるぞーと。

 

店内に入り券売機のボタンをポチリ。
カスタマイズは”野菜増し、ニンニクあり、ラー油普通、肉増し”で。
カウンターでしばし待機の後、着丼。

 

こ、こ、この。
ビジュアルがぁ~~~♪♪

 

さ、では張り切って。
いっただきまっしょー!

 

神やぐら 20161219-3

 

画像は食べ始めの上澄みなので、ラー油しか写ってませんが。
ラー油の下のスープは完濁の深茶色。

 

味わいエキゾチック。
唐辛子、黒コショー、そして何か分からんけど中華系スパイスがビシビシと攻めてくる。
それと独特のコクはオイスターソースですかね?
柔らかいうま味が味の中心にどっしりと腰を下ろす。

 

背脂が少ない分、いつものレギュラーラーメンに比べてオイリー感はやや弱め。
できればもっと脂感があった方が神やぐららしい気がする。

 

神やぐら 20161219-4

 

麺は極太。
茹で加減普通。

 

低加水の麺は質感ほっくほくのわっしわし。
ひと噛みひと噛みの豊かな抱擁感がたまらない。

 

そして不思議と変化するスープの印象。
スープ単体ですするよりも、麺に絡み上がってくるスープの味の方がはるかにスパイシー。
唐辛子や中華系スパイスの香味がビッシビシと飛んでくる。

 

ああ・・・ジャンク♪

 

神やぐら 20161219-5

 

ゴールド会員特典で肉増し。
2枚あるってことは、ノーマルだと1枚ってことになるんですかね?

 

この日のお肉はへりの部分だったせいか、かなりの厚切り。
むち・・とした噛み応えが恍惚にエクスタシー。

 

味もボリューム満点。
重たい肉の味と、オイリーな脂の甘みが折り重なり合い。
あふれるようなうま味で口の中を埋め尽くす。

 

 

終丼。
シビ辛麻婆やぐら、大変美味しゅーいただきました。

 

ただまあ、正直な感想を言うと。
期待していた程のインパクトはなかったかな、と。

 

・挽肉が入っていない
・麻婆らしいトロみがない
・麻婆の味と豚骨の味がもうひとつフィットせず喧嘩してる気がする

 

この辺の違和感がなんとなーく最後まで頭に引っかかって。
ん~~・・という感じでした。

 

ジャンク感あふれるテイストは良かったんだけどね。

 

神やぐら 20161219-6

 

ごちそうさま。

 

 

[ 神やぐら 店舗情報 ]

 

〒920-0036
石川県金沢市元菊町17-13
TEL:076-221-0044

 

 


← 神やぐら 前の記事へ


 

 

読者登録してね

 
[ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング
AD

NOODLE KITCHEN TERRA 気まぐれ鶏白湯

テーマ:

NOODLE KITCHEN TERRA -1

【気まぐれ鶏白湯 850円】

 


人生が相変わらずドン底で。
全然上昇の兆しを見せません。

 

この暗く長いトンネル。
いつになったら抜け出せるのでしょうか?

 

結構努力はしてるんですよ、いろいろと。
でも何をやっても実を結ばず。
ただ徒労だけの毎日。

 

あーーーダメだこりゃーー・・・。

 

最近は完全に諦めモードに入り。
なーにやってもダメなんだなー、と。
日々深く沈んでいます。

 


もし金沢のラーメン屋で今にも死にそうな暗ぁーーーーいヤツを見かけたら。
多分わたしです。
どうか黙って。
味玉でもおごってあげて下さい。

 

 

 

お礼に。

 

 

 

「不幸」を。

 

 

 

おすそ分けいたします。

 

 

 

・・・ひっひっひっ・・・

 

NOODLE KITCHEN TERRA -2

 

看板のないお店、テラへ来ました。

 

こちらの看板、公式アナウンスではこの前の台風で落っこちたという話ですが。
一部では、ある人が持ち去ったと噂されています。
どこのどなたか、まー心当たりがないではありませんが。
ダメですよ、お店の看板勝手に持ち去っちゃ!
ちゃんとお店に返しましょう。

 

訪問したのは日曜のお昼。
11時半をちょい回って、混んでるかなー?と少々不安を感じながら入店してみると。
先客まさかの6人。
余裕の着席。
その後帰るまで中待ちすら発生しませんでした。

 

なんかえらく寂しくね?
この時間、もっと混んでるイメージがあるんだけど。
絶対看板効果だよこれは。
勝手知ったるわたしでも、何となーく入りにくさ感じたからね。

 

こらーーー!!!
お店が困ってるぞー!!!
看板返しなさーーーい!!!!

 

と、分かる人にしか分からん内輪ネタをかましつつ(笑)。
テラの定番メニュー”きまぐれ鶏白湯”、いただきます。

 

NOODLE KITCHEN TERRA -3

 

スープは完濁のホワイト。

 

口当たり、ゆるっとクリーミー。
濃縮した鶏のうま味が柔らか~く滑り込む。

 

このスープ、味としてはきれいにまとまってると思うんだけど。
なんかね、ちょっと弱さがあるのね。
肉付きはあるけど、バックボーンがないと言うか。
どこか味に空間があると言うか。

 

ガンガンぶっ込んでくるようなジャンク大好き人間には。
少々物足りない印象。

 

NOODLE KITCHEN TERRA -4

 

麺は中細麺。
茹で加減やや柔らかめ。

 

高加水の麺は水っぽく。
びちゃびちゃ。
ただでさえ腰の弱いスープの印象をさらに弱める。
水で割ったカルピスをさらに水で倍に薄めて飲んでいるような感じ。

 

これ絶対にミスマッチでしょう。
このスープにこの麺は合わんですわ。
麺自体が持つ水分がスープの味を思いっ切り希釈しちゃってる。

 

なんでこの組み合わせにしてんのかなー??
意図が分からん。

 

NOODLE KITCHEN TERRA -5

 

チャーシューその1。
豚。

 

レアに仕立てられたお肉は純度感満点。
澄んだ肉の味が爽やかにさーっと走る。

 

むっちりした噛み心地もいいですね。
みずみずしく粘り。
柔らか~く舌に貼りついて、豊かなうま味をじっとりとにじみ出す。

 

NOODLE KITCHEN TERRA -6

 

チャーシューその2。
鶏。

 

すくっと歯が通る上品な食感。
やわか~~い♪♪

 

そのままぎゅっと噛むとピュアな肉の味がざっと湧き出し。
香ばしさあふれる鶏のうま味がゆったりと喉を潤す。

 

このお肉。
すきっと冷やした白ワインなんかと一緒に食ってみて~な~♪♪

 

NOODLE KITCHEN TERRA -7

【ニボ玉 130円】

 

はい、ニボ玉くんの登場です。
メニュー表には書かれていない裏メニュー的なものです。

 

こいつをスープにざぼっと落して、ぐちゃぐちゃ~と撹拌。
スープ+麺+煮干しペーストがよーく混ざり合った所で、ずるるっとすすり込む。

 

ガガガ!と駆け上ってくるニボちゃんの香味。
粗くハードなあの香りが、鼻の奥まで容赦なく引っ掻く。

 

麺は細麺。
こちらは最初の麺ほどのびちゃびちゃ感はなく。
スープとの絡み具合は良好。
小麦の甘みと鶏のうま味が程良くブレンドされ、充実した美味しさが溶け落ちる。

 

いいっスね、この味♪
最初のスープに足りなかった部分を、煮干しペーストが補ってくれてる感じ。
空いていた隙間に不足していたパーツがガチャッとハマった、みたいな。

 

逆に言えば、元々のスープはやっぱり味の要素に穴があったんだなと。
そんな事を実感。

 


終丼。

 


テラと言えば、一杯一杯が完成度の高いラーメンってイメージがありましたが。
正直、今回の鶏白湯はわたしの感覚としては???な一杯でした。
店主さんには店主さんの思いがあるのでしょうが。
わたしの求める方向性とは完全に違う方を向いているなーと。

 

イメージ的には、ドレッシングなしの生野菜サラダを食べたような感じ。
確かに体への負担は少なく、健康的かもしれませんが。
味に乏しく、水っぽく、そして頼りない。

 

それがいいんだ!という人にはいいんだろうけどね。

 

そもそもまー。
「無化調・無添加」=「美味い」とは必ずしも限らない訳で。
そんなことを深く考えさせられるラーメンでした。

 

NOODLE KITCHEN TERRA -8

 

ごちそうさま。

 

 

[ NOODLE KITCHEN TERRA 店舗情報 ]

 

〒921-8812
石川県野々市市扇ヶ丘9-20 扇ヶ丘ビル1F
TEL:070-5062-5037

 

 


← NOODLE KITCHEN TERRA 前の記事へ


 

 

読者登録してね

 
[ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

 

 

 

Heidee Winery Nouveau 2016

テーマ:

Heidee Winery -1

【Heidee Winery Nouveau 2016】
ハイディワイナリー ヌーヴォー

 

 

先日、ATMへお金をおろしに行った時の事。
生憎の順番待ちで、仕方なく最後尾にジョイント。
が、ふと気付くと。
目の前がショートカットのおねーちゃん。

 

突然訪れた。

30cm距離の生うなじ!!!!

 

さり気なく距離をあと10cm詰め。

 

20cm距離まで接近っっ!!!!

 

そのままガン見。

全神経を目の前のうなじに完全集中投入し。

リアル生うなじ映像を網膜の奥に煙が出るほど焼き付ける。

 

う。

 

な。

 

じ。

 

 

うなじじじじじじじーーーーーー!!!!

 

しかし幸せな時間は長くは続かず。
程なくおねーちゃんの順番が来て、空いたATMへするっと移動。

 

ああ・・うなじが・・行ってしもた・・・(悲)。

 

 

[今回学んだ事]

うなじと出合いたければATM

 

Heidee Winery -2

 

はい、新年番外編3発目。
ラストを飾るのは久々のワインネタ。
ハイディワイナリーのヌーヴォーです。

 

こちらのワイナリー、以前にも紹介した事がありますが、石川県能登半島の先っちょの方、輪島市にある小規模生産者です。
2011年創立の新鋭ワイナリーで、ワイン作りを通して能登という土地を盛り上げていきたい、そんな事を考えているそうです。
今回はそのハイディワイナリーが昨年リリースした新酒の実飲です。

 

ぶどうはマスカットベリーA。
ぶっちゃけ高貴品種ではありませんが、国内流通用としてはそこそこメジャーなローカル品種。
もうひとつ、甲州っていう白ワインのヌーヴォーもありましたが、甲州って薄々であんま好きじゃないので、今回はこっちの赤にしました。
まあマスカットベリーAもそんな変わらんけどね(笑)。

 

取りあえずゴタクはこの辺にして、グイっと飲んでみましょか。

 

Heidee Winery -3

 

色は透明感のあるルビーレッド。
照り、艶ともに美しく、グラスの内側にはヌーヴォー特有のガス泡もぽつぽつ。

 

チェリー、ラズベリーなどの赤系果実の香りを中心に、バナナ、オレンジ、スミレ、湿った土の香りも少し。
若々しく生命感に満ちた印象。

 

アタックからチクっと舌を刺すような刺激。
まだ結構炭酸ガスが残ってますね。

 

果実味は粗め。
ややトゲのあるタッチで、タンニンによる渋みが過剰に前に出てて、バランスに難あり。
甘み、滑らかな酸味に欠け、フルーティー感ももうひとつ。
果実の熟成感を感じない。

 

ぶどうの育成状況、今年はどうだったんでしょうかね?
感じとしては完熟前、まだちょっと早い段階で収穫してワインに仕込んじゃったみたいに思えますが。

毎年ヌーヴォー飲んで継続的にウォッチしてる訳じゃないので、こんなもんと言えばこんなもんなのかもしれないけど。
正直、驚くような感動はないですね。

 

Heidee Winery -4

【Gerard Fromage Roux】


はい、本日の相方はこちらを用意。
ジェラールのクリーミーウォッシュです。

 

おっと、黄色いシールに関してはツッコミ無用です。

 

タイプは名前の通りウォッシュタイプ。

 

ウォッシュってのはチーズの表面をワインとかで洗いながら熟成させるチーズです。
パッケージの説明書きを見ると、このチーズは塩水で洗ってあるみたいです。
特徴としては、独特のクソえげつない臭い(←笑)が付きます。

 

ではさくさくっとカットしてパクンと。

 

Heidee Winery -5

 

このチーズ、驚くほど臭くない。
多分日本人向けに、わざとクセの強い臭いが付かないよう作ってあるんだと予想しますが。
あほみたいに臭いチーズ大好き人間には少々物足りないっスね。

 

味わいソフト。
濃縮したミルクの味が優しくふわ~んと広がり。
ゆったりと舌の上に溶ける。

 

ウォッシュと言えば塩が強く、味が濃く、暴力的な風味がぼっかん!と爆発するようなチーズというのがわたしのイメージなんですが。
このチーズはその逆。
ソフト。
徹頭徹尾、ソフト。

 

ああ~~~求めていた味と違う~~~・・・。

 

Heidee Winery -6

 

ではチーズ+ワイン。

 

まずはチーズを口に含む。
もちゃもちゃと噛んでミルクの風味を舌全体に塗り込んでから、ワインをぐびり。

 

お。

 

いい感じ♪

 

チーズの甘みが下地になって、ワインのフルーツ感がふわんと膨らむ。
フレッシュで透明感あふれる味わい。

 

ただちょっとやっぱりワインの粗さが後に残りますね。
この粗さはチーズのクリーミーさでは消せない。
これだったらナッツの方が良さそう。
柔らかいものではなく、粗いもの+粗いもの、の組み合わせ。
ローストアーモンド当たりが多分ベストかと。
塩のミネラルと硬いバキバキ感が、ちょうどこのワインの粗さに合うんじゃなかろか?

 

まあ飲み始めたらもうどっちゃでもエエんですけどね(笑)。

 

取りあえず。
このまま酔い潰れるまで頑張りま~~~す♪♪

 

Heidee Winery -7

 

ごちそうさま。

 

 

 

以上、新年番外編3連発でした。

次回よりいつも通りのラーメンレポートを5日更新でやっていきます。
次は1月5日にお会いしましょう。

さよなら~♪


 

[ 株式会社 ハイディワイナリー 会社情報 ]

 

〒927-2351
石川県輪島市門前町千代31-21番地1
TEL:0768-42-2622
URL:http://heidee-winery.jp/


 




 

読者登録してね ペタしてね

 
[ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

キッチンユキ ハントンライス

テーマ:

キッチンユキ -1

【ハントンライス 864円 + 大盛 162円】

 


わたしの将来の夢。
それは。

 

『女子プロレスラー』になる事っ!!!!

 

来る日も来る日も、リングの上で女子にもみくちゃにされ。
ドつかれ。
蹴られ。
はがい締めにされ。
終いにはパイプ椅子で脳天たたき割られ。
メッタ打ち。
そのまま意識を失い。
タンカで医務室に運ばれる。

 


なんて。

 


なんて幸せな日々なんだぁ・・・。

 


わたしがいつか女子プロデビューした時は。
どうか応援よろしくお願いします。
会場では大足グッズも販売しますので。
いっぱい買ってください。

 

あ、そうそう。
リングネームまだ決めてないので。
いいのがあったら教えて下さい。

 

女子プロレスラー大足の前途に。
栄光あれ。

 

キッチンユキ -2

 

さて、新年番外編。
2発目。
キッチンユキ。
石川を代表する老舗洋食屋さんです。

 

オーダーは”ハントンライス”。
県外の人は聞き慣れない名前だと思いますが、まあいわゆる金沢の郷土料理的なものです。
ケチャップライス+半熟玉子焼き+白身魚のフライ+タルタルソース、というのが基本スタイルらしいです。

 

一応大盛りオーダーですが。

えらくちんまいですね。
もうちょっと量欲しいなあ。

 

期待を下回る貧ボリュームに少々がっかりしながら。
とりあえずいただきます。

 

キッチンユキ -3

 

ライスは質感しっとり。
柔らかく炊き上げられ、お米ひと粒ひと粒がねっとりと粘る。

 

ケチャップの効き具合は濃くなく薄くなく、普通。
ごはんの甘み+ケチャップの酸味が程良く調和した、マイルド~な美味しさ。

 

玉子の焼き加減が絶妙ですね。
液状感をしっかりと残したとろとろ具合。
流れるような甘みが、みずみずしく喉を洗う。

 

キッチンユキ -4

 

白身魚のフライ。
極小。

 

衣のキメは細かめ。
やや厚く揚げられてて、ぱりぱりサクサク食感。

 

中の魚はつるりと柔らか。
磯の香りがぱっと湧き立つ。

 

そしてアンバランスにどっぽり盛られたタルタルソース。
最初2~3噛みの間はマヨネーズの味しかしないという。

 

こんなん。

 

好きだわ(笑)。

 

キッチンユキ -5

 

添えのサラダ。
卓上のドレッシングをじゃばじゃばっとぶっかけて。

 

切りたてのキャベツは歯応えザクザク。
湧き出す水分で、口の中をさっと湿らせる。

 

ドレッシングは酸味具合が実に優しく。
味に真っ直ぐな緊張感をぴっと通す。

 

 

 

 

赤いのはいらん。

 

 

完食。

 


久し振りに食った、と言うか、記憶の中では人生2回目のハントンライス。
美味しくいただきました。

 

金沢在住20年以上になりますが、ハントンライス食うことってほぼないですね。
あんまやってるお店もないし、知ってる限りでは。

 

金沢独自の食文化としてこのまま生き続けるのか。
なんか気が付いたらフェードアウトしちゃうのか。
ちょっと微妙なポジションかもしれません。

 

頑張れ!!
ハントンライス!!

 


ごちそうさま。

 

 

[ キッチンユキ 店舗情報 ]

 

〒924-0817
石川県白山市幸明町331-1
TEL:076-275-5946
URL:http://kitchen-yuki.co.jp/

 

 


← キッチンユキ 前の記事へ


 

 

読者登録してね

 
[ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

CoCo壱番屋 ココイチの金沢カレー

テーマ:

CoCo壱番屋 -1

【ココイチの金沢カレー LLサイズ 1,000円】

 

 

明けましておめでとうございます。

 

昨年度は当ブログのクズ記事に一年間お付き合いいただき、誠にありがとうございました。
本年も誠意を込めて、世の中の誰の役にも立たないクズ記事を書き続けていきますので。
どうかよろしくお願いいたします。

 


さて当ブログ。
基本5の倍数の日に記事公開というルールでやってますが。
本日元旦。
お正月~~♪♪
どーせヒマでしょーという事で。
本日より3日間だけ、番外編をお届けいたします。

 

せっかくの番外編なので少々趣向も変えて。
3本とも非ラーメン記事で。

 

まずは一発目、イキますよ!

 

CoCo壱番屋 -2

 

最初に選んだのはCoCo壱番屋、通称「ココイチ」。
言わずと知れた、愛知県清須市を発祥とする日本最大のカレーチェーン店です。
今回はこちらの(多分)金沢限定メニュー”ココイチの金沢カレー”をいただきます。

 

サイズはごはんの量でS(150g)、M(250g)、L(350g)、LL(450g)。
わたしゃココイチじゃ基本ライス500gで食べる人なので、迷わずLLでオーダー。
しばらーく待って、登場。

 

見た目はバッチリ金沢カレー・・・じゃないし(笑)。

 

まあビジュアルはともかく。
ココイチ版金沢カレー、ばくばくっと食っちゃりましょ!

 

CoCo壱番屋 -3

 

カレー部分から。

 

ルーは刺激強め。
ビリビリとしたスパイス感が容赦なく舌を刺す。

 

ドロ感はどうだろ?
通常のココイチカレーよりも若干ドロ度を増してるようにも感じますが。

そうでもないようにも思え。

んーーーー微妙ぉーー・・・。
いずれにしろ一般的な金沢カレーレベルのドロ感はない。

 

味も重量感なく。
ライトとまではいかないけど、ミディアムレベル。
どっすんコと沈み込むような金沢カレー独特の重苦しい味質は表現できてない。

 

まあ要するに。

金沢カレーよりもはるかにココイチ寄りのテイスト。

付け焼刃感が強く。
リアル金沢カレーにはまだまだ遠いなという印象。

 

CoCo壱番屋 -4

 

カツはきらめくキツネ色。
サイズはチャンカレゴーゴーカレーよりひと回り小さめ。

 

ただ肉質素晴らしく。
やわこ~い。
そして粘りたぷ~り。

 

味わいもジューシーで。
うま味あふれる肉汁がどろりと滴り。
口の中をじゅわじゅわに満たしていく。
脂身はほとんどなく。
純な肉の味が真っ直ぐに伸びてくる。

 

コレはい~いカツですよ~♪

 


ぺろりと完食。

 


ココイチの金沢カレー。
まー。
金沢カレーを称するにはちょっとアレかな、と。

 

ちなみに金沢カレーの標準的定義を改めておさらいすると。

 

・銀のトレー
・ルーはどっろどろ
・先割れスプーンかフォーク
・千切りキャベツ
・カツにはソース

 

といった所。

 

必ずしもこの要件を全部満たさなきゃいけない訳でもないけど、最低限どっろどろヘビーなルーは再現して欲しかった。
そういう意味ではこれで金沢カレーと呼ばれてはちょっと心外。

 

ココイチさん。
もっと研究して。
より本物に迫る金沢カレーへのモデルチェンジをお願いします。

 

ヨロシク。

 


ごちそうさま。

 

 

[ CoCo壱番屋 金沢小坂店 店舗情報 ]

 

〒920-0811
石川県金沢市小坂町北 179-2
TEL:076-253-4621
URL:http://www.ichibanya.co.jp/index.html

 

 



 

 

読者登録してね

 
[ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

岩本屋 ベジポタ濃厚味噌+鶏の唐揚げ

テーマ:

岩本屋 20161216-1

【ベジポタ濃厚味噌 900円 + とろ~り半熟煮玉子(無料)】

 

 

ツライなあ。
冬は。
ツライなあ。

 

さび~~~のがもー。
苦手で、苦手で。
「冬」って聞いただけで、鬱モードどよ~~~~ん・・・・・。

 

特にツライのが朝布団から出る時とフロね。
言語を絶するほどに絶望的に絶望的なあの時間。
考えたくもない。
全てを投げ出して南国へエスケイプさせてくれーーーっ!!と叫びたくなる。

 

早く春来んかな~。
早く春来んかな~。

 

まだまだ先だな~~。

 


こうなったら。
恋の炎で。
熱く燃え上がり。
激熱の冬を過ごしてやるー!

 


うぉおおおおおーーーー!!!!!!

 

 

 

 


・・・・相手いねー・・・(涙)。

 

岩本屋 20161216-2

 

人生の寒さに震えながら、岩本屋。

 

目的はひとつ。
期間限定の”ベジポタ濃厚味噌”。
コイツを食べに。

 

前からこれ、食いたかったのよ~。
去年も確かやってたと思うんだけど、今度食おう今度食おうとずるずる先延ばししてたら、結局食い逃しちゃったのよね~。

 

それではようやくご対麺の岩本屋のベジポタ濃厚味噌。
張り切っていただきましょー。

 

岩本屋 20161216-3

 

スープは完濁の茶色。

 

ずるっとすすると、お、すごいね、コレ。

 

味噌の甘辛さが真中にズドンとあって。
動物系の味がそこに重さを加え。
野菜の澄んだ甘みがあって。
油のぬっとりとした甘みもあって。
背脂のむんわり感もあって。
挽肉の重い肉味もあって。
そんな多要素の味が溶け合い混ざり合い、ぐっちゃぐちゃになって。
どろどろどろ~~・・と口の中を舐めていく。

 

なんて素敵にジャンクな味噌ラーメン。
これはもー。
ツボですわ~~♪♪

 

岩本屋 20161216-4

 

麺は太麺。
茹で加減ちょい硬め。

 

低加水の麺は食感ほこほこ。
小麦の乾いた香味が心地良く鼻を撫でる。

 

味わいもいいですね。
でんぷん由来のふっくらとした甘みは、濃厚ドロポタスープに負けることなく、しっかりとその存在を主張。
互いにピタッと噛み合い。
文句ナシのフィット感。

 

岩本屋 20161216-5

 

チャーシューはサイズ大、厚みやや厚め。

 

岩本屋のチャーシューと言えば、面積はあるけど紙のようにぺらぺらで。
妙に脂感が強く。
後味に何とも言えない物足りなさと過剰なオイリー感だけが残る、みたいなネガティブなイメージがあったのですが。
このチャーシューはいいね。
ちゃんと厚みがあるから肉のむっちり感が十分楽しめる。
そしてうま味にも迫力がある。
やっぱ肉ってヤツは厚くてナンボです。

 

岩本屋 20161216-6

 

味玉ちゃん。
無料券使用でタダです♪

 

黄身はどろりと半液状。
柔らかな甘みがゆるりと落ちる。
白身にはしっかりと味がしみ込んでて。
黄身の甘みに深みを添える。

 

岩本屋 20161216-7

【鶏の唐揚げ 100円】

 

鶏の唐揚げ。
キャンペーン期間中で、2個100円です。

 

衣はさくさく。
中の肉はしっとり。

 

まーデカいので。
湧き出す肉汁の豊潤なこと!
肉のうま味がどばどばと舌を洗い。
衣の香ばしさが鼻を抜け。
塩のミネラルが味に硬質感を添える。

 

こんだけインパクト強いと白いごはんかビールが欲しくなるね。
悪魔の肉っス(笑)。

 


終丼。

 


岩本屋のベジポタ濃厚味噌。
食べ応えあふれる一杯。
流石の美味しさでした。

 

岩本屋 20161216-8

 

ごちそうさま。

 

 

[ 岩本屋 金沢福久店 店舗情報 ]

 

〒920-3123
石川県金沢市福久東1-88
TEL:076-257-1239
URL:http://www.iwamotoya.jp/

 


← 岩本屋 前の記事へ


 

 

読者登録してね

 
[ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

 

大吟豚 吟の味噌ラーメン

テーマ:

大吟豚 20161202-1

【吟の味噌ラーメン 850円 + 大盛り 100円】

 

 

大足オリエンタルランドがお届けする夢のテーマパーク。

 

『太ももーランド』!!

 


園内には沢山のアトラクションをご用意。

 

例えば「ビッグサンダー太もも」。
太ももに顔を挟んでビリビリ電気を流します。
柔らかなもも肉の感触をほっぺで楽しみながら放電される快感・・♪
喜びのあまり失禁者続出ですっ!!!

 

園内中央には夢のお城「太ももデレラ城」。
悪い魔法使いに捕まった太もも姫を助け出して下さい。
案内役のおねーちゃんの演技が少々白々しいですが。
太もも丸出しのコスチュームに、思わず生唾ゴックン。
おっと、鼻血はガマンして下さいネ!

 

歩き疲れたらレストランへ。
「太ももステーキ」「太ももサラダ」「太ももジュース」など、自慢の太もも料理を豊富にご用意しております。
さらにウエイトレスのおねーちゃんにチップを弾むと。
ヒミツの裏太ももサービスが受けられるかも!?
大丈夫、大丈夫。
奥さんには絶対に内緒にしておきます♪

 

お帰りの前にはお土産もお忘れなく。
売店には沢山のキャラクターグッズを取り揃えております。
中でも人気なのが「太ももキャンディー」。
太ももをぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろとしつこーーーーくナメる、ちょっと大人味のキャンディーです。
おかげさまで、「どうして急にこんなに上手になったの?と彼女に驚かれた」という喜びの声もたくさん頂戴しております。

 


さあ、夢の楽園『太ももーランド』へ!
沢山の太ももスタッフがあなたのご来園をお待ちしております。
今年の冬休みは。
太ももを思いっ切りご堪能くださーーーーーいっ!!!

 

大吟豚 20161202-2

 

大吟豚へ。
こちらは前回訪問した吟とんの2号店です。

 

オーダーは”吟の味噌ラーメン”。
これまた前回と同じく味噌。
系列店ですが、メニューとしては全く別物です。
さあどっちが美味いのか?

 

では早速、吟とんvs大吟豚の限定味噌ラーメン対決。
始めましょー!

 

大吟豚 20161202-3

 

スープは完濁の茶色。
液温あっちゃっちゃ。

 

はっきりありますね、味噌のニュアンス。
発酵した大豆の濃ゅ~い風味がズドーン!と迫る。

 

そして豚骨。
重たいうま味がゆったりと顔を出し。
味噌と絡み合いながら、充実感をぐんぐん高めていく。

 

大吟豚 20161202-4

 

麺はいつもの吟とん麺。
ファット&フラット、そして粘りたっぷり。
もっちゃもっちゃとした噛み心地が昇天レベルのエクスタシー♪

 

スープとの相性も抜群。
味噌の甘辛さ、豚骨の深み、麺のうま味が折り重なり合いながら、どっすんコと味の重みを増していく。
ひと噛みひと噛みが。
幸せへの階段♪

 

大吟豚 20161202-5

 

チャーシューはやや大振り、厚み普通、3枚。

 

味としてはかなり大味で。
ざっくり、そしてどっしり。
オイリーな豚の味が、迫力満点で口の中を湧き返る。

 

いや~このお肉、確かに美味いは美味いんだけど。
味が濃い上、3枚もあるんでね。
途中でごはん欲しなってかなわんですわ(笑)。

 


終丼。

 

ここまで特に触れませんでしたが、たっぷり野菜と挽肉もなかなかに存在感があり。
さらに意味不明にトッピングされたフライドポテトも笑っちゃうくらい真面目に美味しく。
色んな意味で期待を上回る一杯でした。

 


さーではいよいよ結果発表。
吟とんvs大吟豚、冬の限定メニュー対決。
その行方は?

 

 

 

 


すんません、イーブンです。
これどっちも美味いですわ。

 

ただ見方を変えて、どっちが美味いか?じゃなく、どっちが味噌ラーメンとして楽しめるか?という視点で言うと。
これはもう大吟豚の圧勝。

吟とんの方は完全に豚骨メインで。
味噌の存在が弱いのよね。
反対に、大吟豚は味噌の味がしっかりと芯にあって。
文字通り「味噌」ラーメン。
どちらが味噌をより生かしてるかというと、そりゃ大吟豚でしょ、って感じ。

 

タイプの違うふたつの味噌ラーメン。
興味のある人はぜひ自分で食べ比べを!

 

大吟豚 20161202-6

 

ごちそうさま。

 

 

最後に、もし今からこのラーメン食べようと思ってる人がいるとしたらひとつアドバイスを。

 

このラーメンは大盛りより絶対にライス向きです。
ご注文の際にはぜひライスも一緒に。
スープをレンゲで注ぎ込んで、チャーシューと挽肉を乗っけて。
卓上の豆板醤ちょろっと入れて。
カシャカシャーとお茶漬け感覚でかき込んだら。
きっと美味ぇ~ぜよ~♪

 

多分。

 

 

[ 大吟豚 店舗情報 ]

 

〒921-8064
石川県金沢市八日市 1-781
TEL:076-220-7732

 

 


← 吟とん 前の記事へ


 

読者登録してね
 
[ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング

 

吟とん 極濃焦がし味噌とん

テーマ:

吟とん 20161127-1

【極濃焦がし味噌とん 850円 + 大盛り(無料)】

 

 

ウルトラマン。
M78星雲からやってきた、地球を救うためのヒーロー。
大破壊を繰り返す怪獣をやっつけて、さっそうと宇宙へと飛び去っていく。

 

しかし。
彼の活動時間は短く。
たったの3分。
それ以上戦い続けるとエネルギーが切れ。
死んでしまうと言われている。

 

なぜ3分なのか?
それは男なら誰しも分かるはず。

 

男にとって元気な活動限界は3分。
そのあたりを境に、カラータイマーが点滅し。
一気にペースダウン。
後は根性との勝負。
男としてのプライドと威厳を保つため。
明日の仕事の段取りを考えたりしながら、必死に気をそらし。
時間を稼ぐ。
それはそれはツライ時間。

 

3分とは。
地球人にとってもウルトラマンにとっても。
永遠の。
男のタイムリミットなのです。

 

 

 

 

 

女子は深く考えなくてよろしい・・

 

吟とん 20161127-2

 

吟とんへ。

 

日曜お昼に行ったのですが。
昼過ぎると待ちが多分スゴイ事になるだろうと予想し。
11時半前に訪問。
すんなり座れるだろうと思っていたら、既に中待ち二人。
マジっすか?(汗)

 

スタッフは二名。
ちょっと怖そうなピアスの店主さんは不在。
おねーちゃんも不在。

 

そう言えば、ここ最近ずっとおねーちゃん見てないね。
多分辞めちゃったんだろうな。
残念。

 

オーダーは限定の”極濃焦がし味噌とん”。
大盛りはランチタイムサービスで無料。
さらにフリーペーパー”金沢情報”のクーポン利用で100円引き。

 

ごっちゃん!

 

んでわ早速。
いただきまショー!

 

吟とん 20161127-3

 

スープは完濁のライトブラウン。

 

口当たりマイルド。
吟とんらしい、ミルキータッチな豚骨がゆるる~っと滑り込み。
甘みとうま味が柔らかく交錯していく。

 

ゆったり後引く味の滞留感がいいですね。
喉の奥でふつふつと余韻が揺り戻し。
味の残像がいつまでも残る。

 

吟とん 20161127-4

 

麺はフラットな太麺。
茹で加減普通。

 

むっちむちの粘り。
滑らかく伸びる小麦の甘み。
ほんのり後から出てくる塩の味。

 

やっぱこの麺、好きだわ~♪

 

ミルキーな豚骨とも実に好相性。
甘み+うま味+塩味が絶妙の比率で融合し。
豊かな味が溶け落ちていく。

 

吟とん 20161127-5

 

チャーシューはサイズ大、厚みもしっかり。

 

なにしろこのデカさなのでね。
食べ応え抜群!
バクっとかぶりついて、むっちゃむっちゃ噛んでる時間のまー幸せな事!

 

味も迫力満点。
肉のワイルドな味と、脂の重たい甘みがガチっと噛み合い。
焦げの乾いたフレーバーがさらに味の力強さを後押しし。
パワー全開で肉の味を爆発させる。

 

ザ・肉っーー!!!

 

 

ぺろりと終丼。

 

吟とんの限定味噌。
さすがのパフォーマンスでした。
やっぱイイね、このお店は♪

 

吟とん 20161127-6

 

ごちそうさま。

 

 

そして次回は大吟豚の味噌

イキます。

 

 

[ 吟とん 店舗情報 ]

 

〒920-0806
石川県金沢市神宮寺1丁目17-17
TEL:076-225-8422

 


← 吟とん 前の記事へ

大吟豚 次の記事へ →


 

 

読者登録してね

 
[ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング