英語マスターセミナー

テーマ:

HUMMERさんの記事 をみて興味をもち、年末学習会議で石渡先生とお話しできなかったのがとても残念だったのと、「英語頑張るぞ」モードになっているので、カプランの英語マスターセミナー に申込みしました。


そして今日、熱血指導の英語マスターセミナーに参加してきました。「看板に偽りなし」で、最初から最後までかなり熱かったです。しかも、とても面白かったです。笑ってばっかりでした。


白うさぎさんのブログ に詳しく記載があるので、内容は割愛します・・・。

(だって、白うさぎさんの記事、ほんとに詳しいんですもの・・・)


無料のセミナーでここまで教えちゃって良いんですか?と思うほど、英語学習のヒントが散りばめられていました。その中でも、これは凄い・・・!と思ったのがA.L.L.という学習方法。


A.L.L.(Active Listening & Learning)という方法は、webで読んだりyou tube見て大体の内容はわかっていたものの、実践してみてその効果の高さに驚きました。私、ハッキリ言って、暗唱は苦手です。本当に苦手です。それなのに、石渡先生のチェックを受けながら、オバマ次期大統領の2004年のスピーチ冒頭を練習したところ、セミナーが終わってから5時間ほど経過していますが、スラスラと口から出てきます。自分でも驚きです。


ただ音を聴いて、ただ暗唱するってだけじゃなくて、それを誰かにチェックしてもらう、という過程が大切だということを石渡先生は仰っていました。誰かチェックしてもらう。これって、独学だと難しいし、そんじょそこらの英会話学校じゃ発音とかのチェックってあまり期待できないですよね。A.L.L.をやってるカプランは「発音をチェックできる耳を持った先生方がいる英語学校」なんだと思いました。もちろん、魅力はそれだけじゃないですけどね。実際、カプランのスタッフの方が、セミナー開始時に挨拶なさっていましたが、発音がとても綺麗でした。


正直、授業料は「うっ、高い!」と見たときには思いましたが、カプランで受講している間は「取り放題」(何と魅力的な言葉なんだ・・・!!)のワークショップをとことん活用して、全神経を英語学習に注ぐことができたとしたら、自分の英語力はウナギ登りにアップすること間違いなしで、決して高い投資ではないと思います。むしろ、かなり良心的な金額と感じました。自分がどれだけ英語に全力投球できるか。これが一番のポイントですね。


取り放題のワークショップのスケジュールをみると、夕方から夜間(18:40~22:30)にかけてと、土日の授業に重点が置かれていました。平日は結構遅くまでやってるんですよね。これって、多くの社会人が通いやすいと思われる時間帯ですよね。これも、良心的な金額だな、と感じた理由のひとつです。


アンケートで「受講するつもりはない」についマークしちゃいましたが、実を言うと、時間とお金が許せば通ってみたい、と思いました。私の性格からいって、1年とか期間が長いのはモチベーション維持が難しいので、3か月の短期集中で! しかしながら、今は仕事がちょっとバタついているのと、諸事情あって頻繁に帰省しているので、時間もお金も精神的にもちょっと厳しいのです・・・。飛行機代ってなんであんなに高いんでしょ?


英英辞書、HUMMERさんがカプランで買った方が安い、と仰ってたので、カプランで買う気マンマンだったんです。「第5版が出てます。」という話を聞くまでは・・・。新しモノ好きの私としては、じゃぁ第5版買わなくちゃ、と帰りに東京駅そばのMARUZENに行きました。第4版でも良かったぜ・・・と思うほど高かったです。これは失敗。だって、石渡先生は、紙の辞書がイイ、と仰ってたんだから、付属がCDからDVDに変わったところで、結局使うのは紙の辞書本体。多少中身が変わっていようとも、そんなのを気にすることができるほどの英語力はまだありませんし、重要単語ってそんなに変わらないでしょ。大人しくカプランで買えば良かったです。辞書だけじゃなくて、つい洋書買ってしまいました。あー、しばらく買わないと心に決めていたのにー。買ったのはDreams from my father / Barack Obama。あー。頭がObamaモードだったのでー。うー。


今日は収穫が大きいセミナーでした。お金を全くカプランに落とさず帰ってしまって申し訳ないほどです。石渡先生、スミマセン・・・。


石渡先生、今日は本当にありがとうございました。辞書の活用とスピーチ練習を少しずつ、かつ、確実に進めていこうと思います。

AD

コメント(8)