綾弥のスイーツな毎日

スイーツ好き東京OLの日々を綴ります

ケーキハートぃっぱぃご訪問いただき、ありがとうございますハートぃっぱぃケーキ


ほぼ毎日スイーツを食べている、

そんな生活のレポートですネコ・照れるキラキラ


楽しく読んで頂けたら嬉しいですはな


※本サイトの内容は私自身の個人的な見解です。

NEW !
テーマ:

Neighborhood and Coffee

スターバックスコーヒーではあるのですが、地域密着型の展開。

住所は奥沢ですが自由が丘駅が最寄りです。

{3C9204D6-ED8F-4898-B11D-9F49EC256F91} 

コーヒー豆の袋の麻袋のような質感の生地のソファやドングリ型の椅子。

丸太にかけた縄からさがるライト。

コーヒー豆をモチーフにした様々なオブジェ。

{99BD3597-C4DF-44FB-9D52-367C3307A513}

{44FD113E-8A67-4B0E-8498-B3A9B9D26B0F}

リビングルームのようなくつろぎ空間です。

 

「カフェラテ」

エスプレッソ系ドリンクの場合、豆を選ぶことができます。

{00BC7112-0F59-4D0B-902B-FBB22FCA4869}

この日は

○エスプレッソロースト・・・ビターチョコレートやキャラメルを思わせる濃厚な味わい

○ケニア・・・グレープフルーツのような酸味とブラックカラントの風味

○コモド ドラゴン ブレンド・・・重厚感のあるコクとハーブを思わせる風味(カフェインレス)

 

お酒を飲めることも特徴で、ワインやビールがありました。

 

フードメニューもオリジナルが多いです。

お店で手作りされているのだとか。

 

サンドイッチはオーダー後に作られます。

「クラッシック ハム チーズサンドイッチ」

{C9258A98-3619-4C63-924E-FC8048FA4F69}

薄くカリカリに焼かれたパン。

溶けたチーズに薄いけれど何層にも重なったハム。

オーロラソースでいただきます。

 

{1F112333-2402-4173-BB52-099D3BF9A020}

スイーツには青森県産りんごをつかったアップルパイやブラウニー、チーズケーキなどがありました。

 

「キャラメル アーモンド クッキー」

{911ED933-EA32-4E25-97EE-7525F92CF012}

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
TORAYA CAFE』でランチ。
 
押し麦ごはんのかぼちゃリゾット
かぼちゃのリゾット カレー風味です。
とても色鮮やかではありませんか。
クリスマスをイメージしてます。
{2E126B7F-B4B7-438D-8B14-D05F1CDF8B2D:01}
グリーンサラダ付き。
 
かぼちゃのやさしい甘さにチーズとカレーの香りをプラスした、ボリュームのあるリゾット。
かぼちゃのペーストたっぷりさが食べ応えにつながっているかも。
{F9519EEA-64A7-4C74-8682-0C2C816049D9:01}
ズッキーニ、ナス、パプリカ、カリフラワーとを野菜のソテーをかわいらしく添えて。

 

押し麦なので、白米とは違った少しぷちっとした食感があります。

{916DB5BD-BCCC-4C88-8AC6-7F75F7FC18B9:01}
寒い季節にうれしいあったかメニュー。
 
セットのコーヒー。
{0D519759-34B5-4946-996D-E45D8392016E:01}

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Pascal Le Gac Chocolatier

日本にはまだ未進出。

フランスでもパリではなく、サンジェルマン・アン・レ―にのみお店を構えているショコラトリー。

{3B2EC6B2-AADC-4055-9FFA-96C288363BFB} 

今年もC.C.C.による‟欠かすことのできないショコラティエ”に選ばれています。

 

バレンタインシーズンのみ、東京、京都、大阪、名古屋の百貨店に出店。

 

ロシェ

岩を表すフランス語のロシェ。

アーモンドダイス入りのガナッシュを包んでいます。

ミルクとビターの2種入りです。

{C4467AF4-E322-4B68-A327-F5E0B72EA894}

 

トリュフ

ナチュールとアプリコットの詰め合わせ。

外側にまとったココアパウダーの苦みが意外とポイントだと個人的には思っています。

{399ABB2D-4F7B-4D9B-900C-AC96EC520292}
Pascal Le Gac Chocolatier』のガナッシュは完璧なバランス、と言われているのですよね。
 

オランジェット

シトロネット

今年からパッケージが縦型PETに変わりました。

{95FE5033-3B62-4514-8615-C76D104078A5}

 

 

 

 

ボンボンショコラ。

ミルクチョコレートコーティングから3種。

全部ナッツ系。好きなのです。

{AAC9C956-D242-4386-81D8-A178A7A40BA9} 

右から、

ココナッツ

ミルクチョコレートのガナッシュにパリパリココナッツ入り

アーモンドとヘイゼルナッツのミルクプラリネ

プラリネフィユティーヌ

 

ビターチョコレートコーティングから3種。

 

{413CCBB2-A223-4C8D-8AE3-61B6D45E74AC}
右から
スパイスのガナッシュ

パッションフルーツとジンジャー

明確なパッションフルーツの酸味にジンジャーの苦みが心地よくまとわりついて、すっきりしたショコラの味わいともマッチ。

プラリネノワール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1年に1度のショコラコーディネーター市川歩美氏プレゼンツ、パスカルルガック会。
{978B78F7-6C51-4309-B913-D25108C093FA}
 
2017年バレンタイン催事で登場する、新商品6種を試食します。
{89682349-AD98-4666-B1FC-B7DB841CF619}

 
カルダモンのミルクガナッシュ

ルガック氏が、オリーブとレモンのタジン鍋を食べた時に全体を引き締めていたカルダモン。

翌日から試作開始して誕生したボンボンショコラ。
香辛料とミルクを合わせることでチャイのよう。
ガナッシュはビター。
余韻として残るのはカルダモンだから、不思議。
 
 
胡桃のプラリネ
ペリグーに拠点を移した友人(メゾン時代の同僚)を訪ねて出会った胡桃。
ルガック氏いわく、胡桃は飽きがくる味。その短所を凌駕する完成を目指したとか。
飽きないどころか、止まらない味。
しっかり胡桃が混ぜてあるガナッシュで歯ごたえも楽しめる。
胡桃の良い苦味がいかされていて、ビターなショコラとマッチします。
オーソドックスな組み合わせでも安易な味に落ち着かず、品よくまとまっているのです。
胡桃の脂っこさがうまーく消されていて、しつこさがない。この点が飽きのこなさなのでは。
 
{1D99E69D-E4F6-4FD0-AE6F-B916A7E7C7F3}

 
ベルガモットのガナッシュ
ルガック氏がお店を構えるサンジェルマン・アン・レーから電車に30分乗ってパリへ行くと、ラグランドエスピリー(スパイス専門店)を訪ねるのだそう。
このボンボンは、そのお店で出会った、北アフリカで11月〜2月にのみ収穫されるベルガモットの果皮がアイデアの源。
とてもフルーティ。柑橘系の香りがパッと広がる華やかさ。
 
カシスのビターガナッシュ
ルガック氏が尊敬するロベールランクス氏。
過去にふたりで取り組んだ素材だそう。
個性の強い組み合わせ。
ハイリスクなマリアージュとルガック氏談ですが、とてもそうは感じさせません。
両者が拮抗して印象的な味わいに。
かなり力強いカシス。
この組み合わせには男女を彷彿する方が多かったです。
自己主張のつよい女性を懐の深い男性が受け止めるような、互いにファイトしあいながら高め合うような。。。
{C6641E46-835A-4128-A057-E9BE8A1B09AD}
 
カルバドスとシナモンのガナッシュ
ルガック氏のお母様はノルマンディー在住。
そちらのカルバドスを使用。
カルバドスのウッディさを強調するために、シナモンで香り付け。
口にして驚くのはレーズン。
カルバドスは林檎のお酒なので、アップルパイ的な素材使いで、そこはシンプルなのに、その想像を超えてきます。
それぞれの素材の味わいが波状で届いてくるので贅沢なのです。
 
 
グランマルニエのガナッシュ
オレンジピールが乗っています。
ガナッシュにも入っていて、細かくではあるのですが、口どけのよいガナッシュの中では、しっかり感じる。
ルガック氏の思い出にあるグランマルニエは、夏に海辺で食べるクレープだそう。
 
{5238D1D0-4D4D-4AF4-82A9-E5A9F791A28F}
 
ルガック氏のショコラは全体的にみずみずしく、寄り添う味わいですよね。
 
日本にファンが多いのも納得です。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

フルーツ大福で各地の百貨店などへ出店されている京都の和菓子屋さん『京菓子処 吉廼家(よしのや)』。

{758E6B69-DC0E-425C-8401-B4257DFB50FB}


「みかん大福」
冬のフルーツといえば、私の中ではみかん。

食べ始めたら止まらない。みかんLOVE。

みかんを白餡でつつみ、それを薄〜くお餅で包んでいます。

{BDB14CBC-C965-4B6B-A136-989447305CFF}
白餡の甘さが、みかんの甘さを邪魔するのではなくて、盛り立てていて、
ジュワッと甘い。

 

「いちご大福」

粒あん。

こちらは逆に酸味がキリリッ。

お餅は柔らかく。

{29707EF0-8FB4-4C1D-818B-1D659C358C7E}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。