1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

悲しい手紙。

2009-07-26 18:54:14 Theme: 日々のあわ

「自分も、自分の音楽も、誰からも必要とされてないことが悲しい。」


名古屋の友人から、作品と一緒に送られてきた手紙に書かれてた言葉。


自分の大切な友人が、こんな悲しいこと言うなんて。


私も悲しくなった。


なんでだろうね。


なんで余計なことばっか考えちゃうのかな、彼も私も。




4年ぶりに聴いた彼の音楽。


最初聴いたときは、「変わったなぁ」と思ったんだけど、聴き込んでく内に、そうじゃないんだなってわかった。


繊細で、綺麗で、でも荒々しくて、攻撃的で、悲しさとか、もどかしさ、混沌、ナルシズム、脆さ、弱さ、そして彼の優しさが全て内包されてた。


彼の叫びが痛かった。




会いたい。


会って話したい。


あなたはこんな素敵な音楽を作れるのに、なんでそんな悲しいこと言うんだ。


なんで今もまだそんなとこに居るんだ。


私にはあなたが必要だよ。




そう伝えたい。


でも、4年も会ってなくて、たまにしか連絡とらない私に、そんなこと言う資格あるのか?


ああ。


余計なことばかり考えてしまう、私の悪い癖。



AD
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

しこりが溶けて、柔らかくなる。

2009-05-17 20:01:34 Theme: 日々のあわ

父のことを、ありのまま彼のご両親に伝えてきました。


「今までつらかったね、ちゃんと受け止めたからね。

つらかった過去は忘れて、これからは明るく前向きに生きていかなあかんのやで!

みんなで一緒に、生きていこうね。」


そう、彼のお母さまに言っていただくことができました。


沢山の想いがこみあげて、言葉にならなくて、泣きながらただ「ありがとうございます」という言葉を繰り返すことしかできなかった。


私はしあわせ者です。


こんな素敵なお2人が、私のもう1人のお父さま、お母さまになってくださるんだもの。


お母さまにそう言っていただいて、私は生れて初めて、「ああ、私は生きてていいんだ」と思うことができました。


自分の中にあった、大きなしこりが溶けていくような、そんな言葉でした。




私はいつも「死にたい」と思って生きていました。


14才の頃の私の口癖、「人生があと70年もあるなんて、気が遠くなる。私は30才までに死にたい。」


生きることに絶望していました。


自分ではなぜそう思うのか、原因はわかっていなかったけど、父の暴力が原因だったんだなと、今はそう思います。


自分はなぜ生まれてきたのか、


自分は父に愛されていないのか、


父の暴力は、自分の全てを否定されているかのように、幼い私の心に闇を作ったんだと思います。


父のことを憎むのは、もう疲れたから、私は諦めて生きるしかしかなかった。


それ以上、自分が傷つかないように。




父への想いは、そういうことを思ってはいけない、口に出してはいけないのだと、自分の中に圧しこめて、20年間、友達や恋人や、母や、同じように暴力をふるわれていた姉にすら話すことができなかった。


でも、生まれて初めて、彼には話すことができました。


「どうしてあんな人が自分の父親なんやろう?」と泣きながらいう私に、


「そういうこと、思ってもいいんやで。口にしていいんやで。」と彼は言ってくれました。


それだけで、すごくラクになりました。


救われたような気がしました。




これで、やっと、前に進んでいける。


彼とのことも、自分自身のことも。


これからは、自分のことをもっと愛してあげよう。


もっと大切にしてあげよう。


私のことを大切に想ってくれてる、全ての人たちのために。





生まれてきてよかった。









これから、帰化の手続きを進めていきます。


彼のお母さまのお友達に行政書士の方がいらっしゃるので、手続きを頼んであげるよと言ってくださいました。


帰化してから、彼と結婚することになると思います。


また、ご報告します。




これからは、沢山の優しい言葉を、ここに書ければいいなぁ。



AD
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

激鬱、撃沈、消失したい28歳の誕生日。

2009-04-10 02:26:51 Theme: 日々のあわ
どうにもこうにも収拾がつきません。

やはり、あの人は昔と全然変わってない。

気に入らないとすぐに怒鳴って、私と姉はいつも殴られた。蹴られた。

ずっとずっと、あの人が大嫌いだったし、死ねばいいと、幼い頃から何度思っただろう。

暴力を振るわれても、それでも、仕方ないと諦めてた。

稼いできてくれる人だから。

養ってくれてる人だから。

でも、それは違うね。

どんな理由があっても、子供に暴力を振るうのは間違ってる。


叔母に「結婚相手に最低限求めるものは?」と聞かれて、姉が答えた言葉。

「ちゃんと働いて、暴力をふるわない人」

それを聞いた時、本当に悲しくて。

そんな当たり前のことも、当たり前だとわからないくらい、私達は傷ついていたんだなぁ。

その時初めて、客観的に自分の姿を見た気がした。

ちゃんと向きあってこなかったし、そのことを、自分の弱さや不安定さの理由にするのは、ただの言い訳にすぎないと思ってた。

でも、確かにある、自分の闇の部分。

やっとわかった。

ここに理由があったんだ。


イライラしても、叫んだり、物に当たったり、大きな音を立てたりすると、すぐあの人が殴りにくるから。

だから、私は「怒」の感情が出せなくて。

発散できなくて。

そういう時は、いつも声を殺して泣きながら、自分の体を殴りつけたり、傷つけてた。

痛みを感じてる間は、どこにもぶつけれない、憤りを忘れて、心が安らいだ。



今まで気づいてなかったけど、私は不幸な子供時代を過ごしたんだなぁ。



こんな人が自分の親だって、やっぱり私には思えない。

この世界で、一番遠い人。

一番理解できない人。



子供は親を選べない。



悲しいね。

早く死んでくれたらいいのに。

病気で思うように動けないイライラを、母や姉にぶつけて。

お酒のんで。

死んでくれたらいいのに。

こんな人でも、親孝行しないとダメ?

こんな人にも、祝福されないと、私達は結婚できないの?





子供は親を選べない。

それが悲しい。
AD
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

ずっと眠り続けたい。

2009-02-26 00:02:10 Theme: 日々のあわ
朝なんてこなかったらいいのに。


父がまた入院しました。

もともと昔から高血圧で、プラス透析の負担で、心臓の働きがだいぶ弱いようで。

詳しく聞いたけど、専門的な話でよくわからんかった。


ゆっくりと浮上しかけてて、

1日1日前向きに過ごしていければ、ちょっとずつでも強くなれるのかなって思って頑張ってたけど、

落ちちゃうのはすごく簡単で、

一瞬のことで、

自分のことなのに、めくるめく変わってく環境に対応しきれない。

気持ちも頭もついてかないや…。


ついでにPちゃん(PMS)到来。

閉じてる。

憂鬱。

1人になりたい。

孤独がとても心地いい。


でも、本当に1人ぼっちじゃないから、そう思えるんだってことも、もう今の私は知ってるよ。

愛する人がいて、家族がいて、大好きな友人たちがいて、だから私はここに居れるよ。


ありがとう。


今はまだダメだけど、

また少しずつ浮上してくから、

静かに見守っていておくれ。



私、強くなるから。
少しずつだけど、強くなるから。

大丈夫。

私はもう1人じゃないもの。



いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

『心と体はやっぱり近い。私が思っているよりずっと。』

2009-02-15 14:53:20 Theme: 日々のあわ

ここに自分の思っていることを書くことで、バランスが取れていた4年前の私。


今の自分もきっとそう。


ここに書くことで、だいぶラクになると思う。




今の私にはすごく大切な人がいます。


生まれて初めて、この人とならずっと一緒にいれるなぁと思えた人。


付き合いだしてから2年、一緒に住みだしてから1年半。


今年の7月24日に入籍する予定でした。





でも、去年の11月にトラック運転手の父が仕事中に交通事故を起こして、会社をやめてから、彼のご両親が結婚に反対しだして。


私は高校を卒業して働き出してからずっと実家に毎月仕送りをしていて、それが今年の4月までという約束だったので、仕送りを終わらせてから、彼と一緒になりたかったし、彼のご両親にもそのことを言ってたのだけど、「お父様がお仕事をやめたのであれば、この先も実家に仕送りをしなくてはいけないのでは?そうであるなら、結婚のことは考え直してほしい」と彼のお母さまに言われてしまった。


正直、父を恨みました。





ヒステリックで酒癖の悪く、職を転々とした父には、幼い頃から沢山殴られた。


今でも、怒鳴られたり、言葉尻のキツい人には、すごくビクビクしてしまう。


きっとそれは父のせい。


経済的な余裕もないのに、無理して自分のエゴで家を建てて、そのせいで兄も姉も私も大学に行かず、高校を出てすぐ働き出し、毎月5万円住宅ローンを払うためにお家にお金を入れることになった。


今まで沢山我慢してきた。


自分の欲しいもの。


大学に行って、親に車を買ってもらって遊んでいる友人たちが羨ましかった。


やっと、10年間の重荷が取れると思っていた矢先に、なんでこうなるんだろう。


やっと、大切な人と一緒になれると思っていたのに、いつまで私は自分の幸せを我慢しなくちゃいけないんだろう。


実家に残ったローンはあと10年。


父の名義だから、父が亡くなれば、もうローンは払わなくて済む。


私は父が死ねばよかったのにと思いました。





お正月に実家に帰省した時、父は別人のように全身が浮腫んで、人相が変わってしまっていた。


変わり果てた父の姿がすごくショックだった。


2日後、病院に行った時には、慢性腎不全でいつ心臓がとまってもおかしくない状態だったとお医者様に言われた。


命は助かったものの、腎臓が悪いため、この先も一生、週2、3回、1回4~5時間かかる人工透析を受けなくいといけない。


もう父は働けない体になってしまった。


それでも母は、「お父さんが生きていてくれるだけでいいんや」と言って涙ぐんでいた。


その時の母の顔を私はずっと忘れられないと思う。


父のことは昔から好きじゃなかったし、自分の親だから大切にしないといけないとは思うけど、正直尊敬できるような人じゃないと思う。


でも母のことは違う。


母のことは大好きだし尊敬している。


私も母のような人になりたい。


母のように、私も自分の子供に愛情を注ぎたい。


今までいっぱい苦労してきたんだから、母には幸せになってほしい。




父は12月に入ってから体調を崩していたらしく、母や姉が「病院に行こう」と言っても、「うるさい!長い間ずっと煙草を吸ってたからや!どうせ医者には直せへん!!」と怒鳴りちらかしていたらしい。


そのせいで悪化させて、結局周りにこんなに迷惑をかけてる。


その話を聞いた時、もう頼むから早く死んでくれと思った。


私は最低だ。




彼のご両親が結婚に反対しだしたことを、原因を作った父には今も言えずにいます。


こないだ、彼と父のお見舞いに行った時、「式はいつするんや。親族だけでする形でいいと思うよ」と言われ、私と彼は何も言えなくなってしまった。


退院してからも、「彼のご両親を招待したいので、2月か3月で都合のいい日を教えてください」というメールが送られてきた。


ああ、どうしたらいいのかわからん。


ツラい…




そうこうしてる最中に、母方の祖母が亡くなった。


父の看病や、家事、仕事でヘトヘトになってるであろう母の糸が、そのことでプッツリ切れてしまうんじゃないだろうか。


母のことが心配になって、仕事を4日間休んで帰省した。


意外と元気そうな母を見て安心した。


「お父さんのことで、結婚のこと、ほんまにごめんなぁ」と母はずっと泣きながら私に謝っていた。




父が悪いんじゃないし、彼のご両親も自分の子供を心配して反対してるんだから、誰も悪くない。


頭ではそうわかっているけど、でもどうしたらいいのかわからない。


彼のご両親は私の国籍のことや病気のことも、100パーセント納得してくれてる訳ではなかったようで、そんな中での父の失業だったから、爆発してしまったんやろうなぁ。




よくよく聞くと、彼のお父さまも3月で退職することになったらしく、経済的に援助してあげられないから、心配なのだと。








結婚ってむずかしいなぁ…


好きな人とずっと一緒にいたいだけなのになぁ。









そんな中での1月31日の大阪ニュル。


彼は田中フミヤのパーティーに。


古くからの友人たちに囲まれて、飲みすぎた私は3年ぶりくらいに泥酔しました。


夜の12時から翌日のお昼の14時までの記憶がありません。


ひどすぎる!!


色々とやらかしていたようで…


うっすーら覚えている記憶だけでも、死にたくなるほどです。


酒癖の悪さは治ったと思っていたのに、心の調子が悪い時に飲むとやっぱり駄目なんだなぁ、私は。


昔の記事の中に、23歳の私が書いていた言葉。





『心と体はやっぱり近い。私が思っているよりずっと。』






いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

ひっそりと、再開。

2009-02-15 14:29:20 Theme: 日々のあわ

4年ぶりだー。ただいま。


最近、ミクシで日記を書くようになってから、どうしてもミクシでは書きにくいようなことが沢山あって。


ブログをもう1度始めようかなぁと思っていたのです。


で、本当に久しぶりに放置していたこのブログを読み返してみたら、すごく面白くて。


内容が爆笑とかそういう面白いってことじゃなくて、今の自分には書けないような文章や、23歳の時の自分がそこにいて。


とても愛おしくなりました。


根本的には何ら変わっていないなぁと思ったし、今の自分が忘れてしまっているような大切なことが沢山書いてあって、ハッとさせられた。


面白いなー。


このブログ残しておいて本当によかった。





昔のようなスタンスで、未来の自分のためにも、今の自分にしか書けないことを、マイペースに綴っていけたらなぁと思います。


ひっそりと、ただいまー。



いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

帰ってきて、雷ちゃん

2005-06-26 18:59:49 Theme: うちのトリ
今日の14時半ごろ、雷蔵が逃げてしまいました。
あたしの溺愛する文鳥が逃げてしまいました。

4時間くらいいろんな所探したけど、見つからなかった。
あたしの不注意です。
偶然に偶然が重なって、こうなりました。

すごく高く翔んでった。

さっきまで一緒にいたのに、別れはなんでこんなに突然なんだろう。
あんな甘ったれが野生で生きてける訳がない。
カラスとか猫とかに喰われてたらどうしよう。
変な人に拾われて、惨い殺され方してたらどうしよう。
うちに帰ろうとして迷ってたらどうしよう。
コワい思いしてたらどうしよう。

悪い想像ばっかしてしまう。

淋しくて悲しくて、何もする気力が起きない。
あたしのせいで雷蔵がコワい思いしてるのかもしれないと思うと、死んでしまいたい。

明日からどうやって生きていこう。

さっきからずっと泣いてたら、梅ちゃんがなぐさめてくれます。
涙をくちばしでチューチュー吸ってくれる。
優しくて余計泣けます。
梅も雷蔵がいないことに気付いたのか、甘えんぼになってる。
ごめんね、梅ちゃん。

雷蔵はものすごく可愛いし人なつっこいから、きっと動物ずきのいい人に拾われて、どこかで元気にピヨピヨ言ってるのだと思います。
そう思わないと、やり切れない。

駄目な飼い主でごめんね、雷ちゃん。

最近、不幸つづきだ。
もう駄目かもしれん、あたし。
いいね!した人  |  Comments(7)  |  リブログ(0)

永遠のアイドル

2005-06-25 21:49:42 Theme: 音を楽しむ

東京事変2


昨日のポップジャム見ましたか?

番組まるまる東京事変スペシャルでしたね。


椎名林檎はやっぱかわいいわ~。

去年のフジロックでライブ初めて見ましたが、なんか色んな意味で感動。

『幸福論』のイントロ流れた時には、感極まりました。

青春時代おもいだしました。

あたしの年代の高校時代といえば、「男はDragon Ash、女は椎名林檎」でしたから。(同世代の人にはきっとわかるはず!)

今だと、男はオレンジレンジ、女は‥‥誰だろ。大塚愛か?


番組内でやってた曲は、

「ダイナマイト」(新曲)、

「透明人間」(新曲)、

「母国情緒」、

「同じ夜」、

「ここでキスして」、

「群青日和」の6曲でした。


「透明人間」って曲がよかった。

「ここでキスして」を久しぶりに聴きましたが、自分も年を取ったな‥と。

サビの部分の歌詞(行かないでね 何処にだって貴方と一緒じゃなきゃ厭よ 貴方しか見てないのよ 今すぐに此処でキスして)あたりで、あたしも若い頃はこうゆう風にまっすぐに誰かのことを好きになれてたのになぁ‥と思いました。



そういえば以前、後輩男子に「椎名林檎ずきの女はしあわせになれませんよ」と言われた。

ほっといてください。好きなものは好きなの!

いいね!した人  |  Comments(1)  |  リブログ(0)

螺旋階段ぐるぐるぐる

2005-06-25 02:31:09 Theme: 乙女ばなし

あーダメだ。
涙がとまらない。

彼と距離をおくことになって10日。
今まで仕事で忙しくて考えれてなかったけど、月曜までたんまり時間がある。

久しぶりに彼の写真を見て、なんかすごく遠い人に感じた。
友達より、知り合いより遠かった。
知らん人ぐらいに感じた。
あーもう駄目なのかなって思った。

とにかくツラい。
早くこれ終わってほしい。
彼との関係を続けたいのかどうか、全然わからない。

彼が忙しいってのもわかってて、頑張ってるってのもわかってる。
だからあたし会えなくてもかまってもらえなくてもガマンしてた。
だけど忙しいのはあたしも一緒。
あたしだって頑張ってる。
そんな中で「この日は会える」って言ってた日、楽しみにしてシフト調整して休み取ったのに、向こうはそのこと忘れてて。
「ほんまにごめん」「我慢して」って。
そう言われる度に、自分の気持ち抑えて抑えて抑えて、どんどん本当の気持ちを彼に言えんくなった。
ワガママ言ったら困るのわかってたから。

「我慢して」って謝られる度に、今でも一生懸命ガマンしてるのに、あたしどこまでガマンしたらいいの?って思った。

それがたまりにたまってツラくなってそのことを彼に言ったら、「少しの間距離をおこう」って。
「好きかどうかわからなくなった」って、ドラマとかで使い古されたこんな言葉が、実際に言われるとこんなにキツいもんだとは思ってなかった。

あたしは元々自分の気持ちとか前に出すのが苦手で、周りの人に合わせてしまう。
友達とかでもそうだし、好きな人には尚更。
そうゆうのが彼はイヤだったみたい。
「あたしのが年上なんだからしっかりしなくちゃ」って構えてるように見えたみたい。
別にそんなつもりなかったのになぁ。

でも、あたしが自分の気持ち出せなくなったのは、彼にも原因があるのに。
彼はワガママで子供だ。
(男性は女性より精神年齢が7歳低いらしいです。ってことは、あたしと彼は10歳差かぁ‥)

彼が「お金ないから諦める」って言ってたフジロック、あたしが「どうしても一緒に行きたい」「好きな人と行くの、憧れてたから」って言ったから、彼は頑張ってバイトいっぱい入れてた。
彼が忙しくなる原因を作ったのはあたし。
会えなくなる原因作ったのはあたし。
彼は学生で、あたしは社会人で、

あたしは彼より3つ年上で、

だけどいっつもデートの時は彼が多くお金出してくれてて、

微妙に中距離恋愛で‥

いっぱい無理させてたんだろうなぁ。

あたしもちょっと無理してた。


あたし、どうしたいんかなぁ。
彼のこと好き?
今考えなくちゃいけないことなのに、今はツラくてとにかく彼が早く答えを出してくれんかなって思ってる。
またもや受け身。

それじゃあかんってのはわかってるのに。

このまま終わらせたくない。
でも彼が終わりを望んでたら、あたしはどうするんだろう。
みっともない位すがりついて引き止める?
強がって平気な顔でサヨナラ言って自分の安いプライド守る?

自分がどうしたいのかわかりません。
終わらせたくないけど、それは純粋に彼のことが好きだからってだけじゃなくて、1人ぼっちになるのがコワいってのが半分くらい。

関係を続けるとしたら、距離をおいたことで色々とわかったこともあるから、今までとは違った付き合い方ができると思うんだけどな。
あれ?なんだ、あたし自分がどうしたいのかわかってんじゃん。
いつの間にか答え出てるじゃん。

あと5日かぁ、長いなぁ。

あ、涙とまった。
書いたらちょっとスッキリしたのかな。

なんか久しぶりに暗くてすいません。
彼のこと知ってる人も複数このブログ見てるから、2人の間で答えが出るまで書かないでおこうと思ってたんだけど、書いてしまいました。
(彼には言わないでください。なんかフェアーじゃないんで)

相変わらず曝け出しっぱなしですいません。

あんまり出さない方がいいんでしょうね、こうゆうの。他の男性に目を向けるとしたら。

そうゆう小賢しいこと出来ない不器用な自分が好きだったりするので。

これでいいのだ、あたしは。


そこのあなた、フラれたらなぐさめてもらいますから、ヤケ酒に付き合う用意しといてくださいね。(迷惑な話)


◆追記◆

そんなこんなで泣きぬれていたので、下のイベントには行けませんでした。

最近遊んでないなぁ。遊びたい~~!!

いいね!した人  |  Comments(3)  |  リブログ(0)

『時空 presents RHYTHM CONNECTION』

2005-06-24 12:39:51 Theme: 音を楽しむ
06/24 (Fri)

梅田NOON 


LIVE:
FLYING RHYTHMS
久下恵生 vs Ukawa Naohiro
Altz (RARE BREEZZ / BEAR ent. / FOL)
DJ:
DJ HIKARU (BLAST HEAD)
MOODMAN (GODFATHER / HOUSE OF LIQUID / SLOWMOTION)
mongoose (newtone records)
VJ: Ukawa Naohiro (MOM/N/DAD PRODUCTION)

 

22:00~allnight

¥前2800(1DRINK)当3300(1DRINK)

FR

FLYING RHYTHMS (フライング・リズムス)
2002年にBLAST HEAD「ランドスケープ」のレコ発イベントでセッションを依頼したのを機に、ニ年の歳月を費やし遂にレコーディングが実現!!!気合のドラム&パーカッションのバトルを激スペーシーにダブ・ミックスした希望のトビ音ユニット!!!

■久下恵生(ドラムス、Eパッド)
大阪・南河内生まれ。地元の「だんじり祭り」の影響が今日のドラム演奏の原型となる。79’頃より吉祥寺「マイナー」で工藤冬里(マヘル)、石渡明廣(渋谷オーケストラ)らとセッションを重ねる。80’PUNGO‚FILMSに参加。83’渡米し、ストリート、教会などで演奏する。帰国後、マヘル・シャラル・ハシュ・バズ、篠田正己ユニット、ストラーダ、パラダイスガラージ(豊田道倫)他、セッションしたミュージシャンとしてウィリアムブレイカー、ECD、インキャパシタンズ、梅津和時、原田依幸、裸のラリーズ、三上寛、高田渡、清水一登などに参加。2001’Bumblebee Recordsより、向島ゆり子プデュース、内田直之の録音&ミックスにより初のソロ・アルバム「KUGE」をリリース。様々な音楽ファンの度肝を抜く。

■LATYR SY ラティール・シー(ジャンベ、コンガ、カフォン、ボイス)
セネガル共和国生まれ。5歳からアフリカンドラムの練習。88年、トラディショナル・バーカッション・バンドAFRICA DJEMBEを結成。ソリスト、リードボーカル、バンドリーダーとして活躍。ネルソン・マンデラ・コンサート、サッカー・アフリカカップ開会式典、また、ジェシー・ジャクソン、ミッテラン大統領をはじめとする世界各国の首脳・VIPの歓迎式典等で 多数演奏。95年2月来日。民族音楽・ジャズ・ラテン・日本の古典等の幅広い音楽シーンで活躍。CM音楽・各分野のアーチストのレコーディングに多数参加し、東京を拠点に中国・メキシコ等、国際的な演奏活動を展開し、日本全国に幅広いファンを持つ。現在、セネガル出身のパーカッショニストを中心に結成されたバンド「Africa Sunuxelcom」のリーダーとして活躍する他、日本では白井貴子をはじめ、玲葉奈、オリジナルラブ、林明日香のバンド参加等で活躍中。また、池袋西武百貨店内 コミュニティカレッジで、ジャンベ教室開催中。


■内田直之(ミックス、ダブ・ミックス)
DRY&HEAVY‚ LITTLE TEMPOのメンバーでもあり、日本一忙しいミックス・エンジニア。レゲエ、ダブのミックスを中心に幅広く仕事をする天下一品の働くラスタ。今作のダブ・ミックスにより激スペーシーな空間構成を披露。




今日は仕事終わってからこれに行こうかと思ってます。

が、体調わるいので行かないかもしれません。

それか、もしかしたら名古屋にレイハラカミ見に行くかもしれません。


明日から3連休!!

だけど、人と会う予定が皆無。

暑いから髪をバッサリ切りにいこうかな。

あと夏服買って、サンダルとミュールも買って‥

いいね!した人  |  Comments(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。