コーラルあれこれ

テーマ:
 ヴァンガードの新弾が発売されたということで、今回は、試しに1BOX購入したら、非常に当たりだったので、記念にデッキ組んで、感想とかメモとか




自分が組んでいるのは、コーラル軸なんですが、♪♪デッキの肝となる2枚が当たったので、これを組み込んだコーラルデッキですわ。


G4
フロンティアスター コーラル×4
祝福の歌声 ローリス×1
空飛ぶ人魚姫 フレデリカ×2
ガラスの靴の伝説 アモーリス×2
赤丸急上昇 エルプリナ×2
ゆるふわリボン ソムニ×1
触れ合う手と手 レオナ×2
波間の美唱 ナージャ×2


G3
シャングリラスター コーラル×4
オーロラスター コーラル×4
胸に秘めた煌めき スピカ×1

G2
シャイニースター コーラル×4
桃色の朝星 ララナ×4
元気の魔法 ウィータ×2
憧れの煌めき スピカ×1


G1
フレッシュスター コーラル×4
憧憬の紡ぎ手 リリカ×3
ミラクル・ツインテール ウィズ×4
高峰の大輪 アイナ×2

G0
☆ PR♥ISM-M カナリア×4
☆ 衝撃の出会い リプス×2
引 ハートフルエール ファンディ×2
醒 お寝坊注意! クルク×4
治 PR♥ISM-M ティモール×4
FV エンジェリックスター コーラル


コーラルは、連携ライドの都合上、連携パーツを積まなきゃいけないのですが、それ以外に関しては、自由なので、この辺りで、個性が出てくると思います。自分は、写真の2枚が使いたかったので、♪♪に寄せた構築にしてます。


今回、コーラルについては、Gユニットに、G2&G1にサポート追加ですが、連携パーツも組み合わせると、ほぼデッキが固定されてしまうなーと。ここの枚数を要調整。

G4コーラル、初回超越安定で、スキルで高火力で殴ります。
2回目の超越で、連パンとドローも出来る辺り強いですが、中々、そこまで耐えてくれないというか、逆に押し切って勝っちゃうというか。
好きな枚数をバウンスするので、♪♪を使うための盤面整理も出来て、G4ローリスに繋げられるのも評価高いです。

ララナは、G3以上のコーラルが指定のアタッカー。他の似たようなカードと比べて、査定厳しい気がしますが、G2コーラルでの速攻との兼ね合いで、こうなったのかなーと。
クルクのスキルで、バウンス&コールする真っ先の対象。

リリカは、今回の当たり枠。登場時効果で、G2以下のコーラルサーチしか出来ませんが、バミューダ得意のバウンスと絡めれば、1枚でデッキ圧縮が出来る優秀な娘。せめて、G3コーラルにも対応して欲しかったですが、それやっちゃうと確実にアドバンテージ取れちゃうから、厳しめの査定になった気がプンプンします。


コーラルサポート以外のカードについてとか。

G4ローリスは、♪♪状態のユニットが揃えば強いのですが、使うタイミングが難しいです。
♪♪に関しては、V裏にアイナを置いて、アイナのスキルで、パンプをし、ローリスのスキルでアイナの対象外であるユニットをバウンスして、再びコールし♪♪状態を作り、ローリスで殴って、再コールしたユニットにパンプをすれば、上手く行けば、全ライン1万は上がるので、決まると楽しいです。

ウィータは、カウンターチャージ要員。デッキの都合上、ソウルは溜まるので、コストには困りません。最初、G1のニナを入れていましたが、♪♪持ちなので、こちら優先。

G2スピカは、G4コーラルと合わせての連パン要員ですが、カウンターブラストに余裕が無いので、1枚。
その代わり、G3スピカを入れて、Rでも機能できるようにしています。


実際、回してみると、アイナの♪♪付与とリリカのデッキ圧縮が非常に強い感じです。G4コーラルは、ディメポみたいなVパンププレッシャーをかける事ができますね。クリティカル上がらないけど。

ソウルにカードを入れる手段は多々あれど、シャングリラVの時に、オーロラスターが思うように入ってくれないのが辛いですね。シャングリラのLBを使えばそれが出来るのですが、超越コストとして切っちゃう時もあるので、この辺りがもどかしいなと感じました。


さてさて、待望のコーラル強化。周囲の評判は悪いですが、自分の中では、かなり良くなったと思っています。でも、ララナ&リリカは、グレード指定無しの方が良かったと思いますが。波紋が連携ライドで暴れたせいで、後続の連携ライドが厳しい査定を貰った感があるのがしてなりません。

次回は強化貰え無さそうなので、コーラルに関しては、これが現状の最適解になるのかなと。
ともあれ、最前線で戦えるようになったので、これからも愛用していきたいと思います。
AD

新世代・新次元

テーマ:
 イカちゃんとファイトしたデッキを晒してみます。
もう満足しちゃったんで、組んでいる人の参考になれば幸いです。
イカちゃん戦をプレイバックしながら、動かし方を解説したいと思います。


G4
第99代次元ロボ司令官 グレートダイアース ×4
伝説の次元ロボ ダイカイザー・レオン ×2
超宇宙勇機 エクスタイガー ×1
超鋼闘機 ヘヴィデューク ×1

G3
真・究極次元ロボ グレートダイカイザー ×4
究極次元ロボ グレートダイユーシャ ×4
鋼闘機 バレングレーダー ×3

G2
次元ロボ ダイジェット ×4
次元ロボ ダイバズーカ ×4
宇宙勇機 グランサブ ×1

G1
次元ロボ ダイライオン ×4
次元ロボ・オペレーター ユウカ ×4
宇宙勇機 グランガード ×4

G0
次元ロボ ダイシュート ×2(FV)
次元ロボ ダイウルフ ×4(☆)
鋼闘機 グラスカッター ×4(☆)
マスクドポリス グーンジョー ×4 (引)
宇宙勇機 グランレスキュー ×4(治)


Gレギュレーションで扱える次元ロボデッキです。

メインVである、真カイザー、Gダイユーシャは、ソウルにある次元ロボを参照して能力発動するので、ソウルの次元ロボの枚数にさえ気を付ければ、普通のデッキと何ら変わりません。
ただ、自らソウルに入れる手段が乏しいので、序盤の動かし方に注意が必要です。

FVであるダイシュート。相手のデッキが、かげろう等の相手に干渉してくるクランだと、真っ先に標的にされ、除去される可能性があります。なので、敢えて先駆を使わず、ソウルに留めておくのも手です。
イカちゃん戦では、ギアクロ序盤で活躍できる、スチームナイト カリブムを警戒して、先駆を使いませんでした。
ここで、イカちゃんのテンポを崩したのは、大きかったですね。

Gレギュレーションを想定しているので、余り意味が無いように見えますが、相手が何らかの理由でG2止めをしてきた時、真カイザーが全くの使い物にならないので、Gダイユーシャがここで活躍します。

Gダイユーシャは、Gレギュレーションで使える数少ないLB持ちのカードで、G2止めの相手に対し、非常に強いカードです。
カードプールの都合上、ダイライオンが4枚積みになるので、比較的手元に来やすく、LBも安定して発動するので、超越より早く動け、クリティカル2で殴れるので、相手のペースを乱すことが出来ます。
イカちゃん戦では、イカちゃん先行で、こちらのデッキを理解していたので、G2止めするか悩ませる場面を作れました。
この動きをする時も、ソウルに次元ロボが3枚無いと駄目なので、ダイシュートの先駆は使用しないのが肝になります。

もう一つのVの動きとして、バレングレーダーがあります。
このカードは、双闘能力を持つカードにスペリオルライド出来る能力を持っていて、確実に真カイザーにライド出来ます。
この場合、1ターン超越するタイミングが遅れる、コストにSBをするので、ソウルの次元ロボが不足し、双闘能力が活かせない等、デメリットが発生するので、メインデッキに採用しているダイシュートや、ダイバズーカのSCで補うようにしてください。

ダイバズーカのSC、非常に優秀ですが、必ずしも次元ロボを入れる事が出来るとは限らないので、過信しないでください。
つい先日のショップファイトで、バレングレーダー→真カイザーのコンボをした後に、ダイバズーカのSCが発動しましたが、1枚しか入っていないグランサブがSCされたという悲劇が起きたので…… orz

上記の理由から、FVであるダイシュートの先駆を使用しないという選択が、とても重要な動きになってきます。
FVとは別に、メインデッキに1枚入れているのはそういう理由ですし、G0なので防御札としても優秀です。

後は、双闘、超越の2種のダイカイザーで、相手の完ガを使い切らせて、最後は、エクスタイガーに超越して、フルパワーのクリティカル2で殴ってください。
ダイカイザーで疲弊しているはずなので、高い確率で攻撃が通りますよ。


こんな感じです。後は、他の次元ロボデッキと動かし方は変わりません。

LB、双闘、超越と、状況に応じて動ける面白いデッキなので、もしGレギュレーションで参加する機会があればの参考になれば幸いです。







サイン付きスリーブは、僕がVGを始めたきっかけ、つまり先導者である、Gダイユーシャを入れることにしました。
SP加工が、サインに対して集中線を描いているように見え、凄くしっくり来たので。
1番好きなカードで飾れるというのも、また素晴らしいですね。





ストライドボーナス持ちの、グランギャロップが全く活躍しないGレギュレーションデッキ……
彼はきっと、5月の超強化で、日の目を見るはず。
AD

VS.イカちゃん

テーマ:
 近所のカードショップが、リニューアルオープン記念にイベントを開催したので、参加してきました。
僕は、ヴァンガードのイベント目的で、イカちゃんことドクター・オーが生で近くで拝めるということで行きました。

イベントは、じゃんけんをして、勝てばイカちゃんとファイト出来るというもので、僕は運良く最後の挑戦者として、対戦出来ました!

イカちゃん、4戦連続ギアクロ(私物)デッキで、

1戦目:エンフェのノキエル軸。Gアシストでヒールトリガーを2枚捨てるという、エンフェならではの大胆さを見せながら、各種ノキエル、「ドクトロイド・リフロス」でグルグル回すも、クロノジェットのアタックで、イカちゃんの勝利。

2戦目:ダクイレのブレイドウイング軸? Gアシストを2回使うも、G3を引けずという何とも言えない展開になり、6点ヒールや6点ダメージでG3が落ちるという、アニメみたいな展開で、イカちゃんの勝利。

3戦目:ロイパラのアルトマイル軸。しかし、相手は肝心のG3の「青天の騎士 アルトマイル」にライド出来ず、「飛天の聖騎士 アルトマイル」や、「ブラスター・ブレード」+「フローラルパラディン ふろうがる」で、連パン体勢を整えるも、クロノジェットアタックで、イカちゃんの勝利。


4戦目が、僕でした。とある理由があり、ジェネシスを使おうかと思いましたが、これまでのファイトを見て、Rに頼らずも戦え、1番愛用している、ディメポの次元ロボ軸で挑みました。

次元ロボ軸は、様々な構築方法がありますが、今回は、Gレギュレーションを意識しての構築にし、ファイトを始める前に、イカちゃんにその事を伝えました。

ファイトが始まり、FVの「次元ロボ ダイシュート」を見て、一気に僕のデッキコンセプトを理解してくれて嬉しかったです。

Gレギュレーションの次元ロボ軸。「真・究極次元ロボ グレートダイカイザー」をメインに動かすのですが、純次元ロボデッキではないので、、序盤の動かし方がちょっと変わってきます。

相手のデッキや、自分の手札次第では、FVの先駆を敢えて使わないというのが肝です。
使わない宣言をした時、一瞬驚いたけど、すぐに理解したイカちゃん、流石です。

ゲームメイクとしては、序盤中盤は、それなりに拮抗していましたが、こちらのダメージ落ちでトリガーが出ずで、こちらの防御札が足りなくなり、最後は、イカちゃんのクロノジェットアタックで負けました。
負けてしまいましたが、凄く清涼感のある負け方で楽しかったです。
そして、イカちゃん、全勝。つえーっす。

時間が押してある事もあり、ついつい普段のフリーファイトでやっている動作(1枚目のカード処理をしているついでに、2枚目のカードの処理をまとめてやる)をしてしまい、反省。
この辺りは、今後気を付けて行きたいです。


ファイト後に、スリーブにサインを貰いました。




どんなカードでも、サイン付になる、魔法のスリーブ。
家宝が増えました。


サインを貰った後、最初の先駆を使わないという選択を、イカちゃんが、ギャラリーに説明してくれたのが嬉しかったです。

「こういう動かし方をするのは、大抵、友達にやられた事がある人ですねー」

理由も大体合ってるし、あの動きでここまで読みますかw


イカちゃんは、ずっとギアクロを動かしていましたが、ギアクロはGB持ちが多いから動き出しが遅いという考え方を改めさせられたファイトをしてくれて、凄く勉強になりました。
敢えて、速攻をするという考え方、今後の参考にしていきたいと思います。

他の方達も、自分なりの考え方、戦い方、入れているカードにも、こだわりと理由があり、この周辺のファイター、レベル高すぎですわ。
ギャラリーも、観察眼が素晴らしく、イカちゃんも驚いてました。


このデッキ、ヴァンガ祭のファイターズロードで使ってみようかなと思い組んでみたのですが、思わぬ所でイカちゃんとファイトでき、デッキコンセプトを理解&解説をしてくれたので、充分役目を果たしてくれて、もう満足してしまいました。

デッキ解説をしたので、興味のある方はこちらからどうぞ。
AD

アニメ グリムガル1話感想。

テーマ:
 遂に放送開始されましたね。灰と幻想のグリムガルのアニメ。
アニメ化発表された時の感想はこちら


アニメ第1話を見た後、

『原作:十文字青』

と出ただけで、もう感動しました。まさか、こんな時代が来るとは。
僕の場合、今回のアニメ化は、作品というより、作者ファンとしての視点で見ているので、真っ先にこの感想が出たんですよ。

他の感想としては、ハルヒロ達がパーティ結成する経緯が省略されていたり、レンジ達の描写が最低限だったりと、原作の特徴の一つである、群像劇の側面を切り捨てているのが気になりました。
群像劇は、青さんの作風の一つなので、ちょっと勿体無いなぁ。

後、ランタが案の定マイルドにされていて、あまりウザくないのも、原作の魅力を少し殺しているような気がします。
アニメだとじっくり展開しそうな雰囲気なので、原作通りのウザさだと、原作未読組には優しく無いので、この辺りは仕方無いのかな。


でも、最初から「異世界におけるリアルな生活感を大事にしていきたい」と言っていたので、群像劇という側面を切り捨てるのは正しい判断?
取捨選択をすることにより、アニメ独自の面白さを引き出して欲しいですね。

実際、へっぽこ感は、原作通りというか、映像効果のおかげで、それ以上に丁寧に描写されていて凄く面白かったです。


バルバラ先生の尻!!
シホルの乳!!
ユメのへそ!!
ハルヒロの腋!!


アニメ化の1番の恩恵は、この辺り。生々しい身体描写は、原作でも多用されており、それが映像効果で実際に拝めるのは、本当にありがとうございます!!
フェチ要素に関しては、凄く期待出来そう。


個人的に気になっていた十文字節、どう表現するのかなと思っていましたが、ハルヒロのモノローグと台詞をシームレスに繋げて組み立てている構成に、関心と感動を覚えました。

特に最後のモノローグからの「簡単じゃないんだよなぁ」という台詞の繋げ方、これだけで原作の空気を大事にしているのが伝わってきて嬉しかったです。


原作未読のアニメ初見の人からも、観測範囲では概ね良い手応えを感じています。
こうやって、青さんの作品が世の中に受け入れられるとは、ファンとしても嬉しい限りです。
原作未読の人は、是非原作も読んで欲しいですね。アニメより少し重く感じるかもしれないけど、それでも不思議とスルスル読めちゃうんですよ。

さてさて、アニメはどの辺りまでやってくれるのか分かりませんが、これからが楽しみです。




原作売れてアニメヒットしたら、機会に便乗して、薔薇マリリブートして、ノラ猫の刊行とかしてくれないかなぁ。

テーマ:
 今年も終わりなので、軽く振り返ってみたいと思います。

今年は、とにかく驚いた事が沢山ありました。

1月から、薔薇マリの画集が発売し、それを皮切りに青さんが隔週で新作発売ラッシュ。


キンスパやアイマス10thと言った、大きなライブにも、縁があって参加できたのも良い思い出です。

勿論、1番推しているangelaのライブにも参加しました。正直、今年のシングルには若干思う所がありましたが、それを払拭する内容のアルバム。
本人達も、今年は様々なイベントに参加して、それが自身のライブに確実に影響を与えていたのも印象的でした。
本人達のこの急激な成長に若干ついていけない所もありましたが、FCイベントや先日行われた大サーカスに参加して、やっぱり、応援してて良かったなぁと。


イベント参加といえば、今年は「大河原邦男展」にも行ってきました。

自分が生まれる前から活躍しており、その歴史を一気に見ることが出来る、とても素晴らしい展示会でした。
一緒に行った人と、自分達の知ってる知識をあれやこれやと話しながら展示をみていたのも面白かったです。


でも、今年1番驚いた事は、『灰と幻想のグリムガル』のアニメ化発表ですね。

青さんをデビュー当時から応援している古参としては、このアニメ化発表は、本当に驚いて、嘘かと思いましたし。
しかも、情報解禁される度に、どんどん事が大きくなっていって、いや、もうこれ以上話題作らなくていいっすってなってます。

先行上映会での反応は、それなりに良かったそうなので、OAが楽しみです。



ざっくり振り返るとこんな感じです。本当に色々な事がありました。でも、今回振り返ったコンテンツは、これからも展開、活躍していく物ばかりなので、自分なりに応援していきたいと思います。

楽しかった2015年。これが来年もこれからも続きますように。
皆さん、良いお年を。