メイユーの福岡・佐賀岸釣り日記(バス釣りメイン、筑後・柳川・佐賀クリーク等)

福岡・佐賀を中心とした北部九州で釣りをしています。
バス釣りは9割がオカッパリです。

メインフィールド
・筑後〜柳川周辺のクリーク
・佐賀クリーク、野池、ダム
・筑後川、宝満川
・北山湖(北山ダム)

・トラウト釣行記
・タックルレビュー
など

NEW !
テーマ:
こんにちは。
昨日は一日歩き回った感じです。
筑後にいた頃にはなかなか無い、長時間釣行でした。


まず朝の部ではバドとクランクで一本ずつキャッチ。
こちらは前回記事をご覧ください。
では朝の分析と、昼の部にいきます。




まず朝イチは30分ほどメジャー筋へ。
こちらはバドオンリーで流しましたが、反応なし。
バドで釣れる時は半周でも必ず出るので、早めに見切りました。
だいたい即反応がなければ、2時間やっても1バイトあるかどうかです。


次に、多少満ち引きの影響を受ける筋に入ったのですが、朝イチは水位が最低レベルで、普段狙い目になる岩が露出。
これが予定外で、なかなか攻めにくかったです。
昨日は大潮で干潮が2時、満潮が8時だったので、6時は上げてるところでちょうどいいかなと思っていたのですが…海の満ち引きデータとクリークの満ち引きはかなりズレますね。
海ですらデータ通りにはならないみたいなので、よく考えたらクリークに時間差が出るのは当たり前なのですが、実際に見ると勉強になりました。
感覚的に2時間遅れという感じ。10時頃にようやく水位が上がってきたので。
水位が上がってきた頃には気圧が高く、ほぼ無反応。苦戦しました。。
通い込めば、満ち引きに加えて水門のクセなんかもわかってくるので、まだまだ経験が足りないですね。この筋に関しては。



さて、ここからは同行釣行。
昔からのブログ顧問(?)であるgaffさんと時間が合ったので、久々にご一緒しました。
元チャプター王者で、北部九州のメンターで知らない人はいないような重鎮なのですが、だいたいこのお方と釣行する時は…
真剣勝負します(笑)
和気藹々とガイドしながら緩く釣りをするよりも、逆に勝負にしたほうがお互いムキになって?釣果が出るので…笑い泣き
もちろん、話もせず釣りしてるわけではないですよ(笑)
釣りに別れた時以外はずっと喋ってます。
おかげでメンターじゃないのにJBNBCのことやゴタゴタ(笑)に無駄に詳しくなるという…^^;毎回のパターンです。


勝負強さに加えて負けず嫌い度では足元にも及ばないので、いつも負けるのですが(笑)
今日はクリークの去年一年間で見つけた筋(ほぼ誰も入らないマイナー系)をガイドしつつの勝負。
さすがにホームフィールドで負けるわけにはいかないので全力です。



しかしまあ、日が上ってからはとにかく厳しかったです。
最初はメジャー系や新護岸系にも入ったのですが、フラットや目に付くピンには魚が入ってなかったです。



しばらくSBネコにノーバイトで、




{A1D844FB-4D13-47B5-BBDF-1F3D09279974}





ようやく出た魚がこれ。




こりゃいかん…朝イチからのテンションを引きずりすぎたかなと反省。
たぶん、単独釣行ならこの時点で大きく方針変換して筑後・大木の水門系に向かって魚を拾いにいきましたが、ひとまず柳川で行きたい筋が多すぎたため、この周辺で可能性を模索します。


まだそこまで暑くはないけど、既に夏パターンに入ったと予想。
水門の下のシェードや、トンネルや橋の下をメインにランガンしていくと、ようやく反応が。




{F5A7C0CC-3847-4411-A760-8081A494EDBC}

{DA9F531E-CF9A-4D33-8BCA-8BAC9B3DEDD5}




このサイズが連発。
写真全部は容量的に無理なため、省略します。
ここではgaffさんも35までを釣っていたと思います。
ただこのサイズでも、場所を間違えると全く反応がない。



やはり夏パターンにシフトしたと考えて、ここからはシェード絡みのピン撃ち系に狙いを絞ります。


まずはウィード筋と呼んでいる小規模クリークへ。
ここでは、今季初のファットイカを投入します。
夏パターンが強くなってきてからはイカを入れようかなと。前から決めていたため。もちろん春先から釣れるとは思うんですけどね(^^)
自分の場合、イカの釣りはやはりカバーやストラクチャー絡みの夏の釣りにこそ使いたいので。


一投目で、足元のシェードになる護岸沿いにスライドさせていくと、沖側に一気にラインが走りました。
吸い込んだと判断したため、待たずに即フルフッキング!
成功。
やっぱりイカの合わせが決まると最高に気持ちいいですね〜
gaffさんの真横でいなして、無事キャッチ。
文句言われました…笑い泣き





{8AC3DB65-F3B5-44D2-957A-1B52865B764E}

{8D74CA08-E3E6-4B5B-BFB4-017A5A024EF7}




イカ丸呑みでした〜(^O^)
カラーは208/チャートテール。




{2EA5DACA-3C30-463B-9872-A2552C0EEC77}




丸呑みだったのでウェイトのみパッと計測して即リリース。
アフター回復系の、ジャストキロフィッシュでした。
長さは42ぐらいかな。
嬉しいですね(^^)



この後、gaffさんが同じ筋で30後半の700ぐらいのやつを追加!
これもシェード絡みのピン。
朝以降は全てシェード絡みです。
夏パターンの裏付けになりますね。


この筋、ウィードの芽が生えてきているため、来月にかけてウィードが伸びてくれば本調子になりそうです!


去年開拓した時、イージーにキロフィッシュが連発した、パラダイス。。
最強筋が復活の兆しアリ。



結局、長さ一本勝負で私が勝利チョキ
約束通り、昼食をご馳走していただきましたてへぺろ
前回大会後の二次会でも利用した、八蔵で(笑)
日替わり定食のチキンカツ、安定の旨さでした。
勝利の味は旨いなあ…笑い泣き



ってことで休息を挟み、午後の部へ。
ここからは更にマニアックな開拓筋を全て惜しみなくご案内。


当初の予定ではサイトで見つけてデカイのだけを狙い撃つつもりでしたが。
少し濁り気味だったため、ブラインドでピンに撃ち込んでいきます。



すると早速…




{53A788A2-5F00-4A68-BF97-FFB6FF866B0A}




gaffさんがトルキーストレートのネコリグで捕獲!
40ぐらいの回復系、良い魚でした。


やはり思った通りのピンやシェード絡みで反応が多発しているので、私もシェード+流れ+杭が絡む一級スポットへ。
ここではスピニングに持ち替え、検証中の新リグのみでいきます。


杭の辺りから飛び出してきてバイト!
ほぼ見えてます。




{7BB73AE0-5C7E-431A-B57B-AACEEAC52A72}



40手前のアフター。
700〜ぐらいかな。
見かけよりは引きましたよ。



更に、同じパターンで連発。
流れとシェード、に加えて単発の浮き草が絡む辺りから飛び出してきました。




{04273281-00FA-462B-B812-FB75C8610D92}

{B7E69550-87F7-447B-90B0-7F4AF752B0F3}




今度は35ぐらいの回復系。
元気でした。
刺さりがまぁまぁ危なかったけど。


この釣り、最高やけん爆笑
めっちゃおもろいわぁ〜
gaffさんも感心してくれたみたいです。。




最後に藻の隙間を通して、




{501F31AA-84C4-44C9-8CC1-1DE5A42E1871}

{5C39BA16-8C5E-4244-9137-E89858337970}




小さいながらもプリ(半プリ)が飛び出してきました!
2回目産卵待ち、エサ追い系か。
これがデカかったら最高やったけど。
サイズは運もあるので、ヨシ。


あ、そうそう、、
最後に夕方30分バド巻きで良いやつを掛けましたが、バラシました。。
45はありそうでしたね。



そんな感じで数は13匹、最大43.5とまあまあの釣果。
gaffさんも7、8匹?最大40ちょいはあげてたので、2人で20本は超えました。
1日やるならこれぐらいは…という結果でしょうか。
数は出るけどサイズが伸びない、この時期らしい釣果になりました。


ちゃんと居場所と釣り方を考えて組み立てないと、特に昼からは苦戦必至です。
かと言って真夏ほどは絞れないゆえの難しさもあり…なかなか攻略しがいのある初夏クリークでした。


ちょうど小麦の収穫からの畑焼きに入っていたので、次の「米」=田植え=代掻きが目前に迫っています。
それまでは今回のような初夏の考え方でいいのかなと思います。
参考になれば。


しかし今年は50アップが出ない!
去年はこの時点で50アップ6本でしたが、今年は2本…
10本は遠い感じ。
なんだか周りも例年より釣れてないような?^^;
そろそろ50アップ、会いたいです。


また次回頑張ります。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
こんにちは。


今日は筑後に帰ってきています。
なかなか苦戦中なのですが、ひとまず朝の分だけ。




{A94A90A6-EEA9-4BB0-829B-89F868F4CFF0}

{4E25F36B-E0BF-41DE-96D3-34E6662FA64B}

{67A7BDDC-FF3E-4036-B8B8-AD4E9D80B7E8}



ビッグバドで43cm 1250g
GBバド2016 ver.4.1HDです。
他に2発、45クラスのバイトと中型のバイトが2発の計4発出たのですが、残念ながらフックに掛からず。。
ミスバイトが多発してました。



朝イチは水位が下げ下げでしたので、厳しいタイミングでしたね。
岩などの美味しいポイントも減りますしねショボーン



少し満ちてきたタイミングで、
クランクに持ち替え。


先日導入したテネシータフィーシリーズをローテして、




{3B0DFC7C-2E64-4622-A2A4-5F4931D0F860}

{0E3B968C-B3B6-4D89-BC88-3E39D2D916C8}

{0CBE9D28-CFE9-44FB-97BF-FF5EE9885D55}




リトルPTで
アフターの35アップを追加。



日が上ってからは完全に魚を見失い、苦戦…
今日は長く時間を貰っているので、休憩してまた頑張ります!





AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。


今日はクランクベイトの話を。
少し前に購入した、テネシータフィーシリーズ。


恥ずかしながら私、アメリカンクランクベイトに関してはそこまで詳しくなく、ここ数年、名作と言われるクランクをずっとネットで調べて眺めている内にようやくモデル名を覚えてきた感じです。


アメブロにも数人いる、クランクオタクの方やGBフリークの方には到底かないません^^;
それは自覚があるため、去年ぐらいからクランク強化期間として要所要所で投入しています。
特に、まずはフラットサイドクランクから始めてます。
ラウンドまでやり出すと中途半端になるため、まずはフラットサイドで気になるものを少しずつ集めて、なんとか釣果も出始めているかな、というところ。
ただ私は、クランクオンリーで釣りをするつもりは全くないため、今のところはスポット的な投入になるかと。


だから一部はなかなかキャストする機会がなく、コレクション化する可能性も^^;
これに関してはコレクターになるかもですね(笑)
別に全然良いんですけど。



さて。
色々と調べていく中で、アメリカのハンドメイドクランクで特に気になったのがテネシータフィー。


テネシータフィーと言えば、オリジナルのテネシータフィー(TT)をはじめ、T2、T3、TINY-Tなどが有名ですよね。


私も使ってないくせに(てかまず売ってないから使うチャンスがない…)、知識だけは増えましたから、大概のモデルと各特徴は覚えました。



それでも知らなかったのが、この、



{E8F60D69-21C0-44F4-8FCB-E841AFE12664}



『LITTLE  PT』です。
えっ?汗リトルPTって何で??
と思った方はいませんか?
リトルPTと言えばフラットシャッド社なはずでは…



{670C4C22-F697-4BBE-83A2-A7D60AD190C1}


※参考、フラットシャッドのリトルPT



形はほぼ、フラットシャッドのリトルPTと同じ。
若干ボディ高が低めかな?
テネシータフィー社が作ったリトルPTということか…?
たまにこういうわけのわからんことがあるんで、アメリカンは難しいんです^^;
どなたか、詳細が分かる方がいたら教えてくださいm(_ _)m


とにかく、フラットシャッドのリトルPTは話題になった時にアクションを見て覚えていたため、そのリトルPTとどう違うのか、気になりまして。
釣れそうだなというよりは教材的な意味で、今回購入してみました。





{1C9D8EB4-2F0A-42CA-8F4E-0A0CFE70C408}



リップはラウンドの基板リップで、アイはリップアイ。



{6BA985B9-FE6A-40BA-9E8C-034160854BCC}



厚みの感じは、かなり薄いです。
TINY-Tとの比較で、



{B51800CA-C401-435D-B11F-DCDB7F637758}




これぐらい薄いです。
スキルフルさんのGフラットと同じぐらい。


フラットシャッドのリトルPTは、フラットサイドの中ではワイドな部類のウォブル(ウィグルに近い)アクションでした。



このテネシータフィーのリトルPTも、泳がせてみたところ、ウォブル強めのハイピッチアクション。
基板リップとボディ厚でうまく水を逃がしてピッチを上げている印象。
Gフラットを基準にして考えると、Gフラットからロールを少し減らしてハイピッチにした感じのアクションです。


あまり期待していなかったのですが、これはかなり良いです。
たぶん間違いない。
早春期のフローアクションでは間違いなくGフラットに分がありますが、たぶん春以降、フラットを効率的に巻いていく釣りにはGフラット以上のポテンシャルを感じます。
(エダッチさん、このアクション好きそうやな〜)


中速〜低速へとシフトダウンして上方向に持っていった際に、Gフラットはウォブルからロールに振れますが、リトルPTはボディ中心部辺りを基点にワイドに振れてアクション余韻が残ります。
このアクションは初めて見ました…!
SKジャークを可変ロールに持っていく時に近いイメージ。だからこれはいけるなと。直感的に感じました。


テネシータフィーのリトルPT。
もしかしたら、とんでもない性能を持ったクランクベイトかもしれません。


難しいことを考えずに、普通に岩などに当てていく釣りにも適合しそう。


いつになるかわかりませんが、機を見て投入してみたいと思います。


こんな感じのニワカクランクオタクのクランク紹介ですが^^;
たまに暇潰し程度に見ていただければと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。