「慰安婦」謀略戦に立ち向かえ!―日本の子供たちを誰が守るのか?

https://meiseisha.thebase.in/items/6047635

より、是非、読んで頂きたい一文です。

この問題は覇権主義にまい進する国家による敵陣営分断作戦であり、日本孤立化戦略であり、民族主義高揚のツールであり、金儲けのビジネスでもある。肥大化し、制御を失った、自己増殖するマシーンにもたとえられるだろう。

その結果、在外邦人、特に子供たちに実害が及ぶ事態にまで至っている。もはや「歴史戦」という言葉だけではくくり切れない。

そして、その様々な局面で必死に戦い続ける人々がいる。それらの人々の魂の叫びを集めたのがこの本だ。
山岡鉄秀

 

慰安婦プロパガンダとの対抗は、新たな事実を探り当てることではない。既に十分すぎる事実がある。それらが描く絵と背景をどのような視点をもって捉え直すかが肝心であり、戦後の偏見と中韓の謀略がつくりあげた嘘の構図を、白日のもとに晒すことが必要なのだ。

一つは裁判で求めている朝日新聞による米国での謝罪広告。

より大事なことは、一時的であったとしても、やすやすと朝日の嘘に騙されてしまった私を含む多くの日本人一人ひとりが、日本の歴史を知り、戦後の欺瞞を反省することにある。
德永信一


AD