「神州天馬侠」制作日誌

2013年4月10日(水)~27日(土)まで明治座にて上演。
「神州天馬侠」のお稽古の様子や本番の舞台裏などをお届けします!

明治座創業140周年記念

「早乙女太一主演公演 神州天馬侠」

2013年4月10日~4月27日


吉川英治の痛快冒険小説、堂々の舞台化
和製エンターテインメントの源流が、いま蘇る!


昼の部 : 12:00開演

夜の部 : 17:00開演


A席(1、2階席) 10,500円

B席(3階席)    5,250円


★☆★アフター7ステージ★☆★

11日、17日、25日

「神州天馬侠」+アフタートークショー

19:00開演

※舞踊ショーはございません


A席(1、2階席)  8,400円

B席(3階席)    4,200円

★☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★


http://www.meijiza.co.jp/info/2013_04/


テーマ:

次の質問は【れもん さん】から。




こんにちは。

毎回ブログの更新を楽しみしている、一ファンです。

質問を募集していたので、前々から気になっていたことを質問します。


先日のアフタートークで、忍剣役の馬場さんが、「武器の鉄棒を上手く扱うのがなかなか難しい」とおっしゃっていて、みなさんが使っている武器に興味を持ったのですが、

みなさんの武器は何で出来ているのですか?あれは、美術さんが作っているものなのですか?


次のブログ更新も待ってます(^^)





こちらの質問は小道具さんにお伺いしてきました!


小道具さん曰く・・・

忍剣の持っている武器は「金属製の棍棒」という設定になっています。

金属製の本物の棍棒を舞台上で扱うのは

(俳優さんの演技との兼ね合いや危険度という意味で) 難しいので、

小道具さんが木製の棒に色をつけ、鋲を打って加工しています。


重いと負担がかかりますし、かといって軽すぎると

雰囲気がでませんので、俳優さんと相談してバランスを取っています。


今回の作品にはいろいろな小道具がありますが、

稽古場から本番と同じ物を使用して、

小道具の扱い方に慣れてもらうようにしています。


棍棒に限らず、公演期間中、全ての小道具のメンテナンスは

小道具さんがしているんですよ!


舞台上で使用されている棍棒をお借りしました。



photo:02



すこし重量感はありますが、木製のためか、手になじみやすい印象を受けました。



photo:01


小道具ひとつにも役者さんのこだわりが反映されているんですね(^^)



明治座楽屋・小道具部屋からの投稿

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。