第1回白寿こどもヴァイオリンコンクール入賞者記念コンサート

に、行ってきました音符

 

昨年の夏に行われた第1回の入賞者の子たちのコンサートです。

 

このコンサートは、カテゴリー1が小学1~2年生、カテゴリー2が小学3~4年生ときまっています。

プロフィールを見たら、まあ!まだ小学生なのに

その経歴や各受賞歴のすごいことぉぉぉおお!!

もうすでにエリート中のエリートですねキラキラ

 

演奏曲目は

1.サラサーテ:序奏とタランテラop.43

2.ヴィエニャフスキ:スケルツォ・タランテラop.16

3.ヴィオッティ:ヴァイオリン協奏曲第22番イ短調G.97より第1楽章

4.ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調op.26より第3楽章

5.ラロ:スペイン交響曲ニ短調op.21より第1楽章

 

そして、審査員の大谷康子先生、漆原朝子先生、久保田巧先生などと一緒にアンサンブルです!

6.ショスタコーヴィチ:2つのヴァイオリンのための5つの小品

7.J.S.バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調BWV1043

8.ヴィヴァルディ:「調和の霊感」op.3より

  4つのヴァイオリンのための協奏曲第10番ロ短調RV.580

 

今回、このコンサートに連れて行ったのは

演奏曲目に、ラロのスペイン交響曲があったからです。

プログラムを見た息子ちゃん、「ラロがある。これは見なきゃね」と珍しいことを言っておりましたが・・・

コンサートが始まるや否や、いつものお眠モード。

さすがに、ラロの演奏の時は起きているだろうと思って、始まる前に起こしたものの

気持ちよく寝てました・・・・・・。チーン

 

休憩を挟んで後半が始まってから

「目が覚めた!」と急に起きて聴いていましたが。。。。。。。。。。。

 

もちろん!

コンサートの前は腹ごしらえで~こちらに行ってきました

「15℃」 365日系列のカフェです。

 

 

  

こちら、人参とガリの🍰 (お寿司の)ガリを混ぜ込んであるのですが、普通においしいジンジャーケーキでした。

 

そして、食後は 「365日」 にパンを買いに~。

 

 

 

 

 

 

 

AD

宮本笑理さんのコンサートに行ってきました。

席は1F11列で結構前のほうでした~。

 

そして、前半の途中、突然のサプライズスペシャルゲストが来てくれたと紹介されてでてきたのが

平原綾香さん

風笛 と ジュピター を 歌ってくださいましたルンルン

 

実はですね~。今日のスペシャルゲストに

フラメンコギタリストの沖仁さんと May.Jさんがいたんですね。

 

 

今まで行ったクラシック系のコンサートの中で、2回も May.J さんがゲストで来たので

今回、May.J さんを見るのは3回目!!!

 

・・・・・・・・に、なるはずでした。

 

というのは・・・・・

 

息子ちゃん、あいかわらずしょっぱなからぐっすり寝込んでしまって~

明日も忙しいし。。。。夜のコンサートだから、前半でもう十分感じがはわかったし

帰ろうかな?と思い、先においとますることにして会場を出たんです。

 

オーチャードホールが3Fにあるので、エレベーターに乗ろうとボタンを押してドアが開いたら

あれ?女性が1人乗ってる。

乗ってきて降りるのかな?と思ったけど、降りる気配なしで、

上から下に来たみたいなので、下行きなので、私たちも乗り込んだのですが。。。。

なんと!!

同じエレベーターに乗り合わせた女性は、平原綾香さんだったのです!!

 

後で、息子ちゃんに、さっきエレベーターで一緒だった女の人

コンサートでゲストで歌っていた有名な歌手だよ、と言ったら

「えーーーハッそうだったのおぉぉ!?」と喜んでいました。

 

 

そして今日はまたまた不思議な出来事!

出かけるとき駅まで歩いている途中、

背中にギターケースを背負った自転車をこいでいる女性 に追い抜かされたのですが

帰りもなんと!同じ電車に乗っていて、

帰り道も、この同じ女性に 後ろから自転車で追い抜かれたのです。びっくり

 

 

 

 

 

 

AD

バークレー友紀さんのグローバルコーチングを受けました!!

(アメブロはこちら宝石赤Life is beautiful ★ メルボルンダイアリー宝石赤

 

【お子様の生涯変わらない資質や適性を知ってグングン伸ばしてあげよう!】

 

娘ちゃんです。全5ページに渡る鑑定書なので、本当にさわりだけ・・・・。

 

ちょうど現在の娘の年齢にあてはまる箇所で、

うわっ!今まさにこれこれ!この状態なの~~!とびっくりしたのが・・・

「特に若い頃は怒ったり悲しんだりすると、一人でプイッと帰ってしまったり、

いきなり大声で怒鳴ったりと、誰とも口をきかなくなったり「感情の爆発」を突然するような行動にでることがあります。それは短気なためではなくて、誰かのために一生懸命したのに、それを「無視されたと感じたと時」に我慢の限界が訪れると爆発します。感情の爆発は、自分の苦労や優しい気持ちを、相手にちゃんとくみ取って欲しいときの表現の仕方になります。」

思春期特有の反抗期か?でも、私自身はこんなことなかったけどなあ~。

何でこんなに短気で怒ってばっかりなんだろ?パパそっくりだわ(爆

なんて思っていたのですよね。

まあ、限界が訪れると・・・というより、無視されてないのに、

無視されたと勝手に解釈しちゃうってところもありますが。。。

 

「慣れない場所」が苦手で、「知らない物=嫌いなもの」となりやすいですが、

「大好きなお友達」に薦められると、すんなりと知らない物でも、抵抗なく受け入れることができます。

本当にそう!大好きなお友達がいて、部活もそのお友達が入るから入ったっていうくらい。

 

 

生まれながら色を選ぶセンスがよく~

ペットの面倒をみるような「何かを育てる」という行為から、母性を育んだり、

思考力やコミュニケーション能力をグングンと自然に身に着けて~

模倣が得意なので、ゼロから自由に~よりも「ルールを決めてもらう」とのびのびと自分の芸術性を表現する。

中学生までは「やぎ座」「かに座」の影響で~

高校生くらいからは「風」の星座の影響でキャラクターや資質がガラリと変化をしていきます。

自分で文章を書いたり、手紙やメールでそれを発信したりすることに楽しさを見出します。

海外に興味を持つようになり、外国語を覚えるのがとても早いという才能を発揮します。

完璧主義で非常に高い分析力を持ち、細かい作業や書類整理、システム構築などの作業や実務能力に長けています。几帳面で作業がとても正確な上に、協調性も抜群なので、どこの職場においても重宝される優秀な人材となります。自分と常に磨こうという向上心があり、とても勉強熱心なので、資格取得や生涯教育、カルチャースクールなどの知的活動に打ち込むことも、人生の豊かさへの投資につながります。

最終的には、愛情深くて安定した家庭や人間関係を築き、

温かい人たちに恵まれて過ごす人生を送っていきます。

 

私が知っている娘ちゃんの資質才能は~

小さい頃は、絵を描いたり何か物をつくったりが非常に得意で素晴らしかった。

小学3年ですでに自分で自分の髪の毛を裏編み込みなどしていたくらい。

小学5年のときは、小学生新聞で入選して賞をいただいたり。。。。

字もきれいで書道もわりと得意。

・・・・・・・・というのはわかっていたのですが

 

鑑定結果を読むと・・・・・

特に親があれこれ与えてあげるというより

もう勝手に自分の興味のあることに関心をもって、

勝手に外出ていくようになるのかな~?という感じでしょうか?

この子には、あまりあれこれ口出ししたり、しばりつけるのは良くないのかな?

と思えました。

 

バークレー友紀さんによると

娘ちゃんは、将来とても家庭的な女性に育つ そうです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

バークレー友紀さんのグローバルコーチングを受けました!!

(アメブロはこちら宝石赤Life is beautiful ★ メルボルンダイアリー宝石赤

 

今度は、主人です(私や子供ほど詳しくは見てもらってはいません)

特に主人については当てはまりすぎて苦笑いがとまりません・・・・。

 

それでも、全部はとてものせられないので、抜粋

 

・人と親しくなることに拒絶感があり、人に対して疑い深い/人に頼るのが苦手

・生き方全般においても「これは役に立つのか?」「そんなことをして何の意味があるのか?」と

自分なりの「マイルール」の中で生きている

・一人で過ごすことが基本的に好きで、一人の方がむしろ気をつかわない、という考えなので、

恋愛中のあの日々は一体?と思うほど、素は「ザ・超仕事人間」

・休日でも頭の中は常に仕事のことばかりを考えていて、その場を心から楽しむことがなかなかできない。

・意味のないことが大嫌いで合理的に生きることを大切にしている

 

主人が心地よい事

・感謝される・清潔感があって込み合っていない場所・仕事が納期に間に合うこと・計画通りにものごとがすすむこと・どこに何があるかわかる状況・気が利く人・身だしなみを整えること・いつも着ている決まった服・セットメニュー・ツアーや旅行の日程表・頑張った分の報酬が得られる

 

主人が嫌いな事

・店員の態度が良くないお店・見た目に気をつかわない人、自分のマイルールを乱される・役に立たない事・時間にルーズな人、注意したことを守らない人・隣との席が近いカフェやレストラン・無駄遣い・聞いた話と違う状況・要領の悪い人・両手に荷物・メリットが見えない行動・最低限の礼儀がなってない人や環境・言い訳・列にならぶこと

 

**********************************************

 

バークレー友紀さんのグローバルコーチングを受けました!!

 

(アメブロはこちら宝石赤Life is beautiful ★ メルボルンダイアリー宝石赤

 

鑑定結果は、全10ページにも及ぶのですけど、どうやっても、簡略化して紹介できないのが残念。

 

基本としては、西洋占星術をもとに

・生涯変わらない資質

・知性の傾向

・愛や感受性の傾向

・人生のテーマ・目的意識

・社会での意思の力

・豊かさや恵まれている所

・苦手な事と精神的成長

をそれぞれ詳しくみてくださって、さらに

・前世から引き継いだ能力と今生での課題(ライフミッション)

を2ページにわたって説明あがあり、さらに、

・ライフミッションを実生活に活かす方法

を1ページにわたって説明してくださり

・豊かになるキーワード と 豊かさを遠ざける気を付けるべきキーワード

・キラキラ輝きだす金脈

・開運アドバイス

・友紀さんからのメッセージ

・ガイヤからのチャネリングメッセージ

 

ええー?ちょっと、これが私なら素敵すぎじゃない??!というくらいの鑑定結果なのですが・・・・^^;

 

あえて、少し抜粋すると、現在の私~

【感受性が強すぎて、現実社会の競争社会に身を置くことをできるだけ避けたいという傾向があり、

金銭面で無理に働かなくてもよい環境下にある場合には、

芸術やファンタジーの世界へ逃避する傾向があります。】

【何事にも高い理想を無意識に求めていますので、自分が求めていることで結果がすぐに出ないと、

早々とやる気が低迷していまい、自分の理想から離れてしまう選択や行動をとって、

自ら自己評価を下げてしまう傾向がありますので~~】

 

自分自身の持っている才能や能力を、身近な地域や社会へと、

何かしらの形で有償にて提供できる機会があると

「自分の人生を自分で歩んでいる」という感覚をとりもどして、「自尊心」を高めることにつながり、

<何かを人に教えること>に適正があり、グローバルなことに関わって財を築くサインがあるそうです。

(*確かに、太極拳の講師をしていたときも、派遣会社で働いていた時も

 私の教え方がすごくわかりやすいと喜ばれることが多々あった。。。。。)

でも・・・・・それが~~

今の私は、いったい、何をしたらいいのかがわからなくて袋小路に迷っているのですけど。。。。

昔のように、気づいたら職業、仕事になっていた!というくらいの、これ!という夢中になれるものがない。。。。

私はこれがしたいのよ!これが好きなの!という純粋な気持ちのものがない。。。。

 

・・・・というのがまだ今日現在のわたしではあるのですが

 

友紀さんに

ある時に思い出したように、ふと腑に落ちたりする感覚がこれから出てくると思いますが、

忘れた頃にでも、また何度も読み返してみて下さいね。

 

鑑定でもらったアドバイスを心にとどめながら生活していったら

今はまだ迷走中だけど・・・・いつか何かがつながっていくかも~キラキラと期待しています。

 

*次回は、あまりに当たりすぎてお腹かかえて笑ってしまったくらいの主人の鑑定結果です*

 

 

 

 

 

スーパーソロイスツ を スーパーソロ・スイーツに見えてしまった私です。。。

 

行ってきました!三浦文彰さんのコンサート

場所は、Bunkamuraオーチャードホール

 

例によって、その前に腹ごしらえ~。

フランネルスタイルコーヒー(旧 松濤カフェ)にてランチ

12時前に着いたのですが、テラスは暑すぎて~。中に入れるのを少し待ちました。

 

自家製ローストビーフのサンドイッチ ハーフ

ジャークチキンサンドイッチ ハーフ

グアバジュース

 

ロールケーキSSサイズ(息子はメープルシロップを追加)

チャイ(このチャイのホイップが濃厚でもうびっくりです!!!!)

 

     

私たちが頼んだのはハーフ(最小サイズ)

ハーフ<レギュラー<ラージ<ヘビー(ローストビーフのみ)

ロールケーキも最小のSSサイズ

SS(高さ4cm)<S(7cm)<M(11cm)<L(??1本?)

でも、お腹~~~~っぱいです!!

息子も、「東京の食べ物はおいしいね♪」と大満足(笑

 

 

東京フィルハーモニー交響楽団との共演なのですが

指揮者がいなくて、何と! 三浦さんが 弾き振り をして演奏ヴァイオリン したのです音符!!

ドキュメンタリー番組のためにカメラも入っていましたが

オペラグラスを使わなくても、うしろに大きなスクリーンが設置されていて

スクリーンを見れば^^ よ~~く見えました。 (席は2階の2列目)

 

息子っち、昨日は、明日は三浦文彰さんだから寝ないでよ~~く見る!てはりきっていたのに

はじまった途端に爆睡。

ここは、子供に、座席に敷くクッションを貸してくれるのですが

それをちょうど枕代わりにしてました・・・・・・( ̄_ ̄ i)

前の列に、男の子や女の子も来ていたのですが

男の子のほうは居眠りしてママにひじでこづかれてましたが結局爆睡してました。

女の子のほうは反対に身を乗り出して聴いていました。

・・・と、かくいう私も、無性~~~に眠くて眠くて

「良い演奏程眠くなるの法則」(なんじゃそりゃ?)の通り、気持ちよ~~く眠っていたのでした・・・。

 

2曲目の演奏が終わって、また舞台に出てきて挨拶していたのですが

観客の拍手が鳴りやまなくて。。。。

3回目?に登場するとき、バイオリンはおいて、手ぶらで出てきて

無言で 「アンコール演奏はしませんよぉぉ」という感じで、お茶目に演出してました。

*特に司会者がいるわけでもなく、三浦さんも何もしゃべらず

 最初から最後まで、純粋に演奏だけ!のコンサートでしたので*

 

終演後、サイン会もあって、長蛇の列でしたが

うちは、息子は特にサインをもらうことには興味がないので、そそくさとおいとましました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発表会まで1か月をきりました。後25日。

今日は、先生のご自宅でレッスンでした。

 

一応レッスンは60分となっていますが、75分くらいになることも。。。。

息子ちゃん、ちょうど1時間経ったころ、私にこっそり「今何時?」ときいてきます。

結局今日は15分オーバーで終わったところ、ぷいぷい怒って、そのあとは涙目になっていました。。。。

はあぁぁぁぁ。。。。先生がおこったわけでもないし、いつも通りやさしいのだけれども。。。

まだまだ子供ちゃんで

「だってだってママや先生は座ってるし、家での練習は休めるけど

レッスンは全然休まないでずーーーっと立ってるんだよ。すっごい疲れるんだよ(涙」

 

さて、そろそろ本番に向けて「通し練習」

できれば、本番まで100回 は通したいと思い、(シールを貼る系)を作成しました。

できないところを弾けるように何回も練習(←これさえちゃんとできてるとはいえないけど

ゆっくり丁寧に、きれいな音で(←これも当たり前

けれども、やはり発表会の本番では

落っこちても、音を外しても、弓順を間違っても、なんとかして最後まで通す(by Y太先生)

ことも、重要。

特に、バイオリンの場合、一人で演奏ではなくて、ピアノ伴奏があるので。。。。。

 

間違ってもなんでもいいから最後まで弾ききる練習 だけだと

だんだんいい加減になってくるから

きちんと音程やリズムやその他もろもろも崩れないように練習もしておかなければならず

そのバランスが。。。。。

 

それと、Y太先生は、今の年齢でそんなに早く弾く必要はないというお考えですが

でも息子ちゃん、先生が優しいのをいいことに、それに甘んじてか、遅すぎる。。。。。

この間や今日先生が一緒に弾いてくれたのを録音したので

それを家での練習のときにせめてこの速さテンポを体になじませるように

これ、スピーカーを買いました!

 

 

バイオリンの場合、自分の耳元で自分の弾く音が大きく聞こえるので

録音した音に合わせようとしても聞えないんですよね。

だから、録音したものをPCにとりこんで、このPCにつないだスピーカーから

大音量?で音を出して一緒に弾かせてます。

 

バイオリンの騒音?問題ですが。。。。。。うちの場合、幸いにも、田舎なもので~~

両隣まで距離があるし、家の前の道路挟んだ反対側も自宅で空き地になっているので、大音量全く問題ない!んです^^

まあ、そのかわり、草木がたくさんあるので、蝶や虫や蚊だけでなくて、ヤモリとか蛇とかまで庭に出現しますが。。ーー;

 

 

 

 

 

 

 

母と息子と3人で、サロンコンサートに行ってきました。

 

写真でみてわかる通り、

大ホールのステージ上に観客席を設けてサロン形式にしてあるんです。

 

ピアニストの秋場さん(高橋一生似)が、アルメニアの音楽事情に精通している関係でアルメニアの音楽があったり、絵本のお話を横川さんが読みながらバイオリンの演奏があったりと

ちょっと普段のクラシックのコンサート、とは一味も二味も違ったものでおもしろかったです。

 

途中の休憩では、無料でワインやおつまみ、ジュースやお菓子のサービスもありました。

 

実はこのサロンコンサートに行ったのは、地元で近いというのと

小林美恵さんが出演されるからでした。

 

小林美恵さんのおば様がうちの母と長年の友達という関係で

行かせていただきました~ルンルン (息子っちは相変わらず爆睡してましたが・・・)

 

レッスン3回目

テーマ:

先生に、この間の発表会(ザイツ、鈴木4巻)に出ていた大人の方は、だいぶ長い事やってらっしゃるのですか?ときいたら、ものすごい昔、高校生のときに2年程経験があり、先生のところでは1年くらいだそうです。

毎日1時間半練習しているとのこと。

(みんな、すごいな~~・・・・)

 

さて、今日のレッスンでは、

音階、セブシックをやってから鈴木教本1巻。

一応、〇(シール)もらいました。

        

 

ロングロングアゴーは、先生がピアノで伴奏ピアノ してくれて弾いたときは

ちょっといい気分でしたルンルン

 

しかし・・・・・

わかってはいるけど、バイオリンて

ピアノと違って、押さえるところを自分で見つけないと音程が・・・・・><

はぁぁぁ~~~・・・・・。チーンチーンチーン

 

 

私、何でバイオリンを習おうと思ったんだろ???と今更後悔(笑

練習していても、レッスンでも、楽しさよりも、できないことへの苦しさのほうが多い。

 

多分、私は、そんなにバイオリン上手なほうではないと思います。自分の中で。。。

バイオリンより、太極拳とか武術とかヨガとか動く系のほうが得意。

こまごまとしたもの作ったり、刺繍とか造花とか料理とかのほうが得意。

音楽は本当は得意じゃないんです。音痴だし!!!ピアノも上達遅かったし。

 

 

 

といいながら。。。。

中途半端は嫌なので、まだ続けますよおお。プンプン

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば・・・・・

テーマ:

おととし1年間日本に滞在している間の5月2日に

ホテル椿山荘でファミリーランチコンサートがあって行ったのですが

http://ameblo.jp/meijiana/entry-12021769974.html

 

同じ時に、東尾理子さんが、ママ友とこどもたちとで来ていたんです。

http://ameblo.jp/riko-higashio/entry-12021598720.html

その時に、楽器体験などもあって、

「理太郎にバイオリンやらせてみようかしら?ルンルン」という会話が聞こえてきたんですニコニコ

 

どうしたのかな~?とふと思い出してみてみたら。。。

何と!理太郎君もバイオリンヴァイオリンやってました ニコニコ

http://ameblo.jp/riko-higashio/entry-12225901646.html

あれからすぐに習い始めたのではなく、しばらくしてから始めたみたいですね。

 

芸能人の子供でバイオリンといえば。。。

神田うのさんのところの小うのちゃん。

https://ameblo.jp/unokanda/entry-12292011099.html

こちらは、ママのうのさんも娘さんと一緒にバイオリンを練習しているんですよね。

エライルンルン