毎年、J1への昇格争いが盛り上がるJ2.

残り9節を残して、勝ち点76で現在1位の横浜FC

(10月12日現在)

悲願のJ1昇格も視野に入ってきました。

しかし、今シーズンの初め、

横浜FCがシーズン開始一試合目に足達勇輔監督を

解任したとき、だれもこの好結果を

予想できませんでした。

それどころか、シーズン開始直後の解任に納得できない

サポーターから応援拒否の動きが出たり、

チーム全体が弱気になり、

サッカーに集中できないような雰囲気でした。

そんなネガティブな状況で監督就任の要請を

受けたのが元日本代表FWの高木琢也現監督。

現役引退後、解説の仕事をしながら、

Jリーグの指導に必要なS級ライセンスを取得し、

将来、監督になるため、足達元監督の下で

現場で指導の勉強がしたいと考えていた

彼からしてみれば正に寝耳に水。

「YES」か「NO」か。自問自答を繰り返す。

しかしチームはオフ日明けの7日から

次の試合に向けて準備に取り組まなくてはならない。

試合は数日後に迫っている。そのとき、

高木氏の脳裏をひとつの思いがよぎりました。

 

「ゲームは待ってくれない。

選手たちはそこにいる。じゃあ誰が監督をやるのか。

自分しかいない。目の前にいる選手を

見捨てるわけにはいかない」

高木氏は覚悟を決め、高木琢也監督となったのです

監督初日となった日、練習グラウンド。

リーグ戦1試合での監督解任という

Jリーグ史上稀に見る出来事に、

動揺を隠しきれない選手たち。

彼らに向けて高木新監督は

落ち着いた口調で思いのままを告げました。


「次のサガン鳥栖戦まで短い時間でしか

準備ができないが、

俺はお前たちを信じている。

だから、俺を信じてほしい 」

その言葉にうつむき加減だった選手たちは、

顔を上げました。

若手選手のひとりの菅野孝憲

「あの時期、ドン底まで行っていたというか、

自信を若い選手とかはみんな失っていた。

だから、高木監督の『信じてほしい』という

シンプルだけど気持ちのこもった言葉で

『気持ちを切り替えて頑張ろう』と思った」

選手たちは、数日後に迫ったリーグ戦に向けて

トレーニングを開始したのです。

そして、高木監督は前監督の良い部分を

引き継ぎつつ、チーム内の決まりごとを少なくし、

まずは守備の強化に力を入れました。

その結果、後に『ハマナチオ』と呼ばれる

強固な守備を中心に15戦無敗など、

好成績を続け、昇格争いの一番手に

躍り出るまでになったのです。

私、個人からすると高木監督は

どちらかというと朴訥で人の良さそうな印象で、

緊急時に集団をまとめ上げられるような

タイプでないと、思っていたのですが、

ピンチのときこそ、本心をさらけ出して

仲間を信じることで、

打開できるという例を実践してくれました。

残り9試合、まだまだ厳しい闘いが続くと思いますが、

つらい状況を乗り切った高木監督と

横浜FCのメンバーがJ1昇格を

実現して欲しいと思います。

NumberWEB より

http://number.goo.ne.jp/soccer/japan/662/20060928-f2-1.html

AD

ワールドカップも終わり、

既にJリーグも再開しています。

サッカーファンの興味も次に選出される日本代表候補と

オリンピック代表候補のメンバーに移っているようです。

(いや、一番の興味は川渕会長の続投反対かもしれませんが)

そんな話題豊富なこの時期に、日本経済新聞は

横浜FCの三浦知良選手のインタビューが掲載されていました。

結果を出せなかった日本代表に関しては

「ジーコのやり方で成功した部分もあったはずだし、

それを面白いと言って賛同した人もいたはずだ。」

「それなのに一次リーグで敗退した途端に、

手のひらを返すように戦犯扱い。

プロの世界だから仕方ないけど、

オシムの言うように過剰な期待を

掛けていた部分もあっただろう。」

「この4年間を否定すべきではないし、

絶対に自分の意思を曲げなかった

ジーコの強い信念には賛辞を送りたい。」

と、盛り上げるだけ盛り上げて、

結果が悪いと、誰かを集中攻撃するという

日本のマスコミとファン心理に対して

きっちりと自分の意見を話してくれています。

そして新たに日本代表を率いるオシム監督に関しては

「きっと面白い仕事をしてくれるはず。

僕もいいものを吸収して行きたい。」

と相変わらず前向きなカズ選手。

ただし

「代表監督が代わったからアピールしないとなんて、

選手はいろいろ考えてしまうものだけれど、

先のことをあれこれ考えるのは

過去を振り返るのと同じで、エネルギーの無駄遣い。

ひたすら目の前の試合に集中するように

意識的に自分をコントロールしている。」

「僕自身も日本代表でプレーしたいという夢は

持ち続けている。

だけど今は横浜FCJ1に上がるという目標だけを

見据えている。

J1に上がれなかったらどうしよう、

なんてことも考えない。

それもエネルギーの無駄だし、

失敗を恐れて臆病になってしまう。

余計なことを考えず、練習や体のケアを怠らないこと。

それが一番いい結果につながるはずだから。」

うーん、相変わらず、心に染みることを言ってくれますね。

夢を持ちつつも遠い先を見すぎず、目の前のことに

全力を集中することが大事。

本当にそうですね。

AD

傷も自分自身

テーマ:

211日の「スーパーサッカー」に

引退を発表した小倉隆史さんが出演。

司会の極楽とんぼの加藤氏が

「ケガがなければもっと活躍できたと思いますけどねえ。」

と、誰もが言いたくなる、そして

最も言ってはいけない言葉を言ってしまったのですが、

小倉さんは

「ケガも僕なんで。」

と穏やかに、しかし毅然と答えていました。

深い。深いなあ。


サッカーに詳しくない方の為にお話しますと

小倉隆史選手は四日市中央業工業高校時代に帝京高校と

高校サッカー史上に残る激戦の末、両校優勝。

ゴール前での強さ、テクニック、ひらめきを併せ持ち、

「レフティモンスター」の異名で注目を浴びます。

名古屋グランパスに入団後、オランダの二部リーグにレンタル。

結果を残し、完全移籍の打診を受けるもグランパスと

日本サッカー協会から呼び戻されました。

中学、高校時代に年代別日本代表と縁がなかった小倉選手としては

日本の代表としてオリンピックに出られること、

オリンピックで活躍してヨーロッパのチームに移籍すること、

に熱い想いをもっての帰国だったようです。

そして小倉選手を中心にオリンピックのチームは編成され、

予選前にタイで調整することに。

しかしその練習中、空中にあるボールを

ヘディングで処理して着地した瞬間、

ひざの靭帯を断裂。

グラウンド整備の不備が原因でした。

その後、オリンピック日本代表は

小倉選手抜きで予選を突破。

オリンピック本戦に間に合わせるため、

急いで復帰を果たした小倉選手は

再度同じ箇所に怪我をしてしまいます。


それからの選手生活は怪我の状態と相談しながらの

ものになります。

時折、怪我の前を思わせるようなするどく、

質の高いプレーを見せるものの、


シーズンを通して活躍することができず、

名古屋グランパスエイトを解雇。

その後は市原、東京V、札幌、甲府と

チームを転々としながら現役を続けていました。


そんな苦労の多い選手生活、

肉体的にも精神的にも苦しく、

「あの時、日本に帰ってこなかったら。」

「あの時、あの場所でジャンプしなかったら。」

「あの時、あせって復帰しないで完全に治していたら。」

と自分を責めることも何度もあったと思います。


そんなつらい想いをしながら、

~そんなつらい怪我も自分自身なんです~

という主旨の発言ができるなんて。

本当に深いです。

怪我にという人生を変える事件の精神へのマイナスの影響を

完全に克服できたから、言えたのではないでしょうか。


小倉さんは引退後、指導者を目指されるそうですが、

しゃべりも上手いし、キャラもいいので、

スポーツ系のタレントとしても活躍できるでしょう。

私の私見を言わせていただきますと、

そういった活動と平行して、怪我と付き合い続けた経験を

他のスポーツ選手はもちろん、学生や子供たちに

話していく活動もしていただきたいと思います。

きっとみんな勇気付けられるのではないのでしょうか?







AD

イチローの名言

テーマ:

日経ビジネス2005年12月26日号

「イチロー×ハワード・シュルツ対談」より

イチローの名言

======================

高い目標を成し遂げるには、意識が大切と思います。

ものすごく遠くの目標だけを立てていると、

今いるところとのギャップが大きく、

(ゴールは)なかなか見えてきません。

基本的なことではありますが、高いところへ行くには、

下から積み上げていかなくてはなくなりません。

常に近い目標を持ち、その次の目標も持っておく。

そうしてこそ遠い目標もいずれ見えてきます。

実はそれが近道でもあるのです。

どこかを省いて遠くに行こうとする人は、

怖さを知らない。

挫折感を味わうことになるのでしょう。

近くの目標を定めてこそ、ギャップは少ないし、

仮に届かなければ、別のやり方で

やろうということにもつながります。

遠くばかりを見ていたら、

いつまでも遠くにいけないということです。

==========================

偉業や大きな成功というのは特別な才能を持った人や

幸運な人が突然、成し遂げるものではなく、

普通より意志の強い人が

努力と戦略をもとに小さな目標をいくつも達成し続けてこそ

成し遂げられるものということですかね。

イチロー選手という、数々の偉業を成し遂げた人が

小さい目標をこなしていくことが遠い目標への近道である、

というと非常に説得力があります。

迷ったら 前へ

テーマ:

遅ればせながら、ヴァンフォーレ甲府のみなさん、

サポーターのみなさん、山梨県民のみなさん、

J1昇格、おめでとうございます!!

kouhu



  第二戦でダブルハットトリックを決めたバレーを始め、

Jリーグのチームをクビになったり、

どこからも声がかからなくて、アマや海外を経て

ヴォンフォーレにたどり着いた選手たちが

入れ替え戦という晴れの舞台で勝利し、

涙を流すシーンは感動的でした。

大きな体で子供のように泣きじゃくるバロン選手の肩を

「泣くな、泣くな。」と

笑顔でなだめる大木監督もカッコ良かった。


その大木監督が第一戦で出した指示もカッコいい。

「迷ったら前に出せ。」


なるほど、攻守の切り替えが早い最近のサッカーでは、

ボールを持ちすぎた後のバックパスを拾われて

カウンターに持ち込まれると致命的な失点になりかねない。

前にボールを出すと、そのリスクが減る上に、

甲府の前線は運動量があるので、

敵のDFからボールを奪ってそのまま

決定的なチャンスまで持ち込める。

という戦術としての指示もあるのでしょうが、

それと同時にミスを恐れず、攻撃を第一に考えろ。

という精神面でのアドバイスでもあったのではないでしょうか?


「迷ったら前に」という考えは、サッカーだけでなく、

ビジネスやプライベートでも応用できるのではないでしょうか?


来期の甲府は厳しい戦いを強いられるとおもいますが、

「迷ったら前に」の戦術と精神で

J1残留を果たして欲しいですね。



余談ですが、甲府のサッカーが楽しかったので、

もし、大木監督が日本代表の監督だったら?

を考えてみました。

高原

(久保、牧)

松井                  永井

(カレン、玉田)          (石川、大久保、深井)    


         中田     中村

      (小笠原、小野、本山、遠藤)

             福西

(阿部、稲本、今野)


村井      中澤   松田    加地

 (服部公太)    (岩政、宮本)   (坂本)


               楢崎

            (川口、藤ヶ谷)


おお、強そう!そして楽しそう!

ドイツは無理でも次のワールドカップで

この布陣が見れたら楽しいですね。












夕刻、気分転換にYAHOO!ニュースを見ていたら

為末仰天プラン 金丸に弟子入り(スポーツ報知) 

の記事が。

え、どういうこと?

> 8月の陸上世界選手権(ヘルシンキ)

>男子四百メートル障害銅メダリストの為末大(27)

>=APF=が9歳年下の金丸祐三(18)=大阪高=に

弟子入りする。来季は、ハードルを封印する方針の

>為末は、男子四百メートルで、高校生日本王者と

>なった金丸に目をつけたことを16日、明かした。

>「地面に圧力をかけて走る」というテーマのモデル

>にピッタリだという。

> 金丸は来春から為末の練習拠点の法大に

>進学予定で、アドバイスをもらうにも支障はない。

>「年齢とかは関係ない。足が速い方が偉いんだから」

>と為末。07年世界選手権(大阪)で、

>メダルを取るため、年功序列は全く気にしない。

                   (以上原文をパクリまくり)

スゴイ。

高校生にして自分のスタイルを築き、

世界と戦う高校生、金丸君もスゴイけど、

為末選手はもっとすごい。

tamesue

苦労して栄光を手にしたのに、

さらに新しい挑戦をするため自分を追い込む、

それどころか9歳下の後輩に弟子入り。

スゴイ。

謙虚なんてもんじゃないです。

そうまでして勝ちたいの?って、怖くなります。


海外の選手のハングリーさに日本人が勝つには

どうすればいいのか?

「豊かな日本に生まれ育って、それでも勝つには何が必要か?」

というお話をfushigiさん が書かれていましたが、

為末選手のように、「理想の自分に対するハングリーさ」が

これからの日本人が世界で勝つための力になるのではないかと、

希望をあたえてもらいました。

そして、それはスポーツだけではなく、ビジネスでも言えるのでは?


為末選手なみに自分を追い込めるかなあ…

タイヘンだ… 

でも日本のビジネスマンが為末選手の十分の一でも

いや、二十分の一でも理想の為に頑張れば日本はもっとよくなるかも!

日本がこれから、新しいハングリーの時代になったらいいなあ。

タイヘンだけど…





arenn

NBAのスーパースター、アレン・アイバーソン。

188cmとリーグでは小柄ながら、

類まれな運らしい動能力をいかした得点力だけでなく、

タトゥやコーン・ロウ、ヘアバンドなどストリートファッションの

トレンドセッターとしてコート外にも影響を与えています。

そんなアレンさん、実は先日、来日していたみたいです。

高校生を対象としたクリニックで、アドバイスを求められ、

いつも最後の試合だと思ってプレーすることが大事

うーん、アイバーソンらしいですね。

アメリカでは、精神も体もタフで、

どんなことをしても目標を達成する人間を

ソルジャー(兵士)と呼びますが、

アイバーソンは、スーパースターの点取屋でありながら、

気持ちはソルジャーなんですね。

我々はプロのアスリートではありませんが、

仕事でもプライベートでも

後は無い、最後のチャンスだ。

って気持ちで取り組むことも時には大事ですね。

私の場合は、いつもだと疲れちゃうんで、

たまに思うようにしていますが…

Numberの名物連載「カズへの手紙」

サッカー選手の三浦知義氏が友人からの

手紙とともに思い出を振り返る企画です。


最新号はべゼーハ氏からの手紙です。

え?べゼーハって誰?ですって?

まあ、無理もありません。

べゼーハ氏は無名のホペイロ(用具係)なのですから。


でもその手紙がすごく良いのです。

この場で全文をご紹介します。

(まあ、盗用ですな。)


「   親愛なるカズへ

 

 君のことはブラジルにいた時から知っていたけれど、

仲良くなったのは日本でのことだった。僕は当時、

読売クラブの監督だったぺぺからの誘いで「8ヶ月」

日本で働くことになった。8ヶ月が8年以上になるとは

あの時、想像もしなかった。日本というまったく文化の

違う国、言葉はわからないし、友達もほとんどいない。

さらに当時日本のサッカー界には、僕の職業。ホペイロ

というものがなかったんだ。いや、日本だけじゃない。

アジアになかった。だから初めてアジアに来た

ホペイロというわけだ。最初は僕が信用されていない

ことがわかった。初めての試合は、ヤマハ戦だった。

試合が終わった後、僕の所にスパイクやユニフォームを

置いていったのは、19人の選手のうち、8人だけだった。


僕は、自分の仕事を認めてもらおうと、全力で仕事を

したよ。スパイクの泥を落として、手入れして磨いた。

ユニフォームは洗濯し、アイロンを掛けた。君は

みんなが集まった時、僕のことを指さした。ホペイロが

チームの中で、どれだけ大切か、ホペイロという仕事の

重要性を話してくれた。それから選手たちの僕を見る

目が明らかに変わった。君はブラジルに8年いたから、

ホペイロの仕事の重要性を理解していたんだね。40人分の

選手にユニフォームを洗うと言う仕事を終えた後、

僕はユニフォームを置く棚をつくるために徹夜したことも

あった。ちょうど午前中の練習が始まるまえにようやく

眠り、目が覚めたら昼だった。そしてもう練習は終わろうと

していたんだ。そんな風にして、僕はホペイロの

仕事を日本に伝えたんだけれど、君の手助けは本当に

ありがたかった。本当に感謝している。僕は君の

ことを知らない友達に、君のプレーを説明するときに、

フルミネンセにいたカフーリンガの話をするんだ。

ブラジル代表の右サイドバックのカフーは、彼に

似ているから、カフーと呼ばれるようになった。

試合が終わった後に、君とよく試合内容について話した

ものだったね。僕は君の“相談相手”だったことを

自慢したい。その後、君はイタリアのジェノアに移籍

していった。満足できる活躍はできなかったかも

しれない。でも、ああいったことはサッカー選手には

つきものだよ。時に乗り越えなければならない障害物は

あるものだ。日本に戻ってきた時、君がいい時期の

プレーを取り戻していたこと、さらに安定感のある

プレーができるようになっていたのを見て安心したのを

覚えている。中略

君は今、日本、僕はブラジルにいる。

離れているけど、君からまなんだことを胸に刻んでいるよ。

友人というのは見返りを期待せずに親切にすること

このことを僕は残りの人生守っていくつもりなんだ。

                   君の友人 べゼーハ」


Number 7月14日号 より


全盛期のうちに華麗に引退することを

拒否し続けるカズ選手。

こうなったらかっこ悪くても無様でも

ボロボロになるまでJ2でも、JFLでも

サッカーを続けて欲しいと思っていました。


しかし、その日は思ったより早く

来てしまいました。

成績不振のチームが戦力の再編のため、

カズ選手をJ2の横浜FCに放出することを

決めたのです。

自分自身のプライドを取り戻すため、

遠い地の友人の無償の友情に応えるため、

もう一度ピッチで輝いて欲しいと思います。

カズ選手、頑張ってください。


 女子バレー日本代表の宝来 眞紀子 選手は、

この言葉が好きなのだそうです。

身長187cm、最高到達点312cm(!)の彼女

恵まれた資質を持って生まれただけに、期待されることも多く、

それがかえって障害になったこともあったのかもしれません。

特に2004年のアテネ五輪では候補にまでなりながらも落選。

悔しくてテレビで代表の試合は一度も見なかったとか。

そんなとき、

「神様は超えられない障害は決して与えない」

と、自分を励まし、ついにメンバー入り。

ええ話や。

次の北京オリンピックまで、あと3年。

現在ケガで代表を離れている選手も戻ってきますし、

まだ代表に呼ばれていない選手も虎視眈々と

その座を狙っています。

宝来選手、頑張ってください。

ちなみに私は竹下佳江選手のファンです。


遅ればせながら今年のNBAファイナルの話を。

ダイジェストしか見ていないのですが、

チームワークとディフェンスを大事にするチーム同士、

激しく、熱いシリーズになったようですね。

ゲーム7までもつれる接線の結果

昨年優勝チームであるピストンズをスパーズが破り、

二年ぶりの優勝を手にしました。

 

    ダンカン

 

チャンピオンとMVP、二つのトロフィーを両手に抱えた

スパーズのティム・ダンカンは

「チームのみんなが僕以上に僕を信じてくれた。

このMVPは僕個人のものじゃなくて、

チームみんなのものだと思う。」

とチームメイトを称えました。

 

NBAは30以上のチームがある上に、

それぞれのチームの力が均衡化するためのルールが敷かれており、

どのチームも年数をかけて戦力を整えれば優勝を狙える反面、

優勝の味を知らずに引退するスーパースターも

数多い過酷なリーグなのです。

 

そのため優勝候補のチームの選手は

シーズン前から体調を整え、チーム内の競争に打ち勝ち、

年間82試合の長いシーズン、

広大なアメリカを回る肉体の疲労、家族とそばに入れないつらさ、

激しいプレーオフ、そういったものを乗り越えて、

ファイナルの舞台に立っているのです。

 

そういう重要なゲームで仲間が

「お前が決めるんだ。

お前がこの長かったシーズンを終わらせるんだ。」

というメッセージをこめてパスを回してきます。

しかし相手はリーグNo.1のディフェンス力のピストンズ。

思うようにシュートが決まりません。

それでも大事な場面でパスをしてくるチームメイト。

自分以上に自分を信じてくれる仲間。

その信頼に応えようとして、

相手のディフェンスを打ち破るダンカン。

 

この激しく熱いシリーズを決めたのは仲間からの信頼だった。

といったら、美しすぎますか?

 

ともかく、自分が信じてる仲間に信じてもらえる、

というのは人生の悦びの一つなのではないでしょうか。

いいなあ。