ちょっと時間に余裕があったので

久しぶりに村上春樹著「スプートニックの恋人」を

読み返してみました

読みながら名言をピックアップ。

 「どんなことでもそうだけれど、

結局一番役に立つのは、自分の体を動かし、

自分のお金を払って覚えたことね。

本から得たできあいの知識じゃなくて」

(69頁)

 理解というのは、つねに誤解の総体に過ぎない。

 (195頁)

 大事なのは、他人の頭で考えられた大きなことより、

 自分の頭で考えた小さなことだ

 (239頁)

人にはそれぞれ、あるとくべつな年代にしか

手にすることのできないとくべつなものごとがある。

それはささやかな炎のようなものだ。

注意深く幸運な人はそれを大事に保ち、大きく育て、

松明としてかざして生きていくことができる。

でもひとたび失われてしまえば、

その炎はもう永遠に取り戻せない。 

(262頁)

デビュー作の「風の歌を聴け」の頃から、

格言めいた言い回しが随所に見られましたが、

この作品の中にも結構ありますね。


ノーベル文学賞を逃して残念でしたが、

世界レベルの評価は上がる一方だと思います。

人気が上がりすぎて新作を出すたびに

ものすごいプレッシャーがあるかと思いますが、

あまり気にせず、新作を書き続けて欲しいものです。


AD

コメント(9)