バカ売れしている訳ではありませんが、

根強い人気のマンガ、『絶望に効くクスリ』

私も大ファンです。

先日、その8巻が発売されました。



今回も有名、無名を問わず、『絶望に効くクスリ』を

作るためのヒントを持ったゲストに取材しています。

なかでも、今回の目玉は、世界で一番有名な日本人、

オノ・ヨーコ氏。

ジョン・レノンの奥さんとしてのイメージが強いオノ氏ですが、

本業は前衛芸術(アヴァンギャルド)家。

ジョンとの出会いも彼女の個展にジョンが訪れたことから。

でも、前衛芸術(アヴァンギャルド)ってなんなのでしょう?

それについてこのマンガの作者、山田玲司氏が

いいことを言ってくれています。

「たとえば、君がどうせ世の中はこんなもんだろ…

とか思ってあきらめてしまっているなら

僕は『前衛』をおすすめしたい。

人間は弱くてナマケモノだから。

これはこう、と決めてしまって、

すぐ安心しようとしてしまう。だからすぐ

「中卒じゃ人生おしまいだ」とか、

「デブはもてない」とか…

「空は青」で「ポストは赤」で、

「イチローは天才」とか!!

決めちゃったら考えなくてすむけど…

そこで脳は止まるし、人生も止まる

そんな『当たり前』だとされる常識をぶっ壊すのが、

前衛芸術(アヴァンギャルド)なのです。」

なるほど。

何でも決め付けずに、ときには常識を疑っても

自分で柔軟に考えるというのが

前衛芸術(アヴァンギャルド)の基本精神なんですね。

自分も30代も半ばになって、なんでも決め付けて

あきらめることも多くなってますが、

自分で考えることを忘れずに行きたいものです。

いやあ、やっぱ『絶望に効くクスリ』は効くなあ

絶望に効くクスリ 8
¥619
株式会社 ビーケーワン
AD

コメント(7)