9月25日放送の「カンブリア宮殿」は

豆腐業会の革命児と言われている

男前豆腐店株式会社 代表取締役 社長 伊藤信吾氏。

ユニークな商品コンセプトを展開して短期間で

男前豆腐というブランドを認知させただけあって、

仕事にたいする考え方もユニーク

□社員はアメリカ風ファーストネームで呼び合う

社長はジョニー、社員はチャールズ、テリー、キャロル…

フランクに呼び合うことで役職にとらわれず、

意見を言い合える風通しのいい会社にしようという狙い。

パンを買うように楽しんで豆腐を買うようにしたい。

お父さんがお使いで買いに行っても迷わないネーミング。

豆腐をカロリーを気にしないデザートにしたい。

失敗しても、発見だといって反省しない。

□ 自分の仕事で泣けるときが一番幸せ


面白いですね。



そんな伊藤社長、

貿易会社の経理、築地での見習い、を経て

お父さんが経営する豆腐会社で営業を始めたものの、

どの取引先のスーパーを回っても

「値段はいくらまで下がるの?」

としかバイヤーからは言われず

「だめだこりゃ。」と

どこにもない豆腐を作る決意をしたそうです。

誰かを批判するって訳じゃなくて、

スーパーさんに値段を叩かれるってのは

俺にダメ出しされるってことなんです。

自分のネタの作りこみが足りなくて勝負してるから、、

値段だけの話になるんであってね。

朝から晩まで仕事やってて、その仕事が楽しくないんじゃねえ、

そこらへんは噛み付いてましたね、この豆腐業界に。

どうしても俺はこの業界で食っていく

転職たって同じなんだよ、ここ乗り越えないと、

って自分盛り上がりで頑張ってましたけどね。」

就職したい企業ランキングに豆腐屋、絶対ないですから、

旅行会社に行きたい人、テレビ局に勤めたい人、

そりゃ、僕だって勤めたいですよ。

でも、どんな職業でも、一工夫、二工夫、あると思うんです。

(中略)

どの職業でも、職種でも、何かを生み出すひらめきって

あるんじゃないかと思うんですよね。

アイツは他のこと考えている、絶対違うこと考えているって

方向まで必ず持っていけると思うんですよね。」


うーん、すごいわかります。

誰もが仕事をしていて、会社や業界の都合でうまく行かず

「だめだこりゃ。」と落ち込むことがあります。

そこであきらめたり、逃げたりしないで

自分だけの解決方法を見つけようとする

執念があるかどうか、ということが大事という

良い見本の話ですね
AD

ハードボイルドの作家として一時代を築き、

最近は中国の史記・古典を題材にして男の生き方を

書き続けている北方謙三氏。

一時期、ホットドッグプレスで連載していた人生相談

「試みの地平線」も人気でした。

そんな北方氏、最近の若者についても

やはり辛口です。

「言われた仕事をして、ある程度給料もらえたら納得するし、

もらえなければ転職…

いま多くの若いヤツが去勢されている気がするね。

大きなものに逆らわない。

上の方針で会社が潰れてるのに、

それを阻止しようとすらしない。

そういう情けない状態になっちゃっている。

負けたっていいんだよ。

そこで戦えば、その経験が人生の力になる。

俺の歳でボロボロにされたら、

立ち上がるの大変だよ。

若いヤツなら、一回や二回ボコボコにやられて

泥まみれになっても立たなきゃしょうがないじゃん。

先が長いんだからさ。

(中略)

血沸き肉躍るということは大切で

そういう“熱さ”を身体の中に取り込んでおいて

ほしいんだよな。

そうすると何かがあったときにパッと立てる。

大きな物を動かせるんだ。」

うーん。やっぱり言うことがカッコいいですね。

そして熱い。もう60にもなるのに。

たしかにハードボイルド小説の主人公って

見た目や行動は静かで冷静な印象でいて、

中身は熱く、暖かいってキャラが多いですよね。

それってビジネスマンにも相通じるのかもしれないですね。

負けてもいいから、時には戦える熱い気持ちは

いつまでももっていたいものですね。

「R22」より

AD

上島竜平迷言集

テーマ:

uesima


テレビ朝日「アメトーク」で

土田晃之さんと劇団ひとりさんが事務所の先輩である

ダチョウ倶楽部の上島竜平さんの

迷言を披露していました。

後輩とカラオケに行ってドリカムの未来予想図を

誰かに歌ってもらおうとして

「おい、あれ入れてくれ、あれ、

ドリカムの、あの、青写真ブルース。」

劇団ひとりがとんねるずの「喰わず嫌い王」に

出演した後の日、

「おまえ、あれ、出てただろう、

あの、食い倒れ選手権」

フジテレビがあるお台場に行く

交通機関「ゆりかもめ」の話をしようとして

「あれだよ、あの、乗るやつ、べにおとめ。」

芸人仲間でマンガの話をしていたとき、

藤子・F・不二夫と言おうして

「ほじ子・ふぉじ・ふぁじお夫」

と3ブロックとも噛むというミラクルをみせた。

いやー、素晴らしいですね。

いつまでも変わらずB級芸人としての

地位を守りながらも、

私生活でも天然ぶりを発揮する上島さん。

ある意味名人芸ですね。



AD


皆さん、渡辺淳一さんの作品って読んだことあります?

「失楽園」や「愛の流刑地」はすごい話題になったけど、

実際にちゃんと読んだことある人は

意外と少ないのでは?

私も読んだことがないのですが、

ワインとおしゃべりが好きなエロいおじいさんという

印象を勝手に持ってます。

そんな渡辺センセイが恋愛について語っておられます。

「女の子なんて、そう簡単に恋人になってくれないよ。

やっぱり受け入れる性だから。

一人を追ってつかまえるのは大変。

二兎を追うものは一兎を得ず、って言うけど、

二兎しか追わないから駄目なんだよ。

自信のない男は四兎も五兎も追わなきゃね。

女にダメって言われてもいい。

男は断られるのが仕事だから。

精子を考えてごらん。

ものすごい数が卵子に向かうけど、

受け入れられるのは一匹でしょう。」

す、すごい論理ですが、なんだか説得力あります。

そうですよね。営業もそうだけど、

男は断られるのが仕事ですよね。

モテナイ男、自信がない男はその分、

数を当たるしかないですよね。

なんか、元気が出てきました。

やっぱりエロでも何でもひとつのことを

極めた人はいいこと言ってくれますわ。

R25」No.106より