5歳児の夢

テーマ:

コメディアンのはなわさんには

5歳になる息子さんがいます。


5歳児にして37kgもの体重なのですが

肥満児というわけではなく、単純に発育がよく、

スポーツに力を入れている幼稚園に通っていることもあり、

プールやグラウンドで元気に運動するスーパー園児..


友人である相撲部屋の親方にも、

「膝が大きい子は強くなる。将来は、是非ウチで育てたい。」

と言われているのだとか。


ある日、はなわパパが息子に

「なあ、お前大きくなったら何になりたいの?」

とたずねてみると、


「から揚げ!」


と元気に答えたのだとか。

子供って無邪気でいいですね。

大人としてその無邪気な夢をか

なえてあげたいのですが、難しいです。


まあ、かなったら誰かに居酒屋なんかで

おいしく食べられちゃうんですが。

AD

可愛いクマをモチーフに有名デザイナーや

人気のキャラとコラボしたオモチャ、

KUBRICK」「BE@RBRICK」が一大ブームとなり、

いまや年商20億円を超えるまでになった

株式会社メディコム・トイ。

社長の赤司竜彦さんは、身長182cm、金髪で

涼しげなルックスでビジュアル系社長と

呼ばれているとかいないとか。

その赤司社長、経歴もユニーク。

ファッション誌の取材記者から、

ソフトウェア会社のプログラマーに転職。

その会社の社長にオモチャの事業部を作りたいと

直談判に行くと、

「わかった。ただし条件がある。

今のプログラムの仕事を続けること。

新しく立ち上げる音楽事業部を手伝うこと。

それなら新規の事業部を認める。」

と言われ、その条件をのむことに。

一時期、プログラムをしつつ、

アイドルのマネージャーをしつつ、

下町の工場にオモチャの製造の相談。

と寝る間も無い日々を送っていたのだとか。

自分がやりたいと言って始めたおもちゃも

オモチャの製造の基礎が無い上に、

人気のキャラを作るには複雑な著作権を

クリアしなければならなかったりと、

トライアンドエラーで一から学んでいったのだとか。

見かけによらず、苦労なされてるんですねえ。

そんな赤司社長が自分の会社の社員に言ってるのは

「自分のやりたいことを自由にやれ。

でも自由は責任も重い。」

「好きなことを見つけたらまずとことん疑え。

それでも信じられるなら死ぬ気でやれ。」

なのだとか。

ただの好きで責任を負えないなら、趣味にしておけばいい。

死ぬ程に好きで責任を負えるのなら、

仕事や会社という形で社会に関わっていける。

ということでしょうか。

シンプルだけど血の通った重みのある名言ですね。

社長でジャンケン隊 2巻 より 抜粋

現代 洋子
社長DEジャンケン隊 2 (2)

AD

運命の人

テーマ:

最近、更新ができずに申し訳有りません。



「運命の人占い」

http://u-maker.com/o/destiny/

というのを見つけたので、やってみました。


○○○○○さんの運命の人は、

ズバリ浜田英里子さんです!
英里子さんは現在大分県に住んでおり、

年齢は25歳。
職業は弁護士です。
英里子さんがいま欲しいと思っているものは

シェービングクリームです。
ふたりは2011817日に出会います。


あと5年は結婚できないのかよ!?

ふざけんな!!

ダメだ!このでたらめな占い!!


などと言いつつ

「25歳」「大分県」「女性弁護士」

というキーワードに反応してしまう

今日このごろです。

AD