今年から、丁度30年前の1976年、

東急グループで新しい会社が産声を上げました。

「消費者が手と頭を使って自分で楽しみながら

作る活動を応援する。

そのために各売り場の担当者が、

自分で専門的な知識を勉強し、

各担当者の裁量で商品を仕入れ、販売する。

そのためには多品種少量販売となり、

少品種を大量に売るという、

商売の儲けの鉄則とは逆行するが、

今後の消費の成熟化に応えるためには必要なはず。」

という企画段階のアウトラインはグループ内では

時期尚早である、と反対意見が多かったそうです。


しかし当時の東急不動産社長であった松尾英雄氏が賛成し、

東急グループの総帥であった五島昇氏がバックアップ。

「三十億くらいの損はするかもしれないが、

それくらいならいいだろう。

とにかくやってみろ。

ただし、既存の百貨店やスーパーの真似はするなよ。

自分たちでそのシステムを

向こう傷を負いながらつくっていくべきだ。

背中の傷は許せないけど、向こう傷ならいい。

おまえたちだけでやってみろ。」


こうしてハッパをかけられた創立メンバーは

「手の復権」

「手と知恵を活かす生活の楽しさを」

というコンセプトを推し進め、

専門店も含め、全国22店舗、売り上げ900億円の

人気業態に育て上げたのです。

そう、みなさんご存知の東急ハンズのお話です。


東急グループの二代目総帥五島昇を描いた

城山三郎著「ビッグボーイの生涯」より。


城山 三郎
ビッグボーイの生涯―五島昇その人

 

東急というといろんな鉄道路線を買収しまくり、

強盗慶太と呼ばれた五島慶太氏が有名ですが、

その息子の五島昇氏もかなりの人物です。


東急グループは上記の東急ハンズの他に

渋谷、自由が丘、二子玉川、たまプラーザなど

沿線の土地もイメージが良いのですが、

そんな企業ブランドが形成される裏側が見られる上に、

まあ、五島昇氏がカッコ良すぎて

とんとん読めてしまいます。


AD

いやー、嬉しいです。


ついに読者数が100名に!


記念すべき100名目は

自己破産もせずに多重債務を完済する日々を報告する

取り立てられ日記http://ameblo.jp/toritaterare/  の長谷川さん。


ありがとうございます。


もちろん、99番目までの読者登録してくださっている皆さん、

読者登録してないけど、時々見てるよ、という皆さん、

今までありがとうございました。


2004年12月末から始めたこのブログ、

ネタが無くなったり、仕事やプライベートが忙しくて、

更新できなかったり、と何度も

「もう、辞めようかな。」と

考えたこともありました。


しかし、その都度、皆様からのコメントや、

新しい方の読者登録の喜びに励まされ、

「読者数が100名になるまで、続けよう。」

と自分に言い聞かせてきました。


そして、ついに目標の読者数100名を達成。

節目となりました。


節目を迎えて、今の気持ちを正直に申しますと、


「これからも続けていこう。」


と決心しました。


今後も、不定期な更新になると思いますが、

よろしくお願いいたします。


ドゲザ君

AD

みなさん、こんばんは。

本日もわが会のために足をお運びいただき

ありがとうございます。

世界恋愛名言学会、冬季定例会を開催いたします。


我々恋愛学の研究家を長年悩ませていた難問


■「私のことどれくらい好き?」と

女性から訊かれたらどう答えるか?


について日本で俳優をされながら

研究を続けておられる学会員沢村一樹氏から

大変興味深いレポートをいただきましたので、

この場を借りて発表いたします。


女性「ねえ、私のこと、どれくらい好き?」

男性「ええ!今、言うの?

   大好きすぎて説明に一生かかっちゃうけど、いい?」


いかがでしょうか?

この通りに答えられたら

回答を間違って、女性をむくれさせて

海辺で平謝りしたり、

夜中のコンビニにアイスクリームを買いに行ったり

というようなトラブルは避けられるのではないでしょうか?


他に発表に値する報告が無いようですので、閉会いたします。

では次回まで、

「彼女が作るカレーをそれとなく

実家の味に近づけるにはどうすべきか?」

に関する報告をお願いいたします。


この文章はフジテレビ「ブンブンサタデー」の内容をもとに

  名言密集地が脚色いたしました。

AD

日本におけるユング研究の第一人者の臨床心理学者にして

文化庁長官の河合隼雄氏。

難しそうな学問の権威の方ですが、

講演や雑誌の取材では冗談を交えて飄々と話す姿は

お話好きの好々爺のようで

心の病という難しくなりがちな話を

解かりやすくしてくれます。

また、村上春樹や柳美里など有名作家とも対談しています。


「マジメも休み休み言え。」

「頑張ったらできるというのは嘘。」

と頑張りすぎはよくないと常々言っておられる河合氏。


「昔の日本は追いつけ追いこせの教育で成功したわけです。

だからもう変えないかんのに、

まだ追いつけ追いこせをやろうとする人がいるでしょー。」

どうして変えられないんでしょう?

「そのほうが教師が楽なんです。

(学校が決めた基準で生徒同士を競争させて)

教師が知ってて生徒が知らないと

こんなもんも知らんのか、(わかるまで)がんばれ!と言えばそれですむ。

でも生徒一人一人と向き合うと

自分が知らないことを聞いてくる子供が出てくる。

それが教師には恐ろしいんです。」

ああ、そう言われると思い当たることがたくさんあります。

一学級の人数の多さや、

保守的な教育現場という状況はわかりますが、

自分の考えで生徒と一人一人向き合うことを

避けている先生って多いかもしれないです。

でも生徒の親も受験競争を勝ち抜くことが

子供の幸福だと考えてそれに従わせますよね?


「親の安心のために生きるなんて、バカらしいですよ。

順位にとらわれた人が、不幸になるんです。」

たしかにニートや引きこもりになる人は親の期待に

応えようとして頑張ったあと、挫折したり、緊張がとぎれた人が

結構いるそうです。(一人一人事情が異なりますが。)

「頑張れとか言うたらあきません。

ただ黙ってそばにおるだけです…

無理にサナギをこじ開けようとしたらアカン。

下手な人ほど相手の世界の外からもの言うて、

自分流に絡め取って楽になりたがるんです。

そしたら相手は余計に苦しくなる。

黙って聞いてあげることです。」


うーん。黙って聞くだけ、というのは

全ての場合で通じるかは疑問もありますが

こちらから働きかけるときは

自分の価値観を押し付けず相手の価値観も理解しないと

いけないっていうのはものすごく共感できます。


不登校、いじめ、自傷行為、という子供たちの問題。

そして社会における人間関係の問題。

こういった問題は日本が多様な価値観を認める社会にならないと

変わらないのかもしれないですね。

長くなりましたが、「決め付けるのはやめよう!」

ってことで。

「絶望に効くクスリ 6巻」より


山田 玲司
絶望に効くクスリ 6―ONE ON ONE (6)


久しぶりのバトン

テーマ:

仕事とプライベートを楽しく充実させてる

カッコいいお姉さまkkakoobaさん(http://ameblo.jp/kkakooba/

からバトンをいただきました。


バトンなんて久しぶりです。

頑張って答えさせていただきます。


■自分を色に例えると?


茶色か緑ですかね。

あんまり派手な色ではなく、

ずっと見ていても飽きないような色ではないかと。


■自分を動物に例えると?


集団行動が苦手で自分の興味を最優先させるタイプなので

フクロウでしょうか?


狼だとカッコ良すぎますしね。

でも、ホンモノのフクロウはスゴイ可愛いんですよね。



■自分を好きなキャラに例えると?


難しいですね。

なんか、自分に似ているなと思った

キャラがあったんですが、

ちょっと思い出せません。


パスさせてください。


好きなキャラは

「北斗の拳」の雲のジュウザ 

「SLAM DUNK」なら宮城リョータ


普段は飄々としていてもやるときはやる。

ってキャラが好きです。


■自分を食べ物に例えると?


アボガド。

見た目はゴツイけどなかみは意外とあっさり。

好き嫌いが分かれる。

マグロとか海苔とか組み合わせで印象が変わる。


かな?


■自分を飲み物に例えると?


青汁。

まずいけどクセになる。


■自分を花に例えると?


これも難しい質問ですね。

花ってあんまり知らないので。


ぺんぺん草。

名前の響きで。


うーん。

回答が絞られない質問が多くて

結構答えづらかったかもしれません。

でも、ブログだけでは伝わらない、答えた人の

自己診断がみえて面白いですね。

私がじつはひねくれ者なのも伝わったのでは?


ではバトンを渡すのは

アートショップの女社長、なにかと多趣味なroro163さん /

キャリア系OLのリアルな姿がわかる?  miki-mikiさん

(というか、ずっと見ているうちに恋の行方が気になってきてます。)

最近はお仕事と労組活動でお疲れの golden-orcasさん

20歳!?でも結構しっかりしてそうな haapu5648さん   

名古屋に住む理系の大学院生go-livさん  


にバトンを託します。

よろしくお願いいたします。

(もちらん強制ではないですよ。)