プロレスが大好きで新日のレスラーを志すも

172cmの身長のため、入門できず。

それでもあきらめず、たけしプロレス軍団⇒

メキシコ⇒FMW⇒ユニバーサルプロレス⇒

みちのくプロレスを経て、自分の地元に戻って

プロレス団体を立ち上げた

大阪プロレスの社長 スペル・デルフィン氏。

deru


タレントの早坂好恵さんの460回プロポーズして

結婚したエピソードも有名です。(それって洗脳では?)


大阪でショービジネスするなら吉本と組まなアカン。そして

「物事はトップダウンさせな進まん。」と考え、

当時の常務のだった木村政雄さんに直談判。

提携にこぎつけたのです。

「吉本にはケツの毛までむしりとられて。」

といいながらも、タレントとしての活動がそのまま宣伝になり、

関西ローカルとはいえ、地上波に番組ももてるまでに。


情熱と努力になにわの商人ならではのサービス精神、

それに吉本興業というパートナーは鬼に金棒ですね。

「大阪プロレスを全国区の知名度にする。」

という夢も意外と遠くないのかもしれませんね。


「社長 DE ジャンケン隊」 1巻 より


現代 洋子
社長DEジャンケン隊 1 (1)




サンズエンターテイメント 野田義治社長

手塚プロダクション   松谷孝征 社長

シネカノン  李鳳宇 社長 / てててん  末政ひかる 社長

アニコム 小森伸昭 理事長

一風堂ラーメン 河原成美 社長

海洋堂 宮脇修一 専務

吉本興業 故 林裕章 社長

高須クリニック 高須克弥 社長

新潮社  佐藤隆信 社長 / コメ兵  石原司郎 社長

ガルエージェンシー 渡邉直美 社長

プロピア 保知 宏 社長 / 大人計画  長坂まき子

ホッピービバレッジ 石渡美奈 社長

ピーチ・ジョン 野口美佳 社長

新江ノ島水族館 堀由紀子 館長

クリエイティブオフィスキュー 鈴井貴之 社長

デフスターレコーズ   藤原俊輔 社長

アップリカ葛西 葛西得男 社長

DDIポケット 木下竜一 会長

サニーサイドアップ 次原悦子 社長


など面白い社長さんがたくさん出てます。



気軽に読めます。


AD

本日のがっちりマンデーは幻冬舎の特集。

大手の出版社でも10年に1冊 

と言われるミリオンセラーが11年で11冊。

年間売り上げ部数 1371万部 年間売り上げ111億円

社員が51名だから 社員一人当たり2億円!!

「ヒンシュクは金を出してでも買え」のコピーでお馴染みですね。

もちろんゲストは見城徹社長。ということで見城徹社長名言集!


「スムーズに進んだ仕事は疑え」

「楽に進んだ仕事は他の人にもできる」


「七転八倒して手に汗握り毎日泣きたくなるような

日々が有ってそれが百有ってやっとひとつの仕事になる。)



「書き手(作家)とははらわたをこすり付けるように付き合う」


「大衆に指示されないものは僕にとって無価値」


「ビジネスはオリジナルのところにしか勝利は無い。」


「ちょっとでも興味をもったらすぐにアクションを起こす。」


「この日を機にまたゼロからの闘いを始めたいと思います」

(平成15年1月30日の株式公開後に言った台詞


「この本が売れなければ俺が出版社を作った意味は無い。」

(当時新人だった天童荒太氏の「永遠の仔」の原稿を読んで感涙。

異例の8000万の宣伝費をかけ、ミリオンセラーとなった)


「ミリオンヒットにはオリジナルと極端がある。」


いやー、すごい。

言葉の端々に信念と自信があらわれてますね。

言葉を扱う会社のトップだけあって威力があります。


あと、見城さんの言葉ではなく、会社のコピーですが


「新しく出ていく者が無謀をやらなくて

一体何が変わるだろうか?」


これもいい。

挑戦者はやっぱ無謀じゃないといけませんね














AD

  元、日亜化学工業の小山稔 氏。

70年代当時、まだ未踏の技術であった

発光ダイオードを実現するため、

東北大学の西沢潤一教授(現在首都大学東京学長)に

教えを請うていたそうです。

西沢教授は研究者であると同時に教育者。

技術的な知識だけではなく、

心に残るような言葉も、話してくれたそうです。

そんな言葉を支えにして、研究を続け、その研究科が

部下であった中村修二氏(現在カリフォルニア大学教授)の、

ノーベル賞ものといわれた青色LEDの実用化につながったのです。

その言葉の中で最も感動したものの一つが講演で聞いた

「教育とは心に火をつけること。」

実は原文は十九世紀の英国の哲学者

ウィリアム・アーサー・ワード氏の言葉で

「凡庸な教師はしゃべる。

良い教師は説明する。

優れた教師は示す。

偉大な教師は心に火をつける。」

だそうです。

うーん、たしかに最近の先生は、

ミスをしないことばかり教えて、

子供たちの心に火をつけるどころか、

子供たちの元気さや、好奇心の火を消すような

先生が増えているような気がします。

(先生だけでなく教育制度の問題でもあるのですが。)

しかし、上の言葉はビジネスにも言えますよね。

凡庸な(ビジネスマン)はしゃべる。

良い(ビジネスマン)は説明する。

優れた(ビジネスマン)は示す。

偉大な(ビジネスマン)は心に火をつける

うん。( )の中に、営業、マネージャー、社長、と

なんでもあてはまりますな。

よし、明日からはお客様に、周りのメンバーに、

火を着けまくってやる!!

いや、それよりも意中の女性の心に火をつけたい!


オヤジギャグで締めて後悔中の名言密集地でした…

AD

日本が世界にほこるべき名作
「となりのトトロ」「魔女の宅急」「千と千尋の神隠し」他、
すばらしい作品を世に放ち、
芸術性とビジネスを両立させているスタジオジブリ。

そのスタジオジブリの社長であり、
宮崎駿監督の相棒的な存在である
プロデューサー鈴木敏夫さんによ
宮崎駿監督も鈴木さんご自身も
つねに前向きで全く過去の話をしないそうで、
作品が完成したら、後で見直すことはないのだとか。

つい最近も宮崎監督が
「この前、テレビで初めて魔女の宅急便を3分見たよ。
あれ、割とおもしろいね。」


miyazakihayao

と言ってたとか。

ひとごとかよ!
あんたらが作ったんですがな。


でも、歳を取っても、過去を振り返る気持ちも
起きないくらいに自分の仕事に熱中できるって
カッコいいし、素敵ですな。

ちなみに、過去の話をしないかわりに職場ではどんな
話をしてるんですか?

「社員の恋愛事情の話が多いね。
あいつはあの娘のこと、好きらしいよ、とか。」

女子中学生かい!

まあ、職場は楽しい方がいいですし、
結果あんなすごい作品ができてるんだからいっか。



ビックコミックスぺリオール
「社長 DE ジャンケン隊」より

テレビ局、買いませんか?

テーマ:

テレビ局がのどから手が出るほど欲しい、経営者の皆様

以下のような物件はいかがでしょうか?

  物件名       放送地域      資本金

東京MXテレビ    東京都   433,5629,209

千葉テレビ   千葉県  62,4664000円

サンテレビ        兵庫県     9億7000万円

KBS           京都府     17億5000万円  (AMラジオ局付き)

TVK          神奈川県     ?(非公開?)

テレビ埼玉      埼玉県        ?(非公開?)  


資本金の51%を取得すれば子会社化できる訳ですから

資本金を公開している4社だけなら 約44億3000万円。

これで 1200万人(東京)+606万人(千葉県)+560万人(兵庫県)+264万人(京都府)

=約2630万人 つまり、日本の人口の約5分の1に

リーチできるメディアが買収できます。

それがたった44億3000万円!

安い!!


私は買えないけど…


どうですか?

堀江さん、三木谷さん、藤田さん、熊谷さん、

GYAO持ってるけど、宇野さん!?


と言っても全社、株式公開していないので、買えないんですけどね…

あと、黒字じゃない会社もありそうだし、

デジタル放送への切り替えの投資も結構な額になりそうだし…


まあ、統合して株式公開したら、

かなりのキャピタルゲインが期待できます。


あ、そしたら今度は他社から買収の標的にされるのか…







日経ビジネス今週号は

3Dソフトベンチャー、ヤッパ社長 伊藤正裕氏。


17歳で起業し、今年、単年度黒字を達成した伊藤氏は

まだ22歳若い!

Q.同じ世代で飛びぬけてすごいことを

やっているという実感はありますか?

A.そういう気負いは無いですね。

ただ芸能とか、スポーツ、芸術では

日本を代表する人がこの世代にいます。

オリンピックで金メダルを取って帰ってくるのも

同世代ですし、アイドルも同世代です。

社会的責任を負い、ある分野で一人前として

活躍するだけの潜在能力、基礎は20代にもあると思うんですね。

ビジネスで出てきても珍しくないのではないかと思います。

. 経営者として経験が足りない不安はありますか?

それはそうですが、同じ経験でも違いが

あるのではないでしょうか?

自分が滑れるとわかっている斜面を

一万回滑ってもうまくならないが、

たぶん死ぬだろうと思う斜面を

一回滑るだけでうまくなります。

~中略~

私のように17歳で会社をを初めて、

つぶれそうになるなどいろいろな経験をすると、

若くても多少は追いつけたのではないかと思います。


なるほど、お父さんが大企業(伊藤ハム)の社長で

出資、援助してもらえた、生まれの良さとか、

次世代リーダー塾の講師をつとめ、20歳近く年上のエリートビジネスマンをも

うならせる論理的な話術とか、

いろいろな資産をお持ちの伊藤社長ですが、

真の資産は、勇気を出して飛び込んだ

未知の世界で得た経験ということですか。

お若いのに頭が下がります。


うーん、やっぱり経験は長さより密度ですね。

よし、明日からは、密度で!!

伊藤 正裕
YAPPA 十七歳