ミキティ。
魅惑のニックネームです。
元ミキティこと楽天の三木谷さんはモーニング娘。の藤本美樹さんから
ミキティの愛称を奪い取ったものの、彗星のごとく氷上に現れた
フィギュア界のアイドル安藤美姫さんにミキティの座を奪い取られ、
現在は本名の三木谷浩史として社長業を中心に活躍されているのは
皆さん御存知の通りです。

この、三木谷さん、ライブドアのプロ野球新規参入の際に後から出てきて、
髭を剃り、ネクタイをして経済界の重鎮の歴々からの推薦状を取り付けて現れた、
そのそつの無さががかえってあだとなり、

「後出しじゃんけんだ!」「腹黒そう!」「旧勢力の手先!」
「就職面接で実際会った学生が意外と背が小さくて顔でかいって言ってたぞ!」
「奥様が弟さんと立ち上げた高級イタリア料理店チェーンはおいしいとの評判で
好調のようですね!」

などと罵詈雑言がとび、悪役のイメージが強くなってしまいました。

しかし、彼もインターネットが海のものか山のものかわからない状態に
誰も利益が出るとは思っていなかったショッピングモールを立ち上げ、
成功させた人物であり、今後の日本の経済界をになうキーマンであることは
疑いの余地はありません。

お金とアイディアのと交渉力があればすべて上手く行く。
自分たちは合理的である。と考えていた堀江社長より、
お金が必要なときはお金で、人材が必要な時は人材で、
政治的周旋が必要なときは接待で、という相手に会わせた対応ができる
三木谷社長の方が合理的だっただけなのですが、
それだけ堀江社長本人と旧勢力対新勢力という構図のインパクトが
強かったのでしょう。

ただ、地元仙台市民が意外にも切り替わりが早く、
折角地元に野球チームができるのだからみんなで応援しよう、
という雰囲気になったのは良かったと思います。
(堀江社長の引き際も立派でした。
これで変なアイドルグループを出してなければねえ…)

その後はシーズンが近づくほど、テレビ、新聞で「楽天」の名が報道される
頻度が高くなり、企業名を冠するプロ野球チームを持つことによる
宣伝効果の高さを改めて知らしめるとともに、
本業もその影響で好調のようです。

そしてついにシーズン開幕。
50年ぶりの新規参入チーム楽天がロッテをやぶり、歴史的勝利を収めました。

続く開幕2試合目0対26の大敗!
自信を失い、意気消沈する選手達を励ます為に三木谷イズムが発揮されます。
選手達に詩が書かれたカードを送ったのです。
この詩はウォルター.D.ウィントル氏の作で片面には英語、
もう片面には日本語で

       もし負けると考えたら、負けるだろう
      もし挑戦しないと考えたら、できないだろう
     もし勝ちたかったら、しかし、勝てると考えるな
        求めなければ勝利は絶対につかめない

      もし負けるかもしれないと考えたら、負ける
           この世の中では
         成功は人の意志から始まる
        すべては心の持ち方次第である

         一回のプレーも行わずに
        たくさんの試合が敗れ去った
           仕事が始まる前に
        たくさんの臆病者が失敗した

       大きく考えれば、行動も大きくなる
      小さく考えれば、それを超えられない
         出来るし、やると考えろ
       すべては心の持ち方次第である

       もし凌げると考えれば、そうなる
          目標を高く持て
          栄光を得る前に
           自信を持て

          人生での戦いは、
      すべて最強最速の人が勝つのではない
        しかし、遅かれ早かれ
      出来ると信じている者は勝利を握る

と書かれていたそうです。
これを受け取った選手、コーチ陣はそれぞれ
「感動した。」「気持ちを切り替えて頑張りたい。」
「ここまでしてもらって有難い。」
と語り、次の試合に闘志を燃やしたそうです。

結果は連敗となってしまいましたが、この行為は長いシーズンを戦い抜く上で、
非常に重要なものだったと思います。

選手からしてみれば今まで、オーナーというのは現場どころか野球も知らず、
選手一人一人に語りかけるなど、とても考えられるものでは有りませんでした。
それが新オーナーは自分たちの心境を察して詩を通して鼓舞してくれた。

プロ野球チームのオーナーは多かれ少なかれ「たかが選手が。」
と心の中で思っているのでしょう。
しかし三木谷オーナーは野球チームは会社がかかえる重要なプロジェクトであり、
それを成功に導くにはメンバー(=選手)のモチベーションを上げなければと考え、
行動したのです。
これはプロ野球の歴史に残る事件と言って良いのではないでしょうか?

思えば30代のベテラン選手が多い楽天にとって51歳の田尾監督よりも
40歳の三木谷オーナーの方が年齢が近いのです。
オーナー企業のジュニアがお飾りでオーナーをする場合を除いて、
これだけ若いオーナーは初めてではないでしょうか?  

当面は苦しい状況が続くと思いますが、若くてエネルギーに溢れるオーナーと
野球の夢を捨てきれなかった選手達でプロ野球を変えてもらいたいものです。














最後に、プロ野球あんまり詳しくないのに、
知ったかぶって長い文章書いちゃってゴメンナサイ。
AD

気分直しにこちらでも…

テーマ:
先日、読者登録して頂いたkndchkさん、
http://kndchk.ameblo.jp/
イタリアにお住まいで、日本語の活字にうえておられるとのことで、
お近づきのしるしに「電車男」がよめるURLhttp://www.geocities.co.jp/Milkyway-Aquarius/7075/
をコメントに貼り付けて御紹介したのですが…

大不評……

失礼しました。

お詫びと言っては何ですが、私が面白いと思うサイトを御紹介しますので、
こちらで御機嫌を直して頂けますでしょうか?

↑まずは林類さんちの子犬 林ネロくん。かわいいですね。

続いては
「日本がダイスキな外人のブログ」
http://blog.livedoor.jp/delama/

北海道で二年間英語教師をしたカナダの人が当時を回想して書いたもの
お世辞にも上手な日本語とは言えませんが、
最初から読むと、感動します。
(短いので、2時間くらい有れば十分読めます。)
→人気があるのでライブドアから書籍化されるらしいです。

続いては、
恋愛頭脳http://hanihoh.com/love/
質問から作られたデータベースを元に、
あなたの恋愛年齢やタイプを判定してくれます。

ちなみに私、高校生レベルでした。
合ってる!合コンの前に下駄箱にラブレター時代から修行し直します。

他には
日本歴史占いhttp://uranai.artisthouse.co.jp/
なんてのもあります。

如何でしょう?kndchk様。

御機嫌は戻りましたでしょうか?

(現在、モニターの前で犬がよくやる「服従のポーズ」
をしていることもお伝えしておきます。)
AD
先日の私のエントリー「ワガママは女の罪 それを許さないのは女の罪」(http://meigen.ameblo.jp/entry-e7209684bbb0f20d3bf1d96a0b2c4b44.html)で
椿さん、KNDCHKさん、saiyouさんから、コメントをいただきました。
ありがとうございました。
調子に乗って話題違いかな?と思いつつ
人気女流漫画家さかもと未明先生のブログ(http://blog.ameba.jp/mimei/)に
トラックバックすると、なんと返事が!

尻にしいてもしかれても、関係のある尻があればしあわせ!

おお、記事だけでなく、下段のコメントも読んでコメントをして下さるなんて!
ありがとうございます!
実は私、SPAでの連載を毎週読んでいます。
そんな有名な方が気軽にコメントしてくださるというのも、ブログの力ですよね。
素晴らしい。

そしてこちらに残してくれた名言も、
世間一般にはもちろん私の現状に非常に響く言葉なのです。

実は私、プロフィールに有るとおり、派遣で働きながら転職活動を
しておりまして、転職先が決まらないと落ち着いて恋愛もできないという感じで、
ここ一年ばかり、見知らぬ女性と友人の紹介を介して
お喋りをしたりお酒を飲んだりする会合(早い話が合コンです。)
に出かけるのを控えておりました。
(周りが結婚ラッシュで誘ってくれる人がいないというのも有りますが…)

そんな実際の恋愛から離れて久しい人間が、尻にしかれる、しかれない、
の話をしてるんじゃないよ、と愛の鞭をくらった気分です。

確かに、PCの前で座っていても恋は始まりません。
よし、近いうちに女の子と出会えるよう、何らかのアクションを起こそおっと!

書を捨てよ、町へでよう!PCから離れよ、尻を探そう!だな。

語呂ワリー……

と、ともかく恋愛に関してもグレッシブになります!
いつのまにかブログ名も名言密集地から恋愛密集地に
変わってるかも知れませんよ!ということで少し前向きな気分になりました。

さかもと先生ありがとうございました。
これからもお体に気をつけて漫画に恋愛にそして
エロティシズムに頑張ってください。




著者: さかもと未明
タイトル: ニッポンの未明
AD

今シーズンも元気ハツラツゥなSHINJOこと新庄選手。
今や野球に興味のない女性をも巻き込み、
北海道から全国に熱い風を巻き起こしています。

その新庄選手が報道ステーション出演時に行っていたのがこの台詞。
天然やら、宇宙人やら言われていますが一貫性のない
思いつきの台詞や行動が逆に話題になり、
人気を高めているこの方。

何か裏では基準とか戦略みたいなものがあるのではないか?
と考えていたのですが、この台詞でその一部を
垣間見たような気がします。

「体のラインが崩れるからウエィトトレーニングはしたくない。」
「日ハムに決めたのは最初に誘ってくれたから。」
「これからはメジャーでもセ・リーグでもありません。パ・リーグです!」

野球選手らしくないものの、眩しいばかりのポジティブさと
お気楽さを感じます。

この一連の言動の裏に彼が持つ前向きさと
プロ野球選手の価値観≒古い日本的価値観から自由になった価値観が
働いていると考えると、全部ではないものの、
彼の思考法のようなものが理解できるような気がします。

生まれ持ったタレント性と逆バリともいえる自由な発想で自らを
ブランディングした結果、松井、イチローに次ぎ、
国内でプレーする選手では一番のCM価値を
得るまでになったことは
マーケティングやブランド構築において、
貴重な実例になっていると思います。

また、ビジネスマンにおいても、周囲の価値観や業界の常識から
自由になると、新しい自分の価値を生み出せるという生きた教本と
言えるのではないでしょうか?

これからはSHINJO流ビジネスマンがビジネスを
活性化させるかも?
ただし、演出だけではなく、
実力も必要なことをお忘れ無く!














ってここまで散々書きましたが、
やっぱりこの人そこまで深く考えてないかも知れませんねえ。

でも結果上手く行っているからいっか?
この言葉の主、後藤新平は1857年岩手県水沢市に生まれ、
医学校を卒業したのち、内務省衛生局長に就任。
日清戦争後の帰還兵の大量検疫の仕切り振りを児玉源平に買われて
台湾総督府民政局長、南満州鉄道総裁、逓信大臣、内務大臣、外務大臣、
拓殖大学学長、東京市長、帝都復興院総裁、東京放送局総裁、
など現代日本の礎を作った一人で、もっと注目されて良い人物だと思います。

できたばかりの明治政府は藩閥の意識が強く、佐幕派だった水沢藩出身の彼は
実力で周りを認めさせるしかありませんでした。
彼の方法としては徳富蘇峰から
「まるでカバンのように、調査を身に纏って歩く。」
と評されるように、医学者出身らしい科学的思考にもとづいた実行力と、
尋常ではない人材へのこだわりがあります。

例えば台湾統治時代、給与の等級で四級扱いだったポストを一級扱いにし、
新渡戸稲造(五千円札で有名ですね。)を採用し、
新渡戸とその後輩の札幌農学校出身の俊英たちが台湾に集まり、
土木や農業分野、都市建設で活躍し、
当時の台湾は東京より進んでいるといわれるほどでした。

官僚として優秀な人材を育て、結果も残した後藤ですが、
一個の人間としても凛とした印象を感じるエピソードを残しています。

●1923年内閣に入閣するに当たって外務大臣を希望していたが、
関東大震災がおきたのを受け、内務大臣兼帝都復興院総裁に就任。
震災後の復興の中心として活躍。

●読売新聞の再建の任を受けた正力松太郎は後藤に数十万円
(現在の価値で数億円)の借金を要請しますが、
「新聞経営は難しいだろうから、返さなくとも良い。」と了承します。
しかし、後藤の死後、その資金は自宅を担保に無理な借金をして用
立ててたものであったことがわかり、
正力松太郎はそれを聞いて号泣したといわれてます。

カッコ良すぎます。
時代は違いますが、私も後藤新平の千分の一、いや、一万分の一でも
カッコいい大人になれるよう、明日から頑張ります。
3月25日放送のさんまのまんまに財津和夫さんが出演されました。
TULIP時代の曲がドラマやCMで使われて、
若い方にもファンが多いのではないでしょうか?

さんま
「いやー。初めて財津さんに会ったとき、驚きましたわ。
こんなマジメな人があんな歌詞書くなんてねえ。
(歌いながら)

ワガママは男の罪 それを許さないのは女の罪。

この歌詞世界一の歌詞やと思いますわ。」

財津
「いやあ、今は逆で

ワガママは女の罪 それを許さないのは男の罪

になってるんじゃないですかね。」

たしかに、今は女性が元気で、目的意識がはっきりしている方も
多いと思います。
そういうイキイキとした女性をサポートできる、
縛らないどころか、放し飼いにして帰ってくるまで信じて待てる
包容(抱擁?)力のある男性の時代になるということですかねえ。

つきつめていくと「尻にしかれるのが上手い男」の時代が
くるということかもしれません。

よし、上手に尻にしかれる男になるぞ!
練習だ!
あ、相手がいない!

-現在スパーリングパートナー募集中です-

事実は小説より奇なり

テーマ:
ソフトバンクインベストメントがフジテレビの筆頭株主に。

いやー、そう来ましたか。

楽天が裏で動いているとか、
孫さんの弟の孫泰蔵氏の会社、株式公開したばかりの
ガンホーがIPO益を使ってライブドアに逆TOBを仕掛けるとか、
いろいろ噂はありましたが、そう来たんですね。

事実は小説より奇なり。

目には目を ベンチャーにはベンチャーを
ということなんですかね。

しかしソフトバンクインベストメントは
ソフトバンクグループからは連結非対象で、
孫さんと北尾さんも昔ほど、仲が良いわけではないらしいので、
先がぜんぜん読めません。

もともと北尾さんは野村証券時代に孫さんに
銀行からではなく、市場から資金を調達する方法を教えた方。
市場をオモチャにするようなやんちゃ坊主にお灸をすえるのは、
自分の仕事だと思っているのかもしれません。

過去にもやんちゃが過ぎた光通信の重田さんにも
きついお灸をすえた実績があります。

それを考えると…

に、逃げて~、堀江さん、逃げて~!

あと、
逃げて~、熊谷副社長も逃げて~!

あなたは司法の手から…

まさか、ね。

でも中国ではこんなことわざがあります。

溺れた犬はたたかれる。

今後も目が離せませんね。

インタラクティブは疲れる

テーマ:
こんばんは。
駅の近くの横断歩道で見知らぬロシア人の娘さんのポニーテールが顔に当たって、
怒るどころかなぜか得をした気分の名言密集地です。

いやー、盛り上がってますねえ、フジVSライブドア。
MSCBや、LOBやら、ポイズン・ヒル、ホワイトナイトって専門用語が
飛び交って、まるでキン肉マンの超人の必殺技みたいですね。
事実、へたなプロレスや格闘技より面白いです。

買収が成功するかどうかは別として、もう一つ話題になっているのが、
TVというメディア媒体とインターネットの融合による効果の話です。

堀江社長いわく、
「たとえば生放送の途中で、視聴者から来た質問に答えたり、
双方向の番組作りができる。」
うーん、リアルタイムで質問が送れても、その質問がつまらないと
番組もつまらなくなるんじゃないですかね。
葉書やFAXで質問を受け付けて、時間をかけて面白い質問を選んでから
番組を作る、従来の方法の方が質の高い番組を作れるんじゃ?

「冬のソナタは番組放送後の視聴者からの意見をもとに、
脚本を直しながら作ったから、ブームになった。」
脚本に口をはさむ人間が増えれば増えるほど話がつまらなくなるもの。
ハリウッド映画なんて複数のプロデューサーがあれこれ口を出すから、
当たり障りのない、似たような話ばっかりでしょ?
冬ソナのブームはまた別の理由でしょう。

「うちと組むことで企業価値が上がる。」
組んでも得をするのはライブドアだけで、
フジからするとあまりメリットないんじゃ?

などと負け犬の遠吠えのごとツッコミを入れてる次第です。
たしかに広告収入が下がった雑誌が通販の広告を載せて
その売り上げから一定のパーセンテージの手数料を取るという方式が
増えているらしいから、それをテレビでやるとして、
ネットや携帯からも申し込みを受付け出来た方が売り上げは上がるかも。
でも、別にライブドアじゃなくても、フジのシステム部門や関連会社でも
できるしなあ。

やっぱり釈然としません。なぜだろう?そんなことを考えていたおり、
R25のNo37、人気コラム高橋秀美さんの「結論はまた来週」に答えが。

インタラクティブは疲れる。

そうだ、これだ。そうかー。そうだよな。これだよ、これこれ。
テレビでインタラクティブなんて疲れるよ。メンドくさいよ。
頭の中の霧が晴れるようです。

私のまわりでは「最近、テレビつまんないから、全然見ない。」
って人が増えているのですが、
私はバラエティーやらニュースやらで週十四、五時間はテレビを見る
今時珍しいテレビっ子ですが、(32だからテレビオヤジか…)

ただ、ずっとブラウン管を眺めているわけではありません。
何かを食べながら、ネットを見ながら、雑誌を食べながら、オナラをこきながら…
とにかく、何かをしながらテレビを見ているのです。
正確にいうと聞きながらたまに動画を見る感じ。

だからテレビを見ているときに
「さあ来週、太郎と花子はどこで出会えば良いですか?ネットでお答えください。」と呼び掛けられても、面倒なだけですし、
テレビで欲しいものや、気になるものがあれば普通に検索します。
(でもつけ乳首は見つけられなかった。)

もちろん、私と違って生放送で憧れのスターが自分が送信したメールを
読んでくれたり、テレビで浜崎あゆみや松島菜々子をタッチすると、
今着ている服のブランドや値段がわかってワンクリックで
注文できるサービスを喜ぶひともいるのでしょうが、
意外と少ない比率かもしれません。

テレビでインタラクティブは疲れるし面倒くさい。
これがおおかたの意見ではないでしょうか。

あ、でも堀江社長の場合、事業家的欲求でフジテレビが欲しいだけで、 
ネットとメディアの融合なんてただのお題目かもしれないですね。
真剣に考えて損した。

と思ったら、
ソフトバンクインベストメントがフジテレビの筆頭株主に?
面白すぎる。
この記事はせっかく書いたんで公開します。
これ、武田鉄矢さんが司馬遼太郎御本人から言われた台詞らしいです。
龍馬好きで有名な武田鉄矢さんからしてみるとショックだったでしょうね。

初恋の人に同窓会で告白したら
「え、まだ私のこと好きだったの?キモいー。」
って言われたみたいなもんです。

武田さんの解釈としては幕末の志士ってのは
いつまでも夢をみている地に足がついていない存在なのだから、
もっと別の人にも目を向けなさい。
と言う意味だということで、それ以来悩んだ結果、
2番目に好きなのは宮沢賢治です。と言うようになったそうです。

んー、でも尾崎豊やジェームスディーンの例を出すまでもなく、
若くして死んだ偉人っていうのは若いうちのイメージでずっといれる分、
得をしているってのはあるかもしれませんねえ。

龍馬も結局、新政府が起こる前に暗殺されてしまいましたが、
そこで生き残っていたら、岩崎弥太郎のように会社を起こし、
今の世の中にSAKAMOTOのマークが入った
パソコンや車が溢れていたかもしれないですね。

そして、長年の成功体験から会社の体質を変えられず、
巨額の負債を背負って産業再生機構入りをしてたりして。

ちょっと妄想が過ぎました。失礼しました。

やっぱり、時代の主役がその都度入れ替わってこそ、
世の中が上手く回ってゆくということかもしれないですね。
これはauでKDDI au商品企画本部 プロダクト統括部で
プロダクトデザインディレクターとしてデザインの統括的な業務をしている
小牟田哲博さんの名言です。

美大を卒業後、某●シオ計算機に勤めていた小牟田さん。
人材紹介会社を通じて、現在の会社から誘われた彼は
最初はあまり乗り気ではなかったそうです。
しかし、重役級の社員が複数人同席し
「君の思うとおりにやっていい。
うちは思い切ったことをやらないと立ち直れないんだ。」
と誘ってくれた熱心さに心を動かされ、
当時業界3番手だったau(KDDI)に転職するのです。

その後はもう、みなさん御存知の通り、
シンプルなだけではない大人のデザインのインフォバー、
カジュアルでありながら最先端の味蕾風無国籍デザインのtalby、
高級ブランドの化粧用のコンパクトのような曲線美のPENCKなど、
どちらかというと無個性で機能性重視だった携帯電話に新しいイメージを打ち出し、au=格好いい、という認識を定着させ、
2004年では、契約の純増数で1位になる原動力となりました。
(もちろん他のauの社員の方々の頑張りとの相乗効果であることは
言うまでもありません。)

そんな小牟田さんが商談や打ち合わせの席で良くいう言葉があるそうです。
携帯電話というのは精密部品の組み合わせで出来ている機械ですから、
練りに練ったデザインを持って行っても
「こんなデザインむりですよ。」
「これだと、●●の機能が犠牲になります。」
などと部品会社さんや加工会社さんにクレームを
つけられることがよくあるそうです。

そんなとき、小牟田さんは
「この技術をものにすると御社は世界一になりますよ。」
と言って相手企業を励まし、協力してもらうのだそうです。

確かに日本の携帯電話技術は世界のトップであり、
その日本でデザイン力No1のauの製品で新しい技術を手がけることは
世界一になることと言っても過言ではありません。

イチローや松井、中田、高原、北島の例を出すまでもなく、
日本人が世界で活躍するのが当たり前の今、技術担当者達を熱くす言葉ですね。

それにこの言葉はあちこちで応用ができる言葉です。

営業のとき「弊社のこのサービスを御社がお使いになれば、世界一になれますよ!」面接のとき「御社に入社できたあかつきには、●●の部門で活躍して、
世界一の会社にしたいんです!」とか。

余談ですが、小牟田さんは高校生時代は野球部に明け暮れ、
現在は毎週定期的に極真空手の道場に通うかくれ(?)体育会系なのだそうです。
そう言われてみると最近活躍されているクリエイターや、
私の周りの製作系の人たちで、
見た目はおしゃれな感じなのに、昔は超体育会系って人が意外といます。

デザインが消費を左右すると言われて久しいですが、
その中心にいるのは、実はセンスと気合を兼ね備えた
体育会系デザイナーの方々かもしれませんね。