あなたの一番の魅力が見つかる!恋も仕事もうまくいくカウンセリング

あなたはこれまでも今もこれからも大丈夫!
この私だから素晴らしいと思えるように必ずなりますよ♪

NEW !
テーマ:

こんばんは、ココアこと田中貴子です。

 

先日2月19日のひなまつりランチ会に続いて、3月は地元・船橋にて行います。

 

開催の20日は、桜開花や新年度をもうすぐに控えた、心躍る時期となります。

 

今年度、あなたの1年はどんな流れにありましたか?

 

知識をたっぷり蓄えて、引き出しを増やす時期。

 

沢山の人に見知ってもらうため、アクションを起こす種まき期。

 

自分らしさ全開で、どんどん試す時期。

 

枝葉をそぎ落として、本当にメインとしたい軸が明確になる時期。

 

原点に立ち返り、内面を磨く時期。

 

家族や今ある環境とのバランスをみて、コツコツ積み上げる時期。

 

色々ありますね。

 

私たちは、ともすると隣の誰かと比べて、まだまだ・・・とか、言ってしまいがち。

 

でも、日々の歩みを誰よりも知っているのは、私たち自身なのです。

 

そう、自分を幸せにしようとしている健気なあなたが、必ずいます。

 

大人になった今、あなたに向けて「幸せ通信簿」を手渡してみませんか?

 

今回は、皆さんとで、お疲れさま~、お楽しみさま~!

 

色々やったね!と承認・たたえ合う、そんな集まりを催したいと思います。

 

1年の労いをこめて・・・なので、そこはとびっきりのランチで。

 

当日は個室空間をお借りして、しばし語らいの時間を設けます。

 

(梅の花さんのホームページより写真をいただきました)

 

ふなっしーで、すっかり有名になった船橋ですが、実はアクセスが抜群にいい場所です。

 

総武線快速利用なら、東京からは23分、横浜からは1時間。

 

総武線各停(黄色の電車)なら、新宿から46分。

 

東武アーバンパークライン(旧・東武野田線)なら、柏から30分。

 

京成線利用なら、京成上野から快速で40分です。

 

お住まいの場所から、意外や近いと思われた方、チャンスです~。

 

詳しい日程とお申込みにつきましては、以下となります。

 

ご縁を感じた人との出逢いを、心から楽しみにしていますね。
 

******************************************

開催日:2017年3月20日(祝日)

 

時間:13時半から15時半くらいまで(16時まで延びることもあり)

 

場所: 梅の花・船橋店 (船橋東武8階)

http://umenohana-restaurant.co.jp/

 

会費:今回は、特にいただきません。

 

お店でのランチ・梅の花御膳(4,640円・税込み)の飲食代のみ、各自負担となります。


定員:4名

 

下記のフォームよりお申込み下さい。

https://ws.formzu.net/fgen/S21712334/

 

*申し込み後、3日経ってもお返事が届かないようでしたら、ネットトラブル等のエラーの可能性もあるので、申し訳ありませんが、再度送って下さいますよう、お願いします。


<お願い>

ホットメールで申し込まれたケースで、こちらからのご案内を送る際にエラーが発生しています。

 

他のメールアドレスをお使い下さいますよう、お願いします。

 

携帯の場合は、PCアドレスからの連絡が届くようになさるか、その旨を明記下さいませ。

 

**********************************************

 

桜の開花が待ちきれない頃、お会いできますよう。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

こんばんは、ココアこと田中貴子です。

 

私たちは、ときどき、うっかり忘れてしまうけれど。

 

どこにいこうとも、すっかり同じ人に出逢うことはない。

 

世界でたった1人のかけがえがない存在なのだ。

 

 

肌の色や、顔立ちや身体つきがそれぞれ違うように、

 

生まれもった資質と

 

経験や環境で培われた感受性と才能とが、

 

絶妙に完璧にミックスされ、

 

個性となって、輝いてるんだ。

 

 

だから、もっと唯一無二の存在として、

 

ドーンとしていればいいんだ。

 

のびやかに、威厳をもって、

 

ここにいるよと、すっくと立っていればよい。

 

迷惑かけるとか、

 

相手の能力や性格はこうだからと、気兼ねしている場合じゃない。

 

とどのつまり、それは相手どころか、自分をも信じていないということ。

 

 

あの人の本気の懐に入ってみよう。

 

場合によっては、怒らせてしまうかもしれない。

 

痛いところを突かれて、泣けちゃうかもしれない。

 

 

でも、正直に向き合ったことで、

 

ようやくあの人の気持ちも、形を成して見えてくる。

 

なーんだ、向こうも勇気が出なかったんだね。

ずっと分かり合いたかったんだね。

 

出し惜しみしてた日々が、もったいなかったね。

 

雄々しくそびえたつ大木のように、

 

しっかと信じて、根をおろせばいい。

 

太陽の光、はしゃぐ子どもたち、憩う動物たち、すくすく育ててくれる土・・・

 

どれも、お互いを活かしあっているんだなー。

 

そう思うと、あなたと出逢えたことは、とてつもない奇跡。

 

人と話すのは、自分を深く知る旅。

 

人の中にあってこそ、自分の魅力のピースが大きくなっていくんだね。

 

読んでくださって、ありがとう。

 

最新記事は、「相手を批判したくなるときの心模様って?」です。

 
・3月8日は、「意外と深い本」をテーマに読書会をします。


4月8日にも、関西・神戸での読書会が決定しました。

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは、ココアこと田中貴子です。
 
今クールで、密かに注目され、一番ホットなドラマは「カルテット」。
 
初回から独自なテイストで、どこか浮世離れしたような感覚。
 
それでいて、妙にクセになる小ネタや台詞が、じわじわハマります。
 
主軸となるのが、こちらの4人↓
 
私の勝手のイメージですが、素顔もたぶん、人とワイワイ過ごすより、シャイでマイペース。
 
本当は何を考えているのか、内に秘めた孤独や意思を感じる、ミステリアスな印象。
 
その個性までもが、リアルなキャラクター像になっています。
 
詳しい話の流れは、公式サイトに譲るとして。
 
2月21日放送(6話)では、松たか子と宮藤官九郎が演ずる、巻夫婦の馴れ初めと、その後の心模様が描かれていました。
 
相手がどんな人なのか?

分からないうちは、知りたくてたまらない、興味が尽きない。
 
へぇ!そんな風に生きてきたんだ、そんなことが好きなんだ。
 
自分の好きなことも共有したくて、ただ一緒にいるのが嬉しくて。
 
やがては、それが恋愛感情になって、結婚へと繋がっていきます。
 
結婚すると日々の生活になって、家族としての絆も深まって。
 
2人の間に子どもが生まれれば、父として母として、新たな役割が出てきます。
 
でも、夫婦だけの暮らしが続くとなると、互いの個性を、どれだけ受け止められるかが鍵。
 
たとえ、鶏のから揚げにレモンをかけるのが当たり前か、レモンをかけられるのは嫌。
 
そんな些細なことも、言わずに我慢していけば、いつしか歪んでいく。
 
気まずくなりたくなかったばっかりに、溝が大きくなっていく。
 
夫のほうは、いつまでも恋人のように、ドキドキしていたい。
 
相手にロマンを抱き、期待しすぎていたようです。
 
「愛しているけれど、好きじゃないんだよ、それが結婚。」
 
残酷な言葉を、偶然妻は耳にしてしまいます。
 
妻のほうは、彼を支えようと、絶えず明るく振舞っていけばいくほど、魅力が埋もれてしまう。
 
自分の常識が、相手の当たり前とは限らない。
 
自分が感動することが、相手のツボに乗っかるとは限らない。
 
むしろ、その価値観の違いこそが個性であって、自分の器を広げることになる。
 
自分の思い通りにならない、手強い相手こそがパートナー。
 
一番理解したいのに、肝心なときに逃げてしまうと、苦痛や憎しみさえ生まれるのがパートナー。
 
言えばいいのに・・・なんだけど、つい言いそびれてしまうこともありますね。
 
言うことで傷つくことはあるけれど、相手を知ることになる。
 
ケンカだって、ときには必要。
 
ドラマだと歯がゆいけれど、似たようなことやってないかな?
 
想像すると、どきーんとします。
 
最近、夫婦で、ちゃんと話してますか?
 
旦那さん曰く、「奥さんがあまりにもきれいすぎると、言えなくなるのかもなぁ・・」
 
綺麗とかで、決めんなよ!(笑)
 
でも、まだドラマを一緒に観られるだけ、マシということにしましょう。
 
公式サイト:
 
1週間無料で、最新の話(6話)が観られるようです。
http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/quartet2017/006.html
 

読んでくださって、ありがとう。

 

最新記事は、「相手を批判したくなるときの心模様って?」です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、ココアこと田中貴子です。

 

先日、3月18日(土曜)の読書会のお知らせを出した後、貴重な意見・質問をもらいました。

 

今回のテーマ「意外と深い」・・・本を選ぶのに難しそうで、参加しようか迷っているとのこと。

 

読書会では、毎回タイトルを設定していますが、突き詰めてねというより、”きっかけ”です。

 

これまでも、「旅」だから、「絵本」だから、「胸キュン」だから・・・で、面白そうの直感で惹かれての参加がありました。

 

今回も、難しそう?だから、あれこれ考えるのがむしろ面白い。

 

それでも迷ったら、この本好きだから感覚で、お気軽にどうぞ。

 

興味があるテーマだからで参加もOK。

 

レポを読んで、本を語り合う会に行ってみたくなったもOK。

 

読書会って、そもそもどんな感じなの?でもOK。

 

一般的な読書会とはどうやら違うらしく・・・(笑)

 

好きな本を持ち寄り、自由にお喋りするがメインです。

 

ココアさんに会いたかったからも、もちろん大歓迎です。

 

手ぶらでも、実はOKだったりします。

 

以下、案内です~。

 

==========================

 

3月のテーマは「意外と深い本 part2」です。

 

このテーマは関西で一度やっていますが、この”意外”という言葉に、解釈の面白さがあります。

 

あなたにとって、意外性のある本といったら、どんなイメージがありますか?

読む度に、味わい方が違って見える。

 

しみじみ読んでみたら、すごく今の心境に近くて、ドキーンとした。

 

そんな発見があるような本を紹介し合いましょう。

 

ジャンルは問いません。

 

小説はもとより、絵本や漫画など、あなたにとっての大切な本を教えてくださいね。

 

これまでの読書会がどんな様子なのか、レポ一覧も掲げています。

こちらからご覧になってくださいね。

 

(第○回をクリックすると、その回のレポが出てきます。「  」はテーマです。)

 

第一回 「私のお気に入りの本」


第二回 「映像化された小説を語ろう」


第三回 「好きな作家を語ろう」 

 

第四回 「人生を楽しむ」(初・東京会場)


第五回 「自分と仲良くする」  


第六回 「旅したい!冒険したい!」

 

第七回 「泣くも素敵なココロの浄化」(初コラボ!笑いヨガ)

      

第八回 「大好きな本を語り合おう!」(初・関西)


第九回 「絵本」  


第十回 「泣くも、笑うも、素敵なココロの浄化」(笑いヨガ2)

    

第十一回 「魔法」  


第十二回  「ハッピー・エンド」京都vol.2 


第十三回 「旅part2、歩く・食べる編」 


第十四回 「絵本part2」

 

第十五回 「タイトルなし」  


第十六回 「映像化された本を語ろう PART2」

      

第十七回 「好きな作家を語ろう part2」 


第十八回 「絆」 京都vol.3


第十九回 「表紙でひとめぼれ」 


第二十回 「心オープン!元気になれる本」(笑いヨガ3)


第二十一回 「モモ」(初の”1冊”セレクト)

 

第二十二回 「お気に入りの本」(初・名古屋!!)


第二十三回 「絵本part3」(朗読劇とのコラボ)


第二十四回 「旅と人生」(旅part3)

 

第二十五回 「心癒される本」 (初・奈良での開催)


第二十六回 「手紙屋」(1冊セレクトpart2)


第二十七回 「映像化された作品を語る part3」

 

第二十八回 「”飛び出す”物語の世界」 (朗読体験ワークのコラボ)


第二十九回 「お気に入りの本」 初・神戸

 

第三十回  「胸きゅん、ドキドキな本」


第三十一回 「お茶しながら、読みたい本」奈良vol.2

 

第三十二回 「そばにおきたい本」 読書会3周年記念
 

第三十三回 「まるで一緒に旅してる気分の本」 (旅part4)

 

第三十四回  「意外と深い本」 京都vol.4

 

第三十五回  「素直な気持ち」 新宿御苑にて

 

第三十六回  「お気に入りの本」 初・札幌

 

第三十七回 「声って、変幻自在!」 (朗読体験ワークpart2)

 

第三十八回 「元気になれる本」


第三十九回 「映像化された本を語る part4」

 

第四十回 「土地の魅力を愛でよう!食にもやみつき!(旅part5)」 京都vol.5

 

第四十一回 「懐かしい気持ちになる本」

 

詳細の日程とお申込みは、以下となります。

 

あなたのご参加を心からお待ちしています。

 

******************************************

開催日:2017年3月18日(土曜)

 

時間:11時半から14時くらいまで(14時半まで延びることもあり)

 

場所: 東京・飯田橋のイタリアンにて
http://www.grato-italian.com/

 

会費:2500円

(別途、お店での飲食代がかかります)


定員:5名 (残席3名


下記のフォームよりお申込み下さい。

https://ws.formzu.net/fgen/S20907140/

 

*申し込み後、3日経ってもお返事が届かないようでしたら、ネットトラブル等のエラーの可能性もあるので、申し訳ありませんが、再度送って下さいますよう、お願いします。


<お願い>

ホットメールで申し込まれたケースで、こちらからのご案内を送る際にエラーが発生しています。

他のメールアドレスをお使い下さいますよう、お願いします。

携帯の場合は、PCアドレスからの連絡が届くようになさるか、その旨を明記下さいませ。

 

**********************************************

 

弾む黄色の菜の花が、春をウキウキ運んでくれているかのよう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは、ココアこと田中貴子です。
 
今回は、先日更新した「ココロに線を引くこと~本物の自立へ①」の続きをお届けします。
<メルマガでは、2月15日に先行配信>

前回から日が経っているので、そのままお読みいただいても分かるように、一部編集しています。

************************
 
先日ご紹介したYさんのケースでは、“家族なんだから”で、あいまいにしてきた、役割の境界線を区切る、チャレンジをしました。

これぐらいはいいや・・・で、不満を積もらせたままにせず、お母さんに今後の要望を伝えてみたのです。

不満や疑問に感じていることを、あえて言葉にするのは、勇気が要ります。

まして職場であれ、家族であれ、近い存在であればあるほど、今更言えないと、気持ちが引けてしまいます。

私もかつては、口に出すくらいなら、我慢したほうがマシと思ってた頃がありました。

でもね、我慢もいずれ、モヤモヤの火種となり、もう言ってみようよ!という時が来ます。

これって、自分を大事にしたい、信頼したいのサインなんですね。

苦しいけれど、むしろ気づけて、おめでとう!なのです。

怖い、無理だよと揺れる、心の奥には大抵、次の2つがあります。

・そもそも、顔みたら、何も言えなくなっちゃう。
⇒いきなり言おうとするから、難しいのですね。
⇒何を言おうか?メモ書きでいいから、まとめましょう。
⇒想定しながら練習(ロールプレイ)もいいですね。

・言ったところで、相手が納得してくれないと思う。
⇒相手にも意思があるので、NOと断ってくることもある。
⇒言ったことで、歩み寄れる可能性が高まると信じる。
⇒根気よく話せば、いずれ分かってくれる。

どうせ「できない」のあきらめから、やってみたら「変わるはず」の信じるモードになることで、結果が違ってくるのです。

これはもう、見事なまでに!決めたら変わるのです。

今回の場合は、環境の変化もあったので、この機を逃さず、やってみよう、大丈夫!と背中を押しました。

結婚してからだって、娘であることには変わりはない。

仕事場がそのままだから、何も変わらないと思われがちだけど。

住まいを変えたのだから、今は通勤時間もかかる。

家事にかかる時間も、新しく上乗せされている。

旦那さんとの時間を何より、多く持てるようにしたい。

だから、改めて結婚を機に、線を引くね。

協力してほしい。

ここを軸にして、お母さんに今後お願いしたいこと(要望)を畳みかけてみてねとだけ、アドバイスしました。

そして、しっかりと言えて、大成功。

Yさんのその後の感想メッセージをご紹介しますね。
 
(ひと通り話された後)

今は結婚して〇〇家の人間になって、今までと同じではないよということを、弟にも話そうと思うんだとも、話しました。

言えたけれど、モヤモヤが残ったまま、帰路につきました。

運転中、急に、母をハグしたいなと思いました。

明日できたら、聞いてみようかな?

ハグしていい?って言って、ハグをして「お母さん大好きだよー」
って言うところを想像してたら、泣けてきて、ボロボロ泣きながら帰りました。

うまく言えないんですが、この34年間のつかえがとれて、自分の中で何かが終わった気がしました。

あー私、お母さんのこと、好きなんだ!って。

あったかい気持ちで帰りました。

今回のぱかーんは二段構えだったようです。

できることはできる
できないことはできない
でも私はお母さんが大好き

文章にすると、シンプルで当たり前だけど、やっとここにたどり着いた気がします。

昨日の今日で、ちょっと興奮気味で文章もまとまらないのですが本当にありがとうございました。
 
Y子さんにとっては、真の意味での、親からの巣立ち宣言。

ちょっと寂しいけれど、これまで通りとはいかない。

できることは、これまで通りやるけれど、できないことは無理しませんの一線を、明らかにしたいだけ。

できないと断ることは、冷たいんじゃない。

ましてや親子じゃなくなった、でもない。

それぞれの生活、時間を尊重しあおうねということ。

自然体なら、一緒にいる時間も、とっても愛おしい。

それがきっとハグしたい!になったのでしょうね。

これからも、変わらずに、お母さんが大好きだからね。

私の話を聴いてくれて、ありがとうね。

そんな溢れるような愛情が、こみ上げたのでは・・・と想像します。

私もほこほこ、じんと温かい気持ちでいっぱいに(泣)

照れ臭そうに、お母さんもきっと受け取ってくれたんじゃないかな。

まっすぐの想いは、わだかまりも溶かしていきますね。
 

いい人になろうと背伸びしないことは、自分を楽にします。

そして、相手も、あなたの意思を大事に考えてくれるようになるのですね。

初めの一歩は、勇気が要ります。

でも、伝える想いこそが、生き方上手になるコツ。

あなたも、やれることから、試してみてくださいね。

 

読んでくださって、ありがとう。

 

最新記事は、「相手を批判したくなるときの心模様って?」です。

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)