ココアの元気も、夢もめぐ~る 心屋カウンセラー田中貴子

命が弾ける夢実現のナビゲートします

NEW !
テーマ:

こんばんは、ココアこと田中貴子です。


今夜は、もうひと記事アップします。


人との関わりの中で感じたことをメッセージに託して書きます。


************************



もうあの人には頼まない。


頼みたくない。


何を言ったって、どうせ無理。


あなたはそう言いながら、また絶望の中に引きこもってしまう。



そうやって、あきらめながらも、どこかでずっと待ってたんだね。


これまでずっと尽くしてきたんだから。


頑張ってきたんだから。


いつか分かってくれるはずと信じたかったんだよね。



2人は、長い間、人生を共にしているけれど、


私だったら、こうするのに・・・は通用しない。


察してほしいは、相手の心を読む力がいるので、まして伝わらない。




「のどが渇いた・・・」だけで、あなたは飲み物を差し出すけれど。


相手はそこまで想像できない。


「のどが渇いたから、お水をください」と最後まで言わないと分からない。



相手はしてくれるのが当たり前になりすぎて、思いやることが下手くそになっているだけかもしれない。


面倒でも、ちゃんと口に出そう!


あなたとあの人は、別の人間。



出し惜しみしちゃ、ダメなんだ。





不満が溜まりに溜まってから爆発すると、相手をなじってしまうだけ。


私がこんなにやってるのに、どうして何もしてくれないの?

ひどすぎる!優しさの欠片もない!


あなたとはもう、やっていられない!



怒りと共に、吐き出してしまうと、こじれるだけ。



相手はそっぽをむいて、勝手にしろと離れてしまう。



本当はどうしてほしかったの?


本当はどう言ってもらいたかったの?



心を開いて、私の気持ちをただ差し出そう。



部自分で、引き受けなくていいよ。


全部自分で、やろうとしなくていいよ。


しっかりしなくていいんだ。


相手に委ねよう。



ギュッと握り締めていた気持ちを緩めてみよう。


できないので、助けてくれる?


できないので、そばにいてくれる?でいいんだ。



心が緩んで開いていけば、相手もいつしか開いてくれる。


そう信じてみよう。



あなたは、これまでやりすぎたから、今こそタッチ交代。


何もできない、ただいるだけの人でも、本当はOKなんだ。


勇気を出して、甘えてね。





読んでくださって、ありがとう。

【お知らせ】


・個人カウンセリング(スケジュール)はコチラからどうぞ

・5・6月読書会も募集中です!

いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

こんばんは、ココアこと田中貴子です。


先日、おのぼりさんよろしく、東急プラザ銀座へ、友人たちと連れ立って行っていきました。


数寄屋橋阪急の跡地に、キラキラ洗練されたビルがオープンしたのは、3月末。


ゴールデン・ウィークはかなりの人だったそうですが、この日も平日ながら混んでました。


http://ginza.tokyu-plaza.com/


京都にある下鴨茶寮のカジュアルランチが食べられるということで、いそいそ。


カウンターなので、裏方さんの仕事が垣間見えます。


てきぱき動くさまを時折見ながら、お口は食事に舌鼓をうち、お喋り。



160526_135707.jpg

↑の写真は、象徴的な6階のキリコラウンジ。


昼は天井から吊るされた三角すいのオブジェですが、夜は形を変えて照明に。

窓とオブジェの三角が洗練された明るい空間でした。


屋上のキリコテラスは、緑に包まれたコーナーと、水盤をたたえた空間の2つがあります。


ウォーターサイドの木陰のソファは、優雅で、しばらく佇んでいました。


気分はホテルのプールサイド?に近い感じです。


アップルパイの専門店で、お土産を買って、大満足。

まだまだ気になるお店がいっぱいありました。


雑貨好きな人もおもしろグッズがあるので、楽しめます。



さて、先月でアクセス数を多くいただいた記事をハイライトでご紹介します。


記事を前編・後編として2つに分けて書いてみることにもトライしました。


読み落としがあったり、気になるタイトルがありましたら、どうぞご覧になってくださいね。


1位になった記事は、私の30年前の写真も載せています(照笑)。


当時の流行が懐かしい、聖子ちゃんカット風になってます。


2は心に余裕なく、人を責めたくなるときの魔法の言葉を書いています。


4と6は読書会ネタ、レポは読み応えありますので、ぜひ!


1)プロポーズの言葉より大切なこと(前編)


2)相手を責めて、そんな自分を責めて、しんどいあなたへ


3)薔薇満開の至福な晴天のもと、のびのび緩む(読書会・新宿御苑レポ)


4)執着していた過去をゆるーり解き放つ~映画「海よりもまだ深く」


5)本当の使命とは?(前編)


6)6月朗読コラボ再び!の読書会やります


7)弱気な自分が顔を出すときの処方箋



明日から、札幌を拠点に旅してきます。

しばらく、ブログをお休みします。


後日、見て聞いて感じたことを旅日記にまとめてお送りしますので、どうぞ楽しみにしていてくださいね。

読んでくださって、ありがとう。

【お知らせ】


・個人カウンセリング(スケジュール)はコチラからどうぞ

・5・6月読書会も募集中です!

いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは、ココアこと田中貴子です。

五十肩の痛みで、人混みが怖くなってしまったことを書きました。

もう1つの発見、それは翌朝ホテルの朝食バイキングで起きました。


旅先の朝は、その日の計画をイメージしながら、腹ごしらえしようと、人がわんさと集まります。


ピークの時間より幾分早めに動けて、気分は上々。


人の波をかき分けて、いつものように、お盆に載せていこうと動き始めたら・・・


手前のお惣菜は取れても、奥は手がすんなり伸ばせず、ショック!


トングなら、かろうじて掴めるけど、やがて痛くてだるくなりました(泣)


途中から苦笑いしながら、奥は見送りました。


もはや、流れ星を見送るごとく、ピンときたものだけ。





あるもので味わえればいい。


手を伸ばせることが、当たり前でいたけれど。


思うようにならないことだって、あるんだ。


そんなときは、欲張っても、手からこぼれ落ちてしまう。


今、手の中にあるモノを大切にする。


あれこれやろうとせずに、やれることだけ丁寧にやればいい。


どうしても助けが必要なら、誰かの力を借りて、お願いすればいい。


できないことは、確かに不自由。


だけど、痛みへの、できないことへの大変さが骨身にしみる。


辛さの共感力も高まっていく。


そして、人の温かさにも触れることができるのも、そういうとき。


自分だけで、なんとかしようとすると、世界は孤独になってしまうよ。


読んでくださって、ありがとう。


【お知らせ】


・個人カウンセリング(スケジュール)はコチラからどうぞ

・5・6月読書会も募集中です!

いいね!(28)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは、ココアこと田中貴子です。


少し前に五十肩と心の悩みをたどるプロセスは案外似てるという話をしました。


ご心配かけましたが、あれから寝返りでイタタと起きてしまう日々も乗り越え、だいぶ肩も楽になりつつあります。

まだ両手万歳は無理ですが、できることが増えたことに手応えを感じられるのは嬉しいものですね。


一番しんどかった頃、象徴的な出来事が2つありました。

いずれも前腕にずーずーとした痛みがあった4月半ばの名残り桜の時期、京都での旅先のことです。


今回は、その1つを取り上げます。


それは1人ボストンバッグを肩に、背中にリュックで、京都駅到着早々・・・


駅構内などで、お土産を買い求める人、行き先をめがけて早歩きする人の波で圧倒されて、足がすくんでしまいました。 




怖い!歩けない!人とぶつかってしまう!


どうやったら、上手くかわして歩けるんだろうと、警戒してしまう自分に気づきました。


触ってみれば、右肩にも、すごく力が入ってる・・・・!

緩みがなく、守りの戦闘態勢。


来ないで!!


こちらに来る人たちは、私に危害を与えるはずがないのに、そんな気持ちになったことに少なからず、ショックでした。

怖いと荷物の重さで、よろよろ歩き。


人の波に乗りきれず、不自然な動き方をしがちなので、よけいにぶつかりやすい。


前提に「人は何をするか、分からない。知らない人は怖い。」があると、目の前は恐怖でしかない。


ちゃう、ちゃう、ちゃう。


今は肩の痛みもあって、デリケートなだけ。


周りに気遣ってばかりいると、疲れちゃうよ。


「皆楽しく、旅してるだけ。私もそう。いい時間を過ごしたくて、ここにいる。だから、大丈夫」


スイッチが変わったら、少し楽になっていきました。


肩の力だけは、抜ききれなかったけど、上出来!

このプロセスをたぶん、10分くらいだったかで、切り替えられたことがよかったです。


固いつぼみが緩むと、花が咲くのだそう。


自分が安心して緩むと、笑顔の花もゆ~るりと咲きます。



怖くしているのは、人でなくて実は自分の気持ちの反映。


ということは、自分次第で、温かい優しい世界にも変えていける。


それを実感する体験となりました。

肩が楽になってきた今も、苦手だった満員電車でも応用しています。


ぶつかりそうな距離感にあっても、お腹に大丈夫と呼びかけています。

下半身に足元に、力が蘇ってくると、心のザワザワとした不安も楽になりますよ。



読んでくださって、ありがとう。

【お知らせ】


・個人カウンセリング(スケジュール)はコチラからどうぞ

・5・6月読書会も募集中です!




いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは、ココアこと田中貴子です。


恋愛では、大好きの勢いを借りたまま、いいところだけを見て、信じられる。


化粧に代表されるように、一番いい顔で逢える。


服だって、よそゆきの素敵に見えるものを選べる。



でも、結婚はやがてお互いの素顔が見えていくもの。


見たくなかったところまで、さらしあってしまうもの。


どんな時でも、共に歩んで、生活していくもの。



夫婦のお話を聞くケースで、多い不満を思い出すままに挙げると・・・


こんなに尽くしているのに、相手はちっとも分かってくれない。

優しい労りの言葉もない。


やって当たり前と思っている。


尊敬できない。


あんな人だとは思わなかった。


困っているとき、親身になってくれない。


この先、一緒に暮らして、意味があるんだろうかと思ってしまう。



我慢して、やり過ごしてきた歴史が長くなればなるほど、これらの言葉は虚しく、心の中で絶えず、繰り返されています。


心は一向に晴れず、一緒にいる時間を避けようとする人もいます。





でも・・・・我慢しながら、それでも尽くすのは、どうしてなんだろう?


いつか分かってくれる時が来るはずと、信じたいから?


やっていることを認めてほしいから?


1人では生きていかれないから?



モヤモヤしている割には、本当の気持ちは言わないまま。

察してよ!と態度でアピールするだけということはありませんか?


例えばかつて私も、夕食後のお茶碗を洗うときに、疲れてくると、ガチャガチャ音をたててしまうことがしばしばありました。


心の中で、皆はテレビの前で寛いでいて、ずるい!


一生懸命頑張ってる私に気づいてよ、全くもう!

こんなイライラした感情のまま、やっているのですから、ヒートアップするだけ。

家族はというと・・・お母さん、怖い!!


近くに寄ると怒られそうだから、そっとしておこう。

手伝おうかと言われたいのに、全然伝わってなかったのです。

たったひとこと、「手伝って!」と言えばいいのに。


「皆と一緒にテレビ見たり、笑いたいの」と甘えれば、応援してくれるのに。



私がこんなに尽くしているのに、私のことをちっとも分かってくれない。


私自身に優しい労りの言葉もない。


私は、やって当たり前と思っている。


私を尊敬できない。


私はこんな自分だとは思わなかった。


私が困っているとき、私は親身になって(自分を見つめて)くれない。


この先、私と一緒にいて、意味があるんだろうかと思ってしまう。



先程の旦那さんへの不満の文章を「私」に置き換えてみると、ドキリとします。


不満たらたらのときは、実は私が自分を大事にしていないんだな。


正直な気持ちを伝えてないんだなと、思い出して下さいね。


大丈夫!


相手に気づいてもらうことに頑張るのでなく、まずココロをすっぴんにね。



読んでくださって、ありがとう。


【お知らせ】


・個人カウンセリング(スケジュール)はコチラからどうぞ

・5・6月読書会も募集中です!

いいね!(33)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)