ブログランキングに参加してみました皆様サクラお願いしシマス

人気ブログランキングへ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

アングラ女の社会風刺の歌の夢

2016-07-26 05:19:30 Theme: ゆめゆめゆめゆめ

いまさっき夢2016072605時。


すごく長くて
何本立てどころじゃないくらいたくさんの話が短編集みたいにちゃんとはっきりシーン区切られて詰まってる夢を見た。


一話ずつかきます





NHKのテレビで、三味線弾き語りで
社会風刺を歌う、
鳥居みゆきと椎名林檎の間みたいな、わかりやすいようでわかりづらいようで逆にわかりやすいあの手のアングラ女っていう、いかにもな雰囲気の若い新人個性派歌手が、CM明けに歌うんだけど
たぶん時間だいぶ押してるらしく、CM明けで不自然にいきなり歌わされて、困惑が伝わる。

でも歌い始めるけどガチガチに緊張していて声小さいしアカペラではじまるから音程も外していて
あちゃーな感じ
ノレると凄い世界観ていうか
ほんとうは引き込まれる系オーラ凄くて実際うまいんだろうなぁとわかる。

実際いじめられっこだったみたいなネガティヴな感じがして、失敗していていたたまれない。普通に視聴者として同情しちゃうくらいかわいそうだった。
歌詞の間違いを生放送中その時点に、マネージャーに指摘されていた。正しい歌詞を横から言われて、あっ、みたいな。

でも中盤からはちゃんと自分の歌に酔ってきたようでノレてきて、あの手のアングラ女のなんていうか自己陶酔の最高潮というのか、
自分の世界に入り込んでもはやまわり見えない目がいっちゃってるよねみたいな体の揺れもぐらんぐらんおかしいよねみたいな、憑依されちゃってない?みたいな、イタコのトランス状態みたいなやつ。かっこいいよね。大好きああいうの。

異様にかっこよかったんです。

歌は暗くて、なんか、誰だかど忘れしたけど
呪います釘を打ちますワラ人形にコーンコーン
みたいな、あんな感じの
三味線パラパラに歌だけっていう、まあ独特ながらもアングラにはありがちなスタイル。ああいうの結構、個性的が集まっちゃって逆にあそこで個性を出すのは難しいと思うような、みんなおんなじ感じっていうか、
ああこのスタイル、このパターンなんだねって会話できちゃうくらいにはベタな個性的なんだけど、大体おんなじ匂いがすると思いつつ、超大好きだ。浪曲とかそういう古典的な伝統的スタイルみたいな、逆にベタじゃなきゃそれではないっていう個性。ああだからマイナーコアなジャンルが定義分類されるわけですね、ある一定数いるからジャンルという枠になるわけだから。納得した。
これは個人的なただの好みの感想です

で、


SNSのイイね!についてを風刺した歌で

いじめられっこをからかうために、
みんなでわざと、
その子の図工の下手くそな作品をSNS拡散でイイねしまくって、逆に恥をかかせる。
晒し者イイね、
でも先生はそれを評価するっていうか
みんながいじめられっこをイイねしているのをそのままの意味で捉えて、よかったなあとニコニコ嬉しそうにしている。
イイね!イイね!イイね!イイね!イイね!イイね!イイね!イイね!
現実って実際はそんな感じだよね。

みたいな歌詞だった。

あるある〜って思った。





あ、山崎ハコだ思い出しました


夢の一部抜粋一話、おわり。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

目黒ネグロの詩

2016-07-19 22:31:09 Theme: トキメキポエム
{D248EED7-1993-4FE6-AFF5-9869E4467EDA}

噓つきはキライ
踏み躙る
気持ちをずっと踏み躙る
噓つきはキライ
踏み躙る
優しい期待も踏み躙る
噓つきはキライ
自分勝手に口閉ざす
悪意が無い程タチが悪い
理由が無い程立場も悪い
噓つきはキライ
優しい夢も踏み躙る
反省しない前向き加減
罪を背負わず逃げるのうまい
反省してるフリだけうまい
すぐに具合が悪くなる
噓つきはキライ
踏み躙る
なんでもかんでも踏み躙る
些細でとてもくだらない
なんでもかんでも台無しだ
噓つきはキライ、
自分もキライ。
生きるのつらい、
死ぬのはいやだ。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

20160718ゆめ、悪夢、いやなゆめ

2016-07-19 22:08:06 Theme: ゆめゆめゆめゆめ
寮に住むことになった

車を運転して細い道を無理やり行こうとしたら、ドブにはまって落ちた
慌てて運転席からおりて
もう運転したくなくて後部座席に乗った
ほかに、たくさん友達が乗っていて
誰かがかわりに運転して
バックして、ドブに落ちたのから抜けて
車は真っ直ぐになった
なんとかなった

寮は不思議な家で
修学旅行先でもあり
大豪邸と、巨大なショッピングモールと、高級マンションと、高級旅館がぜんぶ合体したような、とにかく巨大で高級で豪華で大迷路のような和洋折衷の建造物だった、
学年がちがう先輩とかと
5人とか6人とか
同じ部屋で住まなくてはならない

自分以外の全員みんな仲良しのようで
疎外感、気まずさ、絶望感、孤独感が半端なかった
中学校の一年の時の先輩たちがみんないて
新歓でカラオケをやると言っている
同学年のみんなも、すでに先輩たちと仲良くなっていて
なぜか自分だけ、浮いているというか輪に入れないというか何あの子状態で、こちらからもあちらからも歩み寄る気配がない
気まずい
すると同学年の、め◯◯◯が
自分も行きたいって言いなよ!
と言ってくれたので
おずおずとしたかんじで
当時、一番こわくてえらそうでいけすかないと思っていたパーカッションの低身長の先輩に言った

バスに乗り
何故かバスツアーをしながらカラオケ大会になった
ちっとも楽しくないし気まずいし考え過ぎでなんにも耳にも頭にも入って来やしない
自分は一番最前列に座っており、うしろから順番にカラオケをする
当然うしろの席の方が高学年の先輩たち
いきなり、カラオケの歌本を渡され
入れなよと言われるが
もう、いまの歌がおわったら自分の番で
即なにかしらを入れないとやばい
なのに
歌本は、分厚いくせに
何故か大半がコミケの案内で
あとはコミケに出るサークルさんの漫画。
しかも
本の前半、後半がそれ
まず、どこに選曲用の歌ページがあるかさがすまで焦りもあり時間がかかった
なんとかページをみつけたが
見事に知らない曲ばかりしかない
なんでもいいから、知ってるのがあればとにかく入れてしまおうと思ってさがすが
見事にない

あんまりにも絶望、
焦りすぎて
ここて一度目が覚めた
心臓ばくばく

とんでもなく虚無感を感じた。
むなしい。
切なくて悲しくて悔しくて
どうにもむなしい。

また寝たら
今度は
パブだかスナックだかで新人として働きはじめたらしい
よくわからないが、ヤクザか何か、悪い人たちの抗争になり
店のいけすかないママが20歳だということを知りこのくそガキ20歳かよと思った。

それから何故か昔働いていた某ホームセンターで
本当に忙しくて怪我もしていて不自由だしどうしても本当にバイトなんかできないのにシフトを入れられていて断れずなんとかして断ろうと切り出そうとするが誰に話しかけても
シフト入ってもらえてありがたいだとか、何日も増やせないかなとか、何日は休むから代わりに出てくれるよねとか、強引に余計断れなくなるような、しかもさらに増やされ

なんていうかもうだめだと思った。


いつのまにか寮に帰っていて
夜だった
就寝時間が決まっていて夜間は自分のような友達も知り合いもいない疎外者はしゃべることすら許されないらしく
まあとりあえず、とにかく理不尽な感じ
人の悪口をわざと悪気無く聞こえるように大きな声と嫌味で皮肉な言い回しで言うくそギャルみたいな奴らがいて心底げんなりした。

寮とは名ばかりの建造物の、他の部屋は
煮えたぎった油とか、煮えたぎった汚物とか、拷問とか処刑とかとにかく人ならば誰しもが胸糞悪くなるようなことしかない、なんか、地獄だった。

駅のホームで電車を待った
人がたくさんいすぎて、
なんかもうだめだなと疲れた。


全体的に、
よくわからないし
支離滅裂展開な上
自分が自分らしくなく
何もかもうまくいかず
何もかも絶望感がつきまとい
内容が濃く
鮮明にリアルで
とにかくリアルで
嫌というくらい胸糞悪く
とにかくとにかくリアルで
支離滅裂ながらストーリー性もちゃんとある感じで、理解はしていて
だからこそ余計に理不尽によくわけわからなくて

とにかく悪夢でした。
まだ胸糞悪いし、むなしい。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

夢、長い、死にたくない死にたがり

2016-07-08 15:22:03 Theme: ゆめゆめゆめゆめ
うまくせつめいできないから
いつも必死で伝えようとして
くどくて
逆によくわからない
メイン本文や起承転結が見づらくなる。



《20160510にみた夢》


自殺願望の塊がある

廊下で
父と母に
どうして死んじゃいけないの
テストで百点をとるとか
社会的地位の高い職種につくとか
「どこまで」
どこまでやれたら
死んでもいいの?
自殺する許しはどうすれば得られるの?

「バカ言ってんじゃないよ」
と父が言う
母は
「折角産んだのに死にたいなんて言われてお母さん悲しい」
と言う
どちらも間違っていない
適切な返事だけど答えじゃない

卵とヒヨコと精肉を買いに行くといった
肉は死んだもので
望まなくても死ぬし 
親がいても死ぬし 
親も子も死ぬし
親が折角産んだのに死ぬし
精肉は家畜として死ぬ 
本末が少しずつ転倒するけど
とにかく精肉は死ぬために産んで産まれて
みんなはそれを望んで買って食べる 
おいしいし栄養だし豪華だし
何か特別な日のために卵とヒヨコと精肉を買いに行くおつかいを頼まれた、知らない、雇われた家政婦か侍女のような人がいて
この会話には我関せずで、入らない
ヒヨコも無論死んでいるやつで、焼き鳥みたいな、ひな鳥として調理済みのものを買う予定だと思う
家畜動物の食用の死骸を引き合いに出すのはおかしいようでおかしくないし、おかしくないようでおかしい。それはわかっていて、議論にはならないし、それを議論に交えるなら虫も花も草も殺してはいけないという規模のアヒンサーの戒律くらいな極論になり兼ねない。そこまでの話をしたいわけじゃない。
単純に、
死にたい
自殺をしたい
許されない
その根本的な理由や感情論はさておき
逆に
「なにをどこまでしたら、自殺の願望欲求を受理、承認してもらえるか」
という話をしたかった。
願望を叶えるというか、欲求を満たしてもらうために
あのおもちゃが欲しい 
買ってもらいたい
そのために、テストで百点をとるだとか
特別な日の、誕生日やクリスマスにそういった褒美を貰える特殊な可能性があるだとか
自分で自分にプレゼントをするような
自分にとっての自殺許可とは、褒美側のものだという認識であって
それだけ、自分は、死にたいんだなと
もちろん、善くない事で
悲しませるし、言葉にするだけで人を傷付けたり特に身内に関しては残酷が過ぎる、戯言だとしても余計洒落にならない、落胆させる、悲嘆でしかない、わかっていて、
望まれないからこそ、葛藤が強くて
望まれていたら、逆に、生きたい、何が何でも生き延びたい、何が何でも自害してやるものかと思ったかもしれない。

でも夢の中では
とにかく死にたいという気持ちで
 
特に何かキッカケがあって逆上しているとかそういうのは無く
ただ、夢の中での自分は、60パーセントくらい、自殺を望んでいた
そう、話をしただけ、やっぱり命は惜しくて、未練は強くあり、100だったとしたら、話をする必要も無いわけで誰にも何も言わずに決行して仕舞えばいいわけだからさ。
悲しいというよりただの馬鹿だ。虚しくもなく、決して無意味ではなくて、言葉にはならない感情論が、何かがそこにあるんだろう。わかっているようで、自分でもわからないから、厄介過ぎる。
わかっているようで、自分でもわからないから、許し、もしくは命令が、義務が欲しくて

「何を出来たら、自殺していいって許されるの?」
「どこまで出来たら、自殺していいって許されるの?」
をきいた。

自分でも、誰かにそんなことを聞かれたら困るよ。
それが誰であれ、困るし
許可も命令も出来るわけない。
責任が莫大過ぎる、重い。
一言で、相手が決行してしまったら
責任が重いよ
責任とか、無いよと言われても
実際責任のようなものは無いとしても
困るよ
かといって生きなさいと言うのもいやだ、困るよ。
死刑囚、死刑囚でなくても、囚人、犯罪者の裁判で判決するより
病や怪我を患って、何か末期で、安楽死を望む患者や、寿命間近の人間の生き死にについて、多数決に入って決議するより

自殺志願者には、何も言えないよ。

それもわかっていて
自分は、自分をつくった両親に
自殺志願を表明していた。

夢の中で

だけでなく
現実にはもっとそれをしてきた。
最悪な事だとわかる。

生きる意味とかは、無いに等しいから
別にこの世界からしたら、自分の存在は、必要ってわけではない。不要でもマイナスでも無いけどプラスに貢献してるわけではないし、ただ生きてるだけというわけでもない。
別に生きる意味や生きる価値や生きるための何かを背負いたいわけでもない。
なんで生きてるのかも、なんで生きるのかも、なんで生きなきゃいけないとか、そういうのは、また別の次元であって
生死はセットになっているけど、生き死にの話をするとなると全く違うようなもので
生きたくても生きられない人がいるだとかそういうのはまた少し違うから

飽食の時代や地域環境での平和は別に麻痺も呆けも無くこれはこれで仕方がないようなもので、比較なんかしてしまうと、もはやお話にならないんだよ。
公式のように、これはこれなんだから
仕方がない事のようなもので
給食の残飯が毎日大量に出たって、餓死するような飢餓児童をどうしろというのさ。
そこに、輸送するだけの費用も食料もあるとしてもだよ、難しいのはどうしてか。
福島や福岡に送り届けたって足りないんだから
水や食料だけでいったとて、
世界が平等にならないのは
もう何百年も続いているけど決してお金や物資や政治だけじゃ無いと、みんなどことなくわかっている筈でさ

大陸を分かつ海が悪いってわけでも無くてさ

戦争があるからというわけでも無い筈でさ

とにかく
ひとりの自殺志願者がいて

そいつが淡々と冷静に
周囲を不快にさせる

そんな夢の中で

他にピックアップされていたキーワードは
無関心。

干渉をされたくない人間
遠慮ではなく
失礼に値する態度での
干渉をされたくない人間
善意を、目の前でゴミ箱にぶちこむくらいのね。
不快になるやつ。
お構いなく、じゃなくて 
構わないでください、でもなくて
ほっといてほしい、でもない
かっこつけて気取ってるのが独り善がりの壮大な勘違いで
「むかつく」としか思わせない
そんな態度をとる人間がそこにいて
迷惑。ってまさにこれだなと思った。

それは、夢の中の出来事だったわけだけど
そうとわかっていてすら、思い出しただけでむかつくので
そんなに詳しく思い出して書くのはやめる
まわりが完全に無関心であれば最良なんだけど世の中って凄く優しいから
構わないでほしがる姿勢の構ってちゃんを、みんなそれなりに親切にするからね

自殺志願者に対する姿勢も似たようなもので

色々わかっているんだけど
わかっているからこそ自分で自分を最低最悪だと思って

あらゆる矛盾や葛藤も含めて
取り合ってくれる人がいるという有り難みも答え難いとか困るだけの話を受けてくれる相手がいるのも、戯言でも戯れ言でも無いくせに本心なんだけど本意でも本気でも無いような、でも、本当は本当で嘘では無い
全部全部含めて


自分が、死にたいと思っていたんだ
自分が、死にたいと思い詰めていたんだ
自分は、死にたいと思っていたんだ
自分はどこかで死にたがっているんだ
っていうのを、適切にうまい表現じゃないけど
なんだか、思い出して

そうか
自分は
どこかで
死にたがっているんだ
まだ
今も
未だに
自分は自分を許せなくて
自分は自分を殺したい
死にたくないんだけど、
死にたい死にたい詐欺なんだけど
そういうのも全部わかっていて、
こういうやつは、死なないし
死にたいなら死になよって言われても絶対死なないんだよ。
それも含めて
わかっているからこそ余計にまた
葛藤以前の問題で、
夏にああー暑いーってつい言っちゃってるくらいの簡単さで死にたいって言っちゃってるんだよ。

言われて、不快になってうざーいってなって否定や肯定や反論やじゃあ死ねばってなんかよくわかんない怒り方をしたりとかしてるうちは
大変だろうなあ

たぶんこういうのは
聞き流してくれるのがいちばんお互いに楽で、

死にたい。
そうかー、死にたいのかー。
死にたいって言いたいくらいの気分なんだなー。
死にたいって言っちゃうくらいの気分なんだなー。

とりあえず、死にたいって言っちゃってる時点で、まるっきり健康健全安定な精神なわけではないわけで。指標だよね。
『とりあえずおかしい』
『健康健全元気発剌とはいえない』
『普通以下異常寄りの現状』
『死にたいって言っちゃう程度』

人間臭さ、なんだと思うんだけど

真に受けたら勝手に振り回された気持ちになって疲れるだけだから、
真に受けた方が勝手に不快になってストレス変換して不快になるっていう損。
理不尽だよね。

ってくらいなんだ。
たぶんね。

簡単な言葉にしちゃってること自体
気にくわない人にはたまらなく気にくわないんだろうけど



本当に死のうと思ったら
思考を止めて
誰にも何も言わず
なにか書いたりもせず
携帯なんか見ない
携帯なんか存在を忘れて
ただ
勢いで、
頭の中からっぽのまんま
目に付いた、やりかたで
実行だけをする、
怒りで何か壊すときより、たぶん衝動的に、たぶん頭の中は無で、後先どころかなにもかもすべてを意識から忘れて、やっちゃうかもしれないな

たぶんわたしは。

超突発超特急タイプかもしれない

タイプ別があるだろうけど
死人の口は喋らないから統計はとれない




おや。
夢の中での話から現実の勝手語りにいつのまにか移行してしまっている
どの行から?

本当に文章とか
表現化が下手で、
自分にがっかりして落ち込む。


※しにません。
回避性対人不安強迫でまいっている今は心配とか逆に義務的強迫プレッシャーになるからしないで。
いいね!した人  |  リブログ(0)

いまみてたゆめ

2016-07-05 18:38:20 Theme: ゆめゆめゆめゆめ
夕方、湿った砂浜を歩いていた
松があるような、でも陰気な砂浜

ホオジロザメの首から切れた頭部が打ち上げられていた
汚そうだから海に入る気はなかった

テトラポットのほうまで歩きかけた途中

大きい地震がきた

テトラポットはやばい
とにかくテトラポットはやばい
津波がくる、津波もやばい
と思い
まだ揺れていたけど全力で走った
そんなに長く時間の猶予はないとおもったしそんなにたくさん走れないから
砂浜から出て森を探して
杉林があったから杉林の裏手に走った

津波がきて
一面海になった
夢だから、苦しく無い
津波は津波らしくなく
気付いたら森も海の中にあった
なんとか泳いで小さな村役場を目指す
夜になった

村役場はちゃんと地面に足がつく場所にあって
とりあえずそこに入れたらいいと思ったら
懐中電灯をつけた人が何人かいた
と思いきや
銃で撃ってきた

迷彩服をきている

自衛隊みたいなかんじの国の軍隊が
生存者を殺しているっぽい
どんどん発砲される
運良く外れたが死ぬと思い水中深くに潜った
明るいところはいくら水中を移動しても影でばれちゃう、できるだけ何かの陰に移動して
釣りの魚の気持ちになった

夢だから、便利なことに
津波がくるまえに携帯をサランラップでつつんでいた
それで発砲してくる迷彩服の人を消音カメラで撮り、ツイッターでたすけてとつぶやこうとしながら
カバンの中に、
人魚薬があるのをみつけた
夢だから

それをのむと水中で長時間いられる

なんとか、迷彩服のひとを一人
水中にひきずりこんでおさえつけ窒息死させることができたから
水中で服を脱ぎ、そいつのを脱がせ
迷彩服を着る
そいつの下着はブリーフだったが念の為それも履く、とにかく全部いただいて装備した
水中での着替えは超たいへん
腰に巻くポーチみたいなものも全部もらった
隊員になりすまそうとした
軍隊だからポーチには懐中電灯も非常食もあると期待した


でも人魚薬は錠剤でひとつしかなくて
ここで使ってしまったから後々困りそうだと思った
水中は普通に真っ黒い淀んだ海の水だから目を開けて移動はきつい
何時間もつかもわからないし、息継ぎもたまには、30分に一回くらいはしないといけない、
半分に割って使うべきだったかと
持続時間が短くなるのか、効果が薄くそんなに潜っていられないのか、と考えていた

そんな夢をうとうとしながら見ていて
私は新しく引っ越したマンションのベッドでそれをしていた
つまり夢の中で夢を見ていたので
一度その水没の夢から起きてから
もう一度起きる必要があった
新しく引っ越したマンションには
ふわふわした虎かなにかの毛皮張りのソファがあり
勉強机もあり
部屋がやたら広い
ふわふわした毛皮張りのソファを、半寝でぼんやり見ながら
いま、砂浜を歩いてるから
と言ってた
このソファはお気に入りで買ってからもうだいぶ長く使っているけど、この引っ越しでも持ってきたのかー。と思った
現実にはそんなソファは無い。

あまり読まないけどコレクション的に持ち続けたい大判の本、を日焼けさせずホコリもかぶらず、綺麗に保管、しまうのに、
学校の教員が職員室でつかってるような灰色の扉つきの本棚というかラック?が欲しいなあ3000円くらいで買えないかなホームセンターで。
と思ったら夢からさめた。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。