✈ Life * Business for Global Living ∞ 真のグローバル人へ ✈
✈✈ <読者募集> 感性で観る冊子<no.10>★ 発行!!
件名を「ニュースレター読者登録」として右下のフォームよりご登録ください。
✈ Meg's Life & Business for Global Living ✈


・・∞ - - -・- - - ∞ - - -・- - - ∞ ・・ ・・∞ - - -・- - - ∞ - - -・- - - ∞ ・・ ・・∞ - -
✈ Global Life Coaching グローバル・ライフ・コーチング
✈ Global Career Coaching グローバル・キャリア・コーチング
✈ Personal Foundation 90 Days ☆ <自己基盤>90日コース
✈ ART x COACHING ☆ アート & コーチング
  • 23 May
    • ✈ 今期最後の学校プロジェクト

      ✈ 今期最後の学校プロジェクト   今期最後のクラスがありました。 みんな、学んだことをよく覚えてる。 今回は、いつもとは少し趣向を変え、 課題図書を読む前に、対話をして、 ホワイトボードにメモをしながら 進めました。  今回の課題図書は・・ The Recess Queen / Alexis O'Neill 休み時間に起こる「いじめ」のお話。 The Recess Queen2,123円Amazon  今回のお話は、Mean Jean が校庭で 女王様のように振る舞い、威圧的であり いじわるで、みんなが楽しく遊べない。 そこへ転校生がやってきます。 その子は、女王様の振る舞いにも臆せず 好きなように遊びます。 そして、女王様を自分の遊びに誘います。 それを観ていた周りの子どもたちは、 どうなるのかハラハラドキドキしますが ひとりの傍観者の(Go! Jean,Go!)という 一声で、彼女が誘いに乗ります。 そして、楽しい時間を過ごし、その後は 皆も一緒に遊べるようになった。 そういうお話です。 女王様(Mean Jean)は、今までほかの 子どもたちに遊びに誘われたことがなく、 威圧的な態度を取ることで、休み時間の 場をやりすごしていたようです。 そういう子っているよな~と思いました。 やり方がわからないのです。 そして、ほかの子たちは威圧されるから、 よけいに離れて行く・・という悪循環。  この転校生のように場に飲まれずに、 行動を起こすことで、問題解決します。 ただ、これもやはり一人だけではなく、 周りのサポートが必要なのです。 誰かがではなく、私が・・という 各々の意識が場の雰囲気を変え、 問題を解決するのですね。  本を読み終えた後に、子どもたちと 校庭マップを作成しました。 学校の休み時間に、問題行動が起きた 場所を子どもたちに言ってもらい 校庭に印をつけていきました。 どこで、どのような問題が起こったのか、 または今後も問題が起こりやすい場所 意識を向けるキッカケです。 もちろん、それだけではなく問題行動に 遭遇した時に、どうするか? そういうこともクラスでは学びました。  BULLYING TRIANGLE いじめで出来上がる三角の構図。  いじめる人(加害者) ターゲット (いじめられる人) 傍観者 → 「行動を起こす人」になる 傍観者は何も行動せずに観ているといじめを助長することになります。誰かが行動を起こすことで、ターゲットをサポートし、問題解決の手助けをします。ただ、やはり一人だけでは自分がやられてしまう。それぞれが意識し行動を起こす人になる。 そういうことを学びました。 もうひとつ大切なこと。 いじめられた人や傍観者たちが今度は・・と、いじめていた人をいじめ返さないこと。いじめの連鎖が起こりやすいのは各々の意識が、敵と味方という構図になることが多いからと思う。許せないこと。あるかもしれません。ただ、そうなってしまう前にやはり誰かが、傍観者たちは一緒に問題解決できるようにしたいですね。  もちろん、いじめの内容によっては、 子どもたちだけでは難しく、大人の介入 さまざまな方法があることと思います。 大切なことは、お互いが相手の立場に 立ち、サポートし合える環境を創ること。 意識を変えること。   いま、何が起こっているのか? 自分に、何ができるのか?  誰がサポートしてくれるか? どんなサポートが必要か? クラスでは、お友だちと協力し、 サポートし合うこと、信頼できる大人に 助けを求めること・・を学びます。 日頃から信頼できる友だちや大人は 誰か? 質問をすることで、子どもたちは 自らイロイロと考えます。 こちらでは、こうやって日々の学びに コーチング的なアプローチがある。 大人が解決方法を伝えるのではなく、 様々なツールを知り、知識を応用し、 自分で考え対応できるように、 私たち大人もサポートします。   私たち大人もこうやって 学校プロジェクトのクラスを担当し、 子どもたちと一緒に考え、話を聴き、 問題と向き合うことで、学ぶことも 多いです。 子どもたちからたくさんの承認も 頂きました。ありがとう。  いつもありがとうございます。    

      1
      テーマ:
  • 15 May
    • ✈ 自分の境遇を受け入れる

      ✈ 自分の境遇を受け入れる  海外に住んでいてよく聞かれる質問に 「日本、恋しくない?」というもの があります。 自国を離れて暮らすから、きっと 寂しい想いをしているのではないか。 そういう思いが根底にあるようです。  いつも日本を向いて海外に住む人も いれば、住めば都を地でいく人もいる。 バランスよくどちらも・・・な人も いるでしょう。在り方は十人十色。  で、私はどう答えるか・・ 「特に、恋しいとは思わない・・」。 そう言うと、 ちょっとビックリされたりします。 で、こちらは相手の期待に応えず ちょっと違和感が残ります。 恋しくもないのに、恋しいとは言えず。 仕方ない。本当に恋しくないから・・。  こういうと語弊があるかもしれません。 日本がキライとかではないです。 家族もいるし友だちも住んでいるし、 日本食や日本のものも好き。 だけれど、それらがなくても大丈夫。 小さい頃から海外で暮らすだろうと 思っていたからかもしれません。 あと質問をうけるときは、たいてい 今を意識しているからかも・・。  長年の海外在住経験が、日本への 執着をとったのだと思います。 あればいいし、なければ仕方ない。 ただ今の世の中は、かなり便利になり 日本の物も手に入るし、日本のことを 知ることもできる。遠くにいる相手と スカイプなどで顔をみて話すことも できる。もちろん、実際に側にいて 時間を共にすることはできないけれど 全てを手に入れることはできない。 私の中で折り合いがついているのだと 思います。  後悔をしない生き方をする。 これはたぶん、私が根底にもっている 想いなのだと思う。 例えば、海外在住だと親の死に目に 会えないとか・・いろいろ言われます。 大切なのは何か? それを知り、そのために行動すること。  自分と他者を比べて、○○だったら・・ と想い、人を羨み、悩むのではなく、 先ず境遇を受け入れ、何ができるかを 考え、実行すること。  ここ最近、思うことなのですが、 自分の境遇にどう向き合い生きるか・・ それによって、モノゴトの捉え方も 変わるし、行動や結果も変わる。  そこから何を学ぶか。 境遇にどう対応するかによって、 その人の意識や在り方、 そして人生は創られていくと思う。  自分の生い立ちを話す機会があり、 私は小さい頃から色々と考えて、 道を創ってきたのだなと思いました。 道が曲がっていてもいい。 それがイヤだったら、気づいた時に 治せばいい。工夫すればいい。 未熟な自分を認めつつも、成長した 自分を褒めつつ、新たなことに挑戦し 経験を重ねていく。 自分の中で一貫している部分に気づく。 使命とつながっているようです。  いつもありがとうございます。  

      1
      テーマ:
  • 12 May
    • ✈ 問題は問題ではなく・・?!

      ✈ 問題は問題ではなく・・?!  いろいろと大変そうな話を聞いた けれど、実は既に事は解決していて 特に問題はない様子。よかった。 問題を解決したいのではなく ただ話したかったのだと気づく。  その人が捉えた問題は 実は最初から問題ではなく、 人によっては大変だと思うことも 彼女が大変そうに話しながらも、 心底では大変ではないのだと気づく。  時間やこだわりをなくすと解決する。 のんびりしているのも、周りが 助けてくれるからであり、そういう 環境にいるからこそ、できること。 大変とは言いつつも大変でなく。 問題は問題にあらず。捉え方により それは大きくもなり、小さくもなる。 もちろん内容にもよるのだけれど。  ある友人からSOSの連絡をもらった。 彼女の場合、様々な事が重なり 心身ともに疲労している様子。つらそう。 すぐ近くにいれば・・と思う。 時差があるので、それを意識して 時間をつくる。もっと頻繁に会えると いいのにと思うけれど、仕方がない。 だから私はココにいて、ただ話を 聴くだけ。話すだけで心が楽になり、 自らどうするか解決法を見つける。 大丈夫と思う。  できごとに対してどう向き合うか。 まずは一旦そこから離れること。 渦中にいるとそれどころではないと いうのはよく分かる。だからこそ、 ニュートラルな立場で観れる人に どう映っているのか聞いてみると いいと思う。 私は、友人や家族に対しても 中立的な視点でそれを伝えられる。 いつもとは言えませんが・・・。 そういうタイプらしい。  もちろんそれを聴く人により、 受け取られ方も様々だと思います。  いつもありがとうございます。     

      テーマ:
  • 10 May
    • ✈ ズレている人

      ✈ ズレている人  アジア系の人たちは並ぶのが好き?! こちらでアジア系の人たちが多い 地域に住んでいて思います。  娘が毎年夏に参加するクラスも・・ 10時の予約開始のために、 早朝6時とか並ぶ人たちがいる。 今はどうか知りませんが・・。 最初の2年は、ママ友と一緒に 朝8時から並んで待ちました。 二人一緒だし、ずっと喋っている ので、特に苦痛ではなく、むしろ ゆっくり話ができて良かったです。 3年目は、自分の都合でいつもの ように並ぶことができなかったので、 予約満杯を覚悟で行ってきました。 なんと、私が第一希望としていた セッションが空いていました。 好みがズレているため、わざわざ 早く行って長蛇の列に並ぶ必要が なかったことに気づきました。  それ以来、登録日の夕方の空いた 頃に行って自分の好きな時間帯を 予約しています。 わざわざ早くに行って予約をする 人たちは「どうしてもコレ」という 希望がある。私の場合(子を含め)は、 そこまでこだわりがないので、 楽なのだと気づきました。  選択肢を多く持つこと。 自分軸や価値観をもとに優先順位 を決めつつも、選択の幅を広くもつ。 臨機応変に対応できて、自分が楽。 自由に動く・・。 できるだけ、自分が自由に動けるよう 選択肢を創る。 そういうタイプなのだと思います。 娘たちとの対話で気づきました。  いつもズレていては困りますが、 こういうズレは自分に余裕を創ります。  いつもありがとうございます。    

      1
      テーマ:
  • 09 May
    • ✈ 母の日に思うこと・・

      ✈ 母の日に思うこと・・  アメリカでは本日が母の日です。 子どもたちが朝から母の私への 特別対応してくれます。 ありがとう。 子どもたちそれぞれの「特別」が とても嬉しく、可愛いく思います。  FBでは、母娘で仲良く映っている 写真と共に心温まるメッセージを 掲載している人たちも多いです。 観ているこちらも幸せになります。   私自身は、既に母は亡き人なので 一緒に写真撮影はできませんが、 彼女とは見えない線でつながって いると思っています。  フラワーショーの個人のテーマで Joy Luck Clubを選びましたが、 そのアレンジメントのひとつに ターコイズブルーに白のダリアの 花飾りのついた花器を選びました。 私の好きな色であり、母の色です。  私にとって、母はターコイズブルー。 遺影写真で着ている服もターコイズ。 彼女はブルーが好きだったのだけど、 私の中の彼女をイメージする色は インディゴブルー。濃い青です。 私自身が持っている色と感じている 色でもあります。 周りの人からも色で喩えると ターコイズだと、言われたことが あります。 母とつながっていると感じます。 インディゴとターコイズブルー。 私自身も持っている色だと 意識しているので・・。  彼女の在り方から学ぶことも多く、 頂いた助言やコトバは、今も深く私の 心の軸となり、いろいろな場面で 思い出すことが多いです。 亡くなっても存在感のある母。 私にとっては今も心の中で生きていて、 必要なときに導いてくれる存在です。 心から感謝しています。  母の日。人によってはスルーしたい 日かもしれません。そういう場合は、 大切な人や自分に「ありがとう」の 日にするのもいいのでは・・と思う。 イヤだったら、ムリしない。  自分を大切に思うこと。 それは巡り巡って本質的なことに つながる。人間関係にもいい影響を 与えると思う。  いつもありがとうございます。   

      1
      テーマ:
    • ✈ Happy Mother's Day 

      ✈ Happy Mother's Day   母の日の週末に開催されている Filoli Flower Showのレポです。 本日が最終日です。 別のSNSでつながっている方々は 重複する部分があることと思います。 ココでは、私が思ったことや 感じたことを中心に書きます。 φ(.. )  今回の全体のテーマは・・ California then and now (1916-2016) ・・このテーマの捉え方も様々です。 私のようにFiloliで撮影された映画を 選ぶ人もいれば、あることを軸にして その昔と今を表現する人・・ 例えば、タイプする・・ 昔はタイプライター、いまは携帯と それぞれのアイコンを用意し花を飾る。 カリフォルニアといえば・・○○と イメージし、それらを花で表現する 人たち・・。例えば、ベイブリッジ。 ひとつひとつに個性があり、こだわり があり、とても綺麗です。    ✈ やって初めてわかること 今年はショーの委員会のメンバーも 担当させていただき、舞台の裏側も 体験することができました。 展示の準備、イベント企画&運営、 ゲストサポート・・様々な部署が、 協力し、ショーを創ります。  全てが順調とはいきません。 そういうときも、お互いに連絡をとり 早急に問題を解決します。 プロフェッショナルな集まりです。 感動しました。    少し私のアレンジメントについて・・ 私はJoy Luck Clubをテーマに、 中国風なアレンジメントにしました。 基本色は「紅とゴールド」。 人々がチャイナと聞いて真っ先に イメージする色です。  中国と言えば、漢字。 Joy Luck Clubの英語の引用文を グーグル翻訳で中国語に訳し、 中国漢字をつかって和紙に印刷。 巻き紙風にアレンジしました。 言われなければ、誰も分からない。 でも、私にとっては大切な部分。 この引用文も母と娘のことだったり、 人生の教訓のようなものにしました。 心に響くコトバの数々。  映画では4組の母と娘のストーリー が展開されます。だから、引用文も 8つ。花器も大小合わせて8つ。 8という数字は日本でもそうですが、 中国でも縁起がよい数字です。  メインの花器に貼った「喜喜」の 漢字は、中国では結婚式のように 縁起のいいことに使われます。 意味は英語で Joy やHappiness 。 私のアレンジメントを鑑賞される みなさまが、喜びや幸せを感じるよう、 そしてテーブルにおいた「福」の写真 みなさまに「福」がありますように。 そいういう願いもありました。 「喜喜」の漢字は、手書きしました。 コンピューターの文字の方が綺麗です が、温かみをだしたかったので、 シンボル的な意味も込めて書きました。 綺麗という見た目よりも、喜びが心に 通じるように・・。  東洋と西洋の調和、つながり、絆、 母と娘、福、喜喜や愛を表現しました。 絆と愛というコトバはあえて書かずに、 鑑賞者がそれらを感じられるように、 想いを込めてアレンジしました。 実際に「愛」は人の目で見ることは できません。そして、愛のカタチも さまざまでひとりひとり受け取り方が 異なります。  愛とは一日にしてならず。 私のアレンジメントのように、日々 気にかけ、何度も観察し、成長に気づき 感謝の気持ちがわく。 いつもそこに在るのに気づかない。 無限の愛。そういうものが存在すること。 ただ、時に相手と対話し真に向き合う ことで深くつながることができると思う。 一方的ではなく、双方的に・・。 私がお花をするときに大切にしている ことです。  ほかにもイロイロ学んだこと、気づきが あります。それについては、別記事に つづきます。  Instagarm: hanabana※ インスタグラムではココに掲載していないフラワーショーのアレンジメント写真やそのほかお花を中心とした写真を掲載しています。 ぜひご覧下さいませ。  いつもありがとうございます。 

      テーマ:
  • 07 May
    • ✈ ランチョンの装花

      ✈ ランチョンの装花  学校のスタッフや先生たちへの 感謝ランチョンで装花を作りました。 いつものようにママ友との協働。  今回はオリエンタルがテーマ。 てづくり花器は、着物スタイルに・・ そして、それに合わせてお花も若干 シンプルなものにしました。 ちょっと控えめ。  「色づかいがとても綺麗」と 褒められました。わ~い。 この装花の下にはママ友がつくった マットのようなものを敷き、折り紙の 蝶蝶を飾りました。↓↓ 蝶蝶の写真  もちろん、折り紙は和紙です。 柄や質も「和風」で統一しました。  当日、私はフラワーショーの準備で 実際に飾り付けにはいかれず、 ママ友に全てお任せしました。 飾り付けだけでなく、写真撮影まで お願いし、昨日の夜にはメールで 送ってもらいました。ありがたい。 コンピューターなどを使うこと。 彼女にとっては苦手意識のある部分。 人のためにはできるヒトなので、 彼女は私のために頑張って苦手に チャレンジし、人に聞きながら なんとかやりこなしたようです。 やればできるじゃん。ありがとう。   ちょっとした一歩を踏み出すのは、 タイミングやらその人にとって大切 な想い、相手が関わるとき・・。 相手のために・・。 その思いがマインドの「できない」 「にがて」を吹き飛ばすのですね。 いつもありがとう。  ちなみにトップの写真は私の撮影 準備中に撮りました。 次はどんなスタイルにしようか・・  いつもありがとうございます。​ 

      1
      テーマ:
  • 04 May
    • ✈ やって初めてわかること

      ✈ やって初めてわかること  いよいよ昨日、5/5の朝は フラワーショーのインストレーション。 夜はオープニング・セレモニーが 開催されました。 今年は、友人と一緒にレセプションに 行ったので、時間をかけてゆっくりと ひとつひとつの作品を鑑賞することが できました。 ※昨年は、家族でいったので結構なスピードで見て回りました。(・Θ・;)  フラワーショーの出展に関しては、 どのような花材や物はOKか、 使用許可がされていないもの、 条件を満たして、きちんと許可を 貰った場合はOKなものがあります。  私は、許可されているものや花材を 使ってアレンジしました。 木製のものや自然のものは、 Fumigation (燻蒸消毒)をしないと 使用許可が降りないものがあります。 そういう物を使わないで済むような デザインを考えるのです。  中にはどうしても「これ」が必要と 燻蒸消毒をして、デザインに使う人も います。アーティストとしての拘り。 +αの手順を踏んででも必要なもの。 観る人にとっては、そのような手間を 掛けたことを知る由もありませんが、 その熱意や手間をかけることにより、 作品の完成度が高まり、観る者に感動 を与えるのだと思いました。  私自身は、デザインの部分で、やはり 手間を掛けています・・というか、 アイデアを試すうちに、自然と 手間が掛かっています。ちょっとした 小道具ひとつを作るにしても、結構な 時間を使っています。でも、そうやって ひとつひとつの質をあげて統合する。 とても大事だと思います。  「腐ったリンゴ」に喩えられますが、 ひとつダメなものが混ざると、それが 全体にも大きな影響を与え、全部が ダメになってしまうのです。  今回、フラワーショー委員会のメンバー として裏方の仕事も担当しています。 委員会のメンバーは初めてのことですが、 おかげさまで、ほかのデザイナーたちの こだわりや在り方に触れたり、裏で働く 人たちの影ながらのサポートに感動し、 彼・彼女たちから色々と学んでいます。  いつもありがとうございます。  

      テーマ:
  • 29 Apr
    • ✈ 声かけに思うこと

      ✈ 声かけに思うこと   熊本震災の支援として、SMAPの 中居正広さんが、お忍びででかけて 自ら炊き出しなどを行っていたと いう記事を読みました。 ほかにも震災の影響を考慮して、 マッサージ器や子どもたちのおもちゃ を贈ったそうです。 ほかにも芸能人が、自分にできること として義援金を贈ったり、 実際に現地にいって支援をする方も いるようです。  彼の記事を読んでいて、思ったこと。 思いに沿って行動し、それを貫ける人。 声かけがとても温かい。 親身になって相手を思いやる人。  震災の応援として「がんばれ」という ものがありますが、これだと支援する人 と被災者との距離を感じますね。 「一緒にがんばろう」 被災者だけでなく支援者も共に・・・ とても距離が近く感じます。 相手のことを思って声をかけるにしても、 立ち位置によっては、相手を心理的に 孤独にしてしまうこともあります。 特に震災で心身ともに敏感になっている 人も多いと思うので、本当に相手のため になるような言動を心がけたいものです。  「がんばれ」、ダメな訳ではありません。 人によっては、その方が頑張れたりする。 ただ、時期、場所や状況を知り、 それにそって対応することが大事だと 思います。  外野の批判も注意。 それ、わざわざ言うことなのですか? そう思わざる終えない記事も読みました。 私ができることは、何だろう? ちょっとしたことかもしれないけれど、 少しでも力になれるならやる。 それを実行するなかで、何かほかにも 自分にできることが出てくると思う。   いつもありがとうございます。  

      5
      テーマ:
  • 27 Apr
    • ✈ 学校プロジェクト <One>

      ✈ 学校プロジェクト <One>  今年の2月から、小学校2年生の娘の クラスで、学校プロジェクトの リーダー (Reader)をしています。 プロジェクトで既に指定されている 書籍を毎月1回、クラスで読み、 ディスカッションやワークをして 学びを深めるのです。  参照:学校プロジェクトについて ✈ 学校プロジェクト(0)どんな学校?  このプログラムは3年周期なので、 幼稚園から通っている子は、2巡目。 記憶力のイイ子は、結構、内容を 覚えています。同じ本を2回目とも なると、提案されているワークを 既にやっている子も多いので、 私なりにテーマに沿ったワークを 用意しています。  できるだけ創作的なワークを選びます。 先生や子どもたちも創作活動が好きで、 毎回、楽しみにしてくれています。 アートセラピーやコーチングの経験 を生かしています。  今回、読んだ本は「One」。 One2,129円Amazon イラストが綺麗で、とてもわかりやすい。 子どもたちに伝えたかったことは、  It just take ONE to make a difference!  EVERYONE counts! < 主な内容 >最初、ブルーはレッドにいじめられていたのですが、『1』が登場し、いじめっこレッドに「NO」といい、ほかの色も勇気をだして、いじめに「NO」と言えるようになる。 いじめらたブルーも、勇気を出し、いわれっぱなしではなく、「Red is Hot. Blue is COOL.」と、どちらも違ってどちらもイイと伝えます。 レッドはいじめっ子だったけれど、ブルーの言動に救われ、自分も仲間入りすることができます。ココ、とても重要。 もう一度、更生のチャンスを与える。 大抵は、これができないので「新たないじめ」の構造ができあがる。今までいじめられていたブルーを中心に まわりの子もブルー側につき、ブルーをいじめたレッドが、いじめられてしまう。 そうして「いじめの連鎖」が起こる。みんな自分がターゲットになりたくない。 だから、見て見ぬフリをする。 そういうことが起こらないような ブルーの言動、そしてほかの仲間たちもいいお話だな~と思いました。 自分がやられてイヤなことはしない。ひとりひとりが、自分だけでなく相手の立場を考え、どうしたらいいのか。意識する様になると、問題解決の方法も一方的ではなく、双方的になり、 創造的になると思う。 不安を抱えたままの解決法は、負に意識が向き、視野が狭いままかもしれない。 INCLUSION 最後にある子がとても意味のある コメントをくれたのが印象的でした。 2年生の子にとっての質問・・というか、 こういう時は・・の話がとても奥深く、 答えはその場では出さずに終えました。 いろいろな答えがあるから、 私自身もその子やほかの子たちも、 課題として意識しながら行動する中で、 何かしら答えやヒントが見つけられたら と思ったのです。 後からじわじわくる内容でした。  学びのフォローアップとしてのワークは 折り紙。このクラスでは毎回、何かしら アート系の創造的なワークをします。 子どもたちが楽しみながら、学んだこと 思い出してくれるには・・・と 見つけたのが、折り紙で数字の「1」を 折ること。  ▶ 参照: YouTube "origami number「1」"  最初に何を折るのかを伝えずに、 指示に従って、折っていったので、 ある生徒に何ができるのかと 質問されました。 サプライズの方が楽しいので、 「できあがったら、わかるよ」と 伝えました。 最後に「1」とわかったときには、 皆、大喜びでした。先生も・・。 この数字「1」を折った後は、裏側に 学んだこと、覚えておきたいことを 書いてもらいました。 ブックマークにしたり、いつも目に つくところに置いておくといいね。  いよいよ来月で今期の学校プロジェクト 終了です。 いつもありがとうございます。   

      1
      テーマ:
  • 22 Apr
    • ✈ Flower Show 出展します♪

      ✈ Flower Show 出展します♪  今年も5月の母の日の週末にFiloliで 開催されるフラワーショーに出展します。 全体のテーマは・・ California then and now (1916-2016) かなり幅が広いです。 私は、Filoliで撮影された映画をテーマに お花で表現します。  オリエンタルなアレンジメントを意識し、 ただいま、具体的にどのようにお花を 生けるか思案中です。  最初に大体のフレームを決めたのですが 時間が経ち改めて観るとイマイチ。 バラバラ感がある。 花を生けていないから、生けるとまた 雰囲気も変わるのだろうけれど、 新鮮なお花をつかってテストする前に、 やはり様々な角度から検討し、構築して いく必要があります。  これはどうかな?! 思いついたら、ひとまず作ってみます。 必要なら調べる。 こうやって「コレ」というところまで 決めてから、新鮮なお花でテストです。  いつもありがとうございます。   

      2
      テーマ:
  • 20 Apr
    • ✈ 生け花とフラワーアレンジメントの違い

       生け花とフラワーアレンジメントの違い 中国庭園を鑑賞したこともあり、 ふと、日本庭園と西洋庭園の特徴を 書き出してみました。 自然観の違いが興味深いです。 東洋では自然と人は共存するもの。 西洋では自然は征服するもの。 こんな大きな違いがあるのですね。 東洋と西洋の庭園の特徴と違い、 これ、お花の世界でも当てはまること。 美意識の違い。感覚の違い。 自然に対する捉え方の違いが、生け方 に影響を与えます。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -   日本の生け花と西洋のフラワーアレンジメント 特徴と違い・・・ <生け花> 不等辺三角形・不規則 左右非対称・不完全 曲線的 「真・副・控」「主・副・控」 「天・地・人」 → 3つの線。宇宙を構成する3つの要素 天: 導くもの、地:従うもの、人:和するもの 3次元的空間 自然美 禅の精神に通づる 「見立て」「象徴的」 建物との調和(一体化) 空間の取り方:ネガティブスペース 遠近感・奥行き感 引き算・マイナスの美学 人々の自然を尊ぶ心、価値観や 精神性が大きく重視される。 花をただ美しいというだけでなく、 命ある尊いものと捉える。 植物の持つ生命感を作品の上で表現する。 <西洋のフラワーアレンジメント> シンメトリー (左右対称) 幾何学的な秩序在る形 直線的 2次元的空間 人工美 写真的 建物と分離 空間の取り方:ポジティブスペース 足し算的 美しさと華やかさ とにかく花をたくさん生ける 左右対称的なスタイルが多い 人工的につくる美しさ デザインする  ✈ お花に学ぶ西洋と東洋のちがい- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 大きな括りでいうとこんな感じです。 こちらで生け花とは「Simple is more.」と 捉えられています。 実際には生け花にも様々な流派があり、 スタイルがあります。一見して花材の数が 多いように見えるスタイルもあります。 生け花をきちんと習っている人と そうでない人のアレンジは異なります。 独学で「これは生け花」的な感覚の人は、 花材の組み合わせ、アレンジの仕方が 和洋折衷な感じがします。 ただ花材の数を少なくすれば「生け花」 というワケではありません。 その辺の感覚の違いは、生け花を習い じっくりと花材と向き合うことで 体得していくのだと思います。 自然観というのは私たちが日頃から 生活の中で培っているもの。 異なる文化で暮らしていると、 より意識に上るのかもしれません。 お花を生けるといつも感じるのが、 この感覚の違いです。 何が違うのだろう。 そう考えてみると、私の生け方の 基本は「生け花」に通じているのだ と思います。なにしろ東洋の自然観で お花を生けているので、西洋風を 意識しつつも、空間のスペースや、 木々の重なり合い、花材の組み合わせ、 色合いなど、不均等でありつつも 全体が調和し動きがある。 ガーデンスタイル イングリッシュスタイル そう言われることが多いです。 私の生け方も、和洋折衷と言えるかも。(〃∇〃) ※ 今はクラスを受講していませんが、 以前、生け花を習っていました。 「ガーデンスタイル」や「英国式スタイル」 これらをキーワードに調べてみたところ、 私の場合、西洋のフラワーアレンジメント をすると、やはりガーデンスタイルになる ようです。「自然」これがポイントです。 英国式スタイルは葉ものを多く使うこと、 自然に庭に咲いている様に生けるのが特徴。 私のアレンジメントで意識していることと 同じだと言うことに気づきました。 お花と対話して生けるので、花材同士の 間隔であったり、各々の花材の居心地の よさなどが、庭に咲いていた時のように なるのでしょう。 ・・ということで、フリースタイルで 自分の感性で生けると、私の場合は ガーデンスタイルになるということが わかりました。(^ε^)♪ 今まで何かが違うという感覚があったのは 私の周りのアメリカスタイルの人たちの アレンジメントを多く観ていたからだと 思います。お花を生ける人たちで、上記の コメントをくれるのもアメリカ人なので。 上記の「西洋のフラワーアレンジメント」 特徴は、主にクラッシク(アメリカン) スタイルのことを指しているようです。 ヨーロッパスタイルといっても、 英国式、フランス式、ドイツ式など・・ いろいろあります。 お花のスタイルは、生ける人の文化や 価値観を反映したものなのですね。 関連記事 ▶   ✈ 盛りだくさんのランチョン   ✈ プレバトから学ぶ和の美しさ   ✈ フローラルデザインのスタイル いつもありがとうございます。

      テーマ:
    • ✈ 新芽から生きるエネルギーを貰う

       新芽から生きるエネルギーを貰う 世界中で様々なことが起こっています。 熊本震災、エクアドル震災・・ 自分には何ができるだろうかと考え、 行動を起こす人たちも多いです。 まずは様子をみて、本当に必要なこと 必要なカタチでサポートすること、 大事です。 残念ながら被災地の混乱や不安を 利用して悪事を働く人もいるようです。 すぐに行動することがいいとは 限りません。真を見極め、自分が できることをします。 話はお花のことになります。 お花セラピーを体験するようになり、 お花や植物をじっくり観察したり、 対話をするようになりました。 オフィスで仕事をしていた時には、 自分の机に一輪挿しを飾り、お花から 元気なエネルギーを貰い、時に私の 負のエネルギーを消化してもらったり こちらの幸せエネルギーを送り、 さらに喜びのエネルギーを貰ったり、 心から感動しました。 無条件の愛とでもいいましょうか。 自然の偉大さ、受容力を感じます。。 日頃からお花を生けるのですが、 そのプロセスからも感動を貰います。 トップの写真、カーリーウィローです。 何が特別なのか・・・?! 実は、別のフラワーアレンジメントで 一度つかったものなのです。 ▼ 参照:下の写真 装飾用に切られたカーリーウィロー、 アレンジメントとして活躍しながら、 水の中では、根を張っていたのです。 スゴい生命力です。 時期を見計らって、土栽培に変えました。 新しいライフサイクルの始まりです。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ※ 植物のライフサイクル 種から芽が出て、育ち、木になる。 木を切って、花器に飾られ、魅了する。 水の中で根を張り、新芽がでてくる。 土に植え替えられ、新しいステージへ。 ◉ 今回のカーリーウィローの場合- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 水栽培から土栽培に変えるのは簡単・・ ではありません。それは、水で生きる根と 土で生きる根は異なるからです。 カーリーウィローの様子を観ながら、 サポートしていきます。 最初は水が多めの土へ、少しずつ水の 量を減らし土栽培に変えていきます。 新しい環境で一生懸命に根を張り、 新芽をつけています。心から感動です。 力強く、元気なエネルギーを貰います。 ちょっとした生命の力に気づくことで それを鑑賞する人自身も勇気づけられ、 感動し、生きるエネルギーを貰います。 新芽は繊細でありながらも、とても 強いエネルギーを放ちます。 少しでも心やカラダを癒し、休む時間 を持つように、意識するといいですね。 お花セラピーのことも、少しずつ私の 体験を紹介していきます。 いつもありがとうございます。

      1
      テーマ:
  • 14 Apr
    • ✈ 「約束を守る」と創造力

       「約束を守る」と創造力 子どもたちのお願いに対して、すぐに 返答しません。もちろん、確実なこと 約束して実現できることならいいです。 ただ、後で気が変わりそうなこと、 我が家のルールに沿っていないことで 子どもたちが行動をすることで得られる 場合は、そのことを伝えます。 約束をしたら守る。 これが私の姿勢。だから、その場しのぎで 適当に返事をしないのです。 その代わり、すぐに「ノー」とも言わない。 (内容によってダメなことはダメと言いますが、 彼女たちのお願いは、実現可能なことが多い。 こちらの反応を予測して聞くのだと思います。) 子どもたちの行動次第で、私の判断が 変わるかもしれないから・・。 そういうことを子どもたちに伝えている ので、彼女たちがリクエストをした返答が 「今はわからない」というのは、 彼女たちにとって行動で示すチャンスと なります。 でも、やっぱり私の判断が今どの状態か、 気になるのですね。娘が判断測定ツールを つくりました。とてもわかりやすいです。 真ん中の部分が「わからない」。 ただ、行動次第で私の気持ちが「イエス」 もしくは「ノー」になる。 だから左側に「イエス」、右側に「ノー」。 私の判断は今どのあたりかを示すために、 クリップを取り付けたのがポイント。 流動的ですね。こういう発想、大好きです。 見える化する。 現状を把握し、行動をすることで、 結果が変わる。そのプロセスを観ながら、 結果をだすために何ができるか・・ 考え、工夫し実践し、目標達成です。 お互いにプロセスを共有することも 大切ですね。 いつもありがとうございます。

      2
      テーマ:
  • 13 Apr
    • ✈ 宇宙の愛 & 生け花と日本文化

       宇宙の愛 & 生け花と日本文化 本日は、The Power of Nowの集まりに 行ってきました。 主なテーマは、魂と意識レベル。 物質界で起こっていることと見えない 世界のこと、魂が覚ることについて、 いろいろ対話したのですが、またまた 「愛」というコトバが繰り返しでました。 愛をどう捉えるかは、その人の魂の経験、 意識レベルによって違うのだと思います。 愛とは何か □ 愛の定義 □ 愛の特徴 □ 愛のレベル □ 愛は与えれば与えるほど多くを得る □ すべては愛によって生かされている □ 愛の詩 「愛とは自分の光りを輝かせること。」 ▶ 愛とは何か 様々なレベルの愛がありますが、その中でも 今回の私たちの対話にでてきた「愛」とは 「宇宙の愛」のことと思います。 宇宙の愛に学ぶ φ(.. )  ◇ 宇宙の愛は無条件で無限の愛 「宇宙の愛は完全な調和」 「愛する」は「愛される」に調和する ◇ 幸せとは多く4つに分けられる ① 健やかな心身 ② 豊かな富(必要かつ充分な) ③ 溢れる愛(自他から愛される) ④ 自己実現(思うようになる自分) <私のメモ> ※ 健やかな心身には魂の健康も含まれる。 エネルギー療法では、物質的な身体の 健康だけでなく、心そして霊体(魂)と 関係していると学びます。病気は霊体の 曇りからくる。 ◇ 幸せ実現は「心と心の行い」を 「宇宙の愛」の在り方に学び すべてを限りなく(無限) 見返りを求めず(無条件、無償) 愛することによって可能となる。 ◇ 愛することとは、 愛を与えられていることを感じ、 その豊かさを知ること ◇ 愛することは調和することであり、 対象を「慈しむこと」「可愛がること』 「大切にすること」「尽くすこと」など。 宇宙の愛は森羅万象を対象としています。 花を愛で、草木や自然、動植物に眼を向け 大切にする心を養うことは、人を愛し、 尽くす心にも通じます。 <私のメモ> ※ この部分は、私が実践している「生け花 光輪花」の体験と通じます。お花を生ける。 それが深まっていくと、花を育てるように なり、自然から学び、自ら愛を育てるよう になるのだと思います。 ※ 今回の対話でも「生け花」の素晴らしさ、 生け花を通して人生観や森羅万象を学び、 それが自らに還ってくることを伝えました。 お花を通して、生命力やエネルギー、 無条件に愛を与えること、愛を受け取ること、 自らの心に愛を育みます。 この体験から思うことは、「愛」を外に 求めなくなるのだと思います。一般的に、 人は愛を外に求める傾向が強いですが、 他者に対して「愛する」もしくは「愛される」 そういう表現が多いように思います。 生け花を通して得られる「愛」は、自らが 持っている愛に気づくこと、外ではなく 自分の内面に存在することに気づくことで、 楽になるのだと思います。 「愛」というコトバではなく、感覚。 心で感じること。感動。歓び。湧き出る感謝。 そういうものかな・・と。 いま、私が「愛」について思うことです。 もちろん、人によって「愛とは」異なります。 その人の経験にもよるのだと思います。 ◇ 真の愛とは 相手の喜びを自分の喜びとして 喜ぶことができるということです。 <私のメモ> ※ 宇宙の愛と日本文化がどうつながるのか? 今日は、日本文化の素晴らしさについて 語ることが多かったのですが、茶の湯の体験 で得られる五感や六感で味わう空間、香り、 味わい、和の心、季節感などなど。 生け花にも通じることがあります。 意識レベルの話にも発展しました。 輪廻転生と意識レベルにより、 今をどう捉え、生きるかが変わってきます。 少し意識レベルについて調べてみました。 意識レベルとは? 意識レベルの測定方法と上げ方まとめ ※ 意識レベルのマップが紹介されています。 これ、「パワーか、フォースか 人間のレベルを測る科学」というデビット・ R・ホーキンズ博士の著書に記載されている マップです。 ※ 神の視点、人生の視点、レベル、ログ(数値) 感情やプロセスなどそれぞれのレベルの知覚、 思考や世界観などがリスト化されています。 意識レベル(魂のブループリントの開放) ※このページでは、意識レベルの違いを もっと詳しく説明しています。わかりやすい。 ※ 意識レベル500「愛」となっています。 このレベルは、無条件かつ不変で永久的な 愛の発展によって特徴づけられる。 ※ 意識レベル540「喜び」 このレベルでは、「愛」がますます無条件と なるにつれて、あなたの内側から喜びが 湧き出ることを経験する。 癒しとスピリチュアルな意識に基づいた自助 グループのレベル。 ひとまずこのへんで・・。 いつもありがとうございます。

      1
      テーマ:
    • ✈ 日本のしきたり

       日本のしきたり 本日は、Filoli House & Gardensへ 子どもたちと一緒に行ってきました。 お気に入りは、ハウス内の鑑賞。 特に生花のアレンジメントを観るのが、 楽しみです。先輩たちが生けたお花の 写真を撮影して、いろいろ参考にします。 子どもたちと一緒のときは、ついつい マナーに厳しくなります。 特にアンティークの多い室内ですから、 ただ鑑賞するだけでなく、マナーを守り 言動も心も美しくありたいものです。 海外で習慣としてないのだと思いますが、 気になることのひとつは、敷居を踏むこと。 ※こちらではドアがメインですが、 そのドアのフレームは日本でいう敷居の ようなものだと私は捉えています。 内側と外側をわける線や縁も同様です。 こちらの人は気にせずに歩く。 中にはわざわざ縁を踏む人もいる。 私は、それがスゴク気になります。(・Θ・;) 日本文化が身に付いているからでしょうか。 そういう訳で、子どもたちにも、このこと いつも口をすっぱくして言っています。 日本に行った時に、自然に習慣として 言われなくても行動できるようにするため。 まぁ、いつ日本に行くかわかりませんが・・。 実際は、日本だけでなく海外でも充分に 自分のためになるマナーだと思います。 こういう見えない意識が、自然と言動に 現れ、相手にも伝わるからです。 マナーとしても、 相手を尊重する意識から来る言動、 とても大切にしています。 なぜ、建物の敷居や畳の縁を踏んでは いけないのか? ① 身を守るための戒め ② 家や家人の尊重として重んじる ③ 空間様式を崩さない ④ 家を大切にする 念のためネットで調べてみました。 子どもたちには、いつも②と④の理由を 伝えています。ほかにもあるのですね。 ▶ 参照: なぜ畳の縁や敷居を踏んではいけないの? All About  例えば、Filoliのハウス内にはゲストが あるくところにカーペットが敷いてあります。 それには意味があります。 多くの人たちが歩く場所だからこそ、床を 痛めないように、ゲストが端を歩いて、 アンティークに触ったり、ぶつかったり しないような配慮があります。 細かいことですが、こういうこともきちんと 子どもたちに伝える。 今度、別な場所に行った時に、きちんと 振る舞えるように・・。 マナーを守って鑑賞することは、 上質な芸術品を心から楽しむだけでなく、 時間や空間を美しく過ごすことにも つながります。 美しいものを観て感動する心を持つとき 自然と周りの人たちとも和やかで 嬉しい時間を共有することにもなります。 統合的な美を味わいます。 話はそれましたが・・日本のしきたりや 作法は、全てにおいての美があります。 お花やお茶を習ってよかったと 心から思います。 いつもありがとうございます。

      テーマ:
  • 10 Apr
    • ✈ 心の豊かさに意識を向ける

       心の豊かさに意識を向ける 物質的な豊かさも大切だけれど、 心が満たされること、 本質的に魂が求めていることを知り それと共に今を生きることが至福を 味わうことにつながる。 欲を満たそうとすればきりがなく、 多くのものを自分の外側に求め、いま ないものに意識を払い続ける。 それを得るために頑張る。 もちろん、そういう発想もありと思う。 そうやって色々な経験を積み、実力を つけ、知識を得て、自らの在り方を 創造していくのだと思います。 やりたいことをする。 それが先にどうなるとか考えずに、 想いを大切にして行動してみる。 そうしたら、どうなるか・・。 子ども心に、わくわくする自分がいます。 いま、自分は本質を生きているか。 自分の使命を全うできているか。 そう自問した時、未だ未だできること、 チャレンジし、できるようになること でてくると思います。 コーチングのセッションでも、 クライアントが自分の本質を生きること、 使命とつながったテーマにシフトして きています。 自分と向き合い、自己基盤を整えて、 さらに自分はどう生きるか・・に意識を 向け、魂が喜ぶ生き方をする。 ひとりでも多くの人が、自分の真の魅力 に気づき、自然に発揮している強みを 意識するようになったら、もっともっと その人らしさが開花すると思います。 ムダなコトバに振り回されないこと。 エゴではなく、本質を観ること。 エゴの声を本質と錯覚し頑張っていても いずれは、気づく日が来ます。 勘違いだった・・と。 私自身は、そういうことが多かったです。 そして、気づくこともありました。 本質はいつもそこにあり、本来進むべき 自分の使命を照らしていた・・と。 それにはやっぱり「覚悟」が必要なのだと 思います。何が何でもそれをする覚悟。 それは、「覚悟を決める」と思っただけ では生まれないものだと思います。 様々な経験を通して、迷いを通して、 さりげなく気づいている存在をスルーし、 やっぱり「コレか」と惹かれること、 自分なりに自分と向き合った結果として でてくる意志なのだと思います。 自分に焦点を当てる。 先ずは自分を大切にし、全てを愛する。 育った環境によっては、シンプルなこと ではないかもしれません。 本質と向き合うと、もっとシンプルなこと に気づきます。惑わされてしまうこと、 実はエゴの仕業だったり、ほかの人たちの 不要なコトバがけだったりします。 もちろん、ほかの人たちは、その人のため という思い込みから発言するのですが・・ 実際はどうなのでしょう。 心の豊かさに目を向けること。 本質に意識を払うこと。 物質的な欲を満たす、その先に何があるか。 本質に沿うと、もっとシンプルになります。 いつもありがとうございます。

      テーマ:
  • 08 Apr
    • ✈ Joy Luck Club 観ました

       Joy Luck Club 観ました 1993年頃に映画化された The Joy Luck Club、観ました。この映画、 かなり前に観たことがあります。 映画の一部、Filoli House & Gardensで 撮影されているのですね。 今度、この映画をテーマにフローラル デザインをします。先ずは映画を観て 自分なりに感じたこと、ピンと来たこと お花で表現するのです。 この映画はサンフランシスコに住む 中国系アメリカ人1世や2世の4組の 母と娘のそれぞれのお話がでてきます。 アメリカに移民として渡る前のこと、 こちらで暮らして娘を育て、その娘たち それぞれも知らぬ間に母の言動や文化的 慣習にしばられていたことに気づく。 中国系の文化独特な部分もありますが、 大きな括りでアジア女性たちが西洋文化 で、どう暮らしているのかという視点で 観ることもできます。 何でも我慢してしまう女性たち、 公平のはずが・・実は不公平ではない 関係。いつの間にか、相手が望むこと、 喜ぶことばかりに意識をとられ、 自分の意見を言わなくなってしまい、 アメリカ人夫との関係に亀裂ができて しまうカップル。 母の顔色を伺って行動してしまったり、 その表面的なことに意識をとられて、 真に対話ができていなかったり・・・。 アジア女性の立場や在り方についても いろいろと考えさせられます。 食事に関すること、 アジア女性が謙遜していったコトに対し、 その文化を知らない人がコトバを 真に受けて余計なことをして、 失敗してしまったり・・。 自分がその文化の中にいると見えない ことが、外の文化と交わることで 見えてくることがあります。 違いをどうするか。統合する部分など でてくるのだと思います。 私自身、海外生活の方が日本生活より 長くなりました。アイルランド人夫との 暮らしも、人生の半分以上になり、 アイルランドと日本のハーフである 娘たちを第三国のアメリカで育てている ことから、慣習や文化的なこと、 アイデンティティ、人としての在り方、 いろいろ考えることが多いです。 シリコンバレーでも私たちが住んでいる 地域はアジア人が多い地域です。 ママ友たちとはアジア系の人たちばかり ですが、彼女たちと話していて、やはり 国は違えど、アジアという大きな括りで コトバの奥に在る思いを汲み取って話が できると感じることが多いです。 いつもありがとうございます。

      テーマ:
  • 07 Apr
    • ✈ Bouquets to Art, San Francisco

       Bouquets to Art, San Francisco  本日は、朝からお花の展示会へ・・ サンフランシスコで、毎年恒例の Bouquests to Artを鑑賞してきました。 相変わらず混んでいた・・。(・Θ・;) ラッキーなことに、思った以上に楽に 駐車スペースが見つかり、会場へ。 少し歩く場所だったのですが、天気も いいし、自然が多いので気分がいい。 現地集合の約束をしていた友人とも すぐに合流できて、スムーズでした。 アートとお花 とても美しい花材や珍しいもの、 一瞬『??』と思うようなアートまで イロイロ楽しめました。 構図だったり、アート作品のどの部分を お花で表現しているのか・・ さまざまな捉え方、表現がありますね。 私自身は、やはり色合いが綺麗なものに 目が惹かれました。 今後のデザインの参考になるようなもの、 スキルやちょっとしたアイデアなど、 いろいろ学ぶことができました。 最後の方でお花の先輩たちに偶然 お会いしたり、 ほかの先輩たちの作品も鑑賞できました。 知っているお名前を拝見できて、 とても嬉しかったです。 とても創造的な芸術作品にたくさん触れた こともあり、携帯で撮影した写真を何枚か 自分なりに切り取ったり、フィルターを つかって、インスタにアップしました。 アートな気分です。 いつもありがとうございます。

      2
      テーマ:
  • 04 Apr
    • ✈ 自然治癒力

       自然治癒力 ここ5日間ほど・・ 浄化で寝込んでおりました。 かなり珍しいくらいの本格派。 私にとっては初めてと言えるぐらい。 復活するのに時間がかかっています。 この記事を書いているいまも、未だ 本調子とは言えないけれど、ブログを 書くほど元気になってきたと言えます。 どうしてこんなに長引いたのか?! エネルギー療法と人が本来持っている 自然治癒力で治しているからです。 治癒にかかる時間は、人それぞれです。 本当はできるだけ薬を飲まずに・・・ と思ったのですが、頭痛が酷くて、 一度だけ飲んだのです。でも、なぜか 今回はほとんど効き目が無く、 その後は、ひたすらエネルギー療法を 自己施術しました。 頭痛、熱、咳など・・・は、カラダが 元気になろうとするために起こること。 一般的に風邪といって、それらの症状を 薬などで止めようとする人も多いです。 でも、それは自然治癒力を止めること。 これらの症状が起こるのは、カラダに 自然なこと。いいことなのです。 ただ、そのプロセスで痛みが伴うので、 薬で抑えてしまうことが多いです。 私はあまり風邪でも薬は飲みませんが、 すぐに症状を止めたいと思うときは、 薬が便利だとは思っています。 ありがたいことに家族の協力のもと、 じっくりとこの浄化と向き合うことが でき、プロセスを味わいました。 病を治す。自分のカラダのことなのに ほかの人にも多大な影響がありますね。 水分以外、ほとんど口にしない日が 2~3日間続きましたが、カラダが 欲するままにし、何も食べませんでした。 デトックス期間だったのでしょう。 人ってちょっとぐらい食べなくても、 大丈夫なのですね。 むしろカラダが欲しないのなら、 不要だということ。ムリして食べない。 今回のことでよくわかりました。 日頃、いかに砂糖の摂取をしているか、 お菓子や加工食品を食しているか・・ よくわかりました。。(;°皿°) 当たり前ですが、何も食べてないので 2キロほど痩せました。Σ(・ω・ノ)ノ! たぶん、日頃ムダな物を食べて体内に 蓄えていたのだと思います。(><;) 体内が綺麗になった気がします。 夫には気のせいと言われますが、 肌のつやも良くなったような・・・。 これについては、もう少し様子を観て、 報告しますね。(°∀°)b  エネルギー療法で腎臓を施術すると 腎臓の働きが良くなり、肌もつやつや してくるとも言われています。 今後も意識して自己施術、継続します。 これ1回や2回ではダメなので・・ とにかく継続です。 カラダが少し元気になってくると、 自然とお腹がすいてくる。 そうしたら、食べたい物を食べる。 自然の力ってスゴイですね。 この浄化前は・・ カラダによい物を食すことを考えつつ、 行動が伴っていませんでした。 もっと余裕が必要だな~と思いました。 心の余裕は、時間とも関係します。 そして時間はエゴともつながってます。 もっと本質に眼を向け、今ここを味わい プロセスや結果を楽しみます。 いつもありがとうございます。

      テーマ:

プロフィール

✈ MEG in California✈

お住まいの地域:
海外
自己紹介:
『コーチングやセラピーを通して、個々が幸せになり、それが個人、家庭、地域、社会、そして世界全体に広が...

続きを見る >

読者になる

AD

テーマ

一覧を見る

★ ご質問、ご相談など、お気軽に
下記のフォームよりどうぞ♪
Powered by NINJA TOOLS
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ free counters

月別

一覧を見る

カレンダー

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

このブログの読者

読者数: 382

読者になる

ランキング

このブログはランキングに参加していません。

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。